がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
月初のガンダム以外の話「真・女神転生」
 Wiiポイントが余ってて、なんか面白そうなゲームないかな~と思って探してたら見つけたこのゲーム。メガテンシリーズはペルソナ3しかやったことないんですが(しかもクリアしてない)、ロマサガ2をやって「昔から存在は知ってて濃いファンがいるのも知ってたけどやったことないSFCのゲーム」の面白さに気づき、挑戦してみました。

 ただこれ、リアルタイムにやってたら絶対クリアできなかったと思う…(笑)世代的には、もう少し上の、ファミコンができるまえからパソコンでゲームしてた人向けですね。

 最初はグラフィックとか操作視点に慣れなかったんですが、だんだん世界観を理解してくるとその面白さがじわじわ伝わってきました。まず現代の日本を舞台にしてるってところが、当時のRPGの中では異色でしたよね。それにプレイヤー自身の視点で操作するっていうのも珍しいですし(SFCのグラフィックでは限界があるため)。このゲームの最大の魅力は敵と自由に会話できてその結果仲魔にできたりすることなんですが、その辺はドラクエ5とかポケモンとかやってる今の視点だとそこまで珍しいとは思いませんでした。まぁ会話ってところが肝なのはわかりますが。

 ストーリーの当初は悪魔に支配された人間を悪魔を従えた主人公が倒すっていうストーリーなのかな?と思ったんですが、そもそも悪魔自体と戦うゲームだということに段々気づいていきました。いろんな神話の魔物や神がたくさん出てくるゲームって今は珍しくないですけど、当時は凄く珍しかったんだろうなと思います。モンスターとか召喚獣ならいたけど、普通に神話それ自体の設定のまま出てくるゲームはほとんどなかったでしょうね。
 あとは、普通に現代日本が舞台のゲームだと思っていたので(ペルソナシリーズがそうだから)、東京が完全に壊滅した時はびっくりしました。しかも30年時代が飛んだし。実はこれも1999年に恐怖の大王が降ってくる系のストーリーだったんですね。ある意味定番の一つではありましたが。北斗の拳とかクロノトリガーとか。

 ゲーム的には、最初の方のザコ敵に勝てなくて困りました。もらったお金で変える防具は全部買わなきゃまともに戦えないんですね。まぁ生身の人間が本物の悪魔と戦ってるんだから当然と言えば当然なんですが、普通のRPGとは全然違うセオリーなんだなということをまざまざと見せ付けられました。
 その後は戦闘で極端に苦戦する事はなかったですね。まぁヒノカグヅチ作ってマハジオ連発するだけのゲームだったのでしょうがないんですが、でも基本的に敵が仲間になるゲームはザコ戦闘が苦にならなくて好きなので(戦いたくなかったら金とかもらえばいいだけだし)、エンカウント率がそんなに低いゲームではないのにだいぶ楽しめました。

 シナリオは、最初は淡白だなと思ったんですが、途中からえぐくてびっくりしました。幼馴染がゾンビになってたり、「じゃあー…しんで?」と言われたり、仲間が悪魔と融合したり、どう見ても物語が子供向けではありません(汗)。まぁ最初の時点で母親が死んだりしてるんで予兆はあったんですが…こ、これがメガテンかと見せ付けられた感じですね。ペルソナとは次元が違った…。
 しかもそういう中で、魔を滅ぼす事を選ぶか、神を滅ぼす事を選ぶか、どっちにも従わずに全て滅ぼすかという選択肢があるのがまた凄いです。最終的にはニュートラルがトゥルーエンドっぽいのも好きですね。どっちに偏ってもいけない、バランスが大事というのは今の世の中にも通用することだと思います。
 最終的にヒロインだけは自分の傍に残るというのも、ちょっと年齢層が上向けのシナリオですね。ああいう自分に絶対ついてきてくれる女性を夢見るのは、中学生~高校生くらいの男子の理想ですもんねぇ。

 いやしかし、そういう意味でも今やって十分面白いゲームでした。というか今やった方が面白かったかもしれません。そういう意味ではロマサガ2も同じでしたね。やっぱりスーファミのゲームは面白いなぁ。これからも発掘を続けていきたいと思います。
 とりあえず、今は真女神転生2をやってます。魔界まで行きました。こっちはこっちでなかなかバランスがきつくなってるんで、歯ごたえがありますね。気が向いたらこちらの感想も書いてみます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
メガテンは基本的に高年齢向けですが、現在に至るまでいくつか別れてますね。
子供向けにポケモンの要素を入れたデビチル、メガテン本編のシステムを引き継ぎつつサイバーパンクや明治・大正の世界観に変更したデビルサマナー、悪魔合体から体に宿す方式にして比較的陽性の学園物に変化したペルソナあたりが有名でしょうか。
メガテン本編はPS2で3があり、来年3DSで4が発売される予定です。
2012/11/11 (日) 07:19:26 | URL | 匿名希望 #-[ 編集 ]
if以降色々派生してるんですよね。
真1・2のストーリー上の直系の続編はないみたいなんで、
やっぱり1999年に世界が滅ぶ世界観は21世紀にはなかったことにした方がよかったんだろうなと思います。

ペルソナがかなり雰囲気を変えたのに対し、真4がどういう話になるのかというのはちょっと気になりますね。
2012/11/11 (日) 14:48:12 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
大破壊で世界が一度滅ぶ、という世界観なら、メタルマックスやfalloutが引き継いだと思いますね。
正直、後者はバグだらけなんでやるとしたらPC版を和訳したのをオススメしますが
2012/11/11 (日) 15:12:38 | URL | #-[ 編集 ]
メガテンは、もはや入手は困難ですが、FC版の女神転生IIが至高の出来だと個人的には思っております
FCで有りながら、既にこの時点で分岐エンドが存在しているうえ、マップも非常に高度です。
Wiiで購入できるのかな?
2012/11/13 (火) 21:39:38 | URL | あるす #-[ 編集 ]
>名無しさん
アイデアとしては今後も作り得るものではあると思うんですよね。
ただ1999年に滅んだっていう設定は、さすがにもう使われないだろうなと思います。

>あるすさん
Wiiでは旧訳版があったような気がします。FC版もあったかな…
一応ifと旧訳もやってみようとは思ってます。
2012/11/22 (木) 19:29:00 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.