がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
エゥーゴの戦闘型、攻撃型、可変型MSの関係
 以前、エゥーゴのMS運用法をネモ中心に考察しましたが、その際に対MS迎撃を担当するGMタイプと、目標への攻撃を担当するフォワードタイプがあるとしました。
 今回はそれを掘り下げ、GMタイプ=戦闘型、フォワード=攻撃型と称し、またそれと可変MSとの関係について考察してみます。

 というわけで、まずはエゥーゴの攻撃型MSの配備経過を時系列順に追ってみます。

 まず、攻撃型として配備されたのがリック・ディアスです。ただこのMSはその後のエゥーゴ系攻撃機(可変機含む)の特徴であるメガランチャー系武装に対応していません。まだ未開発だった(試作品が百式のメガバズーカランチャーなので)ということもありますが、かなり初期の段階で開発された機体であり、またアナハイムがエゥーゴと提携する前から開発していた機体ということもあって、まだエゥーゴの戦術に完全にフィットした設計ではなかったのだと思います。
 そしてリック・ディアスをエゥーゴ用攻撃機としてブラッシュアップしたのが、シュツルム・ディアスなのではないかと思います。この機体はバインダーを換装する事により航続距離の延長と火力の強化が図られています。より遠距離からの突撃戦能力と、強力なビーム兵器を併せ持っている点がエゥーゴの可変MSの特徴と一致します。ただ後期には可変MSが完成していたこともあって、エゥーゴが不要とみなした事でジオン共和国に流れたのでしょう。
 リック・ディアスには同じような仕様としてスーパー・ディアスと、シュトゥッツァー装備型が存在します。スーパーディアスはビームではなく実弾兵器(ロングレンジバズーカ)を主武装としており、ビーム兵器が通用しないIフィールド対策や、地上での運用を想定していたのかもしれません。シュトゥッツァーは、メガバズーカランチャーの装着も可能なあたりまさに可変MSと同等の運用プランであると言えます。可変MSの上位機種と同等の運用を可能としたカスタム機というところでしょう。

 次に配備されたのは百式です。以前から百式はネモの上位機種としていますが、劇中では百式はリック・ディアス隊の指揮官機として運用されている事も多く、出撃のタイミングもZと同じことが多いので、少なくともクワトロ機については攻撃型として運用されていたと考えられます。プラモでも攻撃型MSと表記されてますし。
 実際のところ、百式は数値上リック・ディアスと同じ推力であり、全備重量もほぼ同じなので実は機動性においてはリック・ディアスとほぼ同スペックです。元々クワトロのリック・ディアスの補充機として配備されてもいるので、やはり攻撃機なのでしょう。リック・ディアスと違い百式のバインダーには推進器がありませんが、元々可変MSとして設計されているので、その他の推進器がZガンダムクラスの性能だったのだと思われます。バインダーは、プロペラントタンクの役割を兼ねているのではないでしょうか。
 ただ、百式改については、量産型はネモやGMIIIの代替ということが明言されていますので、戦闘型であることは間違いないと思います。量産型百式改は百式と同じバックパックを装備していますが、バインダーがありません。そのあたりからも攻撃型ではないことが伺えます。逆に試作の百式改は高機動デバイスを備えているので、攻撃型なのでしょう。

 その後、Zガンダムとメタスが配備されますが、これは可変MSなので後に回します。

 本来、エゥーゴにはマラサイが配備されるはずでした。マラサイは機体特性的には高機動型ザク以降のジオン系MSのコンセプトを引き継ぐものであり、攻撃型のMSであると思われます。リック・ディアスは生産性が高いMSではなかったので、マラサイで数を補う予定だったのかもしれませんが、政治的な事情でティターンズに配備されたのはご存知の通りです。
 代わりに開発されたのは、MSA-004ネモIIです。この機体はマラサイにスペックで劣るネモの性能向上を目的に開発されたもので、本来は高出力のジェネレーターを搭載する予定だったものが、うまくいかなかったためにビームキャノン装備の004KネモIIIが開発された、という背景を持っています。
 出力向上が失敗したためにビームキャノンを装備した、という表現はちょっと理解が難しいのですが、要するに本来は手持ち式の高出力ビーム兵器を搭載できるスペックになるはずが、そうならなかったのでバックパックに直結式のキャノンを装着した、ということなのだと思います。ゲルググキャノンに近い設定ですね(ゲルググの場合、問題は本体出力ではなく武装の方でしたが)。
 ネモIIとIIIの違いはビームキャノンの有無程度ということですから、どちらも強力なビーム兵器とリック・ディアスに酷似した下半身を持つ、攻撃型のMSであったと言うことが出来ます。
 実際はブレックスの死亡の影響があって完成が遅れ、ティターンズとの決戦には間に合わなかったようですが、その後0096年にはトリントン基地に配備されてましたので、少なくとも試作機は完成し実戦配備は行われていたのでしょう。
 なお、ネモIIはネモとほとんど変わらない外見とも言われていますが、その元記述のあるBクラブ21号の記述を見ると、別の文章ではネモIIIの外見もネモと大きく変わらないと表現されている事から、あの外見でネモと大差ないとみなされているようです(笑)。なので「アクシズの脅威V」版のネモIIのデザインはほぼ正解のはずです。原典であるBクラブ6号によれば、IIIはIIにビームキャノンを搭載しただけのものと明言されていますし。

 なお、バージムも分類上は攻撃型ではないかと思われます。元になったバーザム自体が、可変MSに追随可能な機体であったようだからです。ネモIIIの配備が遅れた穴埋めとして採用されていたのかもしれません。

 つまり、エゥーゴの攻撃型MSの系譜は、リック・ディアス(シュツルム・ディアス)→百式(百式改)→(ネモII/III→バージム)という流れであったと言えます。実質的には複数配備レベルに達したのはリック・ディアスだけかもしれませんが。
 百式は本来可変MSとして配備されるはずだったので、可変MSの代替枠ということになるのですが、実際はリック・ディアスの補充扱いでした。量産機は戦闘型だったことを考えると、百式が攻撃機として投入されたのは当初の開発計画によるものではなく、あくまでクワトロ専用のカスタム機としての配備だったのではないかと思います。


 次に、戦闘型MSの配備を時系列順に追ってみます。

 エゥーゴの当初の主力MSはGMIIでした。しかしGMではティターンズに対して急襲を行うのは困難であり、そのために配備されたのが攻撃型MSの代表格であるリック・ディアスでした。
 とはいえ、リック・ディアスだけでは数が十分ではなく、またGMIIではティターンズのMSにスペック的優位に立てないことから、更なる新型機の配備が必要となり、開発されたのがMSA-003ネモであったと思われます。
 先に考察したとおり、ネモがエゥーゴの戦局を足元で支えていたということになりますが、ネモの相手はハイザックやバーザムのような量産機に限らず、味方艦に急襲を仕掛けてきた可変MSやカスタム機からの防衛も当然必要となってきます。そういうときにネモのスペックでは対抗しきれないということから、更なる高性能機が必要となりました。

 候補となったのが、攻撃機である百式改を戦闘型に変更した量産型百式改と、可変機であるZガンダムの可変機構を廃した量産型Zガンダムでした。選ばれたのは量産型百式改の方だったようですが、これはおそらく元々非可変機として運用された実績のある百式の方が、ネモとの互換性も含めて優れていたのではないかと思います。

 しかし量産型百式改が実際に量産され配備された記録はなく、その後ネモの後継機としてはGMIIIが採用され、高性能機としてはネロが配備されていました。理由は定かではありませんが、ネロが配備されていたα任務部隊は、SガンダムやZプラス、FAZZといった量産されていない機種を多く配備していましたので、ネロもまだ量産段階にないレベルでの配備だった可能性もあります。そう考えた場合、GMIIIが採用されたのはあくまでもGMIIの延命のためであり、実質的に戦闘型MSの高スペック機は採用されなかった、とみなすこともできます。

 いずれにせよ、その後の戦闘型MSはGMIII、ジェガンと発展しましたので、ガンダムMk-IIの技術を継承したコストパフォーマンス重視の機種に落ち着いたと考えるべきなのかなと思います。


 最後に、可変MSについて計画案も絡めて時系列順に追います。

 エゥーゴの可変MSは、アナハイムのZプロジェクトがスタートしたところが始点です。この時点でエゥーゴが要求したのが、「通常のMSサイズ」で、「宇宙空間からの単独での大気圏突入及び大気圏内飛行が可能」で、「変形にかかる時間が0.5秒以内」というものでした。これはおそらく、連邦の既存の軍艦に搭載可能で、かつ単独で宇宙から地球上の拠点へ攻撃をかけそのまま別の地域へ離脱できる、ということをイメージしてのものであったと考えられます。
 このオーダーに対し、アナハイムが設計したのがデルタガンダムと呼ばれる機体です。しかしその設計案は構造上不可能である事が発覚し、建造中だった機体は百式として配備される事になりました。

 この時点でアナハイムでは3つの選択肢がありました。1つはデルタガンダムの問題を解決させ当初の設計案どおり完成させること。もう1つは別の変形機構を導入して問題を解決する事。そして最後に、可変MSの開発をあきらめること。別の変形機構の実験機としてはメタスが、非可変の次世代機としてはプロトZガンダムと呼ばれる機体が開発されていました。
 もしかしたら、メタスの完成機としてハイメガキャノンを搭載したメタス改が、プロトZの完成機としてメガビームライフルを持つ量産型Zガンダムが開発されていたのかもしれません。
 実際には、ガンダムMk-IIの技術とカミーユ・ビダンのアイデアを取り入れることで、プロトZの実機も流用する事でデルタガンダムの完成型・Zガンダムが完成しました。これにより、メタスはZガンダムに追随できる支援機としての役割を与えられアーガマに配備されることになります。

 また可変MSの代替案として配備されたと思われるのが、Gディフェンサーです。Mk-II用に開発された機体ではありますが、可変MSへの対抗案であったことから非可変機に可変機と同等の機動力を持たせるのが目的であり、ネモへの採用も検討されていたとの記述もあることから、その後非可変機用装備として一般化させる予定もあったと考えられます。Gディフェンサーはメタスと同じタイミングで配備されましたので、おそらく非可変次期主力機候補であるプロトZや量産型Zと連動したプランだったんじゃないでしょうか。
 量産型ZにGディフェンサー的なユニットを合体させるとどうなるか、それがリ・ガズィです。リ・ガズィのBWSはZプラスですでに実験されていたという設定もありますが、本来の発想は非可変機+BWSで可変機と同等の役割を担わせることでしょうから、もし量産型Zが採用されていれば、Gディフェンサーを発展させた支援ユニットが開発されていたかもしれません。もっと言えば、リ・ガズィこそ量産型Zの本来の姿であるとみなすことができます。

 ただここで確認しておきたいのは、量産型Zガンダムは先も述べたとおり量産型百式改と競合した戦闘型です。戦闘型MSに支援機を合体させ可変MSの代替とするということは、裏を返せば可変MSの価値は戦闘型と攻撃型の両用機、という点にあると考える事ができます。つまり、可変MSの開発目的が、「大気圏外からのピンポイント爆撃機」から、「戦闘型と攻撃型のハイブリッド機」というコンセプトに移行した、ということです。
 Zガンダムは当初のエゥーゴのオーダーを全て満たした機体でしたが、戦局の変化からエゥーゴはすでに大気圏突入能力を必要としていませんでした。戦局が宇宙に移ってしまったためです。そのため、実際にはZガンダムはバイオセンサーの実験機として使われていたように思えます。パイロットがカミーユ指定だったのもそのせいと思えます。
 つまり、当初のオーダーとしての可変MSは、不要となってしまったのです。代わりに必要とされたのは、戦闘型と攻撃型という2機種のMSを同時に運用しなければならないジレンマの解決です。エゥーゴではネモIIの配備が遅れ、戦闘型ではネモが、攻撃型ではリック・ディアスや百式が用いられるという状態でした。その上、戦闘型の上位機として量産型百式改まで配備すると、ネモ・ディアス・百式の3機種を同時運用しなければならなくなります。規模の小さい軍事組織であるエゥーゴに、3機種同時運用(しかもネモ以外は既製の量産機と互換性がほとんどない)は酷というものです。
 そこで必要とされたのが、攻撃型と戦闘型を同時にこなせる機種の開発です。生産する機体を1機種に絞れば、様々な面で効率が上がります。そしてそれを実現するために試作されたのが、低コスト可変機であるメタスと、非可変MSに攻撃機としての役割を与えるGディフェンサーなのではないでしょうか。

 Gディフェンサーの後継と考えられる機体がリ・ガズィまでなかったこと、メタスの後継としてはMSZ-008ZIIが開発されていることを考えると、採用されたのは可変機案だったと考える事が出来ます。
 ただし、攻撃機はそこまで大量生産する必要はなかったのでしょう。リック・ディアスがそうだったように、攻撃部隊は少数のエース部隊が組めれば十分だったのであれば、メタスレベルの低コスト機は必要なく、メタス改ではなくZガンダムのスペックを継承したZIIクラスの機体が求められたということなのだと思います。
 そう考えると、量産型百式改が採用されなかった理由もここに繋げることが出来ます。百式改はネモでは対抗できない機体に対するハイスペック機として開発されたわけですが、ここに攻撃機との兼用という要求が加わり、Gディフェンサーのような追加ユニットが必要となりました。しかしその追加ユニット案自体が可変MSに敗れてしまったために、採用自体がなくなってしまったのです。百式改は量産型Zガンダムとのコンペには勝利しましたが、ZIIには敗れてしまった、ということですね。
 なお、Gディフェンサーの案自体も、フルアーマーガンダムMk-IIとの競作でした。百式改にもフルアーマーがあることを考えると、百式改用Gディフェンサーの案もあったのかもしれませんね。エプシィのグライバインダーでいいような気もしますが。

 このように考えると、デルタガンダムの失敗によりまず非可変機中心の戦略が生まれ、そこで「フルアーマーVS Gディフェンサー」というオプションの対抗案と、「MSZ-007 VS MSR-100」という素体の対抗案ができます。しかしそこに、メタスという可変MSのアイデアが割って入り、それをさらに昇華させたZIIが開発され、一気に非可変機中心の戦略自体が中止されます。が、それも別ラインで開発されていたMSZ-009の失敗のツケを払うために廃案となり、MSZ-010に全ての予算を持っていかれてしまった、というのがエゥーゴの可変MS開発の流れになるでしょうか。
 このうち、MSZ-007とMSR-100には、それぞれZガンダムの技術継承が見られます。メタスとGディフェンサーの配備もZガンダムの配備後(ほとんど同タイミングですが)であったことを考えると、Zガンダムが完成した上でも、まだこの時点では量産型Zと量産型百式改の対抗関係が残っていたのではないかと思われます。その後、スーパーガンダムとZガンダムの実際の運用データから、可変MSの性能が再評価されZIIの開発に繋がったのかもしれません。
 
 つまり、エゥーゴの可変MSのラインには以下のものがあったと考えられます。

(1)デルタガンダム系
 MSN-001として当初のオーダー通りの可変MSを開発するも、失敗し百式を納入する。その後非可変機の次期主力候補として百式改を開発し、採用目前となるも可変MSにその座を奪われる。

(2)Zガンダム系
 当初非可変機としてMSZ-006Xを開発していたが、可変MSの完成の目処が立ったため実機をMSZ-006にそのまま流用される。006Xの後継機としてはMSZ-007を設計していたが、百式改に敗れ不採用となる。しかしアナハイムの方針が変わり、可変MS主流となったためMSA-005の設計を流用して開発したMSZ-008を開発。採用目前となるもMSZ-010の開発で計画自体が中断。別口で開発していたMSZ-006のカラバ仕様を流用したZプラスが正式採用される。

(3)メタス系
 MSN-001の失敗により新たに作られたライン。実験機MSA-005を開発し、その実戦型であるMSA-005Sを設計していたが、計画はMSZ-008に統合された。

 なお、ZZガンダムは拠点攻略用である別枠と考えられます。AOZで言ういわゆる「制圧型」というカテゴリーでしょうか。発想としてはかつてのFSWSの「戦艦一隻クラスの戦闘力を持ったMS」の延長であり、デンドロビウムを小型化して一艦隊を丸ごと引き受けられる戦力の開発が目的だったのではないかと思います。


 ちなみに、エゥーゴが連邦軍に吸収されてから開発された可変MSは、リ・ガズィ、デルタプラス、リゼルの3機種でした。このうちリ・ガズィは、通常の可変MSが政治的理由で配備されないロンド・ベルのために、急遽不採用になったはずの非可変MSラインを復活させて用意したものと考えられます。同時期に開発されたらしいデルタプラスもまた、Z系に敗れて閉じられていたデルタ系ラインを復活させて急遽用意したものなのかもしれません。実質アムロ用の機体だったので、そのうちのリ・ガズィをアムロが選んだ、というところでしょうか。デルタプラスにはメガランチャー系武装がありませんが、アムロに選ばれていたらロングメガバスターを装備したのかも知れません。アムロがリ・ガズィを選んだのは、ZプラスやZガンダム3号機に乗ったことがあるからZ系の方が慣れている、とうところでしょうかね。
 リゼルは逆に純粋なZIIの後継量産機ですので、ZZに邪魔されたり政治的に邪魔されたりした機体が、本来あるべきところに戻った、というところでしょうか。ジェガン+リゼルの運用は、本来その7年前にはGMIII+ZIIで実現していたかもしれないわけです。


 というわけで、エゥーゴの戦闘型・攻撃型・可変型MSの採用経過を纏めます。

(1)結成当初
 GMIIを戦闘型の主力とし、攻撃型としてリック・ディアスを採用。

(2)ジャブロー攻撃時
 ネモを戦闘型の主力、攻撃型としてマラサイ、ジャブロー攻撃の中核としてデルタガンダムの投入を予定。
 しかし実際はマラサイとデルタガンダムは配備されず、代わりに攻撃型として百式が1機投入された。

(3)アポロ作戦迎撃時
 ネモを戦闘型の主力、ネモIIを攻撃型の主力として予定するも、ネモIIの開発はネモIIIにスライド。
 可変型としてはZガンダムとメタスが配備され可変MSのテスト運用が兼ねられた。
 一方で非可変機のテストとして、ガンダムMk-IIとGディフェンサーが運用された。
 ネモの上位機として、量産型百式改の採用が内定。

(4)その後のエゥーゴ
 ネモとネモIIIの運用予定だがネモIIIが間に合わず。GMIII(とバージム)の採用にスライドする。
 また可変MSの全面採用が決定。ZIIの配備が予定されていたが、急遽Zプラスに変更される。

(5)連邦正規軍
 連邦軍はGMIII(とバージム)を採用し、さらにジェダを開発するも軍縮により頓挫。代わりにジェガンが開発されロンド・ベルに配備される。
 可変MSの配備計画も頓挫し、現存する可変MSもロンド・ベルに回ってこないため、アナハイムはジョン・バウアーの後ろ盾でデルタプラスとリ・ガズィを急遽開発する。
 その後、シャアの反乱により軍縮の方向性が見直され、リゼルが開発されロンド・ベルに配備される。


 こんな感じですね。アナハイムは短期間に複数の機種をテストしすぎですが、内部案も含めて本来外に出すべきではない案もあとで公開していたとか、そんな感じじゃないですかね。ジオンの謎の水陸両用MS群にそれぞれ設定が与えられているようなものなのかもしれません。

 とりあえず、今まで謎だった「量産型百式改は採用が決定していたのに何故量産されなかったのか」ということに対して「そもそも高コスト機は可変機に統一されたから」という答えを出してみた、というのが今回の趣旨です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ガンダムA経済のコミックに、アストナージがデルタプラスを申請してダメだったって愚痴をこぼしてるシーンがありました。デルタプラスがロンドベルに配備されなかったのは政治的思惑ってことになってるようです。
2012/06/10 (日) 20:10:16 | URL | 梅安 #ziwa4Zsw[ 編集 ]
コミックのガンダムUCテスタメントの件ですね。
ダムA掲載のデルタプラス機体解説では0090年にΖ系で発展した各種技術確認のために開発されたとありましたね。バイオセンサーなんかも搭載されてるらしいですが、その一方で量産試作という設定とは矛盾するのでどこまで公式かは不明です。
デルタガンダム系に最新技術を搭載したという意味では0094年に開発したガンダムデルタカイとの共通も見られますが、個人的にはデルタカイはオーパーツ気味なのが難点ですね。
2012/06/11 (月) 20:19:33 | URL | 匿名希望 #-[ 編集 ]
皆さん
ガンダム・センチネル“II”、おぼえていますか?
あくまでも“ガンダム・タイプ”としか称せない、
次世代のTMS。を‥
あれ、どうもデルタカイに見えてしまうのです...
2012/06/12 (火) 23:26:27 | URL | カズラキー #-[ 編集 ]
>アムロがリ・ガズィを選んだのは、ZプラスやZガンダム3号機に乗ったことがあるからZ系の方が慣れている、とうところでしょうかね。

既にデルタプラス関連のレスがありますが、要は”それしか選択肢が無かった”だけですね。
「リ・ガズィはガンダムじゃない」ってキレるぐらいだし(笑)

リ・ガズィ単独変形+自作サイコミュの”AO"でようやく満足するレベルらしいです(w
2012/06/13 (水) 21:39:58 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>梅安さん
デルタプラスもロンド・ベルには配備されなかった方だったんですね。失礼しました。
するとロンド・ベル側のZタイプがリ・ガズィで、それを良く思わない側が推進したZタイプの後継機がデルタプラスだったってことですかね。

>匿名希望さん
実はエプシィガンダムのプランが生きていて、
核パルス推進の実験機として開発されたのがデルタプラスやデルタカイだったりして…
量産試作は名目ですかね、リ・ガズィと同じで。

>カズラキーさん
センチネルII、検索したら出てきました。
確かにデルタカイっぽいですね…。
デルタプラスはZプラスだし、デルタ系はセンチネルの仇花なんでしょうか。

>とっぱさん
アムロが生きていたら、専用リゼルC型でブイブイ言わせてたかもしれませんね。
ガンダムヘッド搭載したりして(笑)
2012/06/27 (水) 18:28:32 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.