がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
地域別のGMと陸海軍のGM
 RGM-79には、ジャブロー、ルナツー、オーガスタなど開発拠点によって異なる外観のものと、陸海空軍のように領域と所属により異なる仕様のものがあります。これらの関係を複合的に考察してみます。

 まず、簡単な陸海空軍の方から。これは、本来万能型であるGMを、それぞれの運用領域に特化したものと考えられます。
 陸軍のGMといえば、陸戦型GMですね。これは重力下での運用に特化したもので、コクピットハッチの仕様やサーベルの位置など細かい点が重力下に対応したものになっていますし、内装系も陸戦型ガンダムが宇宙でしか使わないものはすべて排除されているということなので、GMも同様であるはずです。
 海軍のGMとしては、アクアGMが挙げられます。これはRAGの型番が示すとおり完全に水中用の、GMとは異なるMS扱いになっています。MSV-RではRGM-79Uジムスループという機体が設定されましたが、これはノーマルなGMに水中戦用オプションを装備したMSということになると思います。F90Mみたいなものですね。RGM-79(G)とRGM-79Fの違いも同様かと思います。

 空軍のGMについては、設定はありません。MSV-Rで設定されたRGM-79Vジムナイトシーカーなんかは、降下猟兵的な運用がされていたようなので、空軍っぽいですが、決して空中での運用に特化した機種というわけではないようです。ジェットエンジンしか搭載していない仕様なんかが存在すれば、それが空軍仕様ということになると思うのですが、そもそもMSV設定を踏まえて考えると空軍は宇宙軍と一体化しているので、陸上で運用されているノーマルGMが基本的に空軍機ということになります。

 空軍=宇宙軍と考えると、そもそもMSは宇宙用兵器ですから、一般的にMSはすべて航空宇宙軍に配備されているはずであり、それとは別にMSが必要になった陸海軍が、独自開発したGMを運用している、ということになるでしょうか。
 海軍のGMはRAGという別の型番で区別されていますが、陸軍のMSは(G)がつくだけとなっています。これは基礎設計からどれだけ手を加えているかの差ということでしょうかね。また純宇宙用のMSには(E)がつくと考えられますので、RGM-79(E)とRGM-79Cの違いは重力下にも対応しているか否かの違いなのかもしれません。

 さて、このように考えると、拠点別のGMというのは、基本的に航空宇宙軍製であると考えることができます。ジャブローは総本部ですがルナツー、オーガスタはそれぞれ宇宙軍の拠点と考えられるからです。
 GMの生産拠点は6箇所と設定されており、うちジャブロー、ルナツー、キャリフォルニアが確定しています。ほかにオーガスタがあるとすると残りは2箇所、後のZガンダムの設定を考えるとキリマンジャロとニューギニアが適切のような気がしますが、まぁ設定されていないので今は不明のままのほうが都合がいいのかもしれません。
 いずれにせよこの生産拠点は、宇宙軍もしくは空軍が直轄している拠点だったのではないかと思います。キャリフォルニアについては、ジオンがMSを生産していたので、ある程度の設備が整っていたということが理由かもしれませんが。

 これら拠点によるGMの違いというのは、仕様や性能ではなく「デザイン」です。元々異なるデザイナーによるリファイン画稿を設定的に肯定するための設定ですので、外観の違いというのが大前提でしょう。
 位置づけとしては、大河原GM=ジャブロー、カトキGM=ルナツー、出渕GM=オーガスタというのが定説かと思います。カトキGMでオーガスタ製っぽいものもあるんですが、ルナツーとオーガスタには技術交流の節が見られるので、その過程で互いにそれぞれ別拠点のGMの改修・運用も行っていたということなのでしょう。例えば79Cを79FP(ストライカー)に改修したのはオーガスタかもしれませんが、逆に79Gを79GSに改修したのはルナツーかもしれません。拠点による改修という意味では、ルナツーではノーマルGMのSC型やL型への改修も行っているようですから、よくあることなのでしょう。

 ただ、これらは全て一年戦争時のもので、戦後はルナツー製ベースの79Cに機種統一され、複数の生産拠点で同様に生産されていると考えられます。とはいえ一年戦争時に生産され生き残った別拠点製のGMも運用が継続されているので、雑多な状況は続いていたと言えますね。そのためか、グリプス戦役前の頃には再度機種統一が行われ、新規生産はグリプス製のRMS-179に統一されていました。

 GM系のバリエーションをさらにわかりにくくさせているのが、それぞれの拠点別のGMに局地対応バリエーションが存在することです。その多くは標準機であるジャブロー製GMを基本としていますが、一方でルナツー、オーガスタ系統のバリエーションも存在しています。
 ただ、これらも整理して考えればさほど分類が難しいものではなく、特にルナツー製GMについてはそのほとんどが機種統一された戦後のバリエーションです。例外はGMストライカーなのですが、これはなぜあえてC型ベースなのか明確な根拠が見出せません。すでにC型が戦後の標準機になることがわかっていたから、ですかねぇ。

 ここで思ったのですが、RGM-79FPの末尾Pとは、「オーガスタで改修された機体」を意味するのではないでしょうか。そうであるなら、RGM-79SPは「オーガスタで改修されたスナイパーカスタム」と解釈することができます。
 同様に、Sがつくとルナツー改修型(RGM-79GSが該当)、Rがつくとティターンズ改修型(RGM-79CR、SRが該当)とか。サンプルが少ないので、妄想の域を出ませんけどね。

 整理するとこうなります。

陸軍:RGM-79(G)
海軍:RAG-79
航空宇宙軍
(ジャブロー):RGM-79→RGM-79F(?)/L/SC/KC/HC/U/V/R
(ルナツー):RGM-79C→RGM-79FP/SR/CR/EW
(オーガスタ):RGM-79D→RGM-79G/GS/SP

 こうしてみるとGMのバリエーションの大半はジャブローベースで、ルナツーベースはほとんどが戦後の改修機ですね。特異なのはGMストライカーです。何故あえてC型ベースだったのか…オーガスタ製なのに。

 ところでMSV-Rのインターセプトカスタムとガードカスタムって、ICとかGCじゃないんですね。SCはスナイパーカスタムの略じゃないんだってことにしたいんでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
GMでは普通のGM(宇宙戦も可能)はビームスプレーガンとバズーカですが、陸戦GMは100mmマシンガンとビームライフルですね
ビームは水中や空中で減衰が激しいですから実弾でも威力が高く命中率も高い100mmマシンガン(ザクマシンガンと比較にならないほど発車速度も弾薬も威力が高い)とビーム銃でもライフルにして収束率の高さを狙っているんでしょうね。
攻撃範囲が狭い陸戦だからこそそういう仕様が適しているんでしょうね。
宇宙だと減衰が少ないし攻撃範囲が広いからビーム銃はスプレーガンにして拡散とバズーカにして対艦と対拠点とか火力支援にして攻撃範囲を拡大して火力を重視しているんでしょうね。

それと装甲材に関しても陸戦GMはガンダムと同じルナチタニウム(ガンダリウムα)合金という話ですけどね、ノーマルGMは普通のチタン合金セラミック複合材だそうですが。
陸戦のほうが激しいとか生残性を高める必要があるエースなどエリートパイロットが多かったんですかね
宇宙はボールと一緒で現地徴用の兵士が多数でパイロットも安物と判断していたんでしょうかね
ガンダムだけは指揮官用でしょうね。
2011/11/20 (日) 09:38:15 | URL | 兵装 #-[ 編集 ]

>特異なのはGMストライカーです。何故あえてC型ベースだったのか…オーガスタ製なのに。

>すでにC型が戦後の標準機になることがわかっていたから


教導隊運用(メインがC型)を想定していたからかも?
ネメシス教導隊のジムスナも肘がC型準拠になってるんで、整備運用上C型準拠であるほうが好ましかったのかも?


とはいえ、ストライカーってジャブローにもテスト機がウロウロしてますな(w
2011/11/22 (火) 04:50:55 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>兵装さん
陸GMがルナチタニウムなのは大量生産を前提としていなかったからというだけなんじゃないかと思います。
元々ノーマルGM配備までのお試し版みたいな扱いだったみたいですしね。

>とっぱさん
ストライカーはゲームや漫画の度に新配備機が出てくる便利屋ですからね…(笑)
教導隊自体が次期主力機であるC型の実験部隊だったってことですかねぇ。
D/G型実験部隊であるモルモット隊とある意味対になる関係だったとか。
2011/11/26 (土) 22:22:54 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.