がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ティターンズ壊滅後の地球連邦軍とガンダムMk-II
 今回のテーマは、グリプス戦役後のガンダムMk-IIの扱いについてです。Mk-IIは、ティターンズにより開発され、エゥーゴに強奪された事でアナハイムのガンダム開発に大きな影響を与えたMSですが、一方でGMIII、バージム(?)、ジェダとRGMナンバーのMSにも影響を与えたMSでもあります。
 ティターンズが産み、エゥーゴが価値を見出し、連邦軍が量産機に落とし込んだのがMk-IIですが、ティターンズは逆賊扱いとなり、またエゥーゴに渡ったのは強奪という行為であったということから、連邦政府としてはあまり出自を表に出したくない機体だったのではないか、と思い当たりました。

 Mk-IIがティターンズにより開発されたという事実は、消す事が出来ません。形式番号がグリプス製を示すRX-178ですし、開発予算もティターンズ独自のものであったはずです。
 もしMk-IIがティターンズだけで運用されていたのであれば、連邦としてはこの機体をGPシリーズのように抹消していたかもしれません。いわくつきのMSであるというだけでなく、連邦の象徴であるガンダムの最も正統な後継機を開発していたのが毒ガスをまいた悪の組織であったということは、世間体を考えるとあってはならないことであるはずだからです。

 しかし、そう簡単にはいかないのが、Mk-IIの実機を保有しているのがエゥーゴ側であったということです。さらにアナハイムはMk-IIをベースにして数々の新型機を開発しており、それらの出自を辿るとどうしてもMk-IIに行き着いてしまいます。
 ティターンズが存在していた時は、Mk-IIをエゥーゴが保有している事はガンダムを保有しているという意味で連邦軍の正統派であることをアピールするために重要な事であったと思われますが、ティターンズがいなくなるとその意味もなくなってしまいます。
 アナハイムの立場で見れば、シンボルの意味が無いMk-IIはただの盗品でしかありません。例えるならば、発売前のライバル会社の製品を丸々盗んで自社製品の参考にしたのと同じです。その後そのライバル会社と合併する事になったときに、その盗んだ製品の扱いをどうするか、というのがMk-IIの置かれた立場です。

 個人的に、ZZ以降にガンダムタイプが秘匿されたのは、単に核兵器並の禁断兵器として扱われたというだけではなく、元々アナハイム製ガンダム自体の出自に問題があったからなのではないかという気もします。後継機はいいんですが、大元の試作機はアウトだったのかな、と。エクスバインはいいけどヒュッケバインはダメ、みたいな感じですね。
 そう考えると、Mk-IIは「なかったこと」になったんじゃないかと思います。GPシリーズは技術そのものもなかったことになりましたが、Mk-IIは技術の継承は許されたものの、実機そのものは抹消されたのかなと(いやまぁ実際喪失してるんですけどね、データ上もってことです)。

 しかし、そうなるとMk-II実機のデータを持っているアナハイムはともかく、それ以外のライバル企業や連邦軍の開発部(?)はMk-IIの恩恵を受けることができそうにありません。そのことが後のアナハイム独占体制の間接的な理由になっているのかもしれませんが、それではフェアではないので、実際にはアナハイム以外にも何らかの形でMk-IIの技術を得ていたのではないかと思います。

 そこで出てくるのが、ガンダムMk-IIIです。このMSはアナハイムのフジタ技師長が独自に設計したものの、採用されずにオーガスタ研究所にデータが流されたという設定に今ではなっています。このMk-IIIから、非アナハイム側はMk-IIの技術を継承したのではないでしょうか。
 オーガスタでは、その後Mk-IV、Mk-Vと開発していきますが、非公式の領域ではキリマンジャロで同じ設計を共有していたと思われるRX-166が開発されていたり、0092年に複数機が地上に配備されていたり(新MS戦記)、グーファーと呼ばれるだいぶ見た目が違う量産型があったり(ゲームブックZZ)、ちらほらMk-IIIの面影が連邦軍にはあります。
 これもほとんど非公式ですが、ジェガンの競作機として開発されていたというハイパスは、GM・ネモ・ジェガン系以外の連邦系MSという意味では、これらMk-III系MSの延長にあったのではないでしょうか。

 もっとも、Mk-IIの技術自体はプロトサイコのためにムラサメ研に流れていたりはするんですが、その時点ではおそらくサイコの母体程度にしか考えられていなかったと思うので、ムーバブルフレーム構造まで解析・研究して作られたMk-IIIの方がより次世代機のベースに適していると判断されたんじゃないかと思います。

 Mk-IIIは入手が強奪という手段ではなく、またキリマンジャロ製の同一設計機があることから、アナハイム製ではないと言い切ることができるため、隠す必要はなかったんじゃないかと考えます。むしろ、Mk-IIについても純連邦製デッドコピー機があったのかもしれません。近藤漫画じゃ量産されてるし。


 ちなみにMk-IIの存在自体はアナハイム・ジャーナルで言及されています。まぁ、そこではGPシリーズの秘匿も解除されたという設定なんで、Mk-IIの存在が明かされていてもおかしくないでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
リックディアスはフランクリンビダンの手でエゥーゴからティターンズに渡りそうになったところを阻止されましたけどね。

あと一般国民や連邦議会議員など世論としての意味合いだったら
ダカール演説後にティターンズが逆賊扱いになるわけですから、それまでのガンダムMkⅡそのものは隠蔽されるのではないんですか?
議員は議会決議で知っているかもしれませんが、一般国民までガンダムMkⅡのことを知っているんですか?
軍事機密(特に兵器の性能)は一般国民はおろか議員ですら知らないと思うのですが。
2011/09/15 (木) 22:50:43 | URL | #-[ 編集 ]
>ZZ以降にガンダムタイプが秘匿
この発想は無かったです。
幾ら危険な代物といっても所詮は性能の高いだけのMSですから、なにかしら別の理由がないと不自然ですよね。

秘匿ってことは実機がきちんとどこかに保管されてるってことですよね?
わざわざ保管する必要ってあるんでしょうか?
使わないならスクラップにしてもいいんじゃないかな とか思ってしまいます。
2011/09/16 (金) 01:18:22 | URL | ふゃんねこ #Zog/ag.A[ 編集 ]
>ふぇんねこさん
#秘匿ってことは実機がきちんとどこかに保管されてるってことですよね?

わたしの記憶が確かならば……、
ガンダムMk2とZガンダムは、『バイブレーション』で、クインマンサに撃墜された後、アクシズの爆発に巻き込まれて木っ端微塵になってるはずです。

ZZ最終話時点でガンダムチームで残ったのは百式とZZの上半身だけだったはずです。
(メガライダーはどうでしたっけ?)


EVOLVEを信じるなら、ZZはその後ジュドーが木星にまで持って行ってることになりますので、実質百四機くらいしか残ってないことになります。
さすがに、百式の実機のみを秘匿したと言われてもピンと来ないので、これは運用データとか機体の設計資料とかの話でしょうね。
2011/09/16 (金) 12:44:19 | URL | くっきーもんすたー #tBF1tvso[ 編集 ]
CCAで連邦がアクシズを管理しているのと、デルタプラスが開発されてるあたり、一度Ζやmark-IIは回収されてデータ取り用に修復された可能性はあります。

AOZのヘイズルやウーンドウォートも抹消されたのも踏まえてやはり反逆者(扱いにした)が製作したガンダムは色々不都合があったんでしょう。

話は逸れますが、AOZの刻に抗いし者で新しいガンダムタイプMSが出るみたいです。今月の模型誌でシルエットが公開されています。
2011/09/16 (金) 19:17:50 | URL | 匿名希望 #-[ 編集 ]
一年戦争においてはガンダムと言う化け物MSの存在は大いに連邦の宣伝戦に役立ってくれたでしょうが、はたしてMk2はどうだったんでしょうね。

ティターンズがガンダムを欲していたのは間違いないでしょう。ジムクゥエルベースでヘイゼルを作りガンダムを作ることの有用性を実証しようとしたことからもわかりますし。

同じ事はエゥーゴにも言えたんでしょう、リック・ディアスにガンダムの名を与えないことをあっさり認めたのはやはりガンダムと言う名に特別な意味を意識したからであるわけですし。

ティターンズはMk2が奪われたことでそれを喧伝する機会を失い、エゥーゴもまた、ジャブロー攻撃に失敗したことでMk2をエゥーゴのガンダムとして喧伝することができなくなりました。

Mk2はその後にMS開発に大きな影響を与えたのですが、その出自が絡んで、消されはしなかったものの、表に出せない要素が多かったんでしょう。

Zのように戦力的な理由からではなく、出来るだけ存在を隠したいという意識から封印されたと思われますね。
2011/09/17 (土) 03:44:21 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
>名無しさん
軍事機密であっても実際に戦闘に投入されている以上戦闘記録に残りますし、形式番号があるのでデータベース上には存在しているわけです。
そのどこかにはあるデータさえも消してしまうのが隠蔽ということになります。
一般国民が知っているかどうかの問題ではありません。

>ふゃんねこさん
秘匿の本来の意図はどちらかというとニュータイプには使わせたくない、というところだったんだと思います。
いざとなれば、α任務部隊みたいな特別編成の部隊に配備する予定だったのかもしれません。

>くっきーもんすたーさん
まぁ映像に出たMSが全てではないと思うので、
ZZにしろ百式にしろ複数機あった可能性はありますね。
Mk-IIも、新訳では4号機以降があったことになってますし。

>匿名希望さん
そういえばTRシリーズも抹消ですね。でもエゥーゴにはデータが流れてるんですよね…。

キャラホビでは新ガンダムのイラスト公開されてたみたいですね。
ガンダム7号機とかGPシリーズに似たラインのように見えましたが、果たして。

>ドクトルKさん
一番オリジナルガンダムのコンセプトを直接継承したガンダムなのに、
一番公にできなくなっちゃったっていうのはなかなかに皮肉な運命ですよね。
そういった意味で後ろめたさを感じずに公開できる新しい直系ガンダムをってことでRX-90なんてのが開発されてたのかななんて思ったりします。
2011/09/26 (月) 21:09:46 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.