がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
プロトガンダム・ガンダム・G-4計画とGM・GM改・GMコマンド
 タイトルである程度推測できるかも知れませんが、要するにGMの各バージョンはガンダムの進化段階とそれぞれリンクしているのではないか、という話です。

 なお、ここで言う「プロトガンダム」とは一般に言うRX-78-1を指すのではなく、「ガンダムセンチュリー」に掲載された膝と腰のボックスがなくアンテナが額では無く側頭部についているタイプのガンダムを指します。

 このプロトガンダムは、その形状からしてGMの直接の母体となったことは想像に難くありません。数あわせを重視した簡易生産機としてのGMをこの最初期型のガンダムをベースに開発し、その後バージョンアップしたガンダムを参考に以後のGMを開発していったと思われます。

 そして、次に開発されたと思われるのはGM改…の直接のベース機と思しきRGM-79(E)です。このMSは腰にボックスがあり、開発元であるルナツーはガンダムをRX-78-2へ改修した拠点でもあることから、78-2ベースで開発されたGMであると推測できます。
 元々、GMはソロモン攻略戦以降の投入、GM改(の先行量産型)はア・バオア・クー以降の投入を想定していた節が見られるため、開発の順番としても、ガンダムが完成した時点ですぐ開発されて先に配備されたGM、ガンダムが予定通りの仕様(?)で完成した時点で開発された後から配備されたGM、という形ですんなり収まります。

 問題はここからです。

 次に開発されるガンダムはRX-78-3なのですが、これは78-2の純粋拡張版(マグネットコーティング+α)なのでGMにフィードバックするような機体ではありません。その次に開発されるのはアレックスなんですが、アレックスの量産型は戦後に開発されたGMカスタムです。
 しかし、アレックスにはその前段階の機体があったことを、「アレックスと陸戦型ガンダムの関係」で言いました。このMSは量産を前提としていなかったようですが、フィードバックであれば可能であったのではないでしょうか。ガンダム自体、直接の量産は前提ではなかったわけですし(だから量産前提のRX-81が計画されていたわけで)。

 ここで、G-4計画という設定を持ち出して見ます。知ってる方には今更ですが、漫画「MSジェネレーション」において一年戦争中に開発されていた空軍の可変ガンダムGT-FOURの設定として作られたもので、ガンダム3号機のデータを陸海空宇宙軍に公開し、それぞれの軍でガンダムを開発する計画がG-4計画です。この計画によって、空軍がGT-FOUR、宇宙軍がアレックスを開発したことが明言されており、また陸軍も格闘型と重火力型を開発したと明言されている事から、少なくとも前者はガンダムピクシーである可能性が高いと考察される事が多いです。
 ところで、このG-4計画は、ただガンダムを作るのが目的であったとは思えません。その先に、陸海空宇宙軍が独自に量産型MSを開発することを想定していたと考えられます。完全な新型機というよりは、GMへのフィードバックを想定していたと考えた方が、当時の連邦軍の状況(GMを作って戦場に送り出すだけで精一杯)からすると自然でしょうか。
 であれば、実際に現存のGM系からG-4計画フィードバックのMSは想定できるのではないでしょうか。

 まず簡単なところから、海軍のGMと想定できるのがアクアGMです。運用環境が限定されている以上、海軍以外での運用はあまり想定できません。
 陸軍のGMとしては陸戦型GMがありますが、これがG-4計画ベースであると考えるのはやや厳しいですね。アレックスの開発開始が0079年8月なのでG-4計画のスタートがここからだとしても、その2ヵ月後(08小隊1話はガルマ追悼演説の日だから79年10月6日)にピクシー等をベースにして先行量産まで漕ぎ着けているかはちょっと怪しいです。無論絶対あり得ないとも言い切れませんが。実は陸ガンのベースになったのがG-4計画の重火力型だったのかもしれませんし。
 ただ配備時期を考えると、どちらかというとRGM-79F系と考える方が自然なのかなと思います。F型GMは「陸戦用」「砂漠用」「ホバー移動を可能にした装甲強化型」という3種類の現地改修バリエーションが知られていますが、これらから察するに陸軍で運用されていた可能性が高いと言えます。その後継機であるGMストライカーが宇宙軍所属だったので断言は出来ないのですが、開発はともかく運用は陸軍だったのかなと。
 空軍のGMはそもそもGT-FOURを開発するのが精一杯だったのでなかったと考えるのが自然です。ただライトライナー、コルベットブースターは空中での運用に特化しているので、空軍開発である可能性が高いとも言えます。あるとすれば、これらの支援ユニットとの連携運用を前提としたGMが今後設定されるかどうか、というところでしょうか。
 宇宙軍のGMと言えばほとんど全てなんですが、その中で唯一宇宙戦に特化したGMコマンドは、宇宙軍が独自開発したGMだったのかもしれません。GMコマンドは地上でも運用されていますが、そのほとんどが宇宙軍所属と思われる(宇宙と地上を自由に行き来している事が多いため)実験部隊で使用されており(統合本部直属という可能性もありますが)、可能性としては考えられます。

 ここまでで言えることですが、アクアGMはハーモニーオブガンダムでGMコマンドベースのプロポーションにリファインされていました。またF型GMはD型GMと同時期に開発されたことがジオニックフロントにおける装甲強化型GMの解説で明言されています。つまり、ここまでで挙げたGMはみなGMコマンドの始祖であるRGM-79Dベース、あるいはその同時期に開発されたGMであるということになるのです。
 これにより、少なくともそれぞれのGMが全て近い時期に開発されたという共通項が生まれます。いわば「G-4計画以後の、運用領域を特化したGM」という形にカテゴライズできるということです。

 別にG-4計画と絡めなくてもそこまでは言えるのですが、GMがガンダムのフィードバックを受けたMSであるのであれば、運用領域を特化したGMもまた、運用領域を特化したガンダムのフィードバックを受けているはずであり、実際にそれを裏付ける設定もちゃんとある、ということが今回言いたかった事です。

 いっそのことこれらのGMは全てD型ベースだったと言いたいところなのですが、F型は同時期に開発されただけでD型ベースではありません。アクアGMもハーモニー版がD型ベースだったとしてもM-MSV版はプロトアクアGMとかいう形で別機体に区別できますので、D型GMをベースにした統一された計画、というわけではないのかなと思います。
 ただF型は仕様によって見た目が全く違い、素体のF型の形状がはっきりしていないため、むしろD型とほぼ同一仕様だったと妄想する事も、できなくはないのですが。

 なので、個人的にはD~G型GMが運用環境を限定した、陸海空宇宙軍での独自運用を想定したGMであった、と考えたいところです。空軍GMがE型だったりするとすげぇ綺麗に収まるのですが。あ、GT-FOURはRX-78Eだったなそういえば…
スポンサーサイト
コメント
コメント
これすごいのは試作ガンダム→各種GMの流れをわずか3か月程度でやっていたという事ですよね。

これに比べれば統合整備計画なんて焼け石に水でしかないと思う、すさまじい無駄も出ただろうけど、それを許容できるのが連邦の強さなんだろうなあ・・・
2011/07/21 (木) 18:54:32 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
世界各地で統一規格の別機種を複数開発して同時生産したという感じなんでしょうね。
だからGM系にバリエーションが多いのだと無理矢理納得しておきたいところです。
2011/07/21 (木) 21:41:47 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
GMってアニメ版だとソロモン戦ではバズーカ装備をしていますが
ゲーム版だとビームライフルだけなんですよね
アニメだとパブリクでビームかく乱幕を張りますから、ビームライフルが使えなくなって実弾装備するわけですが
ビグザム等のIフィールド対策でも実弾のバズーカ系装備は有効ですから、ゲームでも制式配備にして欲しいですね。
バズーカ系以外でもマシンガンなどもいいですね
ビーム銃もマシンガンとバズーカ系にして面から対艦と対MSまでできるようにするといいですね。
それがGM改やGMⅡやバーザムとなり、やがてGMⅢやジェガンになったんでしょうね。
2011/07/27 (水) 19:34:01 | URL | #-[ 編集 ]
本来MSは自由に武器を持ち替えられるのが一つの特徴であるはずなのですが、
ゲームなんかだとどうしても作中での代表的な武装のみがピックアップされてしまいますね。
GMはスプレーガンだけど、GM改はマシンガン装備だったりして。
そういう意味で「カードビルダー」は画期的なゲームでした。
2011/08/05 (金) 22:52:15 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.