がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
デルタプラスとZガンダムの関係
 デルタ系とゼータ系の比較考察は今まで何度もやってきましたが、今回はMSN-001A1デルタプラスと、MSZ-006Zガンダムの2機のみに絞って考察する事にします。
 何故かというと両機は仕様上非常に似通っているからです。デルタプラスは性能上はむしろZプラスC1型に最も近いと言えるのですが、そもそも大気圏突入可能な可変MSというエゥーゴ当初のオーダーに対し、一度百式で失敗した可変機構を実現させて完成した機体というのが、デルタプラスとZガンダムの2機なんです。
 百式の失敗を踏まえて開発された可変ガンダムの完成版、という同じポジションの両機が何故存在したのか、という話になります。

 本来、Zガンダムの名前は百式として完成したデルタガンダムに与えられるはずでした。エゥーゴの発注により当初開発されたのがデルタガンダムで、このMSは可変機構の導入に失敗し、百式という名で納入されました。
 しかしその後もアナハイムは可変MSの開発を続行し、ガンダムMk-IIのフレーム機構を参考にする事で当初の要求スペックを満たしたMSを完成させます。これがZガンダムです。

 ところでZガンダムは、百式とは全く別の機種でした。これはおそらく完成を急ぐために、別に開発されていた非可変試作機であるMSZ-006Xを流用したことによって生じたもので、時間が逼迫していなければ、あくまでもデルタ系をベースとして可変MSを完成させていたのではないかと思います。それがデルタプラスです。

 本来であれば、Zガンダムが完成した時点でデルタプラスが別に開発される理由はありませんでした。Zガンダムが必要スペックを全て満たしているからです。またアナハイム純正のデルタ系ではなく連邦規格であるMk-II系の技術をベースにしている事からも、Zガンダムの方が連邦軍にとっては運用しやすい機体であったはずです。
 あえてZガンダム完成後にデルタプラスを開発した理由を考えるのであれば、これもすでに考察したことなのですが、Zガンダムをとりあえずの暫定試作機として、改めてデルタ系を主力にする事を前提にした本命試作機、というのが落としどころではないかと思います。実際にはZプラスC型以降が連邦軍に採用されたという設定がありますので、それと競合したと考えられます。

 ただ、一つ疑問があります。デルタプラスが0096年において運用できる状態にあったのであれば、0093年の時点で何故アムロに配備されなかったのでしょうか。アムロはZや百式の配備を求めていましたが叶わず、代わりにリ・ガズィを運用した事になっていますが(小説版設定ですがMGインストなどで半ば公認化してます)、もしデルタプラスがその時点であったのであれば、それはアムロが求める機体の一つであったように思います。

 もしかしたら、デルタプラスは0093年より後に組み上げられた機体だったのではないでしょうか。この時代ガンダムタイプは連邦政府によって秘匿されていましたが、それならガンダムって名前じゃないけど実質ガンダムと同じ性能のMSを作っておいてやろう、とアナハイムが思って開発したのが、Zガンダムと実質同じ位置にあるデルタプラスだったのではないか、と。
 つまりデルタプラスはZガンダムの代替機として開発されたということです。スパロボのヒュッケバインに対するエクスバインみたいなもので(権利関係的な意味です)、使えなくなったガンダムタイプの代わりにロンド・ベルの有事用に配備されたものだった、と考えると、いまいち設定がはっきりしないのも納得がいくような気がします。

 Zの量産機としてリゼルがある時代ですし、性能的にもZガンダムに匹敵するC型リゼルもあるのですが、操作性や運用面においても完全にZガンダムと同じ運用が出来るMSではなかった、ということなのでしょう。リゼルはMSZ-008系量産機であって006系ではないですしね。
 じゃあZプラスはどうなったんだという気もしますが、これもアムロに配備されなかったということは結局のところ秘匿というか生産中止になっていたのだと思います(ムーンクライシスには出てきますが、あれは非公式ですし)。Zプラスからさらにコストを落としているはずのリ・ガズィすら廃案になってたわけですからね。

 デルタプラスはZガンダムの対抗機種ではなく、代替機種だったのではないか、というお話でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ガンダムエース2011年5月号掲載の読切「デルタの鼓動」にて、ロンドベルがZの代替機として支給申請して断られていたいたエピソードがありましたね。(0092時点)

こちらは0093年前に完成説ですが、
同作品でリ・ガズィも同時期に支給申請しているようなので、
デルタ取り下げの代わりにリ・ガズィを通させたのか、ν建造ゴーサインの確約をさせたのか、
より低スペックな方を通すための囮にされた感じがします。

(この時点ではνはサイコミュを意図的に組み込んでない近藤版PX-00531な感じの案に偽装して提出されていたのでは)

逆にロンド・ベル側が警戒されているのを承知で、馬鹿正直に申請するとは思えないので、何らかの政治的なトリックを使っていたのではないかと思います。

0096年にデルタが配備されていた理由としては、シャアの反乱以後にそれみたことかと国防族議員が盛り返したこと、ラー・カイラム修復に大々的な予算がついた流れの一環で、
ロンド・ベルへの予算や制限が一時的に緩まった時期があったのではないかと推測します。
2011/05/05 (木) 22:01:27 | URL | りて #C6fZcuFU[ 編集 ]
なるほど☆
ガンダムUCのデルタプラスがさっそく記事になってて面白かったです。
確かに、デルタプラスには「ガンダム」という呼称はついてないから、代替機として開発されたというのも納得できますね^^
2011/05/06 (金) 00:06:21 | URL | コスト #mQop/nM.[ 編集 ]
ZのWR形態は下面が平滑で、スペースシャトルに近いデザインになっています。大気圏突入時の耐熱を主眼にデザインされれ、四肢などは翼より上に集中しています。
δ+はというと脚部は、翼より下にきています。そして主武装のビームライフルも翼より下に配置されます。
Zは低翼、δ+は高翼ということです。現代の戦闘機に関しては、高翼が主になっています。爆弾やミサイルを積む場合、特に翼に懸架する場合には駐機時に翼と地上の間がある程度ないと困難です。(まあ翼の上面にミサイルを積むものもあるにはあるんですけど…)
地上で運用する際、ビームライフルを交換したいなんて場合はδ+の方が楽チンだろうと思うわけです。
つまりZは宇宙用、δ+はZより重力圏での運用を重視した変形機構なんではと思うのです。
ただしδ+も宇宙からの降下を行っており、凸凹の多い底面をさらしても問題がなくなったと考えられます。
なぜUC時代にδが引っ張り出されたかといえば、凹凸をものともしない耐熱処理技術が生まれるのを待っていたためと考えます。
δ→百式→δ可変機案(重力下運用に柔軟に対応できるが、宇宙からの降下作戦は不可)→δ+
δ+になって初めてZを越える宇宙・地上ともに使い勝手に優れた万能機となったのでないでしょうか。
2011/05/07 (土) 23:03:32 | URL | T #LkZag.iM[ 編集 ]
あえて大胆な仮説ですがデルタプラス=Zプラスってのはどうでしょうか。

リゼルと似たような運用するのにニ系統の機体があるのもコスト面で好ましくないでしょうし、Zも加えてしまうとさらに系統が煩雑になりますしね。

つまり、Zプラスはシャアの反乱の後全部デルタプラスとして改装されてしまったのです。

理由は二つ、連邦軍にはやはりガンダムに対する警戒心があり、量産タイプであるがガンダムの存在を好ましく思っていなかった。(リガズィもガンダムの名は関しているしね・・・)

でもZプラスはコストは高いがいい機体と評価も高いし、シャアが消えた後もジオン残党は活動していたので必要性はあんまり変わらなかったんでしょう。

そこで、Zの前のデルタ=百式の外装をそのままプラスにかぶせた。いくつかマイナーチェンジを施して出したのがデルタプラスだと。
2011/05/08 (日) 21:08:04 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
初めて書かせていただきます。
リゼルにもガンダムの名前は入っていますね(Refine Zgandam Escort Leaderの頭文字でrezel=リゼルです)またガンダムUC小説版では大気圏内用としてアッシマーのコストダウン機体アンクシャも設定されています。
おそらくですが、量産型百式改等百式系統はある程度予備パーツがあったのでこれの流用を見越してデルタプラスを製作。
リゼルやアンクシャとより低コストの可変量産機体の座を争ったものの、予想以上にコストが高くなったのでデルタプラスは試作機体のみでお蔵入りしていた所、パラオ攻略戦用の戦力補填に駆り出されたのではないでしょうか(後付けですが、プロトスタークジェガンも試作型ですね)。
2011/05/09 (月) 23:06:48 | URL | 匿名希望 #-[ 編集 ]
>りてさん
そんな後付け肯定な読切漫画があったんですね…
ほぼオフィシャルに近い設定でしょうからZ代替機説は難しいですね。

0093年以降国防族が盛り返した影響というのは大きいでしょうね。
そもそもユニコーンガンダムなんて作っちゃってるわけですし。

>コストさん
アナハイム製のガンダムと名づけられている機体は例外なくシンボルとしての意味合いがあったのだと思っています。
本来ガンダムを名乗っていいのは権利関係的に純連邦製のMSだけだと思うので…。

>Tさん
デルタよりゼータの方が大気圏突入に適している事は間違いないと思います。そのためにフライングアーマーを背負ってるんでしょうし。
ただデルタの時点でエゥーゴのオーダーは大気圏突入可能だったはずなので、
当初から仕様に組み込まれていたことも間違いないと思うんですよね。
百式配備と同じタイミングでフライングアーマーも配備されましたから、
もしかしたらデルタ変形失敗は大気圏突入も考慮に入れた上でのもの(宇宙/地上での使用だけなら問題なかった)なのかもしれませんね。
その後Zプラスの運用データとかで安定した突入も可能になったと。

>ドクトルKさん
実はフレームがZ系だったってことですね、デルタ変形失敗設定を踏まえるとあり得なくはないです。
ネックなのは脚部の変形機構がZと逆ってことなんですが、
これはリ・ガズィと同じ…というか近藤版Zと…まさかデルタ+=近藤版Z…(笑)

>匿名希望さん
初めまして、書き込みありがとうございます。
個人的には百式系はエゥーゴが連邦に吸収された時点でほぼ死滅したと思ってるんです。
量産型百式改が採用されたはずなのに量産された確定記述がまるでなく、
代わりに上位量産機としてネロが採用されてるのが根拠です。

自分がデルタプラスがガンダムの代替でリ・ガズィやリゼルがそうでないとしたのは一般機か高級機かの違いで、
デルタプラスは低コスト量産候補ではなかったと解釈したからなんです。
ただデルタプラスが回ってきたのは単にリゼルの補充が間に合わないからだという気もするんで、あまり関係ないかもしれないですね。
2011/05/10 (火) 00:07:44 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
当初δ:宇宙からの地上侵攻も可能な可変MSを目指したが、フレーム脆弱につき断念。
百式:変形しないMS
δ可変機案:勝手な考えですが、百式を再度可変機にするプラン。ただZ計画がスタートしているので違う意義が必要→大気圏での空戦能力、運用性を重視した戦闘機形態への変形を目指した。しかし大気圏突入能力がなく、地上もZ+でなんとかやりくりできるのでペーパープランのみで廃案
UCのδ+:大気圏突入能力、地上での良好な空戦性能(先尾翼も装備)と運用能力を実現可能とみて実機開発に漕ぎ着けたもの。

という流れを考えています。もともとZがある程度成功しているので、Zより優れたところが無いと開発意義がないというところが出発点です。
2011/05/11 (水) 22:10:56 | URL | T #LkZag.iM[ 編集 ]
>「デルタの鼓動」
シャアまで百式への評価が低いようでなんだか公式設定というには胡散臭い気がしますが。
既存機体が連邦軍に隠匿されるとはいえアナハイムから新規オーダーできないのは当時の独立採算制という設定からZと百式はグラナダ製の機体、設計図のみ回ってきたのをフォン・ブラウンの生産ラインで開発したのがリ・ガズィで筋が通ると思いますが、「デルタの鼓動」におけるチェーンとアストナージの会話はこの辺りの事情に全く踏み込んだものではなかったし…。
2011/05/15 (日) 18:35:33 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
>Tさん
確かにデルタプラスにはZプラスに勝る点がないと意義はないですね。
個人的には地上用のZプラスA型をまた宇宙用にするくらいなら、いっそ全部見直してしまえっていうことでできたのがデルタプラスなのかなぁと思ったりもします。

>巨炎
デルタの鼓動を未見なのでなんとも言えないのですが、
あんまりこれで公式、決定とは言いがたい内容ってことでしょうか。
急場しのぎの辻褄あわせっぽいなぁとは思いますが。
2011/05/15 (日) 23:16:18 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ガンダムエース9月号でデルタプラスの追加設定がありました。ここの記事ではデルタプラスは宇宙世紀0090年に開発、バイオセンサーも搭載されていたと記述しています。
デルタの鼓動も含めて公式設定かどうかはわかりませんが、リ・ガズィの前にデルタプラスは存在していた事になりますね。
2011/08/03 (水) 23:20:39 | URL | 匿名希望 #-[ 編集 ]
あー、そういう設定がとうとう作られたんですね。
0090年開発ですか、ジェガン以降、リ・ガズィ以前という微妙なタイミングですね。
軍縮の時代に入ってからなのは間違いないので、Zプラスの廉価版というイメージなんですかねぇ。
2011/08/05 (金) 22:53:22 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.