がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
月初のガンダム以外の話「ドラゴンボールの複数の時空について」
 復帰してもガンダムネタから始まらず恐縮なのですが…ドラゴンボールの話です。

 ドラゴンボールの物語中では、タイムマシンが運用されたことにより複数の時空世界が存在します。
 1つ目は、原作の世界。
 2つ目は、悟空が心臓病で死亡した未来から、原作世界に干渉したトランクスの世界。
 3つ目は、別のトランクスの世界から原作世界に干渉したセルのやってきた世界。
 4つ目は、3つ目の世界のトランクスが干渉した別の原作世界(悟空が心臓病を克服した別の未来)。

 このうち、詳細に語られたのは1つ目と2つ目の世界のみです。
 今回は、3つ目と4つ目の世界がどのような世界だったかを中心に、考察してみたいと思います。
まず3つ目の世界について、これを便宜上セルの未来と呼びます。
この世界は、「何らかの方法で人造人間17号と18号が倒された」世界です。
しかし、初期形態のセルにトランクスが殺されている事から、トランクスは精神と時の部屋で修行しておらず、
おそらく緊急停止コントローラーによって17号と18号を停止させる事で倒す事ができた世界であると考えられます。

つまり、この世界は2つ目の世界(トランクスの未来と呼びます)とほぼ同様の経過を辿りながら、
トランクスは緊急停止コントローラーを持って帰還し、それ故に実力的には特に変化無かったためにセルに敗れたということになります。

そしてそのトランクスが干渉した過去の世界、緊急停止コントローラーによって人造人間を倒したのであろう世界こそが、4つ目の世界であるということになります。
ではこの4つ目の世界は、何故緊急停止コントローラーによって人造人間を倒すことができたのでしょうか。

その答えは簡単です。
原作世界では、緊急停止コントローラーが完成した時点ではすでに17号はセルに吸収されていました。
そして18号を停止して倒す事は可能でしたが、クリリンが18号に情をかけたために使用されなかった経緯があります。
この時点でベジータとトランクスは精神と時の部屋で修行して大幅にパワーアップしていましたので、
3つ目の世界のトランクスの実力を考えると、このタイミングで18号を倒した結果の世界とは考えられません。

だとすれば、単純に4つ目の世界とは、「セルが来なかった世界」であると考えるのが妥当でしょう。
ドラゴンボール大全集では4つ目の世界では「トランクスがいない状態でセルゲームが開幕」と書かれていましたが、それはないかと思います。

そもそも、原作世界はトランクス世界の過去とはいくつか異なる事象が確認されていました。
悟空が心臓病を発症するタイミング、19号と20号の存在、17号と18号の性格、16号の存在などがそうです。
これらの変化はトランクスがタイムスリップしてきた影響であると思われていましたが、
実際にはそれ以前にセルがタイムスリップしてきていた影響が多かったと考えられます。

トランクスが過去にタイムスリップしたことで分岐した並行世界が原作世界ですが、
実はそれ以前にセルがタイムスリップをしたことで、さらに分岐していたわけです。
つまりドラゴンボール世界の4つの時空は、次のように分類する事が出来ます。

原作世界:未来からトランクスとセルがやってきた世界
トランクスの未来:トランクスが原作世界にタイムスリップした世界
セルの未来:トランクスが4つ目の世界にタイムスリップした世界
4つ目の世界:未来からトランクスのみがやってきた世界

4つ目の世界は、セルが来ていないのです。そのため単純に緊急停止コントローラーによって人造人間を倒すだけで問題が解決したのでしょう。
セルが来ていないということは、歴史の変化もあまりないと考えられるため、悟空が心臓病になるタイミングもずれることなく、人造人間とは正面から対決できたと考えられます。
19号と20号がいるかいないかはわかりませんが、いたとしても19号は心臓病になっていない悟空になら倒されていたのかも知れません。
16号がいなかったのは、単純に17号と18号がその存在に気づかなかったからだと思われます。
神様がピッコロとの同化を決意したのはセルを発見したからでしたが、セルがいない世界なので同化していない可能性があります。
ただ、ゲロの研究所で人造人間の設計図を発見し、緊急停止コントローラーの開発に成功するまでの時間稼ぎが必要だったでしょうから、
結局同化はしていたのかもしれません。いずれにせよ想像に頼るしかありませんが。

それよりもこの4つ目の世界は、実は「劇場版の世界」だったと考えるとちょっと都合がよかったりします。
メタルクウラの話(激突!100億パワーの戦士たち)からブロリーの話(燃え尽きろ!熱戦烈戦超激戦)までの3つの劇場版は、
どう解釈しても原作に組み込むのは不可能な話です。それは他の劇場版のほとんどについても言えることではあるのですが、
人造人間を早期に倒し、セルが来なかった世界であれば、上述の3つの劇場版は矛盾無く組み込めることになります。
まぁ、トランクスの存在を考えると本当に矛盾がないのはメタルクウラの話だけですが。


それよりもこの考察の中で生じた疑問があります。
原作世界はセルが来て、かつトランクスが来たことで生じた分岐世界です。
4つ目の世界は、セルが来ず、トランクスだけが来たことで生じた分岐世界です。
トランクスの未来とセルの未来は、どちらも未来から何も来なかった結果の世界です。
両者の違いは、トランクスが原作世界と4つ目の世界のどちらに行ったかの違いでしかありません。
ではこの2つの世界は、何故分岐したのでしょうか。

時間軸の分岐が「タイムマシンを使用する」ことで起きるのであれば、
可能性は2つあります。
1つは、トランクスとセル以外にもタイムマシンを使用した人間がいたこと。
もう1つは、実は原作に描写されていないタイムスリップが1度行われていた、ということです。

トランクスとセル以外にタイムマシンを使用した人物は、作品中1人だけいます。
劇場版(龍拳爆発~)に登場した勇者タピオンです。
この作品はあくまで原作世界の延長であるためこのタピオンの歴史改変がセルの未来を作ったことはあり得ないのですが、
この作品の設定で、タピオンが持っていた剣はトランクスが持っていた剣と同じ、ということになっているのです。
トランクスの未来ではこの劇場版の時代はすでに悟空達が死んでいるため、全く同じ物語にはなりません。
というかそもそもトランクスの未来でタピオンが現れる可能性はあり得ない、矛盾した設定なのですが、
(元々ドラゴンボールでタピオンが封印されていたオルゴールが解放されるという物語なので、ドラゴンボールがないトランクスの未来では復活できるはずがない)
とにかく何らかの形でタピオンがトランクスの未来でも現れ、剣をトランクスに託した後タイムスリップをしていれば、
かなりの過去にタイムスリップしていますので、その歴史改変が巡り巡ってセルの未来を生んだと考える事はできます。

もう1つの可能性についてですが、ドラゴンボール世界のタイムスリップはあくまでも1つの次元からもう1つの次元に移動することであり、
1つの次元に行った人間はまた同じ次元に戻る事ができるということになっています。
最初に原作世界に行ったトランクスは、その後全く同じ次元の延長線上の時間に再度タイムスリップしています。

そう考えると、トランクスの未来のトランクスは、初めから「すでにセルがいる」過去にタイムスリップしているし、
セルの未来のトランクスは、「セルがいない」過去にタイムスリップしていることになります。
これはどういうことかというと、すでにトランクスが過去にタイムスリップした、という事象は2つの次元で起きており、
それぞれの次元のトランクスは別々の次元の過去へ行ったことになるということです。
ということは、トランクスが過去に向かおうとしたその時点で、すでに並行する2つの世界があったことになります。

つまり、トランクスが最初に過去に戻る前に、すでに時間軸の分岐=タイムスリップが行われていたことは間違いないのです。
それが勇者タピオンによるタイムスリップなのではないかと上で述べましたが、そう考えるとトランクスがタイムマシンを使用する前に、タイムマシンは完成し実用化されていたことになってしまいます。
しかし原作のサイドストーリーでタイムマシンが完成したとき、ブルマはテストする時間もないということを言っています。この時点でトランクスは剣を持っていましたから、それ以前タピオンがタイムスリップをしている可能性は限りなく低くなります(そのため、トランクスの剣=タピオンの剣という劇場版の設定はそもそもおかしいということになります)。

ただ、タイムマシンが完成した際、トランクスはすぐそれに乗らず、一度人造人間と戦い敗れています。この際かなり重傷を負っていたようなので、その傷が完治するまでの間にブルマが自分でテストしていた可能性は考えられます。その小さなタイムスリップにより、時間軸が分岐した、という考え方ができるのです。
往復分のエネルギーは8ヶ月かかると原作で語られていますが、過去に戻ってエネルギー満タンのタイムマシンに乗って帰ってくれば消費は片道分で済みます。

原作でそう読み取れる描写など全くありませんが、状況からタイムスリップを行えたタイミングは「成長したトランクスが一度人造人間に敗れてから、その傷が完治するまでの間」しかなかったと考えられます。
そうだとすれば、この1度のタイムスリップのテストが、セルに殺されるはずだったトランクスの未来を変えたことになります。

そこまで考えて一つ思いました。
むしろトランクスがセルに殺された後の未来で、ブルマがセルに殺される前の時間にタイムスリップし、歴史を変えたという可能性もあるのかな、と。
そして歴史が変わったトランクスは「セルが跳躍した過去」にタイムスリップする事で、死を回避することになる、ということも考えられます(まぁ、結局一度はセルに殺されちゃうんですけどね)。
そっちの方が物語としては面白いかもしれません。

ドラゴンボールの物語は、実は3回の歴史改変により奇想天外な物語として完結したのかもしれない、というお話でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
肝心な話、「未来に平和を!悟空の魂よ永遠に」を残し、ドラゴンボール改は終了した。

ブウ編からGT編、あわよくば無印へ…との思いであったが、何とも後味の悪い出来に。

フリーザの戦闘力1億2千万との設定に疑問を抱く者として、更なる考察に期待いたす。

2011/04/05 (火) 16:06:13 | URL | カズラキー #-[ 編集 ]
そういえば、DBのタイムマシンネタでよく話題に上がる謎がありますね。
本文冒頭で言う3つ目の世界、セルは奪ったマシンでそのままタイムスリップしたと言っていますが、
セルに殺されたトランクスはなぜフリーザ親子の襲来一年前にタイムスリップしようとしたのか、という。
2011/04/07 (木) 15:29:45 | URL | ネイ #RmAovzKw[ 編集 ]
>カズラキーさん
地震で1回中止になったからですね。
まぁドラゴンボールはセル編で終わっていた方が良かったという人もいるし、次までの繋ぎ企画だったんでしょうね。

戦闘力考察で難しいのはサイヤ人の瀕死からの復活による上昇率が一定でないことなんですよねぇ。
一度真面目に考えてみたいテーマではありますが。

>ネイさん
それは確かに引っかかりました。
多分、セルが卵に戻る前に自分で時代を設定したんじゃないかと思います。
卵から孵化して元の姿に戻った時間が、ちょうど作中で登場した時間だったわけですし。
2011/04/15 (金) 20:48:48 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
外伝作品のエピソードオブバーダックではバーダックが超サイヤ人の始まりであるかのように描かれていますね。
これが事実であればバーダックはかなりの過去にタイムスリップしていますのでそれが巡り巡ってセルの未来を生んだとは考えられませんかね?
2014/02/24 (月) 12:04:44 | URL | 後付けではありますが #-[ 編集 ]
確かにそれは考えました。
ただじゃあバーダックがタイムスリップしていなかったらどういう世界になったのか?ということを考察する必要が生じます。
もしバーダックがフリーザ一族にサイヤ人の危険性を教えたことになるのであれば、それを知らない歴史のフリーザは、惑星ベジータを破壊しなかった気がするんですが、破壊しようとしないとバーダックがタイムスリップしないんで、ここは矛盾なくループしているんですね。
ただ他にタイムスリップネタがない以上、バーダックの影響が遠く関わっている可能性は十分あると思います。
個人的には、トランクスを失ったブルマが意図的に変えたとした方がロマンはあると思っているんですけどね。
2014/03/02 (日) 20:45:03 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ルロイさん
コメント内でセルが卵に戻る前に自分で時代を設定したんじゃないかと思いますとありますが、
原作の31巻でセルが「トランクスのタイムマシンがこの時代にセットされていたのでわたしはスイッチを押しただけだ」と言っているので
やはりトランクスが何か意図して時代を設定したと考えた方が良さそうですね。
2014/03/03 (月) 00:18:27 | URL | セルのタイムスリップについて #-[ 編集 ]
そういえばそうでした。
トランクスは当時人造人間を倒したことを報告しにいくはずだったのですが、
だとすれば1年前に設定するのは非常に不自然です。それも、本来行くべき4つ目の世界ではなく原作世界に飛んでいるわけですからね。

強いて言うのであれば、トランクスが本当に過去に報告しに行くのが目的だったかというところでしょうか。
本当はもう一度別の歴史改変を起こそうとしていたのかもしれません。その理由は全くわかりませんが。
2014/03/15 (土) 15:05:07 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.