がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
アレックスと陸戦型ガンダムの関係
 RX-78NT-1アレックスは、単なるRX-78系列の機体ではなく、RX-79系のデータも反映されているということになっています(MGインスト)。このあたりをもう少し掘り下げてみたいと思います。

 MGインストの記述は、以下のようになっています。

 NT対応機のベースとなった機体は、いわゆる"陸戦型ガンダム"や"ジム先行型"などのデータも盛り込まれている系統のもので、量産化を前提としない高性能機として開発されていたものであった。

 このことから、アレックスの母体となった機体は、いわゆるRX-78の4~8号機ではないことがわかります。これらのガンダムは、開発時期を考えてRX-79系のデータが盛り込まれている物ではないはずだからです。
 以前、RX-78系と79系は設計上別枠であるということを述べたことがあります。ここで、GMには採用前提のRX-78ベースと運用試験機であるRX-79ベースとがあり、両者を統合したのがRGM-79Cであると考えました。
 これを前提に考えると、「陸戦型ガンダムやジム先行型などのデータも盛り込まれている系統」というのは、RGM-79Cと同コンセプトの機体であることがわかります。ただし「量産化を前提としない高性能機」とされていることから、RGM-79Cそのものではないこともわかります。

 RGM-79Cは一般にルナツーで設計された機体であると解釈されますが、アレックスはオーガスタで開発された機体です。となると、C型GMよりもむしろオーガスタ製であるGMコマンド系統と関連付けた方がそれらしいと言えるかなと思います。

 そもそも、現時点の設定においてRX-78の1~8号機以外で、一年戦争中に開発された、RX-79のデータも反映されていると思しき公式のガンダムというのは、おそらく一つしか存在しません。ガンダムピクシーです。
 ピクシーはGMコマンドに近い形状をしているなどオーガスタ系列の関連を疑わせる意匠があり、また3機生産されている設定なので、アレックスがガンダム4号機といわれる理由が「ピクシーの4号機」だからということであれば辻褄は合うのですが、ちょっと推測にも程があるのでこれは仮説の一つに留めておきます。

 いずれにせよ、はっきりと言えるのは「アレックスの母体となった量産を前提としない高性能機」は存在した、ということです。そしてその機体こそがRX-78系にRX-79やRGM-79(E/G)のデータを反映させたであろうガンダムだったというところまでは、間違い内のかなと思います。
 つまり、RGM-79CがRX-78/79系GMの統合機であったように、RX-78/79系ガンダムの統合機であるガンダムが存在し、それを再設計しマグネットコーティングやフルアーマーオペレーション、全天周モニターなどの最新技術をデフォルトで導入したのがアレックス、ということになるのではないかと思います。

 さて、ここでG-4計画とかNT-1プロトとかを絡めて考察しようとすると泥沼に嵌まるので、このブログらしく(?)「アレックスの原型機が開発されていたのは何故か」という点からもう少し掘り下げてみようと思います。要するに、RX-78とRX-79を統合した「量産を前提にしない高性能機」が開発された理由を考えてみようというものです。
 すでに量産機としては同じく78系と79系を統合したRGM-79Cという機体がありながら、同じことを試作レベルでも行っているのは何故か、ということになるわけですが、単純にRGM-79Cの母体となったガンダムVer.Kaみたいなものがあったと考える事もできますが、個人的にはこれは「次の量産機」がRGM-79Cだったのに対し、「次の次の量産機のための試作機」というものがあったのだと考えたいと思います。
 何故ならば、アレックスを元にRGM-79Nという、79Cの次の機体が実際に開発されているからです。元々それを想定して開発されていたと考えれば、同コンセプトの量産機と試作機が並行して開発されていてもおかしくありません。

 また、アレックスは単なるNT対応機というだけでなく、FSWSも含めたRX-78系で採用された技術をデフォルトで採用しているという特徴があります。実はその点においてよく似た設定のMSがあります。それは、RX-81です。
 RX-81は、FSWSも含めたRX-78を量産レベルで再設計するというのが当初のコンセプトでした。またその際はニュータイプパイロットが搭乗した時の戦闘力を目標にしていたようです。これは、「量産が前提」という点以外はアレックスとよく似ています。
 そもそもFSWSとアレックスの類似性は以前から指摘していました。FSWSもアレックス同様ニュータイプの運用を前提に考案されたガンダムのパワーアップ案の一つですし、そのFSWSが採用されるはずだった4号機以降のガンダムが、実際にはアレックスからのスピンオフを受けたRX-78-4以降の仕様に改修されているなど、FSWS計画そのものがNT-1に置き換わったとも解釈できるような設定になっています。同じようにFSWSの先にあるRX-81自体も、アレックスの先にあるRGM-79Nに置き換わったとも考えられます。
 実際にはRGM-79Nと同じくしてRX-81も完成しているのですが、このRX-81は当初のコンセプトとはやや異なる仕様でした。またRGM-79Nは量産機ですがRX-81は試作機ですから、並列の関係ではありません。
 実際のところは、アレックスと同じタイミングでRGM-79Cが量産されていたのと同じように、RX-81と同じタイミングでRGM-79Nが量産されたと考えるべきなのではないかと思います。RX-79との統合機としての量産機RGM-79Cと試作機RX-78NT-1であり、RX-78のスペック維持を前提とした量産機RGM-79Nと試作機RX-81なのではないかと。

 つまり、RX-79との関係に戻ると、アレックスは事実上RX-79とRX-81の中間に位置する機体、ということになるのです。そういう意味では、RX-80の型番を与えられるのに相応しい機体であるとも言えます。NT-1としての設計変更を受けていなければ、RX-80というMSが生まれていたのかもしれません。

 一言で纏めると、アレックスはRX-78にRX-79系のデータを反映させて開発された試作機をベースにして開発されたMSであり、RX-78用に開発された技術の全てを当初から導入した次世代量産機のための試作機でもあった、というところでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
記事の話からは多少離れますが。
NT-1とRX-79の繋がりとして、
非公式ですが読者参加ゲーム出典の
NT用量産型ガンダムってありましたね。
両機の意匠を引き継いだ、多少やっつけ感のある機体ですが、
ネティクス辺りと繋げるピースにはなりそうです。
2011/02/16 (水) 17:44:23 | URL | りて #zuHQSYfk[ 編集 ]
今回も面白かったです^^
2011/02/16 (水) 20:27:51 | URL | コスト #u3MRTyDc[ 編集 ]
はじめまして。いつも楽しく読ませてもらっています。

今回の考察の
>アレックスがガンダム4号機といわれる理由が「ピクシーの4号機」だからということであれば辻褄は合うのですが、
というところに、初ダムゲーがクロスディメンションだった私は大興奮です。

で、ふとNT-1が「ガンダム4号機」なのは、アムロ・レイ(WB隊)用ガンダム4号機なのではないかと思いました。
78-2>ピクシー>(3号機)>NT-1
という流れです。実際には2号機以降は全部届かなかったって話ですけど。もしかしたらぶっ壊されたマドロック?みたいな。
ピクシーは勝手に使っちゃった上に放棄されてるんで、士気維持のために連邦の末端では届かなかったことが秘匿されてるんじゃないですかね。と。
2011/02/17 (木) 03:37:51 | URL | Oasis #-[ 編集 ]
>「次の次の量産機のための試作機」
なるほど、D型系ジムの開発目的にも「次期量産型開発のための基礎データの収集」という設定があるので、オーガスタ基地の役割がこれだったとすれば同基地のMS開発にも一貫性が出ますね。

>RX-78/79系ガンダムの統合機であるガンダム
自分はこれが「本来は」ガンダム4号機になる予定だったのではないかと思います。
正式にガンダム4号機となる以前にNT-1に再設計された為に後から承認されたRX78-4と機体名の重複が起こってしまったのではないでしょうか。

また、G-4計画というのはRX-78/79系統合機の開発に始まる次期主力機のための試作機開発計画だった。と考えればアレックス8月開発開始説のフォローにもなるのではないかと。

要約すると
78/79系統合ガンダム=(本来の)ガンダム4号機=G‐4計画の出発点
ということになります。



2011/02/19 (土) 15:56:16 | URL | フェーベ #-[ 編集 ]
なんかSDガンダム夢のマロン社版のガンダムが頭をよぎりました
基本的なデザインはアレックスだけど脚のサイドに付いてるバーニアと腕のガトリングが無いアレが
2011/02/20 (日) 11:20:32 | URL | わんこ #jln7oh1s[ 編集 ]
陸ガン、陸GMの流れとNTと言えば、BD(EXAMシステム搭載機)が思い浮かびます。(開発時期をしらないので的外れかも)
操縦応答性のプログラムやら関節駆動系などがBDと同系統のシステムを入れているということではないでしょうか。
2011/02/20 (日) 21:06:48 | URL | T #-[ 編集 ]
>りてさん
NT用量産型ガンダムですか、Mk-IINTなら知っていましたがこれは初めて知りました。
設定的にはどっちかというとブルーの前段階か後継機という感じがしますね。

>コストさん
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

>Oasisさん
あーなるほど、ホワイトベースのガンダム4番機ですか。
そういう考え方をするならば、むしろペガサス級に配備されるガンダムの通しナンバリングって考え方も出来ますね。
グレイファントム配備機のアレックスが4、ブランリヴァル配備機のマドロックが6ってことで。

>フェーべさん
ジャブローが主力艦隊配備機を、
ルナツーがジオン本土制圧部隊配備機を、
オーガスタが次世代機を開発していた、
と考えるとシンプルに整理できますね。

アレックスは当初RX-78-4だったと明言している記述もあるので、
78-4がNT-1に変更された時点で一旦空き番となり、
後で78-5のメガビームランチャー対応型として78-4が再取得されたというのが持論です。

G-4計画はRX-78セカンドロットが正式にガンダムとして承認される前(GM試作機だった頃)に4号機以降のガンダムとして始まった開発計画だったのかなと思っています。

>わんこさん
実際NT-1の前段階ってそんな感じなんだと思います。
腕と脚をGMカスタムに変えたアレックスみたいなイメージですね。

>Tさん
BDとNT-1の共通点というと明言されているのはマグネットコーティングくらいですね。
開発目的は対NT用とNT用で完全に相反するので、
競作にはなっても相互関係はなかったんじゃないかと思います。
BDのスペックがNT-1を目標としていたとか、そういう可能性はあるかもしれません。
2011/02/22 (火) 22:22:32 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
NT用ガンダムであるG-3やアムロのガンダム78-2の改修もマグネットコーティングだけでしょ。
ただこの2つに関してはあくまで78-2に後付したかんじだと思います。
NT-1は当初からマグネットコーティング前提に設計されている点で違います。より適切な関節部を持っていると思います。振り回しGがきつくなることから全体的な強度もアップしているかも知れません。
他に状況認識能力の高いNT用に前周モニターの先行導入があるくらいです。
この頃の連邦のNT用技術とはマグネットコーティングだけだと思います。
アーマー化に関しては高価値ユニットの生残性を高める技術でNT専用とではありません(GMキャノン2)。
結局どれも通常MSにも適用可能な技術と言ってもよいかも知れません。
NT-1の目指す性能をオートマにするのがBDであり、目標が反対だろうが要素的にはほぼ重なるものと言えるはずです。
オートマシステムがEXAMだったりアリスだったりヤバげでおおがかりなので、BDの肝はNT-1とは別と言えますが。
真のNT技術はサイコウエーブ(うろ覚え)に応答できるシステムで当時の連邦にそれはなかったと考えます。
2011/02/27 (日) 21:16:34 | URL | T #LkZag.iM[ 編集 ]
自分が言いたかったのは、クルスト博士主導のBDはNT-1とは全然違う開発スタッフだっただろうから接点がなかったんじゃないか、ということなのです。
でもBDも北米で開発されていたっぽいし、小説版だとロザミィが出てきたりとオーガスタの関与が疑われるので、
やっぱり接点はあるのかもしれないですね。
対NT用にとクルスト博士が開発したBDのデータをNT用のアレックスに密かに流用する連邦軍…なんていうのも体制側組織らしいエグさがあってリアルかもしれません。

BDは誰でも乗ればNT並みの戦闘力を発揮するMSであり、
アレックスはNTが乗れば最高の戦闘力を発揮するMSっていうのがコンセプトですね。
そう考えるとEXAMはやっぱり本当はFA-78とかRX-81に積みたかったんじゃないかと思ってしまいます。
2011/03/02 (水) 22:41:58 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
ぺそぺそ読書中・・・ダムPF145 RX-81よりRX-78NT1 アレックス
2015/02/02(月) 20:45:20 | 新訳・偽かげろう日記
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.