がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ネオ・ジオンMS名鑑(12) AMX-008 ガ・ゾウム
 ガザシリーズ3連発の最終回。正直あんまり書くこと無いんですけどね…。アクシズのMSは設定が薄いなぁとつくづく思います。そもそもジオンの一残党の癖に開発した機種が多すぎるんですよね。ティターンズは腐っても連邦軍だからいくらMSを開発していてもおかしくないけど、アクシズはちょっと無理がありますね。

AMX-008 ガ・ゾウム(GA-ZOWMN)
ガ・ゾウムは、アクシズが開発した量産型可変MSである。

<開発背景>
 アクシズがAMX-007と共に開発したガザシリーズの局地発展型が、AMX-008である。AMX-007同様、ガザの航続距離を強化することを前提に開発された本機であるが、コンセプトの違いはMSとMAのどちらの形態を重視したかであった。
 AMX-007がMSとしての形をある程度スポイルする事で、MA形態での推進力に特化したのに対し、AMX-008はMS形態としての戦闘力をより高める事を念頭に設計されていた。しかし元々ガザというMSは格闘戦に向かない機体であるため、設計陣は目標スペックの達成に難航したと言われる。その結果、パーツ面でこそ旧来のガザシリーズとの互換性を確保しているものの、完成した機体はすでにガザとは呼び難い大幅な設計変更が加えられていた。
 結果的にガザではなくなってしまった本機であるが、その性能が評価され、ガ・ゾウムという名を与えられ制式採用されている。

<機体概要>
 本機は脚部全体をスラスターとすることで、従来のガザにはなかった機動性を獲得する事に成功した機体である。これは単に航続能力を強化するだけではなく、高速一撃離脱戦を想定した対艦・対要塞攻撃機としてのコンセプトが与えられている事を意味している。
 もう一つ従来のガザと決定的に異なるのは、バインダーと腕の位置が逆となっている点である。それまで肩の位置に装着されていたバインダーが、肩と胴体の間に装着され、推力を持たない純粋なウェポンユニットとなっているのである。推力を脚部に回した分、バインダーにあたる部分は全て武装に費やされていると言える。これにより腕の可動範囲は大幅に上がり、より格闘戦に向いた設計となっている。
 ウェポンユニットはミサイルポッドが標準装備となっているが、この部分はいくつかの種類があり、またガルスJともアタッチメントは共通となっている。
 武装面で従来のガザと異なる最大の点は、ジェネレーター直結型であったナックルバスターがEパック式に変更されている事である。これにより出力は抑えられたものの連射が可能となっており、より高速戦闘に向いた仕様に仕上がっていると言える。
 スペック面では、AMX-006に比べ出力・推力共に数字上は低下している。しかしその分全備重量が大幅に抑えられており、作業用MSの構造をそのまま踏襲していた設計をより戦闘向きに整理したことと、運用目的を高速一撃離脱に特化したことにより完成度は向上していると言える。

<運用過程>
 本機は一定数の配備は確認されているものの、特筆すべき戦果の記録は残っておらず、著名なパイロットも知られていないことから、実戦ではあまり活躍の機会がなかったのではないかと言われている。これはアクシズが攻勢にまわり各コロニーへの侵攻を開始した際にはまだ本格配備に至っておらず、その後はエゥーゴからのアクシズの防衛、コロニー落とし作戦と特殊な戦局が続いたことにより本機の特性を生かす機会に恵まれなかったことが理由として考えられる。
 コンセプトとしてはAMX-009ドライセンが本機の代替となり得たと思われるが、旧ジオン系MSを好むパイロットにはドライセンが、ガザ系MSを好むパイロットには本機が好まれていたのではないかと思われる。
 なお、試作機あるいは先行生産機と思われる機体はエンドラに配備されているが、ほとんど運用の記録が残されていない。

<評価>
 本機は優れた性能を持ちながら、活躍の機会に恵まれなかった悲運の機体と評価する事が出来る。これはAMX-007にも言えることであるが、ガザの後継機の開発が進む一方、地球侵攻を前提とした機種が別立てで侵攻していたことも運用の機会が限られた要因であると考えられる。アクシズが一枚岩ではなかった一つの証なのかもしれない。
 戦局の推移を考えると、おそらく本機が最も活躍したのは、グレミーの叛乱の際だったのではないかと思われるが、内乱が起きた事により活躍の場が与えられたとすれば、皮肉極まりないとしか言いようがない。

<バリエーション機>
(制式バリエーション)
○AMX-008B ガ・ゾウムガンナー
 ウェポンユニットを長距離射撃ユニットに換装した仕様。左側ユニットにレドームを装備し、右側ユニットはビームランチャーを装備する。また、速射型のハイパーナックルバスターを主武装とし、左側ユニットに固定する事が出来る。頭部も頭頂部が大型化された後期型ユニットに変更されている。

(非制式バリエーション)
なし

<参考文献>
1/144ガ・ゾウム解説書
ガンダムウォーズII MISSION ZZ
ガンダムウォーズIII GUNDAM SENTINEL
MS大全集
MS大図鑑Part.3アクシズ戦争編
機動戦士ガンダムZZ フィルムブック
スポンサーサイト
コメント
コメント
ガ・ゾウム
ガ・ゾウムって結構好きなんですけど、ガンナーってバリエーションがあったんですね。
初めて知りました。
2011/01/15 (土) 05:11:30 | URL | ふゃんねこ #Zog/ag.A[ 編集 ]
>B型
ガンナー仕様を指す型式なのか、
後期型を指す型式なのかいつも気になります。
2011/01/15 (土) 19:59:30 | URL | カセクシス #mQop/nM.[ 編集 ]
ドライセンとかバウとかはアナハイムの関連が疑えるけど、食うや食わずで8年もたってるのによくあんだけの機種を試作できたもんだ・・・

でもどれも短命に終わっただけに苦しい台所事情は変わらなかったのかな。
2011/01/15 (土) 20:00:04 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
ジオン残党でアクシズにつながる勢力として
デラーズフリートはザクやリックドムが中心で学徒兵でもないのにゲルググすらろくになかったのと対照的ですね。
逆を言えば一年戦争当時はゲルググを嫌がって3年もザクやリックドムを愛機とし、また廃品リサイクルのドラッツェも作ったという感じでしょうか。

逆を言えば3年間のタイムラグが(隠密行動や費用や資源など諸事情は仕方ないにしても)連邦が一方的に兵器が強化されパイロットの熟練度も向上して戦力が強くなるだけで
デラーズ側はガトーの独断場みたいな感じでしたからね。(シーマは寝返りましたからね)

そういう経験とハマーンの命令で色々な機種があるのでしょう
でも、ハマーンは技術面に長けているわけではないので、MSにこういう機能を付けろと言うんですかね。
(シャアとシロッコとアムロなどは詳しいですから口出ししていますけど)

でもガンダリウムβやガンダリウムγを開発した技術力を思えば当然といえば当然ですね
ザビ家再興を掲げる以上は、兵員が少ない中(老兵も多いが若い新兵も多い)で機体性能の質だけでも一年戦争やデラーズ紛争よりはるかにすごい戦力を用意しないといけないわけですから。
2011/01/16 (日) 19:59:33 | URL | 名無しです。 #-[ 編集 ]
>ジェネレーター直結型であったナックルバスターがEパック式に変更されている事

そのおかげで、他機種に装備できるという副次効果が発生するとは、ZZ放映当時には夢にも思いませんでした。
恐るべしファミリーソフト(笑)。
2011/01/17 (月) 19:57:48 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
↑×2
ゲルググは絶対数少ないし、
最初はデラーズ艦隊でもそれなりに保有してても、最終的に(たとえ共食いさせても)パーツを用意しきれなくて運用できなかったんじゃないでしょうか?
充分な補給を受けられない状態で三年経てば当初から大分稼働率落ちるでしょうし。

少なくともエースのガトーは専用のゲルググ乗ってましたし、そもそも好き嫌いできるほど余裕のある軍ではないと思います。ジオンの仇敵であるガンダムパクって使おうって考えるくらいですから。

寧ろ、ただでさえ生産数が少ないのに、さらに限定品のゲルググMをどうやってシーマさまが運用してたのかのほうが気になりますね・・・。
2011/01/17 (月) 23:25:57 | URL | #-[ 編集 ]
>ふゃんねこさん
当時のプラモの説明書に載っていた設定です。
MSVとかにならないんで、権利関係的にアウトなのかもしれません。

>カセクシスさん
自分もずっと疑問だったんですが、今回はB型はガンナーで、頭部が後期型ヘッドという解釈に落としました。

>ドクトルKさん
そこはほんとに疑問なんで、ちょっとAMX-100番台は無い物として考えたいくらいです。

>名無しです。さん
おそらくデラーズフリートとアクシズの違いは、ちゃんとした技術者がいたか否かなんじゃないかと思います。
アクシズはサイコミュや新素材の研究もして実際に連邦を上回るものを開発していますし、
技術力だけで言えばエゥーゴやティターンズ以上だったのかもしれません。

>とっぱさん
そこに着眼したのはファミリーソフトくらいですよねぇ。
あとはガルスKのキャノンくらいでしょうか。

>名無しさん
ゲルググはチベ級とザンジバル級でしか運用できないという怪しい設定がありますが、
それが事実ならシーマ艦隊しかゲルググが配備されていなかった理由にもなると思いますし、
シーマのゲルググの運用環境もある程度あったことになるんじゃないかなと思います。
2011/01/20 (木) 23:04:42 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.