がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ネオ・ジオンMS名鑑(11) AMX-007 ガザE
 ガザシリーズ3連発第二弾。ガザEはセンチネルオリジナルMSなんで、設定も少なくて書きやすいですね。その分情報に幅が無いので色々類推しなければいけませんが。

AMX-007 ガザE(GAZA-E)
ガザEは、アクシズが開発した量産型可変MSである。

<開発背景>
 アクシズが独自に開発したMSであるガザは、AMX-003で実戦レベルに達し、AMX-006をもって一応の完成を見た。これまでのガザは、当時のアクシズが求めていた戦力としての要素を一様に満たす総合的な戦闘型MSとして設計されていた。かつてのザクがそうだったように、以後のガザは、より機能を先鋭化させた、局地的な意味合いの強い設計へと改修が検討される事となった。
 特に、次世代ガザに強く求められたのは、航続距離の強化であった。それまでのガザは変形機能を持っていたものの、それは砲台としての運用に特化する防衛戦を重視したものであり、中長距離の侵攻戦には向かない設計であった。しかしアクシズが実際に地球圏に帰還するとなると、守るだけではなく攻める展開が想定されることになる。そのため、主力たり得るガザの航続能力の強化は絶対条件だったのである。
 その上で、アクシズではかつてのジオン軍が積極的に行った、競作によるMS開発を行うことにした。環境的に、複数の企業による競作とはいかなかったようであるが、設計スタッフを二分し、それぞれ独自に要求条件を満たすMSを開発することになったのである。
 AMX-007とAMX-008の型番が与えられた二種類のガザは、正式採用を勝ち取ったいずれかがガザEの名称を与えられる予定であったが、実際はAMX-008がガザ系と呼ぶにはあまりにも仕様が変更されたために別名称が与えられた事から、実質的にAMX-007を示す名称としてガザEが使われるようになった。
 結果的に、AMX-007とAMX-008は競合しない機体として完成し、双方が正式採用される結果となったのである。

<機体概要>
 AMX-007ガザEは、ガザシリーズのMA形態に特化した設計がなされている。そのためMS形態の構造は人型の要件を満たす最低限の構造に留められており、上腕や太腿といった部位は省略されている。
 その代わり、MA形態には高い航行能力に加え、重力下でも飛行できるだけの空力性能が与えられており、単に航続能力を強化するだけでなく、地上での運用という付加価値を加えた形で完成している。
 武装についてはナックルバスターが廃され、代わりに両肩のバインダー部にビームカノンと武装ポッドが内蔵されている。このバインダーはMA形態において、他のMSを載せるスペースになるようにも設計されており、本機の機能を最も体現する部位となっている。
 一言で言えば、本機は航続能力を高めるだけでなく、重力下の飛行とSFSとしての運用という2つの機能が加えられた形で完成しているのである。

<運用過程>
 本機はアクシズがネオ・ジオンとして行動を起こす以前に一定数の配備が確認されているが、その後の具体的な実戦配備の例はほとんど確認されていない。
 宇宙においてはAMX-008の配備が優先されたものとも考えられるが、地上においての運用例があまり見えないのは、地球侵攻作戦についてはブースターとの併用により高い侵攻能力を持ったAMX-102の配備が優先されたこと、SFSとしては連邦製のベースジャバーを使用していたことから(ティターンズから接収したものと思われる)、ガザEを配備する必然が失われてしまったことが要因と考えられる。

<評価>
 その後のMSの発展の歴史から見て、重力下で飛行可能な量産型MS、それもSFSとして他のMSを乗せる事もできるペイロードを持った機体は極めて珍しいのだが、そのようなMSが実際にはほとんど運用されなかったという事実は、飛行できるMSには単体の侵攻能力が必要であり、そうでなければSFSとしての機能を兼ねる必要も希薄であったということを示しているとも言える。
 当時としても完成度が高い機体であったと思われるが、それが他の兵器の運用次第でカバーできてしまうものであったがために、日の目を浴びる事が無かったのではないだろうか。

<バリエーション機>
なし

<参考文献>
ガンダムウォーズIII GUNDAM SENTINEL
MS大全集
MS大図鑑Part.3アクシズ戦争編
スポンサーサイト
コメント
コメント
ガザシリーズ自体があくまでも戦力の埋め合わせのために作られたという点を考えると機能的に優れていても地球圏に帰還して以降はあまり必要なものでもなくなったんでしょうね。

MSの提供はおそらくアナハイムからもあったでしょうし、そっちの方が地球侵攻には適していたというところもあった。

ネオジオンは色々なところに分裂の火種を抱えていた事を示しているかのようですね。
2010/11/29 (月) 12:58:34 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
本当はガザを使い続けた方が経済的なんですが、
そうするにはあまりにも汎用性が低かったってところでしょうかね。

元々アクシズ自体が様々なところからの支援がないとやってけない部分があったでしょうし、
それ故にそれぞれの支援先と繋がっている派閥が分裂の火種になっていたのかもしれませんね。
2010/11/30 (火) 21:57:00 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.