がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
クワトロ大尉とカミーユとカツの宇宙世紀兵器開発史講座27「ガンダムMk-IIとアナハイム」
クワトロ縮小今回は、ガンダムMk-IIを手に入れたアナハイムがその後MS開発体制をどう変えていったかについて話をしよう

カミーユ縮小前から思ってたんですけど、一年戦争の頃はこういう戦術が必要だからこういう兵器が開発された、というのが多かったのに、最近はあんまりそういうのがないですね


クワトロ縮小今は一応平時だからな。戦争が終わって、その時に得られた技術を再検証している時代だと言ってもいいだろう。ただ、求められている戦術はある。少数精鋭によるピンポイント攻撃だな

カツ縮小それで、単独で長距離を移動できて、かつ攻撃に移行できる可変MSが求められたんですね


クワトロ縮小そうだな。だからエゥーゴはアナハイムに可変MSの開発を依頼したが、フレーム強度の問題が解決せず、頓挫していた。そこに、ガンダムMk-IIが手に入ったというわけだ

カミーユ縮小でも、実際のところMk-IIのおかげで強度の問題が解決されたわけではないんですよね


カツ縮小え、そうなの?じゃあ何でMk-IIのおかげでZが完成したみたいなことになってるんです?

クワトロ縮小強度の解決は、実はフレームそのものというよりジェネレーター等の配置変更によって行われている。Mk-IIの技術が反映されたのは、フレームそのものではなく、その制御システムの方だ

カツ縮小制御システム…?

カミーユ縮小ムーバブルフレームはその可動部の制御を専用のシステムで行っているんだ。ただまだ未完成のシステムだから、学習型コンピュータを使用して運用しつつフレーム制御の効率を常時改善していくように設計されていたんだよ


カツ縮小なにそれ、初耳なんだけど

クワトロ縮小要は使えば使うほど、ムーバブルフレームの柔軟性が向上していくということだな。だから、すでにティターンズが何度かテストを行なっていたMk-IIのフレームの方が、単純に完成度が高かったのさ。Zガンダムは、このシステムをそっくりそのまま流用している

カミーユ縮小その後俺が乗っていたから、俺の操縦の癖がそのままZに反映されてるんだ。それでZの1号機は俺の機体になったようなものなんだよ


カツ縮小そ、そうだったのか…。でも、僕もMk-IIに一度乗った事ありますよ。その時のデータを使った僕専用のZガンダムとかできませんかね?

カミーユ縮小あぁ、あの時のデータならその後俺が即削除したよ


カツ縮小そんなー!

クワトロ縮小さて、そういうわけでMk-IIの制御システムがそのままZに使われたから、以後のZ系は全てMk-II系のフレームとシステムの発展型が採用されるようになった。それまでの、リック・ディアスを始点としたアナハイム製MSの開発の系譜は一旦途絶えたと言っていい

カツ縮小え、それってなんかもったいないですね。アナハイムとしては、連邦軍向けにリック・ディアスを作っていたんでしょ?

クワトロ縮小そう、自社製品が連邦軍に正式採用されるのがアナハイムの一つの目標だ。ただそれならば、より連邦に近いガンダムMk-IIベースの機体を開発した方が採用される確率が上がると考えたのだろう。むしろMk-II系の全面採用はそのためだったと言ってもいいくらいだ

カミーユ縮小確かに、リック・ディアスも百式も、優れたMSではあるけど、ちょっと設計が独特すぎる部分がありますからね


クワトロ縮小百式なんかは、私の運用によってMk-IIと同じようにデータを取得しているから、今なら可変MSとして完成させることも可能なんだがな。一度変わった路線は戻らんだろうな

カミーユ縮小そういえば、なんか百式の量産化の計画もあったみたいですよね。


クワトロ縮小発展型もな。まだ試作機の開発は行われているらしいが、このままだと中止されるだろうというのが大方の予測だ

カツ縮小Mk-IIはアナハイムにとってZガンダムを完成させるきっかけになったかわりに、それ以外のMSの開発を止めてしまったんですね

クワトロ縮小複数のMSを並行開発していたのは方向性が定まっていなかったからで、それが定まれば一本化されるのは当然の流れなんだがな。そういう意味では、アナハイムの進む方向性を定めたMSがMk-IIと言ってもいいだろう

カミーユ縮小Mk-IIから派生した機体って、Z以外にないんですか?


クワトロ縮小GM系へのフィードバックが検討されているようだな。元がガンダムだから相性もいいのだろう。純粋なMk-IIの発展型も企画されているような話を聞いた事もあるが、こちらは音沙汰がないようだ。

カツ縮小時代は可変MSだからですかね?ティターンズが繰り出してくる新型機もみんな可変機ですし

クワトロ縮小可変機に対抗するには同等の機動性が要るからな…。同じように可変機構を搭載するか、非可変機でもそれなりの推力と機動力が必要になるだろうな

カミーユ縮小やっぱりZを意識してるんでしょうかね


クワトロ縮小ガンダムが脅威になったのは、当時のMSとしては明らかにオーバースペックだったからだが、Zの場合は機動性と火力の両立、出力重量比の高さが特徴だ。それを脅威にできるかは、カミーユの腕次第だな

カミーユ縮小ぼ、僕次第ですか


カツ縮小僕も頑張ればGディフェンサーの対抗機とか作られるかな

カミーユ縮小支援メカなんだからそれはないだろ…


クワトロ縮小Zガンダムが一つの技術の到達点であるとは言える。これからはMSだけの性能ではなく、パイロット込みでの性能が求められる時代になるかもしれん

カツ縮小エースパイロットの時代って事ですか?

クワトロ縮小そうじゃない。サイコミュの搭載がより一般的になるかもしれない、ということさ

カミーユ縮小ニュータイプが兵器体系に組み込まれると?


クワトロ縮小それもあるかもしれないが、逆にニュータイプでなくても同等の戦闘力を得る事ができるようになるかもしれん

カツ縮小想像できないな

クワトロ縮小まぁ、可能性の話だな。さて、そろそろこの講座も終わりの時が来たようだ

カミーユ縮小もう僕らの時代のつい最近の話になってますもんね


クワトロ縮小最後に、この時代の艦船運用の話をして、締めにしようか

カミーユ縮小艦船に始まり艦船に終わる、ということですか。大尉にしてはこだわってますね


クワトロ縮小大尉「にしては」は余計だな、カミーユ君

カツ縮小ついに終わっちゃうのかぁ~…

スポンサーサイト
コメント
コメント
兵器開発史講座も、とうとう終わりが見えてきましたか……。
長い間楽しみにしていましたので、少し寂しいような気もします。


……で、今回でMSが終わりということは、アムロの再登場はないんでしょうか?
(まだ、あそこで待ってたりしてw)
2010/11/09 (火) 16:21:18 | URL | くっきーもんすたー #tBF1tvso[ 編集 ]
まあ、もうZの話になっちゃいましたからこれ以上先の話はできないですよね・・・

データ収集としてならカツだけでなくエマさんのデータも収集用としては意味があるから、何人かで使いまわしていたのはそういう理由もあったのだろうか。

最終的にはGMにフィードバックすると言うのも元々の予定だったんでしょうね、今はザクを使っていても連邦は最終的にはGMを選びたいのだという戦略でしょうか。
2010/11/12 (金) 00:06:03 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
>くっきーもんすたーさん
ありがとうございます。
なんだかんだで、ずいぶん続いたものだと思います。
最後なんで、一応オールスターを考えています。

>ドクトルKさん
エマのMk-IIはカミーユのデータをリセットして使っているはずです。藤田氏設定的には。
アナハイムでも2号機?を使っていたようですし、データは色々取ってたんでしょうね。

ティターンズ側は多分Mk-III(イグレイ)に相当する機体にフィードバックを考えていたのではないかと思います。
それをさらにフィードバックしたのがグーファーとか、そのあたりなのかなと。
2010/11/12 (金) 23:06:13 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
もうすぐ終わりですが…
>百式は今なら可変MSとして完成させることも可能
あれ、百式はジェネレーターを脚部に配置して胴体負荷を軽減したZとは逆に脚部装甲を削ってまで重心を胴体に集めたので厳しいのではないでしょうか?

でも「ユニコーン」に百式を可変MSにしたデルタプラスが登場するようですね。ガンダリウム合金のバージョンアップで強度問題が解決したのでしょうか?この辺りはよく解りませんが…。
2010/11/22 (月) 14:07:54 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
とにかくフレームの強度確保が可能になった、ということなのだと思います。
それが素材のレベルなのか、設計のレベルなのかはわかりませんが。
このあたりMGデルタプラスが出たら解説が欲しいところです。
2010/11/24 (水) 23:52:11 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.