がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
先月の模型誌10.10
 余裕で月またいでしまってました。気がついたら10月終わってたという感じです。つーかもう今年終わるのかよ!

 基本的に2誌ともガンダムUCが中心でした。OO劇場版ネタはあんまり引っ張らないんだけど何故?

 電撃ホビーマガジンはZ系MS特集ということで、HGUCデルタプラス、MGリゼル、ガレキ改修のZIIの作例でした。あとデルタプラスと百式のニコイチでデルタガンダムやってましたね。実はデルタガンダムとデルタプラスはかなり見た目が違うことがよくわかりました。
 MGリゼルは構造はかなりしっかりしているようですが、量産機なのに元祖Zガンダム並の構造というアンバランスさが微妙です。もうちょっと「上位量産機」っぽさが欲しいんですよねぇ。隊長機は色変えても良かったと思うんだ。

 あとMSV-RからライデンザクS型の作例がありましたね。これ何で設定されたのか良く理解できません。元々の設定はF型→R-2型だったはずなのに…。ライデンくらいのパイロットならその間にS型が支給されてもおかしくないってことなんでしょうか。どうせならS型のバリエーション機でも設定してくれればいいのになぁ。色々なザクバリエごとに派生機がいくつも後付けされてる中、S型のバリエーション機ってないんですよね、何故か。IGLOOに偵察仕様のS型が出てきましたが、あれは仕様上は区別されていなかったし。

 AOZ続編はずいぶんおとなしめの印象です。今回は小説メインなんでしょうか?企画の意図が今のところよくわかりません。何故このタイミングなのか、どういう方向に持っていきたいのか…少なくとも前回のAOZファン向けって感じではないですけど。


 ホビージャパンもガンダムUC中心でした。こっちもデルタガンダムの作例やってましたね。見た目は電撃の方がカッコよく見えましたが、ニコイチの仕方はこっちの方が丁寧だったような気がします。
 特筆すべきはセイラマスオ氏の作例でしょうか。兼ねてより妄想していたユニコーンモードのHWSを実現してくれたので感動です。同じこと考えてたんだなぁと。そのうち是非BWSの方もやってほしいと思います。スタークジェガンの配色もセンスよかったなぁ。
 あとシルヴァ・バレトの作例もやってました。前電ホビもやってましたが。個人的にシルヴァ・バレトはあんな直球のガンダム顔にしなくてもよかったのにと思ってしまいます。元々Mk-Vだって本来ガンダムじゃなかったものが後付けでガンダムの名前になったっていう設定だったのになぁ。いやそれ以前にネオジオン版ガンダムだったし、Mk-IVなんてのが後になって出てきたりしてるんですが、うーん。まぁ一応実質ガンダムMk-VIだと思っておきます。

 それとOOではクアンタフルセイバーの仕様がようやく決まったっぽい記事。例によって他のガンダムにも装着できる仕様のようですが、ラファエルのキャノンの中にソードが入るだけっていうのは流石に無理があると思いました…。


 新製品情報では、PGストフリが筆頭に。今更感があるんですけどやっぱり人気あるんですかね?ガンダムVSガンダムにも参戦したみたいだし。
 MGクアンタは当然クアンタムバーストできるんですよね?そのためにいきなりMGになったと理解しているのですが。あとリゼル隊長機がすぐ出るのが決まったようです。それよりデルタプラスを早急にお願いしたいところですが。
 HGではジムカスタム、ノーベルガンダムが出るみたいですね。ジムカスはクゥエル流用みたいですが胸部と脚部のバランスが完全に一新されてましたね。実質クゥエル改造パーツとしても機能しそうです。
 ロボット魂ではVガンダムとV2ガンダムが出るようで。V2はアサルトバスターなしの代わりに実質Ver1.5みたいな仕様のようですが、パーツの互換性はあるのかな?あと通販限定で黒の部隊仕様のデナン2機とWD隊仕様のジムスナイパーIIがでるみたいです。デナンはプロポーションが良かったらクロボンX2の僚機として買ったのになぁ…。スナIIはWD仕様のみ買おうと思ってます。一年戦争物はゲームオリジナル系のMSが出たら買おうかなと。というわけでマドロックとかブルーとか7号機とかジーラインとか期待してます。
 それと新ブランドということでGFFメタルコンポジットのスピンオフシリーズが出るみたいですね。カトキ氏が関わらない超合金ガンダムってことでしょうか。第一弾がダブルオーセブンソードっていうのは微妙なラインですね…対象年齢層がその辺なんでしょうけど、正直OOは商品化されすぎて見飽きてしまった部分があります。エクシアの方がカッコいい気がしないでもなく。

 今回はこんなところですが、ガンダムUCアニメ版の2巻が出たんですよね。シナンジュが主役みたいなものなんでしょうけど、個人的にシャアっぽさを出したいなら特注の試作機じゃなくて量産機のスーパーカスタムの方がそれらしかったんじゃないかと思います。ギラ・ズールの魔改造版みたいな。シナンジュは最終決戦で乗ってくるだけでよかったと思うんですよね。まぁ、フロンタルは一年戦争のシャアじゃなくてネオジオン総帥のシャアのポジションなので、サザビーに相当する専用試作機が必要だったってことなんでしょうけど、作中の演出とか台詞は完全に一年戦争の時のシャアだもんなぁ。
 もちろん見たらレビューしますが、今のところ積極的に視聴する予定はないです…。レンタルが空いてたら、ということで。
スポンサーサイト
コメント
コメント
鳥山とりを氏のジオもかっこよかったですよ~。
カードダスやSDからガンダムファンになった世代ですから、ああいう80's雰囲気の作例は逆に新鮮です。
2010/11/08 (月) 11:23:01 | URL | 御手洗無我@mixi #hiiZJbic[ 編集 ]
あ、あれを忘れてましたね。
すでにMGの原形を留めていませんでしたが…最近の電撃はあの路線多いですよね。
Gコマンダーとかやってくれないかな~なんてちょっと思います。
2010/11/08 (月) 22:40:06 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.