がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
劇場版 機動戦士ガンダムOO -A wakening of the Trailblazer-
 初日に見に行ってきました。前評判とか事前情報とかあんまり仕入れずに見たんですが、そもそもあんまり情報を出せなかったんだろうなぁと思いました。ちょっと中身に触れるとそれだけでネタバレになっちゃうし。

 ということで久しぶりのネタバレ感想、行きます。

 で、率直な感想。これガンダムでなくてもよくね…?と思う前に、もっと思ったことは「これを今更ガンダムでやるの…?」でした。
 多分、ロボットアニメに詳しい人ほどそう思ったのではないでしょうか。それくら今更感が否めない内容だったかなと。なんかスパロボでも何回か似たような展開を見たことがあるような、ないような…。そんな感じでした。
 だってやったことは結局「宇宙から正体不明の生命体が!」→「なんだかよくわからんけど襲われるから戦うしかない!」→「超つえー!人類の技術じゃ全然勝てねぇ!」→「でも実は相手は戦う意思なかったっぽいよ」→「わかりあえました!めでたしめでたし」ですよ。そういうのって結構前からありふれたネタじゃない?
 なんかスパロボとの親和性は凄そうだと思いました。むしろスパロボに出てこそ生きる設定のような気がしないでもない。

 そういう感想を抜きにして見ても、結局ガンダムOOのテーマって何だったの?という感が拭えず…。最初は紛争根絶、完全平和みたいな話だったのがいつの間にか悪い奴らをやっつけろ!ってだけの話になって、最終的に異星人ともわかりあえる!って…うーん。
 そもそも地球全体を監視できるコンピューターとか、周囲の人間を強制的にニュータイプにするシステムとか、そんな反則技が根幹にある世界なのに通常の科学レベルはコロニー開発すら実験段階というのがよくわからんし。
 結局ニュータイプが存在する世界のイデオン、みたいな感じだったのかなぁ。それにしてはあまりにもチープすぎるんだけどなぁ。キャラクターの描写が薄すぎるんだよね。刹那の葛藤が全然伝わってこないし、それ以外のキャラが戦っている重みも全然ないし。キャラクターについては本当に女性ファンにだけ受ければいいやって感じなのが見て取れてしまうのがなんとも。

 戦闘シーンは凄かったですね。とてもテレビアニメではできないコマ数の激しい戦闘が何度も見れましたが、速すぎてなにやってるかよくわからん。そして戦う相手が金属片だからカタルシスもへったくれもない。みんながみんなビーム撃ちまくってるだけだし。
 そもそもイデオンやガンバスターみたいな圧倒的な対複数兵器があるならまだしも、基本ビームライフルとミサイルしか装備してないロボットで絶望的な数的不利の戦闘を凌いでる姿には大きな違和感を覚えました。それだけ機動力が凄いって事なんだろうけど、みんな同じ戦い方しかしてないからガンダムの個性もあんまり出てないし。正直映像だけ見るとストフリが何機いても足りなそうだったけど。
 刹那が行動不能になって、ダブルオークアンタで復活するという王道的展開だったのはそれなりに熱かったけど、結局そのダブルオークアンタもほとんど見せ場なかったしなぁ。あのライフルビット?がすごいおもちゃっぽい武器だなぁと思ってたけど、本当におもちゃのためだけに作られた武装だったのがよくわかりました。
 あと特定の機体が大ピンチ→だれかが間一髪助けに来る、という展開が多すぎたのも微妙。最近のジャンプ漫画じゃないんだから…。

 うーん、それにしても作り手のメッセージが伝わってこないアニメでした。ガンダムラファエルだけは凄いカッコよかった。セラヴィーが分離できる意味はよくわからなかったけど。セラヴィーとセラフィムの主戦形態を入れかえただけって事?
 あ、ブレイブも結構カッコよかった。グラハム機のツインドライヴがいい感じ。一般兵のジンクスすらトランザムできる世界に進歩感じましたねぇ。
 ジンクスIVってメインカメラがツインになっちゃったんだね。代わりにハルートの目が4つになってました。あれってアレハレ仕様だからなの?

 とりあえずキャラ別に感じた事などを。

刹那:ガンダム馬鹿からただの無口な人になってしまった印象。最後金属化してたけど…異種交配か!?
ロックオン:乱れ撃ってばっかりで本来のスナイパーぶりがまったく見られませんでした。
アレルヤ:ハレルヤとの入れかえはすでにギャグの領域。今回は電池じゃなくて囮という役目があってよかったね。
ティエリア:ラファエル超つえー。最後はチャム・ファウのポジション。クアンタは2人分の精神コマンド使えそうです。
ソーマ:アレルヤの彼女というだけのポジション。小熊との絡みくらいあってもよかったのではないだろうか。
スメラギ:そういえばこの人戦術予報士だったっけ…
フェルト:冒頭だけ刹那を本名で呼んでたよね?その後2人きりでも刹那としか呼んでなかったけど。
ミレイナ:ドリル頭卒業。そして本気でティエリアラブだったとは思わなかったよ…。
グラハム:一応セカンドシーズンでの刹那との戦闘がばっちり伏線に。でも愛は語ってくれなかった。
ビリー:スメラギさんに捨てられてかわいそうだったけどネーナの同位体とくっついてました。めでたしめでたし。
コーラサワー:この人は意地でも死なせてもらえないらしい。
小熊:死に際はちょっとカッコよかったけど、きっとセカンドシーズン見てない人にとってはただの熱い連邦兵A。
サジ:仕事より彼女を選ぶ人だったけど最後だけは仕事を選んでたね。
ルイス:感知役ご苦労様でした。
マリナ:まさかの刹那×マリナエンドに涙したファンは多いのではないでしょうか(ほんとかよ)。世界の情勢より目の前の現実と自分の理想、というところでは最も一貫した描かれ方をしていたような気がします。
デカルト:刹那に次ぐ純粋イノベイターというからどんな活躍をするかと思ったらただのかませ犬。せめて取り込まれてメタル化して最強の敵にとかそういう話には出来なかったの?

 そういえば結局太陽炉っていくつだったんだ?今回出てきたのはOOライザー、サバーニャ、ハルートに各1、クアンタに新型が2だよね?セカンドシーズンではOガンダムのが喪失してセラフィムは撃破されたんだっけか。最後新しい太陽炉が4つ作られてたけど、2つしか出てこなかったから残りは外伝枠?
 外伝といえば時間はたくさん経過していたのでいくらでも作れそうですね。つーか今度のホビージャパンのクアンタ追加装備ってつけるタイミング全くなさそうだけど、やっぱり今回もデータだけなんでしょうかね。
 あ、そういえば最後に出てきたメタル化クアンタみたいなのが結構カッコよさげだったけど設定画あるのかな。ちょっと見てみたいぞ。

 とりえず結論。ガンダムOOはファーストシーズンだけ見ればそれでよいです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>そういえば結局太陽炉っていくつだったんだ?
OOライザーはコンデンサ式と劇中で明言されていて、
新型太陽炉はまず完成したのはクアンタ用の二基のみと言われています。
それから00V戦記でエクシアと0ガンダムの太陽炉が失われたとの記述がありましたので、
セラフィムのものが失われているとすると余った太陽炉はありませんね。
2010/09/19 (日) 01:40:10 | URL | #-[ 編集 ]
僕の見解ですが、00はこの劇場版で「久米田康治へのネタ振りアニメ」に成り下がってしまったような感じがします。
そもそも00ファーストシーズン放映前に、さよなら絶望先生の第一期が放映されたことで、なんだかやばい感じがしたのですが(ティエリア役の神谷さんはさよなら絶望先生の糸色望を担当しています)、案の定、ネットユーザーは久米田タッチのティエリアを描いて、久米田先生は「ダブルンの市民」の回で00に対する皮肉と思える羅列ネタを書いて、さらには「さよなら絶望放送」のリスナーが「外伝の主役に見捨てられたガンダムマイスター」とか「未来を切り開けないガンダムマイスター」とか、00関連のラジオネームで投稿してくるわ、絶望先生のアニメを制作しているシャフトのスタッフや絶望放送のスタッフも00関連のネタを出してくるわ、それに気を良くしたのか、00のスタッフもティエリアの女装という、いかにも絶望放送でネタにしてくださいよというシチュエーションを出してくるわで、本当に00はさよなら絶望先生という作品の歯車となってしまった感じがします。
特に劇場版のラストのシーンは「久米田先生、このシーンを絶望先生でネタにしてくださいね♪」と水島監督と黒田氏が言っているような気がして、非常にイライラ感を感じました。
「久米田先生がいつまでも00をネタにすると思うなよ!!」と、本当に映画館で怒鳴りたくなりました・・・。
でも、これだけネット上で騒がれたのだから、ガンダムネタをかってに改蔵や絶望先生でネタにしてきた久米田先生が見過ごすわけはないし、絶望放送のリスナーも絶対にこの劇場版をネタにしたラジオネームで投稿してくることは100パーセント決まったようなものでしょう。
とにかく、僕の中での00の評価は「さよなら絶望先生のネタ振りアニメ」となってしまいました。
それが非常に残念です。

それと、水島監督は00の制作時期にアメリカのドラマや映画を参考にしたとか何とか言っていましたが、それってもしかして「インデペンデンス・デイ」のようなB級ハリウッド映画だったんじゃねえのかと疑いたくなりました・・・。
2010/09/19 (日) 04:05:22 | URL | トーリ・スガリーノ #-[ 編集 ]
どのようなシナリオであれ、最終的に「1対大多数の敵との一騎当千バトル」に持っていくのであれば、妙にリアルぶって「とりあえずビームライフル・サーベルに盾とバルカンを持たせた」機体を主役機にするべきではないですね。
2010/09/19 (日) 15:11:38 | URL | #-[ 編集 ]
極論かもしれないけど、対話を標榜しながら実際の行動は拒絶だったような気がするんですよね。

対話は継続するものだけど、拒絶は一回の意思表示で済む。

一期も二期も「こんな世界は間違っている!」で世界を拒絶して攻撃を仕掛けていて、一期の最後でできた連邦って言う新しい世界も拒絶して最後には人間である事も拒絶してイノベイターになったり、金属生命体になった。

何よりも、彼は言葉を交わそうとしない。ファフナーではないけど、言わずにわかる事なんてありはしない。

でも物語としてはそれに全能性を付加するから釈然としないんでしょう。

グレンラガン辺りの壁を破る感覚とは本質が違う。
2010/09/20 (月) 12:27:37 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
始まった時は「なんだか今度のガンダムは色んな事に挑戦してるなあ」と感心したもんですが、
だんだん角が削れて丸くなっていって最後は削りカスだけ残ったような印象です
話の運び方はもちろん、メカ的にも見所は沢山あったはずなんですが・・・
結局あれだけ批判された種と似たような欠陥を抱えた作品になっちゃいましたね


この迷走っぷりが制作サイドの実力の問題なのかオモチャ販売的な制約なのかは分かりませんが、
作品性と商品価値を両立させなくてはいけないTVシリーズガンダムの限界が見えた気がして悲しいです正直
2010/09/20 (月) 23:07:12 | URL | ばしょう #-[ 編集 ]
ありふれたネタって言いますけど、今の時代ありふれてないネタって何かあるんですか?
2010/09/21 (火) 22:35:54 | URL | #-[ 編集 ]
SEEDも00も正直前半はまだマシだったのですが、後半(種運命や002期、
(劇場版)となるにつれてどんどん駄目になっていったと言いますか…

ついにガンダムに禁断(?)の宇宙人(宇宙生物)まで出してしまいましたし、
次の新作TVガンダムを作る方は大変でしょうね、色々と…
2010/09/21 (火) 23:53:08 | URL | #B6A4Ou1k[ 編集 ]
クアンタが出撃してからの展開が急ぎすぎて目を疑った
デカルトが取り込まれたから対話用に使うのかと思ったら量子化してどっか行った瞬間終わっちゃったし
異種との遭遇のテンプレだから察しろ!って事にしても映画にしてまで言いたかった部分がぽっかり抜けちゃってる

MS戦に関しては敵に接触すると取り込まれる設定だと逃げながらビーム撃つしかなくて単調になっちゃうなーと
スクリーンであの速さだと目が追い切れないというのもあって勿体無い感
2010/09/22 (水) 13:00:08 | URL | #-[ 編集 ]
敢えて言わせてもらおう!「来るべき対話」よりも、まず「来てくれた観客との対話」が必要であると!!
「敢えて言わせてもらおう!「来るべき対話」よりも、まず「来てくれた観客との対話」が必要であると!!」(Graham Aker)

正直なところ、映画としても、ガンダム00続編としても、出来の悪い作品というのが率直な感想。
映画観終わって、”感動”とかではなく”動揺”してしまったの初めてw
19年も完全新作映画を作って来なかったから、こうなったのか・・・
それとも、「異星人」と「人工知能」をタブーにしてきたからこうなったのか・・・?

既存の00ファン受けを狙って、劇場版から入る観客置いてけぼり・・・
劇中劇をしっかり作りTV版未見者向け説明をするのかと思いきや、おちゃらけでお茶にごし(><)
奇をてらった割には、綿密な設定・描写不良の「NT+ミノフスキー粒子」並に制作者のご都合主義的に便利なB級映画「異星体」。。。(´;ω;`)
そんなリアル感の微塵も感じられない「異星体」とのコミュニケーションにより時間経過とともに殺られていく登場人物というのはもはや笑えないギャグdesu;;;;;
「来るべき対話」と言っていた割に(「想定より1~2世紀も早く唐突に迎えたと」いう言い訳有りきでも)グダグダな連邦、ヴェーダ、CB側の「ファーストコンタクト戦略」。
もっとも人類側よりもグダグダな「異星体」側「ファーストコンタクト戦略」には>┼○゙ バタリ。。。
当然。。。。今回の「異星体」レベルの敵とガチで戦っても余裕で勝てる程の準備が出来たから出港するんですよね、ラストのぁ脳天気なスメラギ号?
2010/09/22 (水) 21:41:09 | URL | Graham Aker #rO7QAi3w[ 編集 ]
映画を見る予定も無いので批評する資格は無いのですが、方々のネタバレ読んでいたら、久しぶりに「Gの影忍」が読みたくなりましたよ。
自分にとってネタとマジのさじ加減は、影忍のほうが好ましい。
2010/09/24 (金) 09:01:34 | URL | 銘無し #CDWIz7LI[ 編集 ]
>まさかの刹那×マリナエンドに涙したファンは多いのではないでしょうか(ほんとかよ)。
最低でも私一人はいます

内容の方は事前に覚悟完了して行ったのでアレコレ気にせず楽しめました
個人的に嫌いではないけど、正直これを人に勧めるのはムリダナ(・×・)
戦闘は凄かったけど、シザービットで滅多切りのシーンなんて予備知識なしじゃ何がおこってるのか解らんのではないだろうか
ホントある程度予備知識ないときついだろうなぁ…

宇宙人に関してはセカンドシーズンのネタPVで予告されてた事だからどうでもいいや(ぇー
2010/09/26 (日) 14:55:48 | URL | わんこ #KnHW2vQ.[ 編集 ]
名前の入力がない方は内容へのレスという形にさせていただきます。

>太陽炉の数
つまり新型がそのままクアンタ、サバーニャ、ハルートに使われたわけですね。
だからラファエルは擬似太陽炉だったと。
つーかコンデンサー仕様のOOライザーって片方はドライヴ入ってるのかと思ってました…。

>トーリ・スガリーノさん
まぁ、正直ネタなのかマジなのか中途半端でしたね。
ガンダムじゃなくても単純にそういう話をやりたかっただけという気もしますが、
それに加えガンダムとしてやらなきゃいけない部分も多くあってまとまりきれなかった印象があります。

>1対大多数の敵との一騎当千バトル
まぁ対話専用機クアンタ以外はそれなりに対複数の武装ではあったんですが…
単純に説得力が足りなかった気がしますね。未発動時のイデオンクラスはないと…。

>ドクトルKさん
刹那は基本的に自己完結しちゃってるんで、対話の出来るタイプではないんですよね。
ヒイロにリリーナの役をやらせているような違和感があります。
あと「こんな世の中は嫌だ」というタイプは現状打破がモチベーションだから、交渉とかは向いてないですね。

>ばしょうさん
確かに、どんどん商業的都合やファン受けを狙いすぎて作品が持つ独自性を失っていった感じがありますね。
ファーストシーズンが成功してより商業的要請が強まったのと、スタッフも舞い上がってしまったような気がしないでもありません。

>ありふれたネタ
ファーストシーズンはわりとありふれていなかったと思いますよ、ロボットアニメとしては。
コードギアスなんかもそうですけど、最近のロボアニメは割と独自性強いと思います。

>後半となるにつれてどんどん駄目になっていった
種デスは正直時期尚早だったと思います。SEEDは最終的に評価を持ち直せたのに、それを中途半端な準備で台無しにしてしまった印象ですね。
OOは当初「SEEDとは違うんだぜ」という気概が見えたのが、徐々に普通のロボットアニメになっていった感じです。
次のガンダムも、最初は気分一新で突っ走ると思うんですが、一度落ち着いてからが肝でしょうね。

>クアンタが出撃してからの展開が急ぎすぎ
正直序盤のホラーっぽい展開はもう少し圧縮してよかったような気がしますね。アレルヤのアクションシーンとか。
戦闘は仰るとおりだと思います。ジンクスもどきだけじゃなくてもっとボスクラスのMSがいないとロボットアニメとしては厳しいですね。

>Graham Akerさん
そもそもトランザムライザーの力で無理矢理分かり合わせてしまうようなレベルで、
異星体ともわかりあえましたって言われても全然実感がないんですよね…。
ガンダムでファーストコンタクトものやるならそういうテーマになるのはわかるんですが、
設定がチートすぎてお話にならない、です。

>銘無しさん
影忍に例えるならGガンダムの方ですね。
あれの映画版を真剣に作ってくれたら面白いだろうなぁなんて思います。

>わんこさん
劇場版Zなんかもそうでしたが、DVDになってからコマ送りで見てね、みたいなネタ多いですよね。
ああいうの見せられると、映画館で見なくてもよかったな、と思ってしまいます。
2010/09/29 (水) 22:54:00 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>つまり新型がそのままクアンタ、サバーニャ、ハルートに使われたわけですね。
いいえ、クアンタに新型二基、サバーニャ、ハルートに旧型各一基です。
それで余らない理由については先ほどの文章をよく読めばわかると思いますが。
2010/09/30 (木) 12:54:25 | URL | #-[ 編集 ]
あ、失礼しました。
新型が4基あったはずなのに2基しかない疑問とごっちゃになってました。
2010/10/01 (金) 23:12:23 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
この映画楽しんで見れたので批判が多いのはちとショックです……
やっぱり人によって感想違うんだな

みなさん「これはガンダムじゃない」とか言ってますが、僕はこれをあくまで「ダブルオー」という作品として評価するべきだと思います
2011/03/09 (水) 13:17:35 | URL | #-[ 編集 ]
んー、他のロボットアニメを知っていればいるほど、新鮮味を感じない内容だったかもしれません。

むしろガンダムとしては斬新な内容だったと思うんです。初めて異星生命体をだしちゃったわけですしね。
ダブルオーとしての評価は、1stシーズン、2ndシーズン通じてどの部分に魅力を感じたのかによると思います。
自分は1stシーズン後半が一番好きだったんですが、その視点で見るとあまり期待通りの内容ではありませんでした。
2011/03/30 (水) 22:34:07 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
×2↑の方に同意です。
私も楽しんでみることができました。

ガンダムじゃないっていってる人は、恐らくUC系のファンの人。なにをもって、ガンダムなのでしょうかね?UC系列以外のガンダム作品に対して、このような批判を多々目にしますが、このような批判をなさっているかたがたに対して、ぜひガンダムってなに?という質問に答えていただきたい。


長文失礼いたしました、ちなみに私はOOもUC系ガンダムも好きな人です。
2012/03/27 (火) 23:17:11 | URL | #-[ 編集 ]
ガンダムって、色々な魅力があるんですよ。
だから、そのどこが好きになるかは、本当に人それぞれです。
ガンダムのどの部分を好きになるかで、その後の新しいガンダムをどう評価するかも変わってしまいます。

人の好みはそれぞれ、というのを体現する作品だと思いますね。
2012/03/30 (金) 23:55:42 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ちなみに、五月ごろに発売された「さよなら絶望先生」の28巻に収録されている291話で、いつまでも回収されずに漂っているスペースデブリの羅列ネタの中に「イオリア計画」が書かれていました。
やっぱり作者の久米田先生は、00のストーリーに関して、何か思うところがあったんでしょうね・・・。
週刊マガジンでの絶望先生の最終話までの謎解きと伏線回収の流れがすばらしかっただけに、そう感じてしまいます。
2012/07/01 (日) 19:39:02 | URL | トーリ・スガリーノ #-[ 編集 ]
まぁ、売り上げや視聴率の具合でストーリーも何パターンか考えておくものらしいので、
物語として大事なオチの部分がおろそかになりがちな構造である部分は仕方ないと思いますね。
それにしても、最初のノリからこの結末はなかなかに受け入れがたいものがありますが…。
2012/07/08 (日) 15:32:11 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
つまんない固執した価値観でも分かり合える事もあるけど、拒絶されることもある。それだけの事じゃん
2016/11/08 (火) 07:02:22 | URL | #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
 ついに劇場版公開! 完全にネタバレしておりますので、あらすじ以降はご了承の上、ご覧下さい。  あの戦いから二年……融和政策へと切り替えた地球連邦政府の下、人類は束の間の平和の中にあった。だが、無人のはずの木星探査船の謎の帰還により、その平和にも亀裂が走
2010/09/22(水) 14:26:59 | 私設刑務所 CHATEAU D’IF
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.