がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
RGM-79のベース機は2案あった?
 RGM-79(G)、通称陸戦型GMは、MGのGM(Ver1.0)のインストによると、「ガンダムを経由しない」設計であったとされています。一方の標準型GMは明らかにガンダムを経由している設計だったわけで、両機は、同じRGM-79でありGMという名称でありながら、根本的に別の機種である、ということになります。
 これはすなわち、RGM-79という形式番号を与えるべきMSに、2通りの案があったと言えるのではないでしょうか。

 ※言いたいことを上手く書けていなかったので、大幅に加筆修正しました

 じゃあ両機の関係は競作だったのかというと、その結論を考えるのは後回しにします。それよりも、素GMと陸GMが並行して開発されていた同じ枠の機種だったと考えると、RGM-79(E)という形式番号を持つMSが2種類(08小隊に出てきたGM改の設定画流用機と、GNO2に出てきた陸GMのモデル流用機)あることを説明できるのです。
 例えば、ルナツーではRX-78ベースの79(E)とRX-79ベースの79(E)が存在して、比較検討されていた、と考えればいいわけです。
 実際に採用されたのが78ベースの方だったと考えれば、79ベースのGMは不採用になったということになります。それを陸軍が独自に流用してラインに乗せたのが(G)型だったということになるでしょうか。

 もしかしたら、連邦軍の量産型MSは、RX-78をベースとする案と、より量産向けに設計変更したRX-79をベースとする2種類の案があったのかもしれません。本来はRX-79ベースで量産する予定だったものが、より迅速な完成を求められ、RX-78の機体構造をほぼ完全に踏襲した設計で量産する事になった、とか。RGM-78ではなく79なのにガンダムベースである理由がそこにあったりして。
 そう考えると、後にC型となるカトキGM系列は、「RX-78を量産向けに再設計した機体」ということになるのではないかと思います。素GMは「RX-78の設計をそのまま流用して量産化した機体」ですからね。ガンダムから単に不要な部分を削ぎ落としたのが素GM、ガンダムの基礎設計を基に量産向けに最適化したのがカトキGMだったと解釈できるわけです。
 むしろ、78ベースのGMに79ベースのGMのデータを流用したのが、カトキGMなのかもしれません。そう考えれば規格を統一したという設定や、外見が標準型のGMからだいぶ変わっていることにも説明がつくような気がします。
 以前陸戦型ガンダムの存在意義を考察した時に参照した資料(映画パンフ)では、79(G)のデータが大戦末期に完成した後期量産型GMに受け継がれたという記述もあります。これがGM改だったとするならば、RX-79系のデータが79C系列に受け継がれたということになり、まさに78GM+79GM=カトキGM、と言うことができます。
 そしてそのカトキGMの始祖とも言える(E)型と、同じ型番を持つ79ベースのGMがあったということは、ちょうどデータ移行の過渡期にあったということなのかもしれません。


 ところで、ソース元であるMG GMのインストには、こう書かれています。

 これらの機体はガンダムのための基礎設計をもとに、基本的にはMSそのものを検証するためにワン・オフを前提として試作されたもので、便宜上RX-79系というカテゴリーが与えられていた。これらの機体の性能は、当時すでに下方修正されていた標準機の期待すぺくを上回り、ガンダムの1/5程度のコストで生産が可能だったため、急遽、先行試作として相当数が量産されることになった。そして、量産が決定された事で、これらの機体は標準機のコードナンバーとして仮設定されていたRGM-79の制式番号を与えられ、峻別のため末尾に符号が追加された。それが後のバリエーションにも踏襲される事となったのである。

 なんか無理矢理なこじつけのような気もするんですが、とにかくこの文章を真に受けるのであれば、RGM-79(G)/(E)は「MSそのものの検証のためのワンオフ機」であり「急遽量産」されることになり、「標準機との区別のために末尾に符号がある」ということになります
 ミラーズ・リポートの映画パンフでも、陸戦型ガンダムは「量産されたMSの運用と保守に関するノウハウの収集」のために開発されたと記されていました。これがMGインストにおける「MSそのものの検証のためのワンオフ機」の意味だったのではないかと思います。
 つまり、RX-79系のGMは「主力量産機候補」なのではなく、初めから量産する予定のない実験機の一種だったということです。それが量産される事になったことで稼動データが蓄積され、GM改へと反映されたということなのでしょう。というか、仮に量産されなくてもGM改へ反映させる事が前提だったのかもしれません。
 連邦軍は、RX-78直系のGMを生産しながら、現場はRX-79系GMで慣らしておき、そのデータは改良型の後期型GMへと引き継ぐ、というプランでGM系を運用していたことになるわけです。

 また、MGインストの記述で地味に重要なのは、「標準機との峻別」のために符号があり、それが「後のバリエーションにも踏襲」されたということで、つまりRGM-79の末尾番号は「標準機と設計が異なる」ということを意味しているわけです。ジオンのMSのように用途や仕様で区別しているわけではない、ということです。
 つまり、RGM-79CはやはりカトキGMの総称なわけです。当初の仮ナンバーには( )がついていて、その後の慣例化したバリエーションからは( )が取れていると考えればわかりやすいでしょうか。そう考えれば、カトキGM=ルナツー製GMは、仮ナンバーの(E)型から制式にC型というナンバーが与えられたということになります。しかし(G)型は採用されなかったので、その後のバリエーションがないということでしょう(実はカトキGMベースの(G)型がオーガスタあたりにあって、後のGMストライカーの母体になってたりするのかもしれませんが)。

 また、「ガンダムの1/5程度のコストで生産が可能だったため、急遽、先行試作として相当数が量産されることになった」という記述は、陸戦型についてのみの記述ではないかと思います。現時点で、RX-79系で量産されているのが(G)型のみだからです。つまり、ここで量産する事にしたのは陸軍だった事になります。

 まとめます。
(1)連邦軍、早期のMS配備を目標に、RX-78をベースにしたRGM-79の生産を開始。
(2)一方で現場が先んじてMSの運用・保守のノウハウを得るために、RX-79系を開発。各地で運用される。
(3)陸軍が戦力補充のため、RX-79系を独自に量産する事を決定。
(4)ルナツーではRX-79ベースのGMを運用しつつ、独自にRX-78を参考に開発した改良型のGMを開発。
(5)GMの後期タイプとしてルナツーで開発されていたGMが採用され、RGM-79Cの型番を取得する。
(6)その他の地域で開発されたGMについても、それぞれ型番が与えられる(D型、F型等)
(7)RGM-79Cが全軍通じて採用される事になり、各地のRX-79系の運用データはC型のために使われる事になった。

 このように考えると、RGM-79の候補機が2案あったのではなく、RGM-79の本命と習作があった、ということになります。そうなると、その先にさらにあったのがNT-1ということになります。MGアレックスのインストには、NT-1の母体は陸戦型ガンダム系統のデータが盛り込まれたタイプだと記されていますが、これが79C系列のことを指すのであれば、RX-79→RGM-79C→(RX-78NT-1)→RGM-79Nと綺麗に繋がります。この辺はまた今度考察する事にしましょう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
「…ある程度限定した環境でしか稼動できないRGM-79〔G=Groundtype〕GMをベースとしているものの…」

MG陸戦ガンダムキットインストより


ん?陸ガンは陸ジムベースって事?
2010/09/07 (火) 01:25:53 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
宇宙軍と陸軍で仲が悪くて、それぞれで勝手にGM作って……だったらどこぞの島国の海軍と陸軍みたいですね。
そもそもMS開発、少なくともRX-78開発は宇宙軍主導だったみたいですが、陸軍はそれに協力したか疑わしいところです。
宇宙でも地上でも活躍できる人型兵器の登場で「宇宙軍に飲み込まれてしまう!」と警戒していたかもしれません。実際、戦後はオールMSドクトリンで宇宙軍と地上軍の融和(実際は併合)が進みましたから。
宇宙軍に好き勝手させず、陸軍主導でMSを作ろうとしたのがRX-79計画だった、というのが持論です。
そう考えると、地球の技術だけで作ったMk-2に開発計画が似ているかも。
2010/09/08 (水) 20:51:10 | URL | いつもはROM専 #4shtMUW.[ 編集 ]
>コンラッドさん
MGインストでは一貫して陸GM→陸ガンですね。
逆の説明をしている資料の方が多いような気がしますが、
個人的には検証用の試作陸GM→陸ガン→陸GMと解釈すればいいのかなぁ、と思っています。

>いつもはROM専さん
そもそもMSは本来宇宙戦用兵器ですから、そういう意味ではイニシアチブは宇宙軍にあったのだと思います。
だから独自に陸軍がMSを開発して配備しようとしたというのは同意ですね。
しかし結局宇宙軍のMSが全軍統一の装備となってしまって、
そうやって一年戦争を通じて勢力を広げた宇宙軍に対し、
ティターンズまで作って宇宙での権限を奪おうとした地球派という区別は出来ますね。
ティターンズは連邦軍の指揮権を奪い取ろうとしていましたし、
これは軍の実権を宇宙軍系から奪回する目的もあったのかもしれませんね。
2010/09/08 (水) 22:14:55 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
当初は素ジムよりも高性能なプランが存在して、のちに要求性能が下げられて量産されたのがのが素ジムで、MGジム説明書の記述を生かすのなら、当初計画されていた高性能機の方がRX-79系ベースの予定だったのかな、というのが今回のことに関する私の解釈です。

しかし、V作戦におけるMS量産計画のベースとして複数の機体の存在を仄めかすのはいいとして「RX-78を経由しない機体」っていう表現はいささか行き過ぎな感じかなって思います。一年戦争末期には「経由しない」方が主流になっちゃうわけですし。まぁRX-78を過大評価したいファーストファンの意見なんですけどね…
2010/09/08 (水) 23:55:49 | URL | フェーベ #-[ 編集 ]
自分としては「RX-79計画」というのは、
それまでのRX-75~78の「MSそのものの試作」という段階から一歩抜け出して
「MSの大量生産・配備・運用」に目を向けたものと解釈しています。
すなわち、陸ジムに限らずあらゆる量産・大量配備を前提とした機体全般を
「RX-79」としていたと思っています。
(傍証としてTV版Z製作時、ジムIIの当初の設定で「RX-79改」と振られていたことがよく挙げられます)
そして複数あった「RX-79」案から篩いにかけて量産機として制式採用されたものには
RGMナンバーが振られたのでしょう。

よって標準型ジム(すなわち素ジム)もこの「RX-79計画」の一環だと思っております。
というよりは
RX-78の開発にてビームライフルの稼動に成功した1型の完成をもって
平行して開発が進められていた「ビームスプレーガン対応の低スペック機」が
MS量産プラン「RX-79計画」の一つとして再スタートした、と捉え直すのが良いかなと。
(そういう点では、RX-79はRX-78と全く独立した「競合」関係ではなく、
データのやりとりが密にあったと思います)
2010/09/09 (木) 00:41:13 | URL | エイザムス #-[ 編集 ]
>フェーべさん
GMとハイスペック機のミックスという発想もあったかもしれませんから、
その元祖がRX-79系ということは出来ますね。

個人的には「RX-78を経由しない」というのは、ガンダム、ガンキャノンガンタンクに続く第4のV作戦機というような意味合いだと思っています。
もちろん技術的には継承している部分もあるんでしょうけど、直系の後継機ではないと。

>エイザムスさん
RX-79計画の中のRX-78ベースの量産機というコンセプトで開発されたのが素GMってことですかね。
GM自体が地域によって異なる設計だったりしたようですが、
それ以前に各地でRX-79が開発されていて、その後RGM-79という統一規格ができて、
それぞれの地域でRX-78の設計を踏襲するタイプが開発された…とか、そういう考え方も出来ますね。

ちなみに個人的には、「RX-79改」という言葉は単純に当時書いた人がGMの形式番号をRX-79だと思っていたからなのではないか…と思っております。
2010/09/10 (金) 23:58:16 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>RX-79計画の中のRX-78ベースの量産機というコンセプトで開発されたのが素GM
おおむねそうです。より厳密に言うと
「RX-78の1型より前段階の初期試作型をベースにした簡易生産型」が素ジムて感じですかね。
試作段階では素ジムもRX-79の型番がついていたものと推測します。

以前にも書きましたが
素ジムとは別に、ルナツーで改修が進められたRX-78-2型を元にしたのがカトキ版ジムで、
これが各方面の仕様を統合する形で1年戦争末期に正式に採用されてRGM-79Cとなったのでしょう。

そしてこれら二つとは別に、陸ガン陸ジムの元になるGNO2版Eタイプもあります。
推測を重ねるならRX-79[E]というのもあった可能性があります。
(これをもとにブルーディスティニー2号機と3号機が宇宙用として開発されたのかも)

自分としてはこれら3つのプランが、それぞれ平行して(「競合して」と言い換えてもよい)
開発が進められたと考えます。
もちろん、この3つ以外にもプランがあるかもしれません(コマンド系なども)。


>「RX-79改」という言葉は単純に当時書いた人がGMの形式番号を
RX-79だと思っていたからなのではないか…

実情はその通りだとは思います。
まだ製作側でそうしたコマゴマとした裏設定についての
共通認識が形成されてない時代のものではありますが、
それでもアニメスタッフによって設定されたのは事実であります。

「RX-79計画」という設定についても元々は、
「連邦がそんなに早い時期にMS量産していないだろ」などといろいろと物議を醸した
陸ガンや陸ジムの存在に説得力をつけるために無理やりひねり出されたものだと思います。

でもまあ、昔のMSVとかセンチュリーなどの初期の資料を紐解いてみると、
結構早くから連邦が量産型MSの開発に着手していたという記述があるので、
それならこれらを一まとめにすればスマートであり、陸ガンや陸ジムの存在にも
より説得力が増すだろう、ということでこの説にたどりついたわけです。
2010/09/11 (土) 22:37:10 | URL | エイザムス #-[ 編集 ]
なるほど、よくわかりました。
個人的には素GMとRX-79系GMが並行で、両者を統合したのがカトキGM=C型というのが今回の結論です。
D型GMはC型GMと並行で、両者が比較検討されてC型が主力に選ばれたとか。
ただしオーガスタではD型ベースの特務用派生機を独自に開発していた、というのが落としどころでしょうか。

個人的には設定画の書き込みは尊重したいところではあるのですが、
誤認や設定変更が明らかであるところはそれも踏まえて考察に取り入れるべきなのかなと思うのです。
まぁRX-79改については誤認かどうかわからないですし、そこまでこだわるつもりはないのですが。
GMIIの試作型はRXナンバーの試作GMを元に開発された、くらいが落としどころかなと思います。
2010/09/12 (日) 23:32:47 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.