がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
中距離支援機とミサイルの関係
 中距離支援用MSというと、キャノン砲を装備しているイメージがありますが、GMIIIやスタークジェガンなど、グリプス戦役以降の支援用とされるMSは、キャノン砲の代わりにミサイルを装備しています。
 一年戦争後、キャノン系MSはあまり見られなくなりますが、これは中距離支援機というカテゴリそのものが廃れたのではなく、単にMSの中距離支援がキャノン砲主体からミサイル主体に変化しただけなのではないか、ということに気づきました。
 というわけで今回はミサイルによるMSの中距離支援、というものを考えてみます。

 まず、ミサイルによる中距離支援というのは、そもそも連邦軍がMSを運用するにあたり当初から考案されていました。ガンキャノンには、スプレーミサイルランチャーという別武装バージョンが存在しています。しかしこの装備は、ミノフスキー粒子の影響下での効果が疑問視されたということで、実際にはほとんど運用されなかったようです。

 しかし、その後ミサイルによる中距離支援機が登場していることは、ミノフスキー粒子下でのミサイルにある程度の効果が現れるようになった、と解釈する事が出来ます。これはアクシズのMSの多くがミサイルを装備していた事からも読み取れる事をこれまで何度か指摘してきましたが。
 その理由についてはっきりと読み取る事は出来ないのですが、おそらくは、単純にミノフスキー粒子下での誘導機能の向上(これは誘導技術の進歩と共に、MSそのもののセンサー機能の向上も影響しているのでしょう)と、そもそも一年戦争時ほどミノフスキー粒子が頻繁に散布されなくなったという2つの理由が複合されているのではないかと思います。これも以前の考察のおさらいです。

 では、ミサイルによる中距離支援とはどのようなものなのか、ということですが、キャノン砲に比べ、砲弾そのものに推力がある分射程が長く、また発射後のコントロールが可能なのがミサイルですから、射程も命中率もキャノン砲に比べて高いなどいいことずくめです。欠点は装弾数に劣る事と、ビーム等で打ち落とされてしまう可能性があるということでしょうか。
 つまり、キャノン砲に比べ確実に敵を攻撃できる可能性が高いものの、連発はできず数発で使い切ってしまい、迎撃されるリスクもある、ということになります。
 このような特性の武器を生かすのであれば、初手の出会い頭に使用するのが効果的でしょう。射程が長いわけですから遠くから撃った方が効果的ですが、撃ち落とされる可能性があるため敵に察知される前に撃つ必要があります。また、装弾数はそう多くないですから、早めに使い切った方がデッドウェイトがなくなり、近距離戦になっても機体の機動力を落とさずに済みます。つまり、先制攻撃向きの武器ということです。
 もう一つの生かし方が、戦闘中の宙域に遠距離から使用することです。これも射程の長さを生かせますし、敵はすでに別の味方と戦闘中なわけですから、打ち落とされるリスクも低いです。またある程度誘導できるため、誤射の危険性も減ります。中距離支援という意味ではこちらの運用の方がそれらしいですが、キャノン系ほど弾数がないので、撹乱用の弾幕というよりは牽制用の攻撃ということになるでしょうか。
 その意味では、防衛にはあまり向かないということになります。相手は反撃を前提でいますから打ち落とす準備もある程度あるでしょうし、敵の進撃をできるだけ鈍らせたいということであれば手数を増やして弾幕を張った方が効果的です。迎撃ミサイルというものがこの世に存在しますし全く向かないわけではありませんが、少なくともMSの装備としては、迎撃よりも攻撃側に有利な武装なのではないかと思います。

 ということは、同じ中距離支援であっても、ミサイルはキャノン砲の上位互換ではないということになります。単に技術が進歩してミサイルの方が有効だから装備した、というだけではなく、状況的にミサイルの方が適しているケースが増えた、ということになるでしょうか。
 大規模な防衛戦がない分弾幕的な運用を必要とせず、小規模な遭遇戦が多いが故に高機動強襲攻撃のウェイトが増した、一年戦争後の環境だからこそミサイルによる支援機が登場した、とも言えるわけです。
 また、MSの軽量化により、ミサイルを多く積む事が出来るペイロードを獲得した、という側面もあるのかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
一年戦争の時点でガンタンクなんかミノフスキー粒子散布下でもミサイルを使っていましたよね
ポップミサイルでも射程20kmはあるみたいですね。
キャノン砲ですら射程距離が260kmもあるらしいですが。

キャノン砲でもガンキャノンも7~30kmぐらいの射程で戦闘するようにしているようですね。

地上ではどんなに開けた場所でもせいぜい6~10km程度が限度ですが。

宇宙は見えさえすれば良いわけですから、光学機器が優秀であれば射程距離50kmぐらい行けそうな気がしますが。
2010/08/17 (火) 06:59:50 | URL | #-[ 編集 ]
ミネフスキー粒子の格子の共振を利用したミネフスキー通信やミネフスキー索敵の技術から誘導兵器へのブレイクスルーがあったのかもしれないですね…

あとはSガンダムの無人MSを目指して開発された試作の疑似人格システムAlice
これの技術のスピンオフで光学センサーからの画像処理~目標までミサイルの自律飛行制御技術の向上があったとか
MSを無人化するほどのシステムとなると…複雑なMSの機動制御や作戦行動への対応をしなければならないが莫大なコストがかかるけど
ミネフスキー粒子の影響の少ない光学センサーやレーザー誘導の情報をリアルタイム処理して目標まで桜花のような有人ミサイル並みの追尾性をもつ自律飛行するミサイルならば宇宙世紀ならば無人MSよりもはるかに低コストで作れるだろうし
2010/08/17 (火) 22:49:54 | URL | 花粉症のアカハナ #HfMzn2gY[ 編集 ]
>名無しさん
地上の場合、遮蔽物が多いのでよほど開けた場所でないと高射程を生かせないんじゃないかと。
有効射程は最大射程であって実際にそこまで届かせる局面があったかどうかは別の話ですからね。
宇宙だとまた別の話で、それ故にミノフスキー粒子が重要だったんだと思います。

>花粉症のアカハナさん
ミノフスキー粒子が阻害するものとしないものの分析が進んで、
阻害しないものでの組み合わせである程度通信が可能になった部分もあるのかな、と思います。

Alice自体は封印された技術で実物も失われていますから、ちょっとスピンオフは難しそうです。
ただF91時代の技術ならそれくらいできそうですね。疑似人格OSとかバイオコンピュータとかある時代ですし。
2010/08/18 (水) 22:54:14 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
グリプス戦争時のMSの大型化はミサイルのペイロードの増加にも貢献してますね
2010/10/12 (火) 10:28:36 | URL | ああ #-[ 編集 ]
確かに大型化にはその効果もありますね。
とりあえず余裕があればミサイル積んどけみたいな感じでしたし。
2010/10/13 (水) 23:46:23 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.