がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ザクとジムとジェガンを比較する
 連邦軍の量産型MSジェガンを、連邦・ジオンの元祖量産機であるGM・ザクの特徴と比較する事で、ジェガンという機体のコンセプトを探ってみよう、という話です。

 GMはともかく何故ザクとジェガンを比較する必要があるのか、ということについてですが、これはガンダムを始祖とするGM系のMSが、キャノン系・ボール系との連携を前提としていたのに対し、ジェガンは特に他機種との連携を想定していない事から、むしろGMよりもザクに近い部分もあるのではないか、と思ったからです。
 また以前にも少し触れた事があるのですが、ジェガンの下半身はGM系よりもむしろザク系に近い可能性があるのです。このような観点から、ジェガンをGMとザクの両面から比較します。

 まず、ジェガンのGM的な側面について。形式番号が同じRGMであることからもわかるように、基本的には系統としてはあくまでGM系白兵戦用MSであると言えます。頭部構造はGMコマンドやジェモに近く、同時代のギラ・ドーガに比べ明らかに白兵戦を重視した軽装MSです。
 また、GM同様コストパフォーマンスを最優先に考えている事も容易に推測できます。GMのそれは戦場へ一定量を早急に投入するためのものでしたが、ジェガンの場合は平時の防衛用MSということで、維持費を極力削減し最小限の労力でパフォーマンスを発揮できるよう調整されているのではないかと思われます。目的は違えど、GMの簡素な設計が受け継がれていると言えます。ただ、重点は生産・配備の簡素化よりも運用・整備の簡素化に置かれていると考えられ、その点は異なりそうです。
 GMとの違いは、先も述べたようにキャノン系・ボール系の支援を前提としていない事です。これは、そもそも支援を必要とするような大規模戦闘を想定していないという点から必然的にそのような仕様になっていると考えられます。小隊規模の戦闘であれば、むしろ同機種での連携・支援があれば十分ということでしょう。そういう意味では、GMはGMでもスナイパーカスタム的な機体であるとも言えます。スナイパーII→ネモ→ジェガンの系譜とも言えるでしょうか。

 さて、ではザク的な側面はと言うと、まず挙げられるのが単一機種運用を前提としている点です。リゼルはかなり後発の機体ですし、ジェガン視点で見るとどちらかというとベースジャバーの代わりのような存在ですし、連携を前提に設計されているとはいえません。後継機ヘビーガンが登場するまで、ジェガンは原則単機種運用がメインでした。
 おそらく、局地対応についてもジェガンそのものを改修する事で対応していたのだと思われます。そもそもガンダム・GM系の延長なのである程度全環境に対応しているのですが、用途という意味では対艦・対エースにはスタークジェガンなど素体改修で対応していますし。
 また、地味なところでカメラの中身がモノアイになっているというのはむしろジオン的であると言えます。GMコマンドもそうだといえばそれまでなのですが、その後モノアイ式のGM系がなく、どちらかというとティターンズ系MSが全面的にモノアイを採用しているあたりにフィードバックの系譜があるのかもしれません。

 このように考えると、ジェガンはGM的側面もザク的側面も持っている、ということがわかります。つまり、単にGMとネモの系譜の先だけにあるのではなく、ハイザックやマラサイの代替機としての側面も持っていたというわけです。
 そもそも、一年戦争後の連邦軍はGM系とザク系を並行して運用していました。しかしジェガン配備後、ほとんどザク系MSの配備形跡が見られていないことから、廃れていったことは明らかです。では連邦製ザク系MSを生産していた旧ジオン系施設は全て閉鎖されていたかというと、そういうわけではないと思うんですよ。結局のところ、全てのラインがジェガン系に統一されたということなのだと思うのです(アナハイム工廠の一部はギラ・ドーガやギラ・ズールを生産していたのでしょうけど)。
 つまり、ジェガンというのはGM系MSの集大成だっただけではなく、ザク系も含めた文字通り連邦製量産型MSの集大成だったのではないか…と考える事が出来るわけです。一年戦争以後分派していた、GMII・GMIIIとハイザック・マラサイの両方の後継機種だった、と。

 元々、ネモはパーツ的にはGM系と互換性がありますが、ジオン系の技術を多く使った機体だとMGでは解説されています。ジェガンはザク系のポジションも受け継いでいることになりますから、GMよりもむしろネモの血の方が濃いのかもしれません。同じ純正アナハイム製ですしね。
 ということは、ジェガンというのはGMの後継機というよりは、ネモをよりザクに近いコンセプトに発展させ、GM系の技術もフィードバックした機体と言った方が近いのかもしれません。ネモを用途はザクに近く、パーツ的にGMに近くしたのがジェガンだった、のかも。
スポンサーサイト
コメント
コメント
○GM(mig29的)
要塞攻略戦に重きを置いています。射程の短いスプレーガンは接近戦ではむしろライフルより当てやすい武装です(下手でもOK)。
ガンダムにしろGMにしろ細身で推進剤は母艦で直ぐ補給という感じかと思います。
足は短くても、大量に投入することで敵の対応を飽和することが狙い。飽和にはボールも有用です。
○ジェガン(Su-27的)
少ない金、人という時代ですのでマルチロール機です。(オプション装備による。)
担当地域が広くなるので搭載量は増大する必要があります。→大柄な機体サイズ、太いすねによるジオンMS的な特徴
パイロットの質は高いという背景でこそ運用可能。

概ね管理人さんと同意ですが航続距離・時間の拡大が必要なため、同じような要求のあったジオン系に近い印象が認められるだけかも知れません。
2010/08/15 (日) 11:20:51 | URL | T #-[ 編集 ]
初代GMは対ザク、対ドム・リックドムを主体として考えていたみたいですね
艦隊戦ならサラミスとマゼランだけでもムサイと同等以上に戦えるので対艦は不要でしょうからね。
ザンジバルはホワイトベースに任せ、対ゲルググはエースパイロットとアムロのガンダムに任せるとして。

だから第2次ネオジオン抗争ではギラドーガとMS戦しかしなかったんですね。

一年戦争は実弾主体でビームが出始め
グリプス戦役や第1次ネオジオン抗争はビーム主体で実弾は補助
第2次ネオジオン抗争はビームも実弾も両方必要と
兵器の種類も変わっていますからね

ミノフスキー粒子の解析のせいかセンサー有効半径が10kmほどになったり。
強力な新型のミノフスキー粒子は登場しなかったようですが。
2010/08/15 (日) 13:50:24 | URL | #-[ 編集 ]
>Tさん
ジェガンは当初ロンド・ベルにのみ配備、UCの時代でもそうだったみたいですから、少数精鋭を前提にしていた可能性はありますね。
F91時代のジェガンは、もっと一般向けの仕様だったのかもしれません。

ジェガンは開発系譜的にはともかくとして、役割としてはジオン系の後継も含めて担っていたのだと思うのです。

>名無しさん
ミノフスキー粒子は濃淡はあっても強化とかそういうものではないと思いますよ。
例えて言うなら自然現象を利用しているようなものですし。
ある意味では、V2の光の翼の間に生じる力場がそれに近いのかもしれませんが。
2010/08/16 (月) 23:30:45 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>どちらかというとティターンズ系MSが全面的にモノアイを採用しているあたりにフィードバックの系譜があるのかもしれません。

バーザム→バージム→ジェガン
でファイナルアンサー?
2010/08/17 (火) 19:54:27 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
頭部センサーだけに限って言えばその線が濃厚かもしれません。
ただGMコマンド→プロトジェガン?(アナハイムジャーナル)というラインがあるとかないとか…(笑)
2010/08/18 (水) 22:56:37 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
古い記事にカキコ
現実でいうと担当したデザイナーさんがryってなるけど
ガンダムの世界観で考えるとアナハイムに旧ジオンスタッフもいるわけで
俺もジオン&連邦の量産MSの集大成だと思う
後、ジェガンとギラドーガは外装はともかく中身は殆ど「同じ」だと思う
2012/05/07 (月) 15:15:52 | URL | #-[ 編集 ]
連邦系とジオン系の違いというと、動力系と推進系、操縦系あたりだと思うんですが、
逆に言えばそれ以外の部分については共通の部品が多い可能性は高いですね。
ジェガンとギラ・ドーガについてはサイズが多少違うんで、ペイロードとかが違うんでしょうけど。
ジェガンとギラ・ズールなんかはほとんど同じ機体なのかなと思ったりします。
2012/05/26 (土) 17:06:08 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.