がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
月初のガンダム以外の話「悟空が敵を殺さない理由」
 今回もドラゴンボールの話。主人公である孫悟空は、敵キャラを殺そうとしない傾向にあるのですが、それがいわゆるキラ・ヤマト的な不殺とは違うのではないかと思い、考えてみました。

 いわゆる「不殺」というのは、いわば「人間を殺してはいけない」という道徳観念を貫いたものであり、また自分はもう人殺しにはなりたくない、という殺人体験を経た後の生理的嫌悪感から来ているものでもある、と思います。
 それに対し、孫悟空のそれは、「勝利した後に止めを刺さない」というものであり、ほぼ例外なく対峙し勝利した敵を殺さなければ後々まずいという状況でのみ現れています。

 例えば、ギニュー特戦隊に勝利した時、止めを刺したベジータに対して「何もそこまでしなくても」と何度も言っています。地球でナッパを倒した時も、殺しはしませんでした(ベジータが殺しちゃったけど)。
 悟空がそのようなことを言うのは、「もう勝負はついたから」ということに他なりません。ベジータらにとっては生きるか死ぬかの殺し合いであっても、悟空にとっては天下一武道会の試合の延長くらいにしか捉えていない、ということです。
 これは、育ての親である孫悟飯や師匠である亀仙人の教育の影響によるのではないかと思います。武道家は殺し屋ではない、という鶴仙人とは対極にある考え方を身につけているがために、そのような考え方を持つようになったのでしょう。
 しかし、それにしてはフリーザさえ見逃そうとしたり、やや融通が利かない部分があります。これは、サイヤ人の本能である「より強い敵と戦いたい」という感情が、悟空の持つ「戦い=試合」という観念と合わさっているからなのではないでしょうか。

 例えば、天下一武道会でピッコロに勝利した時。この時はピッコロを殺すと神様も死んでしまうという現実があったものの、ライバルがいなくなるのは寂しいから、という理由も語っています。
 同様に地球にやってきたベジータも見逃していますが、これはもう一度戦って勝ちたいから、という理由でした。
 更に、クリリンを殺したフリーザでさえ、一度は見逃そうとしていました。この時も「更に腕を磨くんだな」と、再戦を考慮に入れていることが分かります。
 魔人ブウについてはさすがに見逃しはしませんでしたが、生まれ変わったら一対一で戦いたいと望み、実際に生まれ変わったウーブと戦うことができました。

 このように、悟空が敵を殺さない理由には、自分に匹敵する実力を持ち、今後も対等に近い勝負ができそうだから、という側面もある事が分かります。サイヤ人の闘争本能を満たす相手がいなくなってしまうというのは惜しい、という考え方があるからなのですが、そこに戦い=試合であるという概念があるからこその考え方であるとも言えます。ベジータもセルをわざと完全体にするなど、より強い敵と戦う事を望む傾向がありますが、とどめはしっかり刺しますからね。

 悟空がそのような思考回路で行動していることがわかると、セルゲームの際に悟空が悟飯に戦わせた理由も見えてきます。
 悟空は、精神と時の部屋での修行で、悟飯の真の力を知りました。それがあればセルに勝てる、というのが作中での言動でしたが、真の目的は「悟飯にセルを倒してもらう」ことではなく「セルに悟飯の真の力を引き出してもらう」ことだったように思います。
 悟空は、セルより悟飯の方が強いと知ってしまったわけです。その時点で、サイヤ人の本能である「より強い敵と戦いたい」という興味の矛先は、セルではなく悟飯に向く事になります。つまり、この時点で悟空の興味はセルと戦う事ではなく、真の力に目覚めた悟飯と戦う事になってしまったのです。
 そのようにして見ると、悟空がやったことも少しは理解できます。悟飯の真の力は怒りの感情がトリガーにならないと発動しません。しかし、実の父親である悟空が息子の悟飯を心から怒らせることはまず不可能です。やはり、フリーザのような極悪な敵の非道な行為に対してでないと…と考えれば、まず悟飯をセルと戦わせて怒らせるように仕向ければいい、という結論になっても不思議ではありません。
 結果的に、悟空の個人的な興味による行為は悟飯を苦しめているだけだとピッコロに諭され、考えを改めるわけですが、とにかく悟空にとってはセルより悟飯の方が強いことを知ってしまった時点で、目標がセルではなく悟飯になってしまったということです。これは、当初ベジータが目標だった悟空が、フリーザの存在を知りフリーザを倒すことが目標になったのと同じ、ということですね。
 悟空は一見不殺を貫く心優しい主人公に見えますが、実際は戦いを全て試合と解釈し、敵味方の関係はリングの上でしか成立しないという概念に基づいて行動しているだけ、という話でした。

 ちなみに悟空が「再戦を望まずに」相手を直接殺したのは、おそらくピッコロ大魔王だけだったのではないかと思います。しかしアニメの劇場版では、悟空が主人公の話ではほとんど悟空が直接敵を殺してしまっています。エンタメ的には当然なのですが、もうちょっと悟空というキャラクターを理解して話を作って欲しかったかな、と思いますね。今思うと。
スポンサーサイト
コメント
コメント
たしかにキラとは違いますね

基本的に自分より強いやつに目標を据えるのが好きですよね悟空(笑

絶対に負けないために限界を極め続けるんだ! BYベジータ
は言い得て妙かも…

基本的に欲望に忠実だからキラのように傲慢に見えないのかも
ベジータ逃がしたときも、ブウのときもワガママだと自覚してたし
2010/06/07 (月) 05:59:04 | URL | うま #-[ 編集 ]
おなじジャンプ主人公でも「戦わないにこしたことはない」の剣心とは違いますね
2010/06/08 (火) 17:46:36 | URL | #-[ 編集 ]
たしか、少年時代は普通にコロしていましたよね。
初代ピッコロまでは。

ラディッツも、相打ち前提で余裕が無かったとはいえ、必殺の覚悟でコロしましたし。


一回死んで生き返ってから、急にトドメを躊躇うようになったと思います。悟空。

あの世をみて、生死感が狂ったのかもしれませんね。
2010/06/08 (火) 21:29:01 | URL | #-[ 編集 ]
>うまさん
ベジータの「負けないために」発言はピンと来なかったんですが、
相手を倒すためではなく、何かを守るためでもないとなるとそういう言い方になるのかもしれませんね。

>戦わないにこしたことはない
そこが決定的な違いですね。
悟飯なんかは剣心に近いキャラだったんですが、
最終的には甘さのない残忍性を得たキャラになってしまいました。
鳥山氏には剣心系のキャラは苦手だったんでしょうかね。

>少年時代
確実に殺したと言えるのはブラック参謀とタンバリンくらいでしょうか?
一度死んだからというのもあるかもしれませんが、
ベジータを見逃した時に言ってたように、界王星で修行してかなり極めたつもりになって、
その精神的余裕からくるものでもあるのかもしれませんね。
2010/06/09 (水) 21:23:39 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
そういえば、異常な程の戦闘力を持つブロリーに対しては多少辟易したような様子でしたね。あくまで、「いい勝負ができる」範囲内の「強い相手」ということでしょうか。
2010/06/09 (水) 23:12:13 | URL | あんちょび #PNwkhDsY[ 編集 ]
始めまして毎回楽しく読ませてもらってます
>また自分はもう人殺しにはなりたくない、という殺人体験を経た後の生理的嫌悪感から来ているものでもある
悟空は、自分が大猿に変身するのをラディッツに聞かされ自分で祖父を殺した事に気付きましたから
多少なりともトラウマになっている可能性も有ると思うます。
まぁ、そんな事を気にする繊細な精神は持ってない!って気もしますが
駄文失礼しました
2010/06/10 (木) 23:16:40 | URL | 羊 #-[ 編集 ]
>あんちょびさん
ブロリーとの戦いは試合という次元ではなかったですからね~。
チート使った敵と戦ってる気分だったんじゃないでしょうか(笑)

>羊さん
初めまして、書き込みありがとうございます。
悟飯を殺したのが自分だと気づいてショックを受けたのは、
別の誰かに殺されたと思っていたからというのが一番なのかなと思います。
ただその時死んだら謝りに行く、と言っていたあたり、罪悪感は当然あったでしょうね。
セルの自爆を阻止した時の悟空にも、多少なりとも息子への罪悪感があったのかなと思います。
そういう意味での繊細な心は悟空にもあると思いますね。
2010/06/11 (金) 22:50:04 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
 はじめまして、いつもガンダムの話を楽しみに読ませてもらってます。

興味のある話だったので、初めて書き込みさせていただきます。

 幼年期の悟空はまだ粗暴さが抜けきれていなかったため、殺意はなくとも結果的に殺してしまっていたんではないでしょうか。桃白白やブラック将軍を例に見るとそれが伺えるように思えます。

 ピッコロ大魔王に関しては、悟空の中では完全に敵討ちになっていたのではないでしょうか。倒した後で涙を流していましたし。完全に私怨で闘っていたと思います。大切な師匠と同門をほぼ同時に亡くしていますから、まだ精神的に成長していない悟空にはそこまで心を制御できなかったと思います。

 幼年期の悟空と成年期の悟空では闘うスタンスに変化が生まれているのも、神様の下で修行したのが大きく関わっていると私は思います。

 一つはシッポを消してもらったことであると思います。

神様は大猿になる危険を回避するためにシッポを消しましたが、結果的にサイヤ人特有の粗暴の象徴であるシッポを消したことで、わずかな残虐性がなくなったんだと思います。

 二つ目は気をコントロールする修行をしたことによって精神的に成長した。

 マンガの中でも永遠と座禅をさせられている悟空が描かれているので、いつどんな時でも冷静にいられる精神力を育てる教育もされていたのではないかと思います。

クリリンを殺され怒りに支配されてスーパーサイヤ人になってもフリーザの力の限界を感じ取ったら闘うのやめてますし、闘いながらも冷静になる頭と精神は持ち合わせていたと思います。それも神様との修行の成果かも。

そう考えると悟空は本当に師匠に恵まれていますね。

ラディッツの話が出ていましたが、あの時は本当に悟空は余裕がなかったんだと思います。
息子を連れ去られたのと地球の運命がかかっているという大きな問題が同時に来ていましたから。本当にいっぱいいっぱいだったんだと思います。

しかも相手はピッコロの力を借りても太刀打ちできない力を持っていましたから、命を投げ打ってでも殺しておかないといけないと思っていたと思います。

戦闘力は違えど、悟空の中ではブウと闘った時と同じ心境だったのではないでしょうか。

後のべジータとナッパのせいで存在がかすんでしまったラディッツですが、ヤバさで言ったらブウを同じくらいヤバかったと思います。

連載していた当時読んでいましたが、物凄く絶望感はありました。今じゃ雑魚っぽい扱いになってしまってるラディッツですが。

最後で話がずれてしまいましたが、長々とすみません(汗)

セルとゴハンの戦いの話はとても面白かったです。興味深く読ませてもらいました。
2010/08/19 (木) 23:38:28 | URL | あずみの #-[ 編集 ]
初めまして、書き込みありがとうございます。

成長した悟空の少年時代との違いに、相手と自分の格の違いを判断できるようになったという点があると思うんですよね。
少年時代はひたむきに強い奴と戦えればいい、という感じだったんですが、
成長してからは「お前はオラには勝てねぇ、戦わなくてもわかる」とか言うようになりました。

おそらく気を感知する能力を身につけたことが最大の要因だとは思うのですが、
それにより悟空は強い敵を「選ぶ」ことができるようになったんですよね。
で、自分より弱い敵とむやみに戦うことを避けるようになったことも間違いないと思うんです。
それが神様や界王様の修行によるものなのかはわからないのですが、
悟空の中に「自分より弱い奴との戦いは避ける」という選択肢が生まれたことは確かなのかなと。

より強い敵を望む永遠の向上心が悟空の強さの秘密だとするのであれば、
悟空は「負けないため」に戦うというよりは「より強い奴と互角に戦う快感を得るため」に戦うと言った方が正しいのかもしれませんね。
2010/08/20 (金) 22:56:19 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.