がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
エゥーゴのMS生産ライン
 エゥーゴが運用していたMSは試作機ばかりというイメージがありますが、実際のところ生産ラインが稼動していたような機体はどれくらいあったのか、というのを考えてみようと思います。
 実際にはエゥーゴ用に供給されていたアナハイム製MSの、ということになりますが。

 まず、エゥーゴに供給されていた量産型MSといえばGMIIです。アナハイムはGM系の生産も行っていましたので、当然GMIIの生産も可能でしょう。そして、このラインはGMIIIへ転用されたものと考えられます。

 GMIIの派生機といえばネモも挙げられますが、こちらは互換性はあっても同ラインではないのかなと思います。リックディアスに近いパーツもありますし。
 また、設定上ネモIIIはブレックスの死によりアナハイムとのパイプが弱まった事で開発が遅れ、完成したのはゼダンの門が崩壊した頃だったとされていることから、そのベース機であるネモIIも同様であったと考えられます。そう考えると、そもそものネモの供給自体がこのあたりから滞ってきていたのかもしれません。

 リック・ディアスも生産ラインを持っていたと思われる機体の一つです。しかし、その後シュツルム・ディアスがエゥーゴに供給されていないことを考えると、アナハイムはディアス系の生産ラインをずっとエゥーゴのために稼動させていたわけではないのかもしれません。

 百式は、量産型百式改という機体が存在するため、生産ラインを持っていたのかもしれませんが、その生産数は決して多くないようなので、むしろ試作機のみで終わっているような気もします。量産型という名前でありながらも、実際は量産試作機だったというパターンはいくつもありますし。

 メタスは複数機存在していたようですが、生産ラインがあったかどうかは微妙なところです。メタスは2機、メタス改は1機、ガンキャノン・ディテクターは2機だったために試作のみという感じですが、メタスは「ジオンの幻陽」に複数登場していますし、ガンキャノン・ディテクターも「ガンダムUC」で3機登場しているなど、もっと数はあるようなので、生産ラインはあったのかもしれません。ゲームブック設定ですが、元々作業用MSのラインを転用できる機体として開発されていたとも言われていますし。

 Zガンダムは、Zプラスとして量産されている事から、その時点で生産ラインが稼動していたのかなと思います。一方の量産型Zガンダムは、数機の生産だったということから試作で終わっていると考えられます。そもそも量産型百式改に負けてますし。ZIIはこの時点では開発中止なので試作のみで終わっているはずです。

 ZZガンダムには量産型がありますが、これも試作4機のみで終わった事になっています。ちなみにゲームブック設定ではZZガンダムは13機あったとされています。生産ラインが稼動していたかどうかは微妙な数です。

 Sガンダムは4機のみの生産ですが、その実質量産型であるネロはかなりの機数があったために、生産ラインがあったことは間違いないかなと思います。ただ、その後全く出てきませんでしたが。

 あとはル・シーニュの量産型にジェモという機体がありますが、これは生産数がよくわからないのでなんとも言えないところです。

<まとめ>
○GMII → GMIII
○ネモ → (ネモII、III)
○リック・ディアス → (シュツルム・ディアス)
○メタス → ガンキャノン・ディテクター
○Zプラス
○ネロ

 こうしてみると、GMII、メタス、Zのラインはそれぞれカラバ用の機体に転用されている事が分かります。同じようにカラバ用に陸戦型百式改が供給されている事から、百式改の生産ラインもあったのかもしれませんね。
 一方でネロのような連邦軍に供給された機体もあることから、エゥーゴ用の生産ラインは、その後カラバ用の生産ラインになったものと、連邦軍化したエゥーゴ用になったものがあった、ということになるでしょうか。実際に連邦軍に制式採用されたものは連邦軍用として残り、それ以外がカラバに配備されたとも考えられるのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
コメント
補修パーツなども含めると少なくとも10機程度の生産はしていたと考えていいかもしれませんね。

ただ、それぐらいなら、生産ラインと言うにはちょっと少ないかもしれません。ネモぐらいでないとラインに乗せる必要がなかったかも。

ラビアンローズみたいな実験プラントである程度生産して良好ならば正式にラインに乗せるみたいな形だったのでしょう。
2010/03/14 (日) 10:15:18 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
おそらくはそんな感じなんでしょうね。
生産ラインに乗っていない10機以内の生産数程度の機体は、
RX-78と79のように、優先的に良質部品を使用したガンダムタイプと、
それに落ちた部品を使用した量産型タイプに分けて作られていたのかも。
2010/03/22 (月) 15:14:48 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.