がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
クワトロ大尉とカミーユとカツの宇宙世紀兵器開発史講座19「戦後のジオン製技術の研究」
クワトロ縮小では、今回も引き続きアムロに講義をお願いしよう

アムロ縮小いつまで続くんだ、これ…

カミーユ縮小今僕たちがいる時代までじゃないですか?ていうかなんか僕ら小さくなってません?


カツ縮小気のせいじゃないか?画質がばらばらなのは前からですけど
アムロ縮小えぇと…一年戦争後の連邦軍が、ジオンのどんな技術を研究していたか、だったな

カミーユ縮小代表的なのはニュータイプの研究ですよね

アムロ縮小そうだな。しかしニュータイプ関係の技術はそのほとんどが抹消もしくは持ち逃げされていて、連邦軍はあまり情報を入手できなかった。わずかに残された手がかりとして、ジオングという機体の設計図があったようだけどね

カツ縮小あ、シャアが最後に乗ってた機体ですね!

クワトロ縮小・・・・・・

アムロ縮小しかし、ニュータイプの実用性は確かに示されていたから…まぁ俺が示してしまったんだが…連邦軍はこの研究にはかなりの予算をかけた。ニュータイプそのものの研究も重要だったけど、最も力を入れたのは、実際にニュータイプが敵として出てきたときにどう対抗するか、ということだ

カミーユ縮小ジオンの残党が、まだ残っている事が分かっていたからですか?

アムロ縮小それもあるし、実際に戦時中に連邦軍は有効な対策を見出せなかったからね

カツ縮小ジオンのニュータイプをやっつけたのは、ほとんどアムロだったしね

クワトロ縮小・・・・・・

カミーユ縮小アムロ大尉も、ニュータイプとして研究されたりしなかったんですか?

アムロ縮小されたよ。といっても、生体検査とか反応速度のテストとか、MSのシミュレーターを動かしたりとかその程度だけどね。ある程度のデータを取り終えたら、お払い箱という感じだったけど

カツ縮小連邦の奴ら、アムロのデータを取ったら怖くなっちゃって、戦いから遠ざけちゃったんだよな

アムロ縮小データのせいかはしらないけど、恐れられていたことは確かだね。実際に仮想ニュータイプとの戦闘で、まともな勝率を叩き出せたのは俺だけだった。そういう意味で、ニュータイプに対抗するにはニュータイプをぶつけるしかない、という発想にたどりついたようだけど、その結果はカミーユもよく知る通りだな

カミーユ縮小強化人間という形で、ニュータイプを無理矢理作った…ということですね…

クワトロ縮小元々ジオンのニュータイプも、サイコミュという装置で能力を強制的に引き出されていた点は同じだ。パイロット自身の適性をどれだけ無視できるか、ということを連邦軍は研究していたのだろうな

カミーユ縮小嫌ですね…そういうの…

アムロ縮小…話を戻そうか。連邦軍はニュータイプに対抗するための研究を行っていたが、他にもジオンの脅威に対抗する研究を行っていた。何だと思う?

カツ縮小うーん…エースパイロットへの対抗手段とか?ニュータイプとは言わないまでも、シャアを筆頭にランバ・ラルとか黒い三連星とか、凄腕がたくさんいましたし

カミーユ縮小ジオンの新兵器への対抗策という意味では、モビルアーマーとかその辺じゃないでしょうか

アムロ縮小カミーユが正解だな。エースパイロットへの対抗策は教育型コンピューターですでに達成している

カツ縮小あ、そうか

カミーユ縮小でもMAの定義ってよく分からないんですけど

アムロ縮小人型をしていない機動兵器はみんなそう呼ぶんじゃないか?どうなんです?クワトロ大尉

クワトロ縮小厳密には、MSを上回るスペックをもち、代わりにMSの汎用性を犠牲にしている機動兵器というところだな。機動性に特化しているタイプと、火力に特化しているタイプと、サイコミュの運用に特化しているタイプに大別される

アムロ縮小サイコミュへの対抗はすでに述べたが、それ以外のMAについては、同じようなMAで対抗するという手段が取れなかった。あまりにも非経済的だったからだ

カミーユ縮小確かに、コストパフォーマンスは良くないですよね。連邦軍の場合常時MAを配備している必要はないし、維持費がかかりそうだ

アムロ縮小だから、MSにMA並の戦闘力を付与できるようなシステムが多数考案されたんだ。可変MSもその一つと言える

カツ縮小元々、連邦軍はGファイターみたいなMSをMAとして運用できるような兵器を開発していましたよね

アムロ縮小そうだな。連邦軍は初めから、MSの拡張性についてかなり意識していたようだ。フルアーマープランもそうだしね

カツ縮小そういう意味じゃ、まさにGディフェンサーはMSをMA化する兵器とも言えるんですね

アムロ縮小発想がGファイターの延長線上だからね。メガランチャーのような大型ビーム砲も、ある意味ではMAの火力に対抗するための兵器とも言えるかもしれないね

カミーユ縮小どっちかというと対艦、対要塞の意味合いの方が強いですけどね

アムロ縮小さて、ジオンの兵器への対抗策という意味での研究はそんなところだが、もう一つ、ジオンが行っていた研究を引継ぐという形で研究されたものがある

カミーユ縮小ペズン計画とかの新型MS開発計画ですか?

アムロ縮小いや、どちらかというとMSの汎用性を更に拡大する研究、とでも言うべきかな

クワトロ縮小前に講義でちらっと触れたぞ

カツ縮小途中からの参加だからわからない…

カミーユ縮小さかのぼると…白兵戦用MSの開発は連邦の方が先だし、ビームライフルも連邦軍が先…地上戦かな?ジオンの地上戦は空輸しての降下作戦…そうか、MSの飛行か

アムロ縮小ご名答。ジオンがずっと研究していたのが、MSの空輸能力の拡大だ。ド・ダイのようなSFSによる飛行と、MS単独の飛行の2通りが検討されていて、ジオンは現実的な手段として前者を選んだのだけど、後者の研究も続いていた。これらを連邦軍は引継いだんだ

カツ縮小SFSはすでに当たり前のように使われてますね。MS単独の飛行というのは、やっぱり可変MSかな

アムロ縮小そうだね。でもそれだけじゃない。熱核ジェットの効率を上げて推力で無理矢理飛ばす方法や、ミノフスキー・クラフトのMSへの搭載も研究されていたようだ。どちらも成果は挙がっていないと思うけどね

カミーユ縮小そんなにMSを単独で飛ばすのって大事なんでしょうか

アムロ縮小SFSは降下後に余剰戦力になるのが欠点だ。パイロットがもう一人必要だし、無人コントロールはミノフスキー粒子下では限界がある。不要ならそれにこしたことはないさ

カミーユ縮小その研究はまだ発展途上ですね

アムロ縮小そうだね、いつかは本当にMSがミノフスキークラフトで自在に飛ぶ日が来るかも知れないよ

クワトロ縮小もっとも、その頃には重力下でMS戦など起こらない時代になっていてほしいものだがな

アムロ縮小ごもっともだ。では、次はそれらの研究によって、どのような兵器が開発されたかという話をしようか

カツ縮小まずいぞ…戦争博物館の知識があんまり役に立たなくなってきた…
スポンサーサイト
コメント
コメント
前より画質のバラつきが減った気がしますね。と言うか逆にアムロの画質が一番良くなったような…。

カツは相変わらず正答を出せないのが良いです。答えが出た後に知識を披露するってどこかで…って自分だよ(汗)。
たまに正解すると、もの凄く調子に乗りそうで嫌だ。
まぁ、駄目な子ほどかわいいってことで。
2010/03/09 (火) 09:09:12 | URL | 銘無し #0BHHApUY[ 編集 ]
画像の縮小率がばらばらなので、
いじるとどうしても色々さが出てしまいますね。

カツは正答を出させるかどうかで色々迷ってたりします。
あんまり正解してもダメだし、間違ってばかりなのもワンパターンだしと試行錯誤ですね~。
2010/03/10 (水) 22:55:49 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ジオニック社やツィマッド社は連邦が接収して吸収合併してアナハイムエレクトロニクス社になっていますから
連邦がMAで脅威に感じたのはアクシズにいるジオン残党のものでしょう
地球やコロニー内の残党がビグザムとその後継機の製造と運用をする可能性もありますが(もともとジャブロー攻略用で手がないMSと言うべきMAですからね)

0083のデラーズ紛争では、アナハイム製のデンドロビウムとアクシズ製のノイエジールが真っ向から衝突することになりましたけどね。

その後のグリプス戦役ではエゥーゴVSティターンズですから連邦にとっては特殊部隊ティターンズを作ったはずなのにブレックス准将がエゥーゴを旗揚げして連邦の内乱状態になって、そこにアクシズが介入して泥沼化しましたけど。
どの陣営でもMAらしい大型のものではなく可変機(バウンドドッグなどは大型ですが)が主力でしたね。
ジオが大型MSでMAをも凌ぐ性能があったぐらいですかね。

第一次ネオジオン抗争(ハマーン戦争)はグレミー軍のクインマンサぐらいですかね、ハマーン軍でさえ巨大MAはありませんでしたから、連邦・エゥーゴはフルアーマーZZで対抗しましたが。

第二次ネオジオン抗争は、ユニコーンの時代に入りますがクシャトリアというクィンマンサの小型版でMSに近いサイズのMAですね。

連邦にとってはジオン残党あるいは新軍でMAの脅威がありましたが、ガンダム2号機のように南極条約違反上等の核攻撃とか、衛星ミサイルとかで対抗はできなかったのですか?
2010/03/11 (木) 17:28:11 | URL | #-[ 編集 ]
>重力下でMS戦など起こらない時代になっていてほしいものだがな。

大尉、約70年後にはMS戦より酷い事になってます……主にタイヤとか。
2010/03/21 (日) 18:29:59 | URL | ナイチンゲイル #NkOZRVVI[ 編集 ]
>名無しさん
巨大MAに対して核や衛星ミサイルは普通に撃墜されてしまうんじゃないかと思います。
全身ビーム兵器の塊ですし。
しかしビーム攻撃はIフィールドで無効化されてしまうと。
結局逃げ回って確実に急所を突くか、エネルギー切れを待つしかないような気がします、対抗手段は。

>ナイチンゲイルさん
F91の時代は頑張ってたんですけどね…ザンスカールがやってしまいましたね…(苦笑)
2010/03/22 (月) 22:35:38 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.