がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
陸戦型ガンダムは何故生産されたのか
 RX-79(G)陸戦型ガンダムは、RX-78の余剰パーツを流用した限定生産機であることなど、どのようにして開発されたかの設定はありますが、何故そのような機体が必要とされたのか、ということに触れられる事はあまりありません。
 もちろん、単純に一刻も早いMSの配備が必要だったということもあるでしょうし、その中でも性能の高い機体をということであれば、RX-78のパーツを流用したものがよいということでもあったのだと思いますが、それにしてもRX-78やRGM-79とはずいぶん違う外見です。
 おそらくOVAリリース当時より疑問が多く持たれたであろうその答えは、劇場版「ミラーズ・リポート」のパンフレットにありました。


(以下原文)
 RX-78は驚くべき汎用性を誇ったが(通常、1個体のMSが空間戦、陸戦、水中戦で完全に運用可能であるということはありえない。あの名機ザクにおいてもである)、それはホワイトベース部隊単独に焦点を絞った完全な補給と技術的サポートによるものであり、実際には消耗率が高く、異常に保守性の悪い実験機であることに変わりはなかった。
 そこで、急遽浮上したものが、ガンダム量産計画である。これは、ガンダムを量産することそのものが目的ではなく、先にも記したとおり、むしろ量産されたMSの運用と保守に関するノウハウの収集が目的であった。
 量産化にあたって、RX-78に大幅な設計変更とパーツ構成の簡略化を施し、保守性を高めた機体が79(G)ガンダム量産型である。試作機とは異なり、この79(G)は汎用性を犠牲にする設計方針をとっていた。


 この記述の通りであるならば、陸戦型ガンダムは「RX-78の保守性を高めた機体」であり、「量産されたMSの運用と保守に関するノウハウの収集」が目的であった、ということになります。つまり、機体の製造そのものが目的なのではなく、生産した機体の運用をテストすることが目的だった、ということです。
 これは例えるのであれば、MS運用のリハーサルが目的だった、ということでしょうか。確かに、連邦軍はMSという兵器をそれまで実戦配備したことがなかったわけですから、いきなり「連邦製MSができたよー」といって現地に配備されたとしても、現場のスタッフはそれをどう扱えばいいか分からないわけです。整備の仕方もそうですし、待機時はどのように置けばいいのか、輸送時はどのような措置を取ればいいのか、戦術上どのような運用の仕方をすべきなのか、そういうことも全くノウハウがないわけですね。
 だから、とりあえずMSを試験的に量産してみて、それを特定の場所で運用して確認してみよう、ということのようなのです。
 これはいざ主力量産機が完成して、これから反撃に出るというところでやっても遅いので、大方試作機が完成し、あとは必要なデータを取って量産するだけという段階になった時点で、早めにやっておこうということなのでしょう。

 しかし、では何故あのような形状だったのか、という疑問もあります。RX-78が異常に万能過ぎるために運用のテストにはならないからもっと量産機に近いレベルのものを、というのはわかりますが、後に量産されるRGM-79と構造が違うものが出てきても、その違いにまた戸惑うことになります。
 ヒントは、その後の記述にありました。

(以下原文)
 このため、79(G)には数多くの派生種が存在する。もっとも多く生産されたものが陸戦型で、これは極東方面のコジマ大隊第1,2中隊に配備された。
 こうして得られたデータは、結局量産されることなく終わったガンダムにかわって、ジム系MSに引き継がれることとなった。後に登場する後期量産型ジム(一年戦争末期に生産を開始された機体。就役は終戦後)は、事実上この79(G)の後継機である。


 79(G)の(G)がすでに陸戦型という意味なので、そのなかで「もっとも多く生産されたものが陸戦型」と言われても矛盾してしまうのですが、これは単純にRX-79系と解釈すべきか、あるいは砂漠型とか水中型とかじゃなくて純粋な陸戦型が一番多かったかと解釈すべきか、判断が分かれるところです。
 また「後期量産型ジム」というのは、おそらくジム改のことではないかと思いますが、これは単純に運用データという意味なのだと思います。つまりRX-79系のデータは初期生産型には反映されず、後期型から反映されたということなのではないかと。また、どちらかというとRGM-79(E)の存在を意識した文章のようにも思えますね。
 そういう意味では、この記述は79(G)という言葉をRX-79と読み替えるべきなのかなと思います。つまりGMが配備される予定だった拠点ではまずRX-79が配備され、運用テストが行われていた、ということなのではないかと。

 また、MGのインストでは以下のように記述されています。
(以下原文)
 この機体は、前年度から最強のMSを目指して開発が進められていたRX-78の実働データ回収以前に試験的に量産されたため、ある程度限定された環境でしか稼動できないRGM-79(G=Groundtype)GMをベースとしているものの、多様なオプションによりあらゆる戦闘に対応できるように設計されている。

 一般にRGM-79(G)はRX-79(G)の量産型であると捉えられがちですが、この記述を読む限りでは先にRGM-79(G)があって、それをベースにしてRX-78のパーツを用いて完成させたのがRX-79(G)であると受け取れます。これは、RX-79系が単なる運用テスト機であったと考えればおかしいことではありません。
 MSを運用する拠点はある程度決まっているわけですから、そこではそれぞれRGM-79の生産ラインが準備されているはずです。そのそれぞれの地域で生産予定のRGM-79をベースにしてRX-79を開発し、運用試験を行っていたのではないかなと思います。
 つまり、ルナツーではガンダムVer.KaそっくりのRX-79(E)がいたりした可能性があるわけです。オーガスタにはガンダムピクシーそっくりのRX-79がいたかもしれません。そしてジャブローにはRX-78AVそっくりなRX-79が…とか妄想も出来たりして。

 ただし、それならあえてRX-78の余剰パーツを組み込む必要があったのか、という疑問もあります。それは即実戦投入も考慮されたために高い性能を欲したということもあるでしょうが、パンフの記述を読む限りでは、当初はガンダムそのものの量産を想定していたから、ということも考えられます。だからできるだけガンダムに近い性能の量産機を求めていたのだ、ということですね。
 しかし結果的にガンダムそのままの量産は不可能だということもあり(これは技術的な問題よりも、限られた時間内=星一号作戦の発動までに一定数の量産機を確保することが優先されたからだと思っています)、残ったRX-79はデータ取得兼GMの上位機として実戦に投入され、そのデータは後期型GMに反映された、というわけです。
 MGインストではRX-79(G)の前からRGM-79(G)が存在していたことになることから、「ガンダムの量産を断念したからGMが量産された」のではなく、GMの量産決定後もガンダム級量産機の開発は続行していたのだと思われます。RX-81という機体が計画されていましたからね。当初はそっちへデータを移す予定だったのかも知れません。

 ただ個人的には、(G)型シリーズは特別なのではないかと思っています。何故なら、これらは陸軍が独自に開発した機体だからです。
 そもそものガンダム、GMは基本的には万能機であり、だからこそ陸戦に不要な機能が全て排除されている機体は(G)という文字が型番に入っているわけですが、こういう機体を陸軍が開発しているというのは、MSの開発を宇宙軍主導に任せると困るという陸軍の思惑があったのではないかと思うのです。またV作戦に参加できなかった軍需産業は、その後MSが主流になると受注が減り困る可能性があります。
 だから、先に陸戦型特化の機体を実際に作って運用実績を残しておく事で、MSが本格的に配備された後も陸上のMSについては陸軍が受け持つという思惑があったのかな、と。
 実際はその後陸戦に特化した機体もあまり出てきませんでしたし、重力下では空戦が主流になったこともあってその成果があったのかは確認できませんが、F型系列のGMが出てきているあたりあんまり意味がなかったのかもしれません。

 どうも様々な記述を読む限り、サンライズ・バンダイ的には(G)型以外のRX-79があったと思わせたくないように感じられる部分があるので、「実は他にもRX-79があった」と解釈するよりは、「陸軍がV作戦に対抗するために先手を打って開発した独自の機体」と解釈した方が現実的かもしれません。その名目として、その後(V作戦ベースの)量産機が配備されるまでの運用ノウハウ収集というものが挙げられた、と。
 現実にも存在理由が曖昧だったり、非合理的だったりするものは政治的・役所的な事情がからむ場合が多いので、そんな裏があったと考えてもよいのではないかと思います。

 つまり、RX-79(G)は、「陸軍がV作戦製ガンダムと同等性能の量産機を開発するために実験的に生産した機体」だったということで。RGM-79(G)も、元々陸軍が独自ラインで開発したGMなのだと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
宇宙はボールと通常のGMなどを宇宙対応にすればいいとして、まだルナツーを守っていれば良かったわけですから

地上はジオンが力を入れて侵攻してきたのでオデッサ奪取などのために61式戦車だけでは力不足な陸軍をてこ入れするために陸戦MSを作ったのでしょう。

レビル将軍が「地上用MSを作れ」と言ったんでしょうね。

MSの優位性ってMSIGLOOなんかでは通常兵器に簡単にやられていてMSに勝てる兵器はMSしかないという構図にはなっていませんよね。
投入する費用や人員や資源、開発・生産時間の量などを考えれば通常兵器よりは強くて優位なのかもしれませんが。
ザクが歩兵にやられていますからね。

61戦車だけで対抗は難しい、数が多かろうとジオンにはマゼラアタックがいますからね、だからMSが必要なのはわかりますが。
逆に航空戦力+歩兵なら陸戦MSが少々あればザクやドムやグフなら圧倒ですけどね。

ジオンのMSは対艦(ビッグトレーなどの地上艦とミデア輸送機など)、対MS(連邦に鹵獲されたザクなど)は考慮していても、対歩兵はまるで考えていない感じですから。自分達は歩兵を運用しても連邦の歩兵はマゼラアタックで倒せば良いと思っているんですかね?。
逆に連邦のMSはバルカン類が頭部や胸部についていたり、強靭な装甲だったり、対歩兵の役目の61式戦車が大量だったり、人員が多いので味方の歩兵も大量にいることは容易に想像がつきますけどね。
2010/03/06 (土) 21:04:28 | URL | #-[ 編集 ]
(G)のあの格好には「連邦の白いヤツ(ツノ付き)」がアジアにも出たぞ!というジオン側の混乱を狙った連邦陸軍の思惑があったのではないでしょうか?

あとはコンテナ型武装ラックやパラシュートパックの有効性の検証や、MS戦に最適な実弾系火器の選定とか。コンテナと大口径砲を使うために関節強度の高いガンダムの余剰パーツが選ばれたのかな、と。

頭をジムに挿げ替えても動くとか、ドラマCDではジムしか直したことのない整備班が苦労した挙句(G)の脚を修理するとか、ザクの装甲を溶接して直せるとか整備のノウハウも蓄積されたのは間違いないでしょう。

戦後にはデータがオーキス武装コンテナやバリュートパックに使われたとすると…陸軍かたなしですが。
2010/03/06 (土) 21:36:54 | URL | #SFo5/nok[ 編集 ]
陸軍の先行型という事で、G-4計画の前段階として陸ガンベースの「陸軍の重火力型」ってのがあったのかもしれない…
陸ガンベースの6号機ってのも面白いかも知れない…
片桐リファインでない大河原画稿なら
違和感なさそうなんですけど…
2010/03/07 (日) 02:45:51 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
RXモデル「運用試験機」説

RXナンバーの機体は、量産されていようが、単品だろうが、運用状況を見る為の機体を指す。実戦における運用実績を見ることも含まれる。

そもそもこの時代、機械的な作動試験はシミュレーター内でほぼ完全に完結してしまうため、出来上がった機体の作動不具合などはほとんどない。いきなり完動する。実験機だからといって機械的信頼性が低いワケではない。

問題となるのは、それを「どう使うか?」「どうやって機能を維持するか?」などといった運用の部分であり、人間の意志などの不確定要素が多く絡む事例についてはコンピューターでシミュレーションしきれない為に、実機を製作して試験する。


未来なのだし、こんな感じでは?
宇宙世紀ではベース機さえあれば、2週間で新型機が出来ます。
2010/03/07 (日) 10:42:02 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
連邦陸軍のその後と陸戦型ガンダムの後継機を妄想する
※設定資料を見ずにデザインから妄想していますので実際の設定との食い違いがあるかもしれません

独自のMSまで作りながらグリプス戦役以降影が薄くなる連邦陸軍…
実はティターンズに吸収されてたんじゃないか?と、あるMSを見て思いました…

そのMSとはブルーディスティニー2号機です!
この機体は陸戦型ガンダムをクルスト博士が改修した機体で宇宙用のバックパックを装備しています(バインダーをフレキシブルに稼動させることで機動性を上げるこのバックパックは当時主流?の複数のバーニアが別々の向きを向いているタイプと比べると明らかに毛色が違います)そしてこのバックパックがティターンズが開発したガンダムmk-Ⅱのものと酷似しているのです!

クルスト博士はEXAMシステムの調整で忙しいでしょうから
機体の改修は陸軍がやった可能性大です

この事から連邦陸軍はティターンズに吸収されその技術により陸戦型ガンダムはガンダムmk-Ⅱに生まれ変わったと言えるのではないでしょうか…
2010/03/07 (日) 16:11:57 | URL | うま #4aPSEMw6[ 編集 ]
>名無しさん
連邦軍において、陸戦に本当にMSが望まれていたかどうかは疑問です。
実際、ほとんどMSの力を借りずにオデッサを制圧していますし。
もちろん最後には必要になったわけですが、
その前から独自に陸軍がMSを開発していたというのは、現実的な必要性よりも縄張り意識によるもののような気がするのです。

>#SFo5/nokさん
08小隊が劇中劇扱いされてしまったりするのも、
ガルマの死の直後でもあるにもかかわらずガンダムが複数闊歩していて、
それについてジオンが大して動じていないということなんですよねぇ。
むしろ、まだあの地域にはガンダムの情報が回ってきていなかったのかも知れません。

陸ジムよりも陸ガンの方が長距離任務を想定していたのは間違いないようですね。
強度や推力、稼働時間なんかも優れていたのでしょう。

>コンラッドさん
G-4計画のことはちょっと絡めようかとも思ったんですが、
あれはRX-78なのに対しこっちはRX-79なんですよねぇ。
陸ガンは「78を経由していない機体」なので、逆に78ベースの陸軍機としてG-4計画機があって、それには79のデータも反映されている、という可能性はあると思います。

>叡天さん
開発過程よりも運用過程での試験の方が大事であるのは一つの特徴かもしれませんね。
どんなに技術が進歩したとしても、人がその使い方を覚えるスピードはなかなか変えられないでしょうからね。
マニュアルを直接脳にぶち込めるようにでもならない限り。

>うまさん
モルモット小隊はたぶん宇宙軍じゃないかと思うんですよね~。
ジムコマンドが配備されてたりしましたし、その後宇宙に上がってたりしますし。
ブルーディスティニーに改修された時点ですでに宇宙軍管轄だったのかなと。

BD2のバックパックがMk-IIのに似ているとは自分も前から思っていました。
RX-79系とRX-178の間に位置する機体のような気はしますね。
2010/03/08 (月) 22:33:26 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
陸ガン陸ジムは陸軍省製である、という資料がある一方で、
1/144の旧HG陸ジムインストなどOVA公開当時の資料だと、
「宇宙用のEタイプから重力下で不要な装備を排除したものがGタイプである」
という記述が確かあったはずです。

だから陸軍省が一から陸ガン陸ジムを開発した、というよりは、
すでに宇宙軍主導で開発が進んでいたいくつかのジムのうち、
いわゆる「宇宙用Eタイプ」に着目して、
陸軍省が「最前線へ早急にMSを配備させたい」と主張して
陸戦型への改修に携わることで、
MS開発業務に食い込んだ、というところでしょう。

「何故宇宙用E型ベースを選んだのか」となると明確な答えは出せませんが、
あの無骨で頑丈そうなデザインが陸軍軍人の気風に合ったのでしょうかね。
2010/03/09 (火) 01:29:50 | URL | エイザムス #-[ 編集 ]
地球連邦軍って、一応独立四軍なんだけど、装備の開発や人員配置は統合軍として戦略的に連動していたんじゃないかと。

制度上はね。

宇宙に配属だったパイロットが地上に転属とか、宇宙から降りてきた部隊が解体されないまま地上戦力として編成されたり、宇宙世紀の物語には、垣根の高い独立四軍制では起こり得ない描写が多々ある。

これは、米国の統合軍制をさらに推し進めたような軍制の存在を示唆するのでは?
現代は陸海空三軍が一個の戦略的軍事組織として情報の一元化を計る方向にあるので、連邦軍もこのドクトリンを持っていたのではないかと。
2010/03/10 (水) 00:36:17 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
>エイザムスさん
なるほど、E型から派生した機体とされているとなるとちょっと考えを改めなければなりませんね。
カトキジム系からの分派ということになるのであれば、ジム改に繋がる理由も理解できるのですが、
それにしては外見が違い過ぎる…のは陸軍製だからってことにしておくべきでしょうかね。

何故E型なのか、というのは単純にRX-78直系のGMは最高機密扱いで流用できなかったからなのかなとも思います。

>叡天さん
MSVの設定を尊重するのであれば、開戦後に陸軍・海軍と空軍・宇宙軍はそれぞれ統合されていたみたいですが…。

とりあえず宇宙軍はルナツー駐留軍以外ほとんど全滅だったわけで、
生き残った人たちは四軍の垣根を無視して色々再配置されたのかなと思います。
そういう背景の中で戦争が終わって、四軍の境は割りと曖昧になっていたのかもしれませんね。
2010/03/10 (水) 22:49:28 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
E型には、ジム改の外見以外に、G型の外見のままの別機体がゲームに存在するみたいです。
2010/03/10 (水) 23:59:55 | URL | 飛竜 #69eZ.H4Q[ 編集 ]
GNOのやつですよね。知ってはいるんですが、あれは情報不足でなんとも扱いづらいんですよね~。
陸戦型だからデザインが違ってもなんとか許容できるのに、宇宙用の同じデザインもあったと言われるのはちょっと厳しいです。
カトキGMと陸ガンの中間機とでも解釈すべきでしょうか。
2010/03/11 (木) 23:39:41 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
GNO2版
先のレスで述べた「宇宙用Eタイプ」についてですが、
飛竜さんの挙げているGNO2版を想定しています。

自分は、08小隊第一話でサンダースJr.が載っていたルナツー製のジム改モドキとは全く別に
GNO2版が開発された、と考えております。

ではGNO2版はどこで開発されたか、というとジャブローでしょう。
宇宙用だからといって、ルナツー以外の拠点で開発はされなかった、とはならないと思います。
現に、宇宙で戦闘した素ジムもルナツーで開発・生産されました。

MGインスト辺りにある「RX-78-1型が完成した時点でRX-79計画が開始された」という記述と
MSVプロトタイプガンダムの「ジャブローに残されたガンダム4~8号機はジム開発の実験台に利用された」
という記述から
GNO2版Eタイプは、素ジムなどと共にかなり早い段階でジャブローで開発されていた、と解釈しています。

・素ジムは、ガンダム初期試作型を元に、性能は劣るがとにかく速く安く生産できる事を目指したもの、
・GNO2版Eタイプは、ルナチタリウム製装甲を用いつつも、ガンダム初期試作型から「大幅な設計変更とパーツ構成の簡略化を施」すことで
 ある程度の性能と生産性・保守性のバランスを目指したもの
という具合に、それぞれ異なるコンセプトで開発が進んでいたものと思います。
もしかすると、ガンダム4~8号機のいずれかがRX-79[G]系の外観に改修されていた、なんて事もあるかもしれません。

そうしてジャブローで進んでいた量産型MSの開発を見た陸軍省が、
「うちにもMSを回してくれ」ということで陸戦対応の改修が始まったと思います。
MGだと素ジムでも宇宙用と地上用では内装が異なる、ということなので、
特にGNO2版Eタイプに限らず、それぞれのプランについて陸戦対応改修に名乗りを上げたのでしょう。
2010/03/12 (金) 21:21:43 | URL | エイザムス #-[ 編集 ]
誤)現に、宇宙で戦闘した素ジムもルナツーで開発・生産されました。

正)
現に、宇宙で戦闘した素ジムもジャブローで開発・生産されました。

訂正ついでに、
MG陸ガンのインストなどで目にする「78を経由していない機体」という記述は、
ルナツー~サイド7で改修・最終試験されたRX-78-2型とは別の系譜である、という風に解釈してます。




2010/03/12 (金) 23:19:21 | URL | エイザムス #-[ 編集 ]
四軍配置なんて役に立ちませんね
宇宙軍だって海軍的な艦艇もあれば、陸軍あるいは空軍的なコロニー内もありますし、コロニー内に関しては陸軍の可能性もありますけど。

降下作戦など軍属の垣根なんて関係ない任務も多々ありますし。

同じ陣営の味方同士なら所属なんて言っていられない時代でしょう、兵器が戦える戦場ならどこにでも行き、敵が出てくれば倒すだけでしょう。

だからこそガンダム(ガンキャノンとガンタンクも?)などに大気圏突入機能を付けたり
コアファイターやGファイターやGブルで戦車と戦闘機の分離戦闘、合体してMSで格闘戦もできるようにして宇宙でも地球でもどこでも登場当時の性能では最強の兵器にしたんですからね。
戦車にもなり、戦闘機にもなり、MSで格闘戦もできる兵器ガンダムはどこの所属ですか?ってなりますし。
母艦のホワイトベースも宇宙艦なのに大気圏突入・突破とミノフスキーフライトで大気圏内飛行できます。

SEEDでアークエンジェルがアラスカジョシュアでサザーランド大佐に地上部隊に編入させられて驚く場面がありますが(実際にオペレーションスピットブレイクのザフト軍を誘い込む囮にされて自爆作戦に巻き込まれるところでしたけど)
大気圏突入できる艦で地球のアラスカに呼ばれて来たわけですから、そこまではおかしくはないと思います。
むしろ、怪しいと思ったならさっさと大西洋連邦軍を脱走してオーブに逃げればよかったと思いますが。
2010/03/12 (金) 23:57:30 | URL | 戦場にかける橋 #-[ 編集 ]
>エイザムスさん
仰るようにRX-79(G)はRX-78を経由していない機体とされていますので、
同様にRGM-79(G)も、そしてそれと同じ外見の79(E)もRX-78を経由していない系統ということになるのかなと思います。
つまり、陸ジム系統の機体は、あくまでRX-77,78に続くRXシリーズの1機であって、RX-78の量産型ではないということになるのかなと。

もし(E)型がカトキ版と陸ジムベースの2種類あったとしたら、
それはRX-78ベースのものとそうでないものの両者で比較検討されていたと考えられます。
実際はRX-78ベースの機体がRGM-79として採用されたものの、
早期の、かつ独自のMS配備を求めた陸軍がRX-79ベースのRGM-79を主力として採用した…というところでしょうか。

そう考えると、HGインストの記述を考えてもむしろルナツーで両方開発されていたとしてもいいような気がします。

>戦場にかける橋さん
残念ながらそう言う理屈が通じるなら国の行政はとっくに縦割りでなくなっているわけで…。

V作戦の機体が4軍の垣根を越えていたのは間違いありません。
ただこれは開発レベルの話で、実際に量産し運用するのはそれぞれの軍なんですね。
どの軍でも共通のフォーマットを使いましょう、というのがV作戦なんだと思います。

MSの登場は同じ兵器の可動領域を大幅に拡大しましたので、
そういう意味では一年戦争を転機に4軍構成は変化していったのかもしれませんね。
2010/03/13 (土) 16:15:47 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.