がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
アクシズの量産機の配備状況を推察する
 量産型MSといえばザク、ザクといえばジオン、故に量産型MSとはジオン!と言いたくなるほどジオン軍と量産機は近しい存在だと思うのですが、その後継であるアクシズ、ネオジオンでは量産機の陰はかなり薄くなっています。これは、シナリオ上敵の一部にしかスポットが当たっていなかったという作劇上の理由と、そもそも部隊規模がジオンほど大きくなく、またパイロットの練度格差が大きいためにハイローミックスを採っていたという設定上の理由があるのかなと思います。

 しかし、そうは言ってもアクシズ製の量産機というものは存在するのです。ではどのように配備されていたのか、その点を推察してみたいと思います。

 まず、アクシズの量産機といえばガザです。なんといってもガザです。これは間違いありません。ガザは、元々はアクシズ開発用の作業用MSでした。資源衛星に過ぎなかったアクシズを一大拠点にするために開発されたようです。
 アクシズの武装化は、このガザの戦闘用MS化から始まっています。こうして完成したガザCは、その特性と形状から察するに、どちらかというと拠点防衛用としての側面が強い機体であったと言えます。これは、侵攻に転じる前の、アクシズに連邦軍が攻め込んでくることを想定していた頃に開発されたからなのではないかと思います。これは純粋な発展型であるガザDにおいても同様でしょう。
 一方で、ガザEの名が与えられるはずだったガ・ゾウムという機体は、攻撃機であることから侵攻に転じた局面を想定して開発された機体であると考えられます。同じガザ系でもかなり機体形状に違いが見られるのは、そのためとも言えます。この機体はアクシズが地球圏に帰還後、各コロニーを制圧し連邦軍の宇宙拠点へ奇襲を仕掛けるために開発されたのかもしれません。1週間戦争でザクがやったことを再現するための機体と言えるでしょうか。劇中ではそこまで活躍していませんでしたが。

 さて、アクシズ内の工廠において、ガザ系の生産ラインがあったことは間違いありませんが、他にも生産ラインはあったのでしょうか。
 一つ考えられるのは、ゲルググの生産ラインです。CDAでは思いっきり生産している描写がありましたし、それ以前からアクシズでは訓練機としてリゲルグが用いられていたことが設定としてありました。これは、アクシズ内においてゲルググ系MSを運用できる環境が整っていたからなのだと思われます。
 しかし、実はアクシズ製MSにはリゲルグ以外にゲルググ系の直系後継機は存在していません。一つ挙げるとすれば、ロイヤルガード仕様のガルバルディことガズL/Rでしょう。ガルバルディはゲルググの生産ラインを流用できるという設定ですからね。見た目は連邦製のガルバルディβそのものですが、実はその設計図を入手してアクシズ内工廠で生産した機体なのかもしれません。
 もう一つ、ゲルググに近い機体といえばザクIIIが挙げられます。この機体がザクよりもむしろゲルググに近いプロポーションとなっているのは、実は生産ライン上の都合だったのかもしれません。というか、アクシズはザクの生産ラインを持っていなかったのかもしれませんね。戦後地球圏に残った拠点は連邦軍が独占してハイザックとか生産してましたし。

 一方で、地球侵攻用に開発された量産機があります。ガルスJとズサですね。この2機はAMX-100番台であることから開発はガザ系とは異なる工廠であったようです。アクシズ内の別の工廠なのか、アクシズ以外の場所なのかは定かではありません。
 しかし、同じ地球侵攻用の機体に、AMX-000番台のドライセンがあります。何故別ラインだったのかもまた定かではないのですが、強いて言うならばリックドムIIから派生したという、既存のMSの発展型だったからなのかもしれませんね。
 このドライセンは、汎用MSとしてはハンマ・ハンマやR・ジャジャ、バウと競合してザクIIIと共に採用されたと1/144キットの解説書に記述されています。陸戦用として開発されていたものの、汎用性もあったのでそちらとも競合したのでしょうか。
 ドライセンが量産されている事から、アクシズにはドム系の生産ラインもあった可能性があります。なにせハマーン専用リックドムことシュネー・ヴァイスがあったくらいですし。

 もう一つ量産されているのが、一度不採用になったバウですね。この機体は見た目的になんとなくアナハイム系の工廠で生産されていそうです。

 以降の機体で量産されているMSというと、ドーベン・ウルフくらいでしょうか。名前だけなら量産型キュベレイというのがありますが、あれはプルシリーズの数だけの限定生産でしょう。ドーベン・ウルフもまだ先行量産段階だったのではないかと思われますので、本当の意味で量産型と言える機体はないのかなと思います。

 というわけで、アクシズ系の量産機というと、ガザ系、ゲルググ・ガルバルディ・ザクIII系、ガルス系、ズサ系、ドライセン系、バウ系の6系統に絞られます。
 ガザ系には拠点防衛機としてはガザC、Dが、拠点攻撃機としてはガ・ゾウムがあったことから、宇宙空間ではドライセン、ザクIIIが上位機として配備される予定(というのは、ザクIIIは本格量産に入っていなかったと思われるため)だったのではないでしょうか。問題はドライセンとザクIIIのどちらが拠点防衛機で、どちらが拠点攻撃機かということなのですが、原型機であるドムとザク・ゲルググで比較すれば、おそらくドムの方が攻撃機寄りですので、ドライセンがガ・ゾウムと連携運用を想定していたように思います。ザクIIIはドーベンウルフと競合していたのですが、ドーベンウルフはサイコガンダム系の発展機ということから拠点防衛用に近いでしょうし、多分間違っていないと思います。
 地上におけるガルス・ズサ・ドライセンの住み分けについては、グフ・ドダイ・ドムの住み分けと同様と考えるべきでしょうか。すなわち爆撃機的運用と戦車的運用ということですね。その割にドライセンもよくSFSに乗っていたのは気にしてはいけない…と思います。たぶん。
 問題は量産型バウのポジションなんですよね。ザクIIIの数が少なく、代わりにバウが増えていたように見えるのでザクIIIの競合のように思えるのですが、そのザクIIIを蹴落としたドーベンウルフとは共存していましたし、かといってドライセンも同時期に量産されていたわけで…。本来ドライセンと同時期に量産されるはずだったザクIIIをドーベンウルフと同時期に追いやり、代わりにドライセンと同時期に配備された、というのが落としどころでしょうか?

 また試作機については、ハンマ・ハンマはコンセプトがドーベンウルフと同じという意味でザクIIIと競合、R・ジャジャは接近戦の装備を重視しているという意味でドライセンと競合していたのではないかと思います。

 まとめるとこんな感じです。
<アクシズ準備期> ガザC(防衛用)
<アクシズ侵攻期> ガザD(防衛用) ガ・ゾウム(侵攻用)
<地球降下作戦期> ガルスJ、ズサ、ドライセン
<コロニー落とし期> ザクIII、バウ(防衛用) ドライセン(侵攻用)

 実はガルスJとズサも宇宙で運用されているのですが、その機体特性を考えると、ガルスJは防衛用、ズサは侵攻用だったように思います。ポジションとしては、ガザD及びガ・ゾウムの後継といったところでしょうか?そしてこの延長線上として開発されたのが、AMX-012グザとAMX-013ズサ・ダインだったと考えると割と符合します。さらに防衛用の延長線上としてドーベンウルフ、侵攻用の延長線上としてガザWがあったと。どちらかというと下位機が生産性重視のグザとガザ系であるガザWで、上位機がドーベンウルフとズサ・ダインだったのかもしれませんが。

 とりあえず、アクシズのMSは大まかに分けて拠点防衛と拠点侵攻に分類されると言う事ですね。

 防衛用  侵攻用
 AMX-003  
 AMX-006  AMX-008
 AMX-101  AMX-102
(AMX-011) AMX-009
 AMX-107
 AMX-012  AMX-013
 AMX-014  AMX-016

 このように考えるとだいぶすっきりするのかなと思います。ガザEに触れていませんが、それはまた今度。
スポンサーサイト
コメント
コメント
バウはAE社製…じゃない?
実は。

ま、この時代の生産ラインなんて、汎用性が高くてなんでも作れんじゃないかと思うの。
謎の液体の入ったプールの中から、関節可動部まで一発成型された「素体」が出てくるんです。
アナハイムジャーナルで書いてありました。未来工学ですからそれくらいは出来ないと。
2010/02/23 (火) 22:20:58 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
錬度格差があると言うのに驚きですね
一年戦争から7年~8年経っているわけですから
ベテランは、一年戦争当時は若くても体力低下で弱っているぐらいだと思いますが。

ジオン残党のアクシズでもシャア(クワトロ)と一緒に地球圏調査に向かった人がエゥーゴに参加してグリプス戦役終結後にアクシズ・ネオジオン入りしてシュツルムディアスやバウを作ったんでしょうね。

ジオン残党の中にもハマーンに着いた人とシャアに着いた人がいるんですね。

兵力的にアクシズ・ネオジオンはどのぐらいですか?
デラーズフリート残党を吸収しているとはいえ、そこまで数はいない気がします。
エゥーゴよりさらに少ないでしょうね。
2010/02/24 (水) 21:46:00 | URL | #-[ 編集 ]
バウが防衛用というのはどうなんでしょうか。作中ではもっぱら奇襲ばっかりしてますし、分離変形して高速攻撃機と大型ミサイルになるのも、明らかに先制攻撃向けです。むしろ、Zみたいな攻撃型の機体だと思います。
2010/02/25 (木) 19:22:39 | URL | いつもはROM専 #4shtMUW.[ 編集 ]
>叡天さん
確かに未来の生産ラインは色々便利なようですね。
ただ材料の違い、構造の違いなどの区別はあったのかなと思います。

>名無しさん
体力はともかく技術は研鑽を続けていれば落ちる事はないかと…。
まともに7年間MSを動かしていなかったアムロがカミーユと同等以上に動けていたわけで。

アクシズの兵力の規模ははっきりしていないみたいです。
ただ小惑星1つに収まるレベルですから、大きくても一年戦争でソロモンやア・バオア・クーに駐留していた部隊数程度でしょうか。
その後ティターンズ残党とかジオン共和国軍とかも吸収して拡大には余念がなかったようですけど。

>いつもはROM専さん
確かにバウは攻撃機としての側面も強いですね。
どちらかというと、既存の防衛用侵攻用というカテゴリわけではなく、
グレミーが叛乱の準備として用意した独自の量産型MS、と言った方が近いのかもしれませんね。
2010/02/26 (金) 23:46:45 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.