がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
デルタ、エプシィ、百式の関係
 従来、百式の系列機は「可変MSとして開発されたが、失敗」→「非可変MSとして再設計」という設定であったために、基本的に可変→非可変の1系統しか存在しないと考えられるのが普通でした。
 しかし、ガンダムUCにデルタプラスという機種が登場したことにより、いわゆるデルタガンダム系の系譜の終着点は、非可変MSである「百式改」と、可変MSである「デルタプラス」の2通りに枝分かれすることとなりました。
 この2系統のデルタ系の存在を上手く解釈するために、「エプシィガンダム」というデルタ系の亜種があると都合がいいのではないか、と考えたのが今回のお話です。

 エプシィガンダムは基本的に非公式設定なのですが、元々はZガンダムの初期設定に存在した機体であり、永野氏が幾度かデザインを変えてZガンダム放映開始後もイラストを書いたりしていたこともあり、当時は極端にマイナーな設定ではなかったようです。モデルグラフィックスにより設定も作られ、センチネルのアナハイム・ガンダム一覧表にも記載されています。
 またなにより、デルタとゼータがあるのにその間のイプシロンという文字が冠されている機体が公式に存在しないのは、このエプシィがあったからに他なりません。
 というわけで、細部はともかく「エプシィガンダム」というMSは宇宙世紀上に現実に存在したのだ、という前提で亜話を進めたいと思います。

 さて、デルタ系統の機体には2つ、アニメで没となった画稿があります。以前永野ガンダムネタでご紹介した以下の2つです。

プロト百式零式試作機
 画稿から読み取れる情報によると、左はコアブロックを搭載した非可変MS、右は可変MSであるようです。要するに、この2機が可変・非可変のそれぞれのデルタ系の始祖ということになるのではないかと思います。
 右の画稿は後に一部で零式試作機という名称が与えられており、左の画稿は当ブログでは便宜上プロト・デルタという名称を与えています。

 右の画稿は今の設定に照らし合わせると、この機体が直接百式に再設計されたとは考えにくい部分があります。というのも、ムック本「アナハイム・ジャーナル」によるとエゥーゴがアナハイムに要求した可変MSの条件の一つに、「ノンオプションでの単独の大気圏突入能力」というものがあるとされているからです。
 右の画稿は、変形してもちょっと大気圏突入が可能な形状になりそうには見えません。Zガンダムがそれを可能としているのは、背部にフライングアーマーを背負っているからですし。

 となると、右画稿を更にエゥーゴのニーズに合うように再設計したのが、「デルタガンダム」というやつなのではないかと思うのです。
 「ガンダムMSグラフィカ」で初掲載され、カトキ氏による公式イラストも存在するこのデルタガンダムは、基本的にはデルタプラスと同じ仕様であり、また変形機構は同様にZガンダムとほぼ同じものであると推測されます。となると、デルタプラス同様大気圏突入は可能であると考えられ、エゥーゴの提示する条件を満たしていたと考えられます。

 つまり、可変デルタ系の系譜は
「零式試作機→(エゥーゴの要求により再設計)→デルタガンダム→(Zガンダムのデータを反映させて可変機構完成)→デルタプラス」
 という流れであったのではないかと思います。

 しかし、実際はデルタガンダム開発中に問題が発覚し、計画は一度頓挫する事になります。そして、改めて非可変MSとして完成させたのが、ご存知百式というMSです。可変MSの研究を続けず百式として一旦完成させたのは、おそらく納期が設定されていたからなのでしょう。そしてその納期とは「エゥーゴがジャブローを攻撃する部隊を編成するまで」だったのではないかと思います。百式の配備タイミングはまさにその時ですし、可変MSに要求する性能とも一致しています。「デルタガンダムの開発に失敗したからジャブロー攻撃が早まった」のか、「ジャブロー攻撃が早まったから百式として完成させる必要があった」のかはわかりませんが(作中描写からすると後者のような気がします)、いずれにせよ「百式というMSの完成」と「エゥーゴによるジャブロー攻撃」は連動していたと考えると自然です。

 で、デルタガンダムという可変MSとして開発されていた物を急遽非可変MSに改修するにあたり、槍玉に当たるのがエプシィガンダムです。
 このエプシィガンダムは、MSVでも多くの設定を書いた小田氏が与えた設定によると、ガンダリウム・エプシロン合金の使用による核パルス推進システム「ブラッサム」の運用を前提に開発された非可変MSで、エゥーゴによる2番目に開発された機体だったが、製作に莫大な費用がかかるため準生産の機会を失ったというものです。また設計を流用し、武ラッサムを排除したガンダリウムγ製のものを百式として区別するとも記述されています。
 つまり、極端な話ブラッサムがなければ百式とほぼ同じというわけですね。ということは、実質的にエプシィガンダムの素体にデルタガンダムのパーツを装着したものが百式、と考えてもいいわけです。これは、百式がデルタ系というよりもむしろイプシロン系であると言っても過言ではありません。
 その後百式は百式改、量産型百式改と改良を重ねられていきますが、これは事実上開発中止となったエプシィガンダムのラインをそのまま受け継いでいたと考えても良いのではないでしょうか。

 つまり、非可変デルタ系の系譜は、
「プロト・デルタ→(ブラッサム採用)→エプシィガンダム→(デルタガンダムと統合)→百式→(非可変MSに最適化)→百式改→(量産化)→量産型百式改」
 という流れであったと言えます。

 ここでちょっと気づいたのは、デルタガンダム→百式という、可変MSから非可変MSへの設計変更の構図は、プロトZガンダム→Zガンダムの構図とは逆、ということですね。
 そしてZガンダムにも、可変タイプと非可変タイプがあります。可変MSとしてのZガンダムはご存知の通りです。そして非可変MSとしてのZガンダムは、MSZ-007量産型Zガンダムが量産型百式改と競合して敗れたという設定が存在しています。
 このことから考えると、デルタガンダムの失敗によりZガンダムが可変MS化し、また次期非可変量産機の候補として、百式から派生した百式改と、Zガンダムから派生した量産型Zガンダムが選出された、という流れがあったということが推測できます。
 さらに言うと、デルタガンダム失敗まではZガンダムは非可変MSとして開発されていたわけですから、当初はそれまでのデルタ系とは全く異なるコンセプトで開発されていたと考えられます。というか、この時点ではまだ「Zガンダム」という名称ではなかったのではないかと思います。当初は「ゼータ」の名称はデルタガンダムにこそ与えられるはずであり、それが失敗していた時点でそれまでに開発されていたブロックビルドアップを採用した非可変MSにZガンダムという名称と、MSZ-006Xの形式番号が与えられたと考えるべきなのではないでしょうか。

 仮に通称プロト・デルタをガンマガンダム=プロトタイプリックディアスの次に位置する機体として、そこからエプシィガンダムと零式試作機に発展したと考えれば、綺麗にγ・δ・ε・ζと順番に開発が始まったと解釈できます。
 しかし本来ζが与えられるはずだった機体は失敗してδに格下げ(?)となり、代わりにそれ以後に開発された機体(ηとすべきか?)がプロトZガンダムとして採用されたという形になります。こう考えると、百式はエプシィというよりもプロトデルタを素体にしたと考えた方が都合が良さそうですが、そもそもδ・ε・初期ζの3機種は全て同一設計(M・ナガノ博士の基礎設計)でしょうから、これらを全て統合してδガンダムとし、新たなζガンダムを作ったと考えれば問題ありません。
 これは初期δ・ε・ζが統合されて新しいδ系列として百式に集約されたということになりますが、そうなると可変MSのデルタガンダムと非可変MSの百式の2系統が同じδ系列ということになってしまいます。これは、百式が後に量産機候補になったということから、百式は百式改に発展した時点でギリシャ文字ガンダムではなく量産機扱いとなり、代わりに(Zガンダムの設計を反映して再生した)デルタガンダム→デルタプラスがギリシャ文字系列を受け継いだということになるのかなと思います。

 ギリシャ文字ガンダムの配列だけを見ると、こういうことになりますね。

γ:プロトタイプリックディアス→リックディアス
δ:プロト・デルタ→百式→デルタガンダム
ε:エプシィガンダム
ζ:零式試作機→デルタガンダム(初期)→プロトZガンダム→Zガンダム
η:(プロトZガンダム?)→Zレイピア
θ:プロトタイプZZガンダム→ZZガンダム

 そしてそこで気になるのが、エプシィガンダムのその後の系譜。実は永野版ZZガンダムがプロト・エプシィと名づけられている設定があったりして、それが新エプシィガンダムにあたるのかも…。しかしそれはθガンダムことZZガンダムに敗れまたもお蔵入り…という。まぁそれはお遊びですけど。

 ついでに言うとζの次のηガンダムの系譜も気になるところです。現在、設定されているのはモデグラオリジナルMSであるMSZ-007Zレイピアなんですが、これは形式番号は量産型Zと被っているし、非常に位置が不明確な機体です。
 カラバのZプラスを意識していたということから、個人的にはZIIが開発中止になった後の宇宙用量産型可変MSの枠を、ZプラスC1とデルタプラスと争った機体だと思っているんですが、量産候補はギリシャ文字ガンダムにあたらないような気もするので、そのプロトタイプだった…ということでしょうか。量産型は近藤版Zで(全然見た目違うけど…)。
スポンサーサイト
コメント
コメント
そういえば
近藤版ゼータとレイピアⅠ
頭部側面から後頭部にかけての「鰓状のパーツ」がお互いそっくりだなぁ…と

後頭部がプレーンな形状ではなくインテーク(アウトテーク)状になってるのって、他にはSガンダム、FAZZくらいですし
2010/02/14 (日) 20:15:13 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
私も前に書きましたが百式=ジャブロー攻略向けMSというのは、やっぱり感じますね。

そういえば「アナハイム・ジャーナル」ではジャブロー攻略を強行したのはエゥーゴのように書いていましたが、作中の描写を観る限りアナハイム側が強行させたようにしか見えませんでしたね。やはり自社に都合の悪い事情は改竄していると解釈すれば色々と裏も見えてきます。
2010/02/15 (月) 12:24:18 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
 完成した時点の百式とΖは当初のギリシャ文字ガンダムの構想とは、やや離れた位置にいるんですね。

 百式はエプシィあるいはプロトデルタをベースに、
未完成デルタ(後にデルタプラスとして再生した奴)と、
プロトZ(のブロックビルドアップ)
を組み込んだものということですね。(未完デルタの原型の零式もプロトデルタから派生したとすると複雑ですね。)
 今回「どちらかといえば、百式はデルタよりエプシィ(プロトデルタ)ベースだったかも」という可能性が出てましたが、
そうだとしたなら、未完デルタガンダムのどの部分が百式の設計に組み込まれたのかな?、と思いました。
見た目からすると、頭部や脚部の設計かフレームの設計でしょうか?

 また、最後らへんの考察を見て、プロトΖはもともと
どのような非可変MSになるはずだったのか、気になってきました。
これは前後のアナハイムガンダムのコンセプト等から考察ができるのでしょうか?
もし可能だとしたら、いつかの機会に是非やってみて欲しいです。
2010/02/15 (月) 18:20:56 | URL | ネイ #4Y..nZoE[ 編集 ]
確かにZレイピアって立ち位置が不明確なんですよね。
「MISSION ZZ」の設定なんかをみると、意外といないZガンダムの高性能化を目的とした機体なのかなって気もするんですが(それでZⅡみたいにZZの方が優先されたことで開発中止、みたいな)、それではZプラスを強く意識していたことの理由がよくわからないし…
結局、宇宙用量産型TMSの競作機というのが適当な落とし所なんですかねぇ。
2010/02/15 (月) 19:30:39 | URL | フェーベ #-[ 編集 ]
巨炎さん
百式がジャブロー攻略目的のMSとすると
メガバズーカランチャーの立場はどうなるのですか?
それと、アナハイム(メラニー会長ら)はどうしてジャブロー攻略を推し進めたのですか?
敵のティターンズにもマラサイなどアナハイム社製MSが大量にあります。
エゥーゴとティターンズのMSが戦い、連邦正規軍がティターンズに加担?し
アナハイム社製MSがお互いに戦闘し撃破されつつも次形式をティターンズから受注を狙うか、正規軍からの受注も狙っていたのか?
連邦高官のお膝元で戦えばインパクトもあるでしょうし、勝てば牛耳れること確実でしょう。
はたまた地上で実戦試験、特にジャングルと洞窟でやりたかったのか?
考えられる可能性としてはこの辺ですね。

エゥーゴからの受注では儲からないでしょう
スポーツ選手にスポーツ用品メーカーがスポンサーになって製品の試験を広告料を出してまでやってもらうようなものです
金の流れが逆ですからね。
アナハイムにとっての本当のお客様はティターンズと連邦(正規軍)ですから。
ティターンズは月企業追い出しで恨んでいたかもしれないので、ティターンズを追い出した世界で正規軍から受注する、まさしく第一次、第二次ネオジオン抗争の時代が理想だったのでしょう。
2010/02/16 (火) 23:06:03 | URL | #-[ 編集 ]
>コンラッドさん
共通点は見出せなくもないんですね。
胴体構造はほとんどMSZ-006なのが辛いところです。

>巨炎さん
実際のところバリュートがあったので可変MSである意味もあったのかなという気がしますね。
可変MSにしたかったのはむしろアナハイムの方なのかも…

>ネイさん
基本はエプシィのフレームにデルタの外装が百式だったんだと思います。
元々同一系統の設計だから転用も難しくなかったのではないかなと思います。
その意味でムーバブルフレーム+ブロックビルドアップの最初の機体だったと言えそうです。

プロトZについてはもう少し掘り下げる価値がありそうです。
ただMk-IIを奪取していればMk-IIIに近い機体になっていたのではないかと思います。

>フェーべさん
「Zプラスを意識」「複数のオプション」「ギリシャ文字が与えられている」ということを総合すると、
Zガンダムをより量産向けにブラッシュアップした試作機、というところかなというのが現時点での結論ですね。

>名無しさん
メガバズーカランチャーは百式のために開発されたわけではなく、
Zのハイパーメガランチャーやメガライダーの試作機だっただけですので、
計画上は百式とリンクしていないと思いますよ。

アナハイムとしてはジャブロー攻撃隊を率いた最新鋭のMSという箔が百式に欲しかったのかなと。
アナハイムの真の目的が正規軍からの受注というのは間違いなさそうですね。
2010/02/20 (土) 23:09:38 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.