がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
クワトロ大尉とカミーユとカツの宇宙世紀兵器開発史講座18「一年戦争後の連邦軍」
クワトロさて、今回は一年戦争後の連邦軍のMS配備状況の話だが…特別講師に手伝ってもらう事にした

カミーユ特別講師ですか?

カツ改誰だろう?

アムロこんなところに呼び出して何のつもりだ?


カツ改アムロ!?

アムロカミーユにカツもいるのか…というかこの時代設定は何だ?カミーユがZに乗った後に俺とカツが同じ場所にいたことはなかったはずだ

カミーユ細かい事は気にしない方がいいですよ、アムロ大尉

クワトロそういうことだ、アムロ君。君を呼んだのは他でもない。以前から、彼ら2人に宇宙世紀の兵器開発史を教えていたのだが、戦後の連邦軍のMS開発状況については、君から彼らに説明して欲しいと思ってな

アムロ何故貴方がやらないんです?クワトロ大尉

クワトロ私は戦後しばらく地球圏を離れていたのでね…正直なところ戦後3年間くらいの情勢はよく知らないのさ。戻ってきてから色々調べはしたが、ここは戦後豪邸で暇をもてあましていて色々勝手に調べていたであろう君の方がより的確な知識を持っていると思ってね

アムロ一応言っておくが…戦後すぐ軟禁されたわけじゃないぞ。変な強調はやめてもらいたいな

カツ改それにクワトロ大尉、お言葉ですがアムロは事実上の軟禁状態だったので、大した情報は入ってないはずですよ。アクセス制限だってかけられていたはずですし…

アムロカツの言う通りだ…と言いたいところだが、実は結構色々調べていた

カミーユそうなんですか!?

アムロあまりにも暇だったのでね…。アクセス制限の抜け道もいろいろあったよ。連邦軍も結構ずぼらだからね。さすがに政府の情報までは無理だったが、軍はそれなりの機密まで結構見ていた。書き換えみたいな足が付くような事はできなかったがね。それに、軟禁状態になる前は軍の広報に引っ張りだこで、そんなに制限があったわけではなかったよ

カツ改アムロがメカに強いことは知っていたけど、コンピューター関係も強かったとは知らなかったな

アムロホワイトベースにはろくなシステムエンジニアがいなかった。ガンダムのコンピューターの管理はほとんど自分でやっていたんだよ

クワトロそれでこそアムロ・レイということだな。では講義していただこうか

アムロしょうがないな…。

カツ改(やった…!アムロから直接教えてもらえる機会がくるなんて!)

カミーユ(ほんとにちゃんと知ってるのかなこの人…。MSに乗るのが怖いとか言ってたくせに)


アムロまず、連邦軍が戦後、軍縮される事になったことくらいは、2人とも分かっていると思う

カツ改そりゃ、戦争が終われば兵器は必要なくなりますからね

カミーユそれに、復興に多大な予算を割かなければなります。軍に予算が入らなくなるのは当然ですね

アムロそう。それにより各地のMSの生産が縮小したのはもちろん、建造中の艦艇も凍結、開発中の兵器も開発中止、開発計画も見直しということで、兵器の研究・開発・生産は全てストップしたと言っていい。これは、0081年の連邦軍再建計画まで続いた

カツ改前回やったFSWS計画なんかも、中止になった計画のひとつですね

アムロだが、そのような情勢でも唯一研究予算が出ている部門があった。それはなんだと思う?

カツ改勝利のシンボル、ガンダムの後継機の開発じゃないですか?結果的にMk-IIが開発されてますし

カミーユいや…ジオンの兵器の研究だろう。あれは終戦後ずっと続いてるんじゃないかな

アムロカミーユが正解だな

クワトロ(相変わらずだなカツ…)

カツ改む…そうか。確かに連邦軍はジオンのMSも運用していたしなぁ

アムロそうだな、運用もそうだし、研究もそうだった。特に大戦末期に開発された機体、モビルアーマーやサイコミュなどの新技術はこぞって対象になった。それ以外に予算が付かないから、連邦の研究者はみんなジオンの技術の研究に走ったのさ。もっとも、研究者なら未知の技術への興味が絶対にあるはずだから、せざるを得ない、というよりは積極的にそちらに向かったんだろうけどね

カミーユあぁ、だから最近の連邦軍の試作機は、みんなモノアイとかジオン系の意匠が強い機体ばかりなんですね

アムロそういうことになるな。もっとも、今はまだ実験段階の機体がほとんどだから、そのうち得られた技術を連邦系の機体にフィードバックする時代がくると思うよ

カツ改そうなるといいな、やっぱりジオン系のMSが地球の平和を守ってるのはちょっと許せないし

アムロさっきカツが言ったように、戦後の戦力補充もそのほとんどがジオンからの接収機だった。GM系新規生産はかなり絞られていたようだね。その結果、連邦軍はGM系とジオン系、両方の機種を同時に運用する事になった

カミーユ効率はあまりよくないですよね。エゥーゴも主力がGM系だったから、リック・ディアスじゃなくてネモを大量配備しているんでしょう?

クワトロそうだな。おそらく今後は同じ連邦系の機体であるガンダムMk-IIをベースにした新型の開発になっていくだろう

アムロカミーユが言うように、連邦系とジオン系の同時運用は簡単ではない。例えばGM2機にザク1機の小隊構成は難しいから、できるだけ部隊は連邦系とジオン系で分けて運用する事になる。そうなると、連邦系しか配備されない部隊、ジオン系しか配備されない部隊という違いが出てくる。これは、パイロット同士の意識の格差を広げた側面があった。やはり戦時中にジオンのMSと戦っていたパイロットが、次の日からジオンのMSで戦えと言われても、なかなか切り替えられるものではなかったんだ

カツ改そりゃそうですよ。今でも正直、博物館にあるザクは直視したくありません。サイド7で襲われた時のこと、思い出しますからね

クワトロ……

カミーユもしかして、そういう部隊による差というのが、ティターンズの台頭に繋がっていくんでしょうか?

アムロ直接は関係ないだろうけど、連邦軍全体に、ジオン系を使わなければならないジレンマ、というのはあったように思う。だから、ティターンズのような地球至上主義を掲げたグループが出来た時に、内心よかったと思ってしまった連邦の人間は多かったんじゃないかな。ガンダムMk-IIが地球系の技術だけで作られているのも、地球系の技術研究を続行させたい研究者がそれだけいたということなのかもしれないし

カミーユ僕の父親は、リック・ディアスに感動していましたし、そういうタイプではなかったように思いますけどね

アムロティターンズでもザクの後継機であるハイザックを運用しているし、機体がどうこうという問題ではないんだろうな。意識の意味で、ジオンを憎む、差別するというのはやはりあるよ。

カツ改そう思います。実際に顔見知りだったりしたらまた違うんだろうけど。エゥーゴにいる元ジオン軍人に、そんなに悪い人はいないですし

アムロとにかく、連邦軍は連邦系、ジオン系の両方の量産機を配備する事になったが、これにより連邦軍のMSの供給体制も2通りになった。かつてのGM系のラインの他に、ジオン系のラインが出来たことで、かつてジオンがジオニックとツィマッドで対抗関係にあったような感じかな

カミーユジオン系のラインというのは、主にアナハイムですよね?

アムロそう、アナハイムはGM系の生産もやっていたから、連邦とジオンの両方に通じていて、戦後の両軍の技術融合にも大きく貢献している。そういう側面もあって、連邦軍は一時期アナハイムとかなり結びつきが強くなったんだが、ティターンズができた頃に一気に疎遠になったな。色々あったようだけど、その結果アナハイムは新型機開発の面では連邦軍から締め出されてしまった。それから、ガンダムMk-IIが開発されるわけだが…

カツ改地球至上主義のティターンズが、ジオン系を吸収したアナハイムを排斥して、地球系だけの技術を使ってガンダムMk-IIを作ったということか…。その結果、アナハイムはエゥーゴの支援に回ったんですね

カミーユ正直、ジオンの技術も応用した方が絶対にいいものが作れると思いますけどね。僕がMk-IIの設計を改めたいと思ったのは、そういうのが発端だった部分もあります

アムロ君の親父さんも、そういう思いがあったんだろうね。戦後の量産機の開発については、ハイザックの完成まで当面研究が続けられていた事になる。連邦軍が行ったジオン系MSの研究過程については、次にしようか。それでいいんでしょう?クワトロ大尉

クワトロそうだな。流石だったよアムロ・レイ大尉。私とは違う視点の意見というのも非常に参考になった。では次回は、戦後のジオン系MSの研究の話を、またアムロにお願いしよう。

スポンサーサイト
コメント
コメント
モノアイって優れているんですか?
ザクなんてセンサー有効半径が3kmほどしかないんですよ、ゲルググやリックドムですらデュアルアイのガンダムやジムと同程度の5km~6kmほどです。

サイコミュは研究してもパイロットが0083のデラーズ紛争までいませんでしたね、強化人間が登場するのはグリプス戦役でフォウやロザミアが登場してからです。

一年戦争で連邦がジオンのザクに大敗(ムサイなど艦艇だけなら、艦隊戦を挑めば同等以上でしょうけど)
対抗してザニーやガンダムを開発
ザク部品を流用したザニーは開発されて当然ですが
化物のようなガンダムも同時期に完成して
直後にジオンの方がゲルググ開発に手間取っていますよ。

ジオン系技術が連邦にとってそこまで魅力だったんですか?
リックドムなんてジムにもジェネレーター出力が負けますし、目くらましにしかならない拡散ビーム砲です。
魅力があるとすれば大型のMA、ジオングぐらいですかね。
SFSはGファイターでやっていますし
残りはグフ飛行型の推進剤大量と噴射速度向上で推力増強ぐらいですかね。
2010/01/11 (月) 01:13:30 | URL | #-[ 編集 ]
まず、モノアイがセンサー有効半径に直結するわけではないかと。
だったら頭部を破壊されただけでセンサーが使用不能になってしまいます。

ジオンの技術が一方的に連邦の技術より優れている事もありません。
ただ、連邦が「知らない」技術があったということです。
それが優れているかいないかを、研究する事で判断しているわけです。
また、戦時中ではないので、技術の研究が実際に現場で結果として現れるまでには相当な時間がかかります。
3年じゃ結果は出ないでしょうね。

連邦にとって具体的にジオンのどういう技術が魅力だったかは、次回をお楽しみにということで。
2010/01/11 (月) 21:21:02 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
おお!
まさかアムロに語らせるとは思いませんでしたよ。(一人だけ画質に難がありますが)
カツが昔話をすると動揺(?)するクワトロも良いですね。
2010/01/15 (金) 12:30:32 | URL | 銘無し #0BHHApUY[ 編集 ]
カツは戦災孤児ですからジオン公国を恨んでいるんですね
第2のザビ家と化したティターンズも恨んでいますけど
だから「ティターンズとアクシズがお互い滅ぼしあっちゃえばいいんだ」と言っているんですね。
ハヤトの子供(養子)ですから、もうちょっとガンタンクやガンキャノンのことを語って欲しいです。
2010/01/15 (金) 23:13:35 | URL | #-[ 編集 ]
>銘無しさん
アムロの画像はちょっと引き伸ばしたのでああなっちゃいました。
むしろ他のを小さくした方がいいかもしれませんね。
何気にカツの家族を奪ったのはシャアの指揮下の部隊ですから、地味に因果だったりします。
そんな負い目がシンタとクムを引き取らせた…のかも。

>名無しさん
ホワイトベースで散々ジオン軍に攻撃されてますからね。
それも幼少時にですから、ジオン=敵という意識は相当強いと思います。

カツは一年戦争時代はハヤトと何の接点もなかったので、
当時のガンキャノンとかにはあまり思い入れがなかったんじゃないかと思うのです。
父親になった頃のハヤトはすでにパイロットじゃなかったでしょうし。
2010/01/15 (金) 23:29:21 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
モノアイはデュアルアイよりカメラの数が少ない分、量産性も整備性も高い気がするんですが…

逆シャアのギラドーガやサザビーまで、相対的に小さい組織の機体にはモノアイが多いのもその所為かなと勝手に思ってたのです。

むしろデュアルアイの利点って、何なのでしょう?両眼の立体視による測距ですかね…でもアムロはそのメインカメラがなくても、小さいジオングヘッドを撃ってましたし。

カツの言うように「ジオン系のMSが地球の平和を守ってるのはちょっと許せないし」が大きいでしょうか?するとハイザックの立つ瀬がない…
2010/01/24 (日) 21:26:07 | URL | #SFo5/nok[ 編集 ]
カメラ部分だけを見ればモノアイの方が安定していそうですが、
モノアイには可動するレールがあるので、その部分でのメンテナンスというのが生じるのかなと思います。
デュアルアイの利点の一つというのが、モノアイのようにカメラを動かさなくても状況を把握できるという点なのかもしれません。
しかし視界の範囲という意味では動かせるモノアイの方が優れているでしょうし、
デュアルアイは仰るとおり測距に優れるのかなと思います。

なんとなく、自身が高速移動する場合はモノアイの方が、
自身は静止し遠方の動く敵を狙う狙撃のような場合はデュアルアイの方が優れているような気がします。
だから高速高機動戦ではモノアイが、射撃武器を使用しての砲撃戦ではデュアルアイが有利なのかな、とか。
2010/01/25 (月) 22:59:34 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.