がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ミサイル迎撃兵器としてのファンネル
 「逆襲のシャア」において、シャアのサザビーやギュネイのヤクト・ドーガが、ファンネルでミサイルを迎撃するシーンがあります。「ガンダムUC」においても、マリーダのクシャトリヤがミサイルを迎撃するシーンがあります。
 ファンネルによるミサイル迎撃が通常のミサイルによるミサイル迎撃と異なるのは、サイコミュによりダミーと本命を選び分け、本命のミサイルのみを選別して迎撃するという芸当が可能な点です。この意味では、ファンネルは理想的なミサイル迎撃兵器と言えるのかもしれません。

 一方で、ファンネルを最初に開発したアクシズが地球へ侵攻した際、使用した兵器はそのほとんどがミサイルを搭載していました。全身ミサイルポッドのズサはもちろん、ガザ系はじめ多くの機種が標準もしくはオプション兵装としてミサイルを搭載しています。これは、それまでの連邦軍(エゥーゴ、ティターンズ含む)でミサイルを搭載した機体が、せいぜいハイザックのオプションとガルバルディβのシールド内くらいにしかなかったことからも、かなり意識的にミサイルを搭載しているように思います。

 そこで思いました。アクシズは「ミサイル戦」を想定していたのではないかと。ファンネルという小型化されたビットも、実はミサイル迎撃を想定して開発された兵器だったのではないか、と。

 実際のところ、エゥーゴやティターンズはほとんどミサイルを使用していなかったわけですが、その後ロンド・ベル隊はネオジオンが奪取したアクシズに向かってミサイルを大量に発射しています。ミノフスキー粒子下でミサイルはどうなんだ、という疑問もありますが、巨大な目標に対しては誘導機能の低下はさして問題ではなく、ほとんど核を積載した質量弾のような使い道でいたのかもしれません。
 いずれにせよ、ミノフスキー粒子があるからといって、ミサイルの有用性が完全に消えたわけではない、ということは確かです。そうであるなら、ミサイルへの対抗手段というのも、当然必要となります。

 MSの装甲材は一年戦争に比べて進歩しているものの、おそらくグリプス戦役以降はビーム兵器への対抗手段が主体となり、耐ビームを前提とした装甲が多かったのではないかと思います。ほとんどのMSがビームを主兵装としていたからです。それ故に対実弾はほとんど考慮されておらず、いくら強度があるといっても弾頭によってはかなりの効果が見込めたのではないかと思います。そもそもMSは構造上装甲厚に限界があるように思うので、ちょっと貫通力の高い弾を食らえば結構ダメージ受けそうですし。

 ここで注意したいのは、MS戦におけるミサイルの有用性はあまりないのではないか、ということです。高速を飛び回る機動戦がMSの売りと言う事を考えると、ミノフスキー粒子で誘導機能が低下しているミサイルを当てるのは至難の業だろうと思います。せいぜいグレネードをばら撒くくらいでしょう。
 ということは、ミサイルを攻撃手段に使用する主体は主に艦船なわけです。これは「逆シャア」でも「UC」でもそのように描写されています。ならば、MSに搭載されているミサイルというのは、これら艦船からのミサイル攻撃の迎撃手段だったのではないか、と考える事が出来ます。要塞に飛んでくる大量のミサイルを、それぞれのMSが各個迎撃する事が出来れば、かなりの防衛網になります。

 ミサイルによるミサイルの防衛は、弾頭同士をぶつける事での迎撃ということになりますが、ファンネルを使用した場合、ファンネルから発射されるビームによる迎撃となるので、ファンネルそのものを消費する事はありません。この点は、ミサイルよりもリーズナブルです。また先に述べたように選別して迎撃する事が出来ます。
 もちろん、ファンネルにはオールレンジ攻撃という売りがありますし、MSのミサイルにしても対艦戦など巨大目標に対しては攻撃手段として用いられる事はあるでしょう。しかし、それは同時に相手の同じ兵器を迎撃する手段にもなる、ということです。

 そう考えると、インコムという兵器もまたミサイル迎撃を想定した兵器であったと推測する事も出来ます。インコムはファンネルほどの数を一度に展開できず、あまりオールレンジとは言いがたい手数の兵器です。しかし、それが対ミサイル(あるいは対ファンネル)ということであれば、少ない搭載数でも納得できるような…気がします。

 ニュータイプや強化人間は一騎当千の戦力というにはやや厳しいのですが、「ファンネルを駆使して複数のミサイルを確実に迎撃できる」という能力があるとすれば、戦略的にも単に「凄腕パイロット」として扱うよりはなかなかに有用だったのではないでしょうか。
 もちろんその能力は限定的だったわけで、ゲーマルクのファンネルなんてまさに多弾頭ミサイルなわけですが、あれが迎撃されにくくするための措置だったということであれば、ゲーマルクは対ファンネル搭載機を想定して開発されていたということもできます。が、それは通常のファンネル以上に負担をかけるものだったのでしょう。その後同様の兵器を搭載した機体が存在しないのも、運用に限界があったということを裏付けています。

 とにかく、ミサイルとファンネルは実はかなり密接な関係にある兵器であり、それ故比較して見ると面白いのではないか、と思うのでした。実際、富野小説じゃファーストの時点でミサイルタイプのビットが存在してましたしね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>ミサイルとファンネルは実はかなり密接な関係にある兵器

連邦のファンネルタイプの兵器は開発が難航したのか、ビームを外部に依存するリフレクターBとか、大型化したFファンネルとか苦労の痕が伺えます。
その技術力の無さからか?、後にΞで結実するファンネル・ミサイル系兵器も多いんですよね。
Σガンダムとか、リ・ガズィAOとか。
2009/12/25 (金) 22:29:33 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
とっぱさん
連邦は開発したとしても使いこなせるパイロットがいなかっただけではないでしょうか?
アムロがνガンダムに乗るまでは、フォウやロザミアを強化人間にしてサイコガンダム、サイコガンダムMk2のパイロットだったわけですから。
それも不完全で苦しい思いをしていましたからね。
技術もそうですがパイロットが用意出来なければ宝の持ち腐れですよ。
シャア(クワトロ)が言ったようにうチュの無重力は人を自然にニュータイプにしやすくするのでしょうね、コロニー内の擬似重力でも重力と同じようにコロニー内でも開花しません。
短期間に実戦経験多数と無重力が揃ったときに開花しますから。
2009/12/26 (土) 12:02:41 | URL | #-[ 編集 ]
>とっぱさん
ファンネルを開発したのはアクシズの研究者ですが、
彼らはそのままネオジオンの研究所に行ったので、
連邦系にはあまり技術が伝わっていなかったんでしょうね。

>名無しさん
連邦がファンネルを作れたら、それに合わせて強化した強化人間が作られていただけではないかと。
連邦のサイコミュ技術はジオングのものをベースとしているので、
無線誘導兵器のノウハウはあまりなかったと考えて良いと思います。
2009/12/26 (土) 16:28:16 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ルロイさん
アムロが撃破したエルメスの部品をホワイトベースが拾って無線ビットのノウハウを連邦が得てないのですか?
アムロ自身は「ララァを殺してしまった」と悲しみの最中でしょうけど、シャアも「今の私にはガンダムは倒せん」と撤退しているので
「せめてものララァの遺品」としてアムロ自身が回収するなり
ブライトを始め連邦の誰かが回収している可能性も十分あると思います。

特にブライトはナパーム弾でV作戦・RX計画の部品(ルナチタニウム合金)を機密保持で隠滅のためにアムロに点火させて燃やさせるぐらいですからね。

焦土作戦をやるほど丁寧で機密まで考える性格ですから、敵部品が手には入るとなれば、そのまま回収していていると思います。
2009/12/29 (火) 19:28:22 | URL | #-[ 編集 ]
>名無しさん
アムロをはじめとする第13独立艦隊(第13独立部隊とは別物ね)の誰かがエルメスの部品を回収している可能性はかなり低いですし、おそらく、回収していてもそれを基に無線ビットのノウハウを調べるのは不可能でしょうね。

・第13独立艦隊はキシリア艦隊との交戦でホワイトベースとサラミス数隻を残して全滅している。
・残存艦艇のうち、損傷の少なかったホワイトベースはすぐにその宙域を離れて第1艦隊と合流するルートをとっている。
・残ったサラミスはエンジンなどに損傷があるため修理しながら後続の艦隊(おそらく、第2・第3艦隊)と合流するルートをとっている。

この時点で、エルメスの部品を回収できた可能性があるのはアムロ他のホワイトベースの面子くらいになります。
(あれだけの激戦で、双方10隻以上の艦が沈んでいる状態でエルメスのビットの残骸を見つけられる可能性は少ないし、ア・バオア・クー戦に急ぐ艦隊がそれをするとも思えない。)

でもって、ホワイトベースはア・バオア・クーで沈んでいますので、もしビットの残骸を積んでいたとしても、それが連邦軍にわたって研究する事はできないでしょうね。
2009/12/30 (水) 11:49:38 | URL | くっきーもんすたー #tBF1tvso[ 編集 ]
>名無しさん
くっきーもんすたーさんのおっしゃる通り、エルメスの破片から連邦にサイコミュ技術が伝わることはない気がします。
そもそも壊れたサイコミュから元の技術が解析できるかも怪しいところです。元々ブラックボックスの多い技術のようですし。
アムロが弾切れになっただけで損傷もしていないビームライフルを捨てていたのとはわけが違いますね。
2009/12/30 (水) 21:28:49 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ミノフスキー粒子だって完璧ではありませんからね
技術の進歩でMSのセンサー有効半径がザクの3000mほど→ギラドーガやジェガンの10km強になっていますからね。
同じ電磁波などを感知できる性能ってことでしょうけど
散布下で10kmも射程に入るんですから、MSもミサイルが有効になるのでしょう。

ビームかく乱幕を張っているとかでビームが使えないとなればミサイル系実弾で代替する価値は十分あります。

ガンタンクの260kmとかヒルドルブの30kmとかの見えもしない目標を狙うのは観測手がいなければ無理でしょうけど。
2010/06/05 (土) 20:32:01 | URL | #-[ 編集 ]
確かに、センサー技術の進歩とミサイルの復権は重なっているのかも知れませんね。
同時にミサイルに対する迎撃手段も進歩した、というところでしょうか。
2010/06/06 (日) 20:35:51 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
アムロが撃破したエルメスの部品でなくても
アナハイムエレクトロニクス社経由で連邦がサイコミュ搭載のMS、MAを作れなかったのですか?
アナハイムエレクトロニクスはジオニック社やツィマッド社などジオン系企業の集合体ですから
ジオニック社にしろツィマッド社にしろ担当した技術者や設計図などのデータさえ残っていれば作れると思うのですが。
そのノウハウもアクシズに逃げ込んだ担当の技術者が持ち出して、アナハイムにサイコミュを作れる技術者がおらず、データも無いのですか?
2010/06/09 (水) 18:08:17 | URL | #-[ 編集 ]
サイコミュを作ったのはジオンの企業ではなく、
ジオン公国の国家機関であるフラナガン機関です。
基本的に機密技術ですので、アクシズに逃げ延びた以外の流出はほとんどなかったと考えられます。
2010/06/09 (水) 21:25:13 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.