がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
キシリア・ザビとダイクン派
 キシリアといえばギレンの政敵であり、実際にギレンを殺してしまった人物です。一方で、ザビ家の政敵といえばダイクン家であり、ザビ家に追いやられてしまった派層です。
 ギレンから見れば共に敵ということになるキシリアとダイクン派は、どのような関係だったのか、ということを少し考えてみようと思います。

 まず、ダイクン派から見たキシリアについては、はっきり言ってギレンと同列であったのだと思います。「ギレン暗殺計画」ではギレンを暗殺した上でキシリアにその罪を擦り付けて追放する、というのがダイクン派最右翼?の人間の計画でしたし、シャアも最後にキシリアを殺しています。ダイクン派にとってはザビ家は誰であろうと一様に憎むべき敵だったのでしょう。

 一方のキシリアにとってはどうだったのでしょうか。彼女はシャアをキャスバルであると知った上で認めていますが、違う見方をすればシャアという軍人のままジオングに乗せて最前線に送り出していますし、100%政治的な駒として使うつもりはなかったように思います。むしろ戦死してくれた方が都合がいいとさえ思っていた可能性もありますが、早急に抹殺する事もしなかったわけで、あまりシャアを積極的に利用することは考えていなかったのでしょう。まずは兵士としての能力を利用する方を選んだとも言えますが。
 そもそもキシリアは何故、シャアがキャスバルであると知ったのか、というところがまた謎です。小説版では、キャスバル・アルテイシア生存の情報をハモンから知らされて、キャスバルがシャアであると感覚的に思い当たることで気づいています。しかし、アニメ版ではランバ・ラルとハモンは全く異なるポジションであるため、そのような情報がどのようにしてキシリアにもたらされたのかは不明です。
 ただ、小説版の描写で言えば、キシリアはキャスバルに若い男性としての魅力を感じると同時に、利用すればいいという冷静さを見せています。おそらくはそれなりに利用する手を考えていたのでしょう。

 というわけで、キシリアがもし、一年戦争を生き残っていたら、シャアを通じてダイクン派の層も取り込むことも考えていたのではないか、というIFを考える事が可能となりました。

 キシリアの政治ルートというと、まず拠点を月に置いていること、地球侵攻作戦によって北米やオデッサを自らの忠臣(ガルマ含む)で固めていたことなどから、基本的に地球・月との外交・資源獲得についての部分がキシリアの抑えていた領域だったのではないかと思います。
 また、サイド3を追放されたダイクン派の人間の逃亡先となると、他のサイドはほとんど壊滅ですから月、地球、サイド6にほとんど絞る事が出来、これはキシリアの抑えていた領域とも近いものがあります(サイド6はどの程度かかわりがあるか分かりませんが、フラナガン機関の施設があったはず)。このことから、キシリアがダイクン派の人間と接する事はあり得そうではあります。
 キシリアがギレンを殺している事を前提で考えると、形式的にはギレンの派閥もキシリアが取り込むのかもしれませんが、一方でシャアというカードも利用する事ができるわけですから、双方に一定の配慮を見せた微妙なバランスの権力関係が構築されるのかも知れませんね。

 ここで思うのは、キシリアはギレンを排除した上でジオンをどのように導こうとしていたのかという点です。あまり彼女の哲学というのは物語の中で見えてこないのですが、父デギンに対しては敵対的ではなかったと思うので、どちらかというとデギンの遺志を引継ぐような形になるのかなと。となると、ギレンよりは和平路線なんでしょうね。
 となると、キシリアのやることというのは、連邦とできるだけ有利な講和を結んだ上で、関係を保ちながらその中でより多くの要求を実現させていく、という路線だったのかなぁと思います。キシリアはギレンのような選民思想はもっていないと思うので、スペースノイド全体の利益というのを名目にしてダイクン派の反発も抑えようとするんじゃないでしょうか。それに対してダイクン派も純粋にスペースノイドのことを考える派閥と、アンチ・ザビ家を貫く派閥に分かれたりして。

 …でもあれですね、いくらキシリアがシャアを使うという未来があったとしても、普通にシャアに逃げられそうな気がします(苦笑)。暗殺されるか、シャア率いる反乱軍にやられるか…シャアを取り込める器ではないですよねぇ。

 とはいえ、そんな未来も面白いな、と思いました。ギレンの野望だとプレイヤーがギレンなんで、ギレン死後のキシリア政権というのはないんですよね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>キシリアの政治ルートというと、まず拠点を月に置いていること、地球侵攻作戦によって北米やオデッサを自らの忠臣(ガルマ含む)で固めていたことなどから、基本的に地球・月との外交・資源獲得についての部分がキシリアの抑えていた領域だったのではないかと思います。

 やっぱキシリア側の勢力って馬鹿にできないですよね。


 ギレンの野望のキシリアのIFって基本ギレン本位で展開していくんですよね。
 これだと「ア・バオアクーでキシリアがシャアに殺されなかったら」
みたいな考察には役立てにくいんでしょうか。
2009/12/02 (水) 12:56:13 | URL | ネイ #4Y..nZoE[ 編集 ]
キシリアとサザエさんが共に24歳っていうのが納得いかないんですよ(笑)。
サザエはともかく、キシリアは戦時中の人だから老けてるんでしょうか?
2009/12/02 (水) 16:22:02 | URL | DAI二等兵 #-[ 編集 ]
「評伝シャア・アズナブル」の解釈ではマ・クベがニュータイプを政略面で利用するような見識に欠けていたから新たな片腕にしようとした、みたいな事も書いていたような気もしますが、いつ裏切るかわからない奴とも書いてましたしね~。
2009/12/02 (水) 17:31:29 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
>ネイさん
その分ジオン本国はギレンの領分だったような気もしますけどね。
ギレンの野望だと、ガルマの新生ジオンはシャアのネオジオン決起後という面白いシチュエーションで始まるんですが、
そのネオジオン自体がIFなんでちょっと考察するのは難しいですね。

>DAI二等兵さん
あれは実は声優さんの当時の年齢と同じ…らしいです。
だからというわけではないと思うんですが、どう見てもそれ以上ですね(笑)

>巨炎さん
マ・クベとは一長一短だったんでしょうね~。
彼はキシリア一筋ですが指揮官としての才覚は微妙っぽいですし。
お互いを補えればよかったんでしょうけど、反発しちゃいましたからね。
2009/12/04 (金) 22:55:26 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
キシリアの担当って主に兵站部門なんですよね、子飼いのマ・クベが辣腕を振るった統合整備計画なんてまさにそうですし。ニュータイプに代表される新技術もそうですし、どちらかといえば、まとまった派閥っぽいものはまだ無かったのかもしれませんね。少なくともデラーズやマツナガみたいな強烈なシンパはいないみたいですし。

ガルマを手元で使っていたことも、シャアを取り込んだことも、派閥のための看板を欲していたと言う感じがありますね。
2009/12/05 (土) 00:24:48 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
キシリアってもしかしたらアナハイムとのパイプとかも持ってたのかもしれないですね。
軍の外では色々とやっていましたが、中はやっぱりギレンに抑えられてた感じなのかなと。
2009/12/06 (日) 16:29:58 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.