がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
連邦製MSのOS、ジオン製MSのOS
 連邦製MSとジオン製MSを比較する事は数多くあれど、OS面での比較がされたことはあまりないのではないか?と思い考えてみました。
 ハード面での相違点というのは、例えばモノアイか否か、流体パルス駆動かフィールドモーター駆動か、モノコック構造かセミモノコック構造か、などが挙げられます。しかしそれに比べてソフト面はどうなのか?という話です。

 まず大前提として、両者のOSには根本的な相違点はない可能性がある、という点があります。というのも、連邦軍のMSはジオン軍のザクを参考にして開発されているからです。細かい違いはあるにせよ、開発期間の短さや効率性を考えて、基本的に制御ソフトはザクのものを流用している可能性が高い、と言えます。

 しかしそれは、大元部分の話。その後の連邦軍のMSは、主にV作戦により収集された教育型コンピューターのデータを反映させる事で、より連邦製MSとしての制御ソフトに最適化されているはずです。
 そしてそれはどのような形で最適化されたかといえば、V作戦のMSを考えれば、「特定の運用領域に特化する」という方向性なのではないかと思います。つまりは、近距離白兵戦と、遠中距離砲撃戦という形に。これにより、連邦製MSは「対MS戦での動き」と「固定武装による砲撃」についてはジオンの一歩先に行く事になったのではないかと。

 一方のジオン軍のMSがどう発展したかというと、基本的には高速一撃離脱戦という方向性へと発展していったことになります。ザク→高機動型ザク→リックドム→ゲルググという主力候補機の系譜を見る限りは明らかでしょう。連邦軍が近いか遠いかで分けているのに対し、ジオン軍のMSは遠距離から近距離まで移動して攻撃する、という行動に特化していったと言えます。

 で、戦後のMSはどうだったか、という話です。両者のOSは統一されたのか、というと、おそらくはされていないのではないかと思います。だからこそ、GMIIとハイザックという2種類の量産機が並存していたとも考えられます。
 連邦軍におけるジオン的な動きをする機体として、GMライトアーマーという機体が挙げられます。この機種は高速一撃離脱に特化した軽量MSですが、同等の動きはジオン系MSが得意とするところですので、(ジーライン・ライトアーマーを最後に)連邦系MSで同等の働きを前提とした機体は見られなくなります。
 逆にジオン系における連邦的な動きをする機体としては、ギャンが挙げられます。その後継であるガルバルディも同等の動作を期待されていると思われますが、もしかすると連邦軍の使用するガルバルディβは、ハードこそジオン系ですがソフトは連邦系に換装されていたのかもしれません。だからルナツーで開発されていた、のかも。

 このように、戦後における連邦軍での連邦系MS、ジオン系MSの使い分けというのは、単に生産ラインや部隊配置の都合だけではなく、運用面、操縦面での都合もあったのではないか、という話です。
 例えば、ジオン系MSの方が、他機種との連携を前提としている連邦系MSよりも、単独機種での運用は優れていた可能性があります。1機種に配備を絞った部隊にとっては、ジオン系MSの方が都合が良かったのかも知れません。逆に複数機種を運用できる大部隊あるいは拠点配置の部隊では、連邦系MSが継続して運用されていると。

 しかし、ジェガンの時代になると連邦軍も複数機種の配備というのをあまりしなくなっています。これは、連邦系OSとジオン系MSの融合が進んだ結果なのかもしれません。でもジェダは旧型のOSだったから、アムロにとってはメチャクチャ使い勝手の悪い機体だった、とか。
 もっと言えば、ネモの時点ですでに融合は行なわれていたのかも。というかガルバルディの逆、連邦系MSにジオンのOSを積んだのがネモだったりして。エゥーゴは基本的に支援機を配置していないし。

 可変MSについては、運用目的で言えばジオン系に近いのですが、MS形態での運用については連邦系だったりして、両OSの融合の初期段階にあったのかもしれません。「モードの切り替え」という形で両OSの特徴を使い分けていたと。
 ということは、可変MSが廃れた理由の一つに、OSの融合が進んだ事で「別に変形しなくてもモードの使い分けが可能になったから」ということが挙げられたり…するのかもしれません。MAレベルとまではいかないまでも、高機動型MSレベルの挙動は可能となったと。

 なんでもOSで解決できるとは到底思っていませんが、「ソフトとハードの相性」というものを考慮した上で、一年戦争後のMSを考えて見ると面白いかもしれない、という話でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
GP01がザメルを踏み台に出来たのは、ウラキの腕じゃなくてコンピューターが勝手に…白い悪魔のデータのおかげですね。
2009/10/13 (火) 22:55:53 | URL | 6 #-[ 編集 ]
うーん。メーカー毎に違っていた気がするので、どうなんですかねぇ?

連邦系は統合されていたOSでもいいんですが、運用領域に応じてOS上に走らせるプログラムを変えればいいことですから。

でも、汎用を目指したジオン系は、OSも統合計画までばらばらだったんではないかなぁ?ZEONICとZIMMAD、MIPで。

ザク→高機動型ザク→リックドム→ゲルググという主力の変化はOSの進化というよりも、OS上で走るプログラム(火気管制システムなど)が進化(または全く新規のものに変化)したんではないかと。

また、OSはそのままでも、エミュレートで同じプログラムが走らせることができるような形で統合計画が行われたんじゃないでしょうかね。

それと、連邦とジオンの融合は、その個別の制御プログラムをベースのOSに翻訳して組み込んでいく作業になったんじゃないと予想します。

ので、OSが変わったという形ではないのではないかと思うんです。

ソフトウェアの世界は、枯れた技術でないとなかなか信頼されて汎用で利用されないですから。
2009/10/14 (水) 12:56:03 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
OSで優れていたのが、ギャンじゃないかと昔から思っています。すごく使いやすいけど、ザク→ゲルググが主流のジオンでは、評価しにくかったのではないか?マクベが生きてさえいたら、とIFを妄想してしまいます。
2009/10/14 (水) 20:54:42 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #-[ 編集 ]
OSの定義が微妙なんですが、MSの運動を制御してるのはOS上で走ってるプログラムなんじゃないでしょうかね?

ちょっとOSの原意が拡張されすぎな気がします。
2009/10/14 (水) 22:22:48 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
そう言えば仰るとおりですね、すみません。
2009/10/15 (木) 07:37:21 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #-[ 編集 ]
マクベが付け焼刃であそこまで活躍できていたのは、やはり新兵にも優しいOSのおかげですかね。

個人的にはツィマッドはドムの頃に新兵向けのOSの意義を見出したと思います。ジオニックの、白兵戦に特化した熟練向けのグフと比較するとドムは扱いやすいので。
2009/10/15 (木) 18:57:34 | URL | いつもはROM専 #4shtMUW.[ 編集 ]
>6さん
そんなシーンがありましたっけ。
スタッフはそこまで考えていたのかもしれませんねぇ。

>陰鏡さん
OSで比較しているのはあくまで連邦とジオンの話で、
ジオン内のメーカーごとに違うのはOSよりもむしろそのOSの中でのプログラムになるのではないかと。

>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
ギャンは格闘に限れば優れていても射撃の機能がどれだけあったかってところなんじゃないですかね~。
特化しているから優れているのであって、汎用性はなかったのかもしれません。

>叡天さん
そもそもMSのOSって何だってところすら確定していない現状で話している手前、
正直かなり曖昧に解釈している側面はあります。あまりコンピュータの知識があるわけでもないですし。
制御しているのはプログラムであっても、大元のOSからして連邦とジオンでは異なるのではないか、という前提考えています。

>いつもはROM専さん
どちらかというとツィマッドは特定の側面に特化させる事で操縦性を高めることに成功したのかなという気がしますね。
なので汎用性という面ではどうしてもジオニックに遅れを取っていたのかなと。
2009/10/16 (金) 00:04:03 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
いえいえ、連邦もジオンもメーカーごとにOSが違うと思うという話です。

OSはオペレーティングシステムであり、プログラムは駆動制御であったり、カメラの制御であったり、入力デバイス(操作やコンソール)の制御も全てOS上で動くプログラムに過ぎないかと。

ちなみに、日本の家電とアメリカの家電では使われているOSが違いますし、パソコンもLinuxやMacOSX、Windowsといろいろですよね。

OSって言ってしまうと、パソコンのOSを思い浮かべてしまうわけですが、機械が動くためには全てOSが必要で、その上で全ての制御プログラムが動いている訳です。

で、教育型コンピュータなんてのは、OS依存ではなく、蓄積データを解析分類整理を自動的に行うプログラムであってOSではないことになりますので、仰っていることはOSの話ではなくどちらかというと、OS上で走っているプログラムやアプリケーションのお話で有るように思えますということです。

毎度わかりにくくて申しわけありません。
2009/10/16 (金) 02:48:44 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
>OS面での比較がされたことはあまりないのではないか?
という事なので、暴走モード考察スイッチ・オンです。

MSのOS考察なら、OSを下支えするEFIとか、BIOS、ELILO等システムの電源投入直後の状態からOSの起動までの処理を担うにおけるハードウェア制御プログラムについても行掛けの駄賃で考察します(笑)。

まずは概念:
「MSハード(CPU、ジェネ、アクチュエーターetc)」-「MSフレーム電気系」-「EFIMSO」-「MS-OS」-「各アプリ(AMBACとかFCSとか?)」

MS-OSの融合を考えるとき、避けて通れないのは、MS-EFIでしょう。
OSを連邦RX-MS系OSとジオン系MS-OSに分ける物、それは基本的にはEFIMSO(Extensible Firmware Interface MS Oader)だと思います。CPUのメーカーや構造が違えばコードセットも違うので、そのCPUのリファレンス設計に最適なフレーム電気系仕様にしなければならないでしょうし、(タキム製のモーター等のコントロール系がという意味)
ただ、EFI未対応のOSを動作可能にするCSM(Compatibility Support Module)という機構もあるので、ジオンによってプロテクトされてなければ(もしくはクラックできれば)ジオンMSハードに連邦MS系OSはインストール出来て走る可能性が有り、応用・参考されたという事なのかも知れません。

RX-MSのOSやEFIRXO(EFI RX Oader)は、ジオンのそれの解析と模倣(あれば人型ロボットのソフト開発資産)からスタートでしょうが、他人が作ったソフトは理解するのも難しく、特にOSは完コピして終わりという物ではなく、RX-MSのハード仕様(自己教育型コンピュータCPUの物理的な違い)にネイティブ対応してなんぼという物でしょうから、概念や構造のみコピーして後は完全独自製作した方がそこから先の改良やカスタマイズの時間短縮や工数改善に効果がある為、結果的に短期間で開発が終了すると思います。

ジオン側MSでZaku Iから、ELIMSOを採用しておけば、EFIMSO対応MS-OSにさえすればOSの載せ替えに柔軟に対応できるので、
各メーカー製、各機種用OSの上で走らせるアプリはJavaの様に最初からOSを選ばずに動作する様にして…。

制御ソフトがザクのものを流用した場合、RX-MSのOS的限界もザク周辺になるという事を意味する様な気も、

ただ、OSの開発工数は莫大な規模(ケータイのソフト開発でさえ負担が大きいのにその十数倍と推定)ですので、ジオンが各メーカー毎にというのは疑問です。MS-OS開発メーカーや、ELIMSOメーカーを各1社選定して専業で作らせた方が効率的です。

可変MSで変形時にOSの「モードの切り替え」を行うというのは、変形メカ演出的には燃え要素ですが、変形時にわざわざ問題を引き起こしそうな問題点を増やしそうな気がします。OSは安定動作(ノン・フリーズ、ノン・リブート、ノン・ダウン)してこそです。

一年戦争後、AEが資本力に物を言わせて、AE(旧ジオニック)系のMS-OSメーカー製MS-OSと、同系のMS-EFIメーカー製のEFIMSOで大攻勢をかけたのかも知れません。

こうしてみてみるとMSにもEFIが整備されていれば、連邦OSもジオンOSも関係なくインストール出来て走るという事、OSに依存しないJava的アプリ設計しておけば、わざわざ統合しなくてもやっていけそう。使いやすく、安定なIME的アプリはパイロットによって選択・愛用され得る…と。

MS-OSに比べギャンのOSはマ(ッ)クベOSと言われ扱い易かった…。
2009/10/16 (金) 08:07:16 | URL | nemo #N4usM8ms[ 編集 ]
ゲーム上のシステムなので、参考程度に紹介。
ファミソフ「一年戦争」では機種転換のシステムがありますが、旧機種から新機種に転換するには熟練度が必要ですが、それ以外にも系統が設定されています。

旧ザク→リック・ドム
ザク→ゲルググ
ザク→グフ→ドム

このシステムのおかげでゲルググに乗り換えるのが非常に大変だったり。

旧ザクとヅダあたりが共通OSで、ジオニック系とツイマット系が独自に最適化して、それぞれザク/ゲルググ、リック・ドムのOSになっているのかも?
でも、陸戦用OSはザクベースで共通なのかねぇ?

ザク系操縦を極めないとゲルググが乗りこなせないので、その辺り学徒兵がゲルググを使いこなせなかった理由にはなりますね。

このあたりの差異は、統合計画で統一されてそうですが、このゲームでは統合計画機は使えません・・・orz
2009/10/17 (土) 23:26:24 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>陰鏡さん
自分が言いたいのは、OSがジオンの中でも異なるとは思わないということです。
OSとOS上のアプリケーションの区別は自分でも曖昧だと思います。
この辺はもう少し煮詰められそうです。

>nemoさん
どちらかというとハードの相性でOSは変わると考えた方が良いのかも知れませんね。
連邦・ジオンで異なるというよりは、
モノコック・セミモノコック・ムーバブルフレームでOSが大きく変わるとか。

>とっぱさん
陸戦用MSは難しいところですね。
仮にドム=リックドムだとすると、
06RD-4のような機体もありますからザクとリックドムには互換性があると考えられ、
ザク、グフ、ドムは同一OSで制御プログラムが異なると考えた方が良いのかも知れません。
2009/10/24 (土) 15:04:02 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>>ルロイさん
ジオニック社と互換性がありそうなのは、おそらくツィマッド社で、MIPは別でありそうな雰囲気はあります。
ツィマッドとジオニックは協力関係にあったり、委託生産の関係にあったりする(グフはツィマッドの推進器で、本体はジオニック)ので、共通が多いかもしれません。

しかし、MIPはそういう協力関係があまり見られず、独自性が強そうだという雰囲気があるからです。
2009/10/26 (月) 14:24:44 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
確かにMIPはズゴック系くらいしかMSを作っていないので、
関連性は薄そうではありますね。
ただゴッグと同じラインで生産できたりするんで、
ツィマッド系とは互換性があるかもしれません。
2009/10/26 (月) 23:52:55 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.