がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
艦長より階級の高いMSパイロットが存在する理由
 ガンダム世界では、しばしば部隊の最高階級の人間がMSパイロットである例を見かけます。まずしょっぱなから、シャアは部隊旗艦ファルメルの艦長ドレンより階級が上でしたし、ランバ・ラル隊のリーダーであるラルもグフを駆って自ら前線に出ていました。
 Zガンダム以降の世界になると、ハマーンやシロッコといった軍の総大将クラスの人間がMSに乗って前線で戦っています。

 何故このような事が起こるのか、すこしもっともらしい理由を考えてみました。

 基本的に、部隊の指揮官の役目は戦況を把握し、的確な指示をそれぞれの担当に行う事です。そのため、最も情報が集まり、また最も効率よく各部隊に指示を伝達できる場所に、指揮官は居るべきであるということになります。
 普通に考えれば、その居るべき場所は旗艦の艦長席のはずです。情報収集を担当する専門のスタッフがいますし、通信手段も充実しています。また、艦隊の中心にいるはずですから各僚艦への指示も行なえます。単艦であっても艦載機の管制を行なっているので部隊の中心であることに間違いありません。

 しかし、これにミノフスキー粒子の概念を加えると、やや状況は変わります。というのも、ミノフスキー粒子はセンサー系を無効にするためのものですから、これを散布すると敵艦隊は著しく探知能力が低下します。そして、これは散布する側にとっても同じはずです。無論ある程度の対策は取れるのでしょうけど、完全に対策できるならMSという兵器の必要性は無くなってしまいますし、ガンダム世界のルール上、MSが必要である限り艦艇の探知能力はミノフスキー粒子の未散布状態よりも大きく低下していなければなりません。
 ということは、母艦へ戦況を伝達するためには、おそらくは情報を中継する何かが必要なのではないかと思います。いわゆる電子戦仕様のような機体なのだと言えますが、実はこれが「指揮官用MS」というやつなのではないでしょうか。

 前線→指揮官用MS→母艦という流れで情報が伝達すると考えた場合、最高指揮官がもっとも効率よく指揮を取れる位置は指揮官用MSの位置となります。2ステップの過程を経て情報が届くのを待ち、さらに2ステップ踏んで前線へ指示を送るより、1ステップで情報を得る事ができ、それに対する指示を1ステップで前線と母艦へ伝えることができる方が遥かに早く指示を行う事ができるからです。
 だから、最高指揮官はMSに乗っている方が都合が良い、と言うことができるのです。それも、必ずしも他の機体と編隊を組むとは限りませんので、できるだけスペックの高い機体である方が望ましいと言えます。ガンダム世界にカスタム機が異常に多いのは、指揮官機にはそれだけの性能が必要だったからなのかもしれません。そしてそれは単に戦闘能力が高いだけでなく、通信能力についても他のMSより著しく高い可能性もあります。

 ただし、そのためには指揮官はMSの操縦もできなければなりません。また撃破されるリスクも高まります。更に、MSパイロットとして戦況を判断するとなると他のクルーの助言なども受けられませんので、個人での瞬時の判断力が必要となります。総じて、最高指揮官を指揮官用MSに配置するというやり方は指揮官個人の資質にかなり大きく依存する形になるように思います。
 そのため、いくら効率的といっても、指揮官をMSに乗せるのは必ずしもベストの判断とは言えません。しかし、ジオン軍はあえてそのスタイルを選んだ、という考え方はできます。戦争序盤は相手がミノフスキー粒子にほとんど対応できていなかったでしょうから、指揮官機の撃墜リスクはかなり低かったでしょうし、そのような一方的な状況であればそれほど難しい判断も必要なかったと思われるからです。
 しかし、戦況が厳しくなってくると、指揮官機の撃墜=部隊の指揮官の死亡を意味してしまうため、部隊のエースと指揮官の両方を同時に失ってしまうということになってしまいます。ジオンが敗れた理由の一つに「ベテランパイロットの不足」というのが挙げられる場合がありますが、これは単に技量の高いパイロットという意味ではなく、リーダー適性のある人間という意味を含んでいたのかもしれません。そりゃ指揮官クラスが激減したら組織が成り立たなくなるのも当然ですね。

 一方の連邦軍はおそらく旧来からの伝統である旗艦中心のスタイルを崩していなかったのではないかと思います。指揮官機という概念が少ないですからね。あるにはありますが、特別にスペックの高い機体に乗っているという例は少ないです。
 無論ミノフスキー粒子の影響下では同様に仲介機が必要でしょうし、それはやはり指揮官機なのかもしれませんが、その機体に乗っているパイロットが最終決定者ではなく、艦長が原則として責任を負うという序列であったのだろうと思います。
 これにより、ジオンの部隊の特徴は「対応能力は早いが指揮官が潰されると瓦解する」であり、連邦の場合は「対応は一歩遅れるが母艦が沈められない限り対応は乱れない」という感じなのではないかと。これはMS中心か、艦艇中心かという双方の戦略の違いでもあるのかなと思います。

 問題は、劇中の指揮官機が本当に指揮を取っているように見えるシーンがあまりないということですね(笑)シロッコは劇場版だと艦隊の誘導なんかやっていましたけど。一方のエゥーゴはブライトの指示で動いていましたが、あれなんかはまさに指揮官をMSに置くか、旗艦に置くかというスタイルの違いだったのかもしれません。
 要するにMSに最高指揮官が乗るというのは、意味合いとしては三国志とか戦国の武将の世界と同じようなものなのかなと。そういう意味じゃあんまり指揮を取っているシーンがなくてもよかったのかもしれません…?
スポンサーサイト
コメント
コメント
キラの場合、終盤は准将扱いでしたな(オーブ軍の士官服を見ると……)。もしかするとウズミ氏は自分の死後もオーブが戦乱に巻き込まれる事を見越してキラを後継者として扱うように密かに頼んでいたかもしれませんし、ミナ様が関与していたかもしれませんね。


 案の定連合に組み込まれたオーブは戦乱に巻き込まれてセイラン家のおかげでオーブはガタガタ……カガリが軍の一派を率いて行動出来たのもキラが居たから可能だったと言う事かな。
2009/10/07 (水) 00:56:10 | URL | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集 ]
ドレンが艦長というのはちょっとナンセンスな気がします。

ブライトの場合はなし崩し的でしたけれど…。

オリジンではシャアが艦長で、ドレンが副長(シャアに艦長にされてましたが)ですので、そっちの方が現実味がありますけれど。
2009/10/07 (水) 01:40:17 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
>キラとオーブ
戦後の復興は連合にパイプを持つセイラン家の尽力だったのをガタガタにしたのがキラ達だったような。シロッコに掌握される過程(勿論、他組織との抗争という他要因もありますが)でボロボロになったティターンズのようなものかも。

ところで大型艦のドゴス・ギアは艦長は別にいてシロッコやバスクは作戦及び艦隊行動の指揮を執るはずだったんですよね。その割りにドゴス・ギア中心に編成されたティターンズ艦隊はアポロ作戦でチョロっとやった程度ですが…。
2009/10/07 (水) 08:54:39 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
「逆襲のシャア」でも、アムロとタイマン決着したいためか、シャアは自らMSに乗って最前線に出張りますよね。
しかも、シャアは最高指導者なのに「将軍」でも「大将」でもなく「大佐」。新生ネオジオンには大佐以上の階級は存在しないのか?
ひょっとして「大佐」というのはリビアのカダフィ同様、ニックネームでしょうか?ちなみにカダフィ自身の軍隊における最終階級は大尉止まり。
敬愛するエジプトのナセル大統領が大佐を自称していたのに倣ったとの事。勿論リビアにも大佐以上の将官は存在してます。ネオジオンも同じ感じですかね?
2009/10/07 (水) 18:04:50 | URL | DAI #-[ 編集 ]
設定を確認してみましたが、

シャア少佐(当時)の副官がドレン中尉(当時)です。
「ファルメル」はシャアが、ドズルから贈与された艦ですから、艦長はシャアで、ドレンは副長です。

艦長のシャアがMS等で出撃し、艦の指揮が出来ない場合に、副官(この場合は副長も兼務している)のドレンが艦長職の代行をしていただけだと思うのですが…。
2009/10/07 (水) 22:35:33 | URL | nemo #N4usM8ms[ 編集 ]
私の妄想ですけど、ジオン軍がMS万能主義に犯されていたのかなと思いました。
指揮官を養成する際にMSの操縦にかなりのウェイトを置き、必然的に指揮官が戦場に出るようになったのではないかなと。
極端な話、MSが活躍すれば指揮が多少不味くても勝てると考えていたのでしょう。
Z以降だと大規模な戦いではないので、指揮官もMS戦に参加するゲリラ的な戦法が有効だと考えていたのかもしれないですね。
シャア、シロッコ、ハマーン辺りは自分の操縦技術を過信しているからセオリーを無視して戦場に出ているだけのような気もしますが。
2009/10/08 (木) 02:16:56 | URL | 通りすがり #mQop/nM.[ 編集 ]
> 部隊旗艦
「ファルメル」劇中描写から判断すると、艦隊を組んでいないのと、シャアが司令官では無いので、定義・用語として正しく無い様な気が…。

> その居るべき場所は旗艦の艦長席
今日の考察ではCICとすべきところだと思いますが…30年前の作品なので…航海ブリッジ内で4畳半ドラマを完結させないといけないので、已む無しですか…。リアル考察なら最高指揮官がもっとも効率よく指揮を取れる位置はCICとかCDC(あれば司令部ブリッジ)だと思います。そして、ただ単に人材不足から来る多重兼務というだけの様な気がします。部隊指揮官、艦長、航海指揮官、戦闘指揮官、作戦指揮官、MS管制指揮官(エアボス)、MS小隊隊長、エース・パイロット…。

> 電子戦仕様のような機体
「指揮官用MS」は、ルロイさんの記事の文脈から判断すると「電子戦機」というよりも、「AEW&C機(早期警戒機)」(=AEW機(早期警戒機)へ限定定的指揮管制能力付与したもの)の方が近い様な気がします。でも、単座のMSに載せるのは下記理由でナンセンスに思えます…。
電子戦と言ったら、イフリート・ナハトの「強力なジャミング機能を搭載」の様に、MSのSPECなり、設定に、ECM、ECCM、ESM能力を持つ事が要求される筈で、06S等の設定で良く言われている「通信機能の強化」は、「限定的な指揮管制能力の付与」と解釈するのが正しいと思います…。

> 最高指揮官はMSに乗っている方が都合が良い
> 指揮官はMSの操縦もできなければなりません。
MS隊の隊長機が務めれば済む様な気がしてならないのですが、戦闘妖精雪風の様に、足が速く、強力な“自機防衛用”武装搭載、戦闘非参加で、 指揮管制に徹するのなら有りだと思いますが…。

いつ高機動格闘戦状態に入るか分からない状況の単座のMSコックピットの中で、敵艦、敵編隊各機、母艦(艦内状況)、自編隊各機のリアルタイム位置把握を行い最適な指示を、リアルタイムで出し続けるというのは、常人にはほぼ不可能だと思います。非交戦時(戦闘非参加)ならともかく、高機動格闘戦に突入したら、冷静に指揮は出来ないでしょう。(A級NTとして覚醒していれば出来る可能性は高いですが…)

指揮官を最前線に出す必然性が本当にあるのなら、MSを複座にして、エース級をパイロットに、ナビシートに載せれば済むだけの様な気がしますが、その様な運用は見受けられなかったので必然性は低かったのだと思います。距離が近過ぎて、データリンクSYS(レーザー通信?)でのデータ転送は瞬時ですから…。(俺Zでは複座のRX-78改やRMS-178Bに指揮管制員を載せる描写をやってますが…)
別解決策1案は俺Zで使う予定(インパクト勝負)なので、ここでは割愛します。

> 問題は、劇中の指揮官機が本当に指揮を取っているように見えるシーンがあまりない
同意です(笑)。

> ジオン軍はあえてそのスタイルを選んだ
MS乗りで武勲を立ててMS小隊隊長や巡洋艦艦長に出世した人が、「手っ取り早く武勲を立て続けていく方法」が、CICを活用した指揮官スタイルではなく、MS乗り(小隊長)だったという事なのでは…。ジオンでは「指揮官の優秀な戦略・指揮による戦果」より、「単純な末端の戦果」を評価する傾向が有ったのかも…。

> 一方の連邦軍はおそらく
WWIの某国の将校温存戦略の戦訓なのでしょうね。

まぁ、三国志とか戦国時代の合戦で陣頭指揮の武将がモチーフなのでしょうね。。。
2009/10/08 (木) 21:25:36 | URL | nemo #N4usM8ms[ 編集 ]
そうそう、シャアの部隊は、特務機動小隊なので、単艦行動が基本になります。

ちなみに、この機動小隊の司令(司令官ではない)は、所属艦の艦長が兼ねるのが基本のようです(MSVなどから推察するに)。

ムサイは巡航艦なので、通常ですと大佐が艦長に任じられるべきところを、特例で、少佐であるシャアが抜擢されたということなんでしょうが、実際のところは、艦長が別にいた…として欲しいところですけれどね(笑)

それと、ドレンは副官ではなくあくまで副長のはず。副官というのは、大臣や司令官、上級の体長などにつくものであって、少佐ごときにはつかないですし。
2009/10/09 (金) 13:45:45 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
>YF-19kさん
キラの階級はカガリのサポートができる地位という意味があるのかなと思ったりもします。
未熟なカガリの代弁者となれるだけの権限をということで。
指示される方としても、カガリよりはキラの方がまし…かも(笑)

>陰鏡さん
ドレンが艦長と明言されているものはないようですね。早とちりでした。
当時の資料を見ていると、副長という表現はなく、シャアの副官という解説がほとんどです。
シャアがMSで出撃した後の指揮権を持っていた、という記述はありました。

>巨炎さん
ドゴス・ギアはティターンズ旗艦として建造されたようですが、
任されたシロッコがそのように使わなかったんでしょうね。
あるいは、バスクに気を使って旗艦としての行動を取れなかったとか。

>DAIさん
そもそもシャアのネオジオンは公式な軍隊ではありませんから、
階級の名称もそこまで厳密ではなかったように思いますね。
そういう意味ではやっぱり大佐はニックネームのようなものだったんじゃないでしょうか。

>nemoさん
枝葉のご指摘はともかくとして、
ジオンの場合艦隊行動による戦術よりもMS部隊による戦果の方が大きかったのでしょうし、
その結果艦長よりもMS部隊長の方が大きく扱われていたのかもしれませんね。
いずれにせよ司令クラスもMSに乗るべしという風潮があったことは、マ・クベのグフがあったことからも伺えますし。

ただ何か指揮官がMSに乗ることによる明確なメリットがあった方が、
劇中の描写を「あり得ない」とか「たまたまそのキャラがそういう人だっただけ」と解釈するより面白いと思うんです。

>通りすがりさん
ルウム戦役で優秀な艦長はほとんど戦死してしまったのかもしれませんねぇ。
結果的に生き残ったエースパイロットに依存するしかなくなったとか。
学徒動員ではパイロットとしては使えても、指揮官としてすぐ実戦レベルにはなれないでしょうしね。
逆にハマーンやシロッコ、シャアの場合、当初はパイロットだったにも関わらず急速に才覚を現して指揮官として能力を発揮できるようになり、
両方のケースで切り札的行動が取れるようになったというところでしょうか。
ニュータイプってのは単にパイロットとして優れてるだけじゃなくて、指揮能力も発揮できるってことですかね。人によりますが。
2009/10/09 (金) 21:53:22 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
> 陰鏡さん
大型艦(巡洋艦以上の事が多い)で艦長が大佐の場合、副長は一般的には中佐が務めますし、小型艦(駆逐艦)で艦長が中佐の場合、副長は少佐が努めます。

ただ大量建艦して巡洋艦の保有数が大佐、中佐の合計より多い場合や、大佐、中佐が多数失われて定員割れの場合、欠員(巡洋艦艦長枠)は、昇進させない場合、少佐や大尉で埋めるしかないのと、下記の運用から判断すると「ムサイ」は駆逐艦扱いっぽいです…。

> ムサイは巡航艦なので、通常ですと大佐が艦長に任じられるべき

しかしですね、ガンダム”公式”設定の恐ろしい所は、「キャメル」巡洋艦隊指令のドレンの階級が昇格して”大尉”だったりするところなんですねw。
「ファルメル」の時分、ドレンは(一説で)少尉でした…(汗)。

あと、「ドレンは副官」は、オフィの「<キャメル>艦隊戦」の項(P.194)等に記載があるので…、準公式だと…。
2009/10/09 (金) 22:07:44 | URL | nemo #N4usM8ms[ 編集 ]
> ルロイさん
仰る事は解ります。ガンダムですから、考察ではそういう補正は必要です。

ただ、結果としてドズルやマ・クベ、ティアンム、レビル、シャア、シロッコ、ハマーンの損失が生じた事も、考慮する必用が有ると思います。

後出しジャンケン的視点ですので、指揮官や司令等をMS等に乗せて前線に出す事の「リスクの高さ」や「デメリットの大きさ」、「一般的には非常に有り得ない位の事」も正しく認識しておく必要はあるのでは…と思います。

「リスク」や「デメリット」「有り得ない度」を正しく評価するか、目を瞑って考察するか、だと、より正しく評価して劇中の描写から指揮官がMSに乗ることによる明確なメリットを考察する方が、ハードルが高く、その分楽しめる(説得度が高くなる)と思っています。
2009/10/10 (土) 07:43:42 | URL | nemo #N4usM8ms[ 編集 ]
「リスク」と「デメリット」は同意できるのですが、「あり得ない度」というのは基本的に考えないのが自分のスタンスです。
そこを考慮すると最終的にMSが必要なくなってしまいますし、
「未来のロボットがそんな間抜けな設計のわけねえだろ。 ちゃんと計算されてる」
でいいと思っています。「角度とか」は不要ですが(笑)
2009/10/10 (土) 18:53:21 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
いやいやいや、当然、ガンダムが成立する丁度いい塩梅にする必要が有るんですよ、角度とか。
2009/10/10 (土) 20:43:20 | URL | nemo #N4usM8ms[ 編集 ]
>ルロイさん
ガンダムの解説書については副官と副長を混同している記述が多いので、そのままを信じると戦記ものとして成立しなくなりますので、あくまで副長の誤記として私は主張したいです♪<副官

>nemoさん
公式で定められたことは絶対だ!というのであれば、考察の必要もないということになりかねませんから、矛盾点は矛盾点として洗い出すのがよいと思います。
まぁ、他人のblogでやることか?と言われればそうですけれど(笑)

ドレンがキャメルパトロール艦隊を率いていた際の階級が大尉というのは、実は「シャアが司令である」という可能性もあるんじゃないでしょうか?
大佐ごときに副官というのも変ですが、ファーストのTV版を完全肯定するに於いて、シャアは特別扱いなんで、特別に副官を配した。地上へ任務で降りている間は、その司令代理として副官であるドレンがつとめたと考えれば、辻褄は合わせられないことも無いですよ(無理はありますけれど<大尉なら、中将クラスの副官になっちゃいますし)
2009/10/12 (月) 02:19:32 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
キラの場合
ミーティアを使えないと火力がかなり落ちます。
まあ単機のMSとしては十分過剰だろうというのは置いといて。
だからミーティア搭載艦に命令しなけらばならない局面があると考えられます。
そこでミーティア艦長より階級が低いと困るので、ミーティア搭載艦の艦長の階級より高い階級を与えたということもあるかもしれません。
2009/10/12 (月) 22:05:02 | URL | DN #mQop/nM.[ 編集 ]
>nemoさん
自分が言いたかったのは、未来の話なんだから今の基準であり得ないかを考えても仕方ない、ということであって、
本当の意味で「角度とか」がどうなのかが言いたかったわけではない、です。

>陰鏡さん
艦長の副官なら自動的に副長になりますが、
そう表記していないということは艦長と断定していないのだ、と捉えています。
どっちかというと、艦長がMSに乗っているというよりは、それ以上の役職の者がMSに乗っているものと解釈してますね、今は。

>DNさん
エターナルがミーティアを指揮しているのではなく、
ミーティアがエターナルを指揮しているということでしょうか?
2009/10/13 (火) 22:42:22 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ルロイさん
艦長には副官つきません。
副長というのは、「艦の副長」であり、艦長の副官ではないのです。

副官は部長代理であり、部長代理は課長より下の人がなる場合もありますでしょ?

でも、副長は代理ではなく正式な役職で、次長みたいなものです。
2009/10/15 (木) 03:06:43 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
>陰鏡さん
ドレンの件、
1st冒頭の副官時の階級は、中尉か少尉とされています。
キャメルパトロール艦隊司令(大尉)時は、既にシャアの副官ではなくなっています。

シャアの失脚時にドレンも処分を受けたのか、シャアのみの更迭だったのか、その後、ドズル配下か、キシリア配下(シャアと共に抱え上げ?)で、『実は「シャアが司令である」』説は変わると思います。

艦長代理(副長とか専任将校)でさえ、責任の重さから、1階級下が一般的なので、マッドアングラー司令時、シャアは大佐ですから、シャアの副官だったとして大尉が副長ましてや司令代行は…無理めな気が…。

> 大尉が艦長というのもあながち間違いではない
> 駆逐艦並みというよりも、連邦軍が海軍準拠であったとしても、ジオン軍が海軍準拠でなければならない理由はないですものね。

Wikiとかに書いてある巡洋艦の艦長階級、「大型艦(巡洋艦以上の事が多い)で艦長が大佐か中佐以上」は、どうも「巡洋艦の保有数が少なかった海軍の規定」(=WWIIの日本海軍)ベースの説明の様で、巡洋艦が60隻(特に軽が)と多かった英海軍とは規定も違うでしょうから(艦長の階級は確認が難しく未確認)、推測ではこちらの人事のほうがジオン、連邦にも合う気がします。劇中、駆逐艦やフリゲートが登場していなく、ムサイ、サラミスと軽巡の保有数が両軍ともに多いので、「ムサイ」が、特に「2連装2基ムサイ」が、大量建艦理由で、駆逐艦とか潜水艦の扱い的なら、「大尉が艦長」は有り得るかと…。「巡洋艦の保有数が少なかった海軍の規定」を踏まえるなら、「大尉が艦長」というのを無理なく成立させる解釈は「ムサイ、サラミスは駆逐艦、潜水艦扱い」になるのでは…という事です。大尉が艦長は有りですが、流石に大尉が司令を務めるのは難しいかと…。

ジオン、連邦の将校クラスの人材不足の捉え方や、「30年前の1stなら「有り」割り切り」で乗り切るしかないと思うのですが…。
(まぁ、階級関係は気まずかったところは、さすがに、オリジンでは一部に見直し・補正が掛かっているところもありますし…)

ドレンの階級上げと役職補正して、ホントはファルメル副長で、「大尉->(昇格して)少佐」位が落し処だと思います。
2009/10/15 (木) 22:02:06 | URL | nemo #N4usM8ms[ 編集 ]
エターナルの場合、乗ってる人が乗ってる人ですし、階級をきにする必要はないと思います。
ただ、今後ミーティア母艦とミーティア搭載可能なMSを他のメンバーで運用する際、困ったことがあります。
まずミーティア搭載可能なMSを効果的に運用するにはパイロットの判断でミーティアを使えるようにするのがベストです。
戦闘が起こってからミーティアをつける必要がある場合も考えられます。
この場合艦を危険にさらすことになります。
それによって何らかのトラブルが発生する可能性があります。
問題はその際誰が責任をとるかということでして。
普通この手のトラブルは最高責任者である艦長がとることになります。
そうなるとパイロットが必要と判断し、要求した場合でも艦長が却下する場合が増えます。
そりゃそうでしょう、パイロットの判断で自分が責任を負うことになるのですから。
まあ普通の兵器だったらその程度のトラブルには目をつぶってもいいんですが、ミーティアの桁外れの火力を考えるとあまりにもったいないです。
となるとパイロットが「命令」する
ことが必要となってきます。
ただ、判断はパイロットで責任は艦長というのは余りに不公平です。
そこでパイロットにミーティア運用の責任をとらせるためにあえて高い階級をあたえたのではないかと。

まあ艦を直接指揮するというより、ミーティアを使う際の責任をパイロットにとらせるほうが運用上都合がいいということです。

アニメでは描かれることはあまりありませんが、この手のことでトラブルが起こるとややこしいですから。
特に軍隊は使っているものが「危険物」なうえに「国民の財産」であるのでより大変です。
2009/10/15 (木) 23:36:55 | URL | DN #mQop/nM.[ 編集 ]
>陰鏡さん
なるほど。副長と副官は根本的に意味が違うわけですね。

>DNさん
なるほど。ミーティアの運用が艦艇の戦闘力に大きく影響を与えるが故に指揮能力が必要であると。
ザフトもMS運用的にはジオンに近い軍ですし、
MSパイロットが艦長を上回る指揮権限を持つ場合もあるのでしょうね。

…まぁ、劇中の描写だけを見てしまうと、
キラがラクスとの個人的な関係でミーティアを射出させているような気もしますが…(笑)
でもミーティアを使うときは事前に使う事が作戦上決まっていたようにも見えるんですよね。そう考えるとどちらに指揮権があるべきか決めかねる部分もあります。
2009/10/16 (金) 00:12:46 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>nemoさん
おそらく、当時の軍艦が佐官に艦長をさせたのは、掌握人数の責任の重さの問題だからだと考えてみたんです。

陸軍などでは連隊(3000名)長が大佐、大隊(600名)長が中佐・少佐で、かなりの人数を掌握しています。

これに対し大和クラスで乗員2500名ですから、艦長が大佐でなければならなかったことは当然なのかもしれません。

ところが、WBなどは乗員250名程度なんですね。これなら別段佐官じゃなくても、掌握させられる乗員数な訳で、不自然ではなくなるんですが、ちょーっと少なすぎる気がするんですよ。どんなに科学技術が進化していたとしても。

ただし、やはり大尉が艦長というのは聞いていて不自然な感じがしてしまうので、シャア少佐が艦長というのが落としどころなんじゃないでしょうかね。

ドレンの大尉が特務大尉なら中佐扱いなんで、隊司令でも不自然じゃなくなりますけれど(特務大尉でも呼称は大尉ですからw)
2009/10/16 (金) 03:03:11 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
ジオン軍のMSは連邦の艦隊に突撃することを前提としていますからMS隊は母艦と離れてミノフスキー粒子で通信できないことを前提としてMS隊長が重要な役目を負うのだと思います。
「戦艦や巡洋艦を移動基地的な運用をして敵艦隊にMSを突撃させる」わけですから

対して連邦軍はMSはあくまで母艦の護衛と支援する機動兵器ですから
専ら母艦の付近で戦闘します
ソロモンやアバオアクーでもジムはセンサー有効半径の6000mを限度にしているでしょうし。
6000mって言っても6kmですから見えないぐらい遠くですよ。
ボールや航宙戦闘機(セイバーフィッシュ)や突撃艇(パブリク)なども後方でGMや母艦の支援していたでしょうし、母艦が援護射撃してくれるでしょうけど。
「MSはあくまで母艦の支援と護衛である」ということですね。
2009/10/18 (日) 00:40:23 | URL | #-[ 編集 ]
> 陰鏡さん

> 公式で定められたことは絶対だ!というのであれば、
現状、管理・整備されているとは言えないのと、増改築の嵐なので、全てが絶対ではないとは思っています。
準公式も伝言ゲーム的な誤認・未確認・誤植で…、絶対といっていたら「有り得ない度」の話は出て来ない訳で、しかし、バンライズの土俵で、ガンダムという褌で、相撲をとっている事も事実なわけですし、考察で公式、準公式とは「韻」の様な物で、あまりに韻を踏んでいない説は、俺説、別物とされてしまいますし…。あまりに踏みすぎるとご都合主義さが増し、増改築に対応出来ず、と…。どの韻を踏むかというセンスとバランスが肝なのですが…。
うちではダメ設定はダメとして、カトキ的リファインとかでっちUPというスタンスですが…。

例えば、ペガサス級の考察も「公式(や準公式)で定められたこと(建造数、艦籍番号)は絶対ではない」と、してしまえば、簡単に解決出来るでしょうが、公式等を絶対視しない人も番号いじり等は良しとしない立ち位置の人もいるわけで…、

> 佐官に艦長
おっしゃっている考えで良いと思います。

> WBなどは乗員250名程度
> ちょーっと少なすぎる気がする
リアル考察なら、人間ドラマは減るのですが、真空・無重量中での整備の主力は00のハロ+αみたいに(有線・無線)遠隔操作ロボットで行うべきだと思いますし、対空/宇宙機銃もFullAutoかSemiauto(レーダー連動コンピュータのサポート有り)になると思います。どちらも艦内部のOPルームから半球モニターを見ながらの遠隔操作が基本でしょう。だとすると艦の運航クルーとしては250名で回るのかもしれません。揚陸、白兵にも2m級戦闘ロボットを投入しそうな物ですが…。バランス次第でガンダムから乖離してしまいますし…。
2009/10/18 (日) 01:11:47 | URL | nemo #N4usM8ms[ 編集 ]
> ルロイさん
2ch用語には疎いので、「角度とか」は、勉強になります。
「はてな」とかで、定義など確認して、「未来のロボットがそんな~(以下)」部分は、ナンセンスなコメントに対して付されていて、「有り得ない度(の比重の高さ)」が「ナンセンス」とされたと判断したので、取り敢えず、あの様なコメントとなりました。

「あり得ない度」というのを基本的に考えないというスタンスは、当然、「有り」だと思います。

ただ、「有り得ない度」を考慮しても、ASIMOが歩き始めた事によって、10万も払えば
ホビー用の二足歩行ロボットを個人が所有出来る時代となって、米軍が無人機を含めた各種ロボットの開発・実戦投入とともに、以前、実しやかに言われていた程には「最終的にMS(≒18m級宇宙用人型搭乗ロボット)が必要なくなってしまう」状況というのはもの凄く後退してしまっていると思っています。

> 未来の話なんだから今の基準であり得ないかを考えても仕方ない
というのは、その通りでもありますが、この場合、「30年前~現代の人が創った想像上の未来の話でしかない」わけで、ちゃんと考えられたSFに比べると未来予測精度が甘い部分も見受けられますし、科学技術やハードと違い、未来になっても変わらない(影響を受けにくい)部分(例えば人間の能力や組織内の首領の重要性)も有ります。つまり、今の基準で「あり得ない」かを考えても意味を持つ箇所もあると思うのです。今回はここの部分の話だと思うのです。主人公やライバルキャラが危険や困難に身を置かない話が面白いのか?という話でもありますが…、その状況設定の説得度の高さを求める事が出来るのはファンの特権でしょうし、

> 前線→指揮官用MS→母艦という流れで情報が伝達
この辺りについての考察はうちのブログ記事に後日追記予定です。

「角度とか」は追体験して面白かったので、ZetaTEXTだったらこう解釈するというのも交えて、なんとなく「角度とか」jpgを作ってしまいました(笑)。塗りとか修正が終わったら再掲載予定です…。
2009/10/18 (日) 09:02:16 | URL | nemo #N4usM8ms[ 編集 ]
> 名無しさん
> 連邦軍はMSはあくまで母艦の護衛と支援する機動兵器

「(連邦側)MSはあくまで母艦の支援と護衛である」は言い過ぎなのでは?少し気になるのは「映像」を見られて考察しています?という点です…。

ゲームのOPムービーですが、サンライズ第7スタジオ制作の最新作「機動戦士ガンダム戦記 アバンタイトル」(ネットに転がってもいる)とかでのア・バオア・クーでの連邦MS(ユーグ機、ガンキャノン203号機)の描写を見る限り、専ら「母艦の護衛と支援」とは言えないと思うのですが…。

根拠となる「劇中のシーン」とか「どこかの資料に書いてあった」とか有ります。。。?

それと、俺説ですが、「センサー有効半径の6km」はビーム・ライフル運用時の精密照準用のSPECだと思います。ジオン側MSのそれは、06Fで3,200m、09Rで5,400m、14Aで6,300mであり、センサーレンジのSPECだけの比較ならジムは14A的に艦隊突撃運用は可能という事になります。

現在のF-22機載レーダーでさえ約250km先の目標を探知出来る能力を持っているとされるので、MSのレーダーレンジ(ミノ粉無時、有なら半減以下でしょうが)はもっと広いでしょう。ただ、F-22の中距離ミサイルの射程は大気中では100km超(wiki)らしいですが…。

リアル考察なら、くっきーもんすたーさんのジオンの残業での諸氏の考察が超参考になりますが、ボールでさえ、敵味方の相対速度差1.36km/s程度の戦闘はざらという可能性があります。

> 見えないぐらい遠く
肉眼では無いですし、WWII時の大和でさえ、艦橋最上部(海面上37m位置)の15m測距儀(光学式距離測定装置)で最大測距離は50kmです。偵察衛星とは条件が違いますが、ミノ粉散布下戦場の有視界戦闘に特化した兵器が両軍のMSなのですから、MSの精密照準用メインカメラで、最低限、増感、光学とデジタルのズーム、画像認識処理はしているでしょう。他のセンサの支援有りで20km位の位置に居る200m級艦は光学系で捕捉出来そうな気が…。
2009/10/18 (日) 20:39:20 | URL | nemo #N4usM8ms[ 編集 ]
>nemoさん

>例えば、ペガサス級の考察も「公式(や準公式)で定められたこと(建造数、艦籍番号)は絶対ではない」と、してしまえば、簡単に解決出来るでしょうが、公式等を絶対視しない人も番号いじり等は良しとしない立ち位置の人もいるわけで…、

なので、特務大尉(現在ではラルも特務大尉となっているはず)に昇進しているということでは如何でしょう?という話です。

ただし、人数の問題もあるので(あまりにも操艦に従事する人数が少なすぎ)、やはり佐官または佐官相当官であったという形で、ブライトのみ特別としたいですねぇ(特務大尉なら特に矛盾しないので)

WBはもうちょっと人数増やさないと戦艦なら厳しいし、強襲揚陸艦だとすると、運用方法が違うし、困り者ですね(笑)
2009/10/19 (月) 14:17:03 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
>名無しさん
当ブログの兵器開発史を前提に考えているように思われますが、
あれは比較として連邦とジオンの違いを明確化してるだけで、
そこまで劇的に連邦とジオンでMSの運用に差があるわけではありません。
連邦ではボールやガンキャノンが担う役目をジオンはムサイが担っていますから、
決してジオンの艦艇がずっと後方にいるわけではありません。
艦艇の支援でMSが敵艦を撃破するか、MSが開いた血路で艦艇が敵艦を撃破するかの違いです。

>nemoさん
自分はnemoさんの考えを否定するつもりはありませんが、
自分自身はnemoさんと異なる考え方をしていますので、
それをご理解の上書き込んでいただきたい、ということです。
nemoさんと同じ考え型での考察はできないし、するつもりはないことを前提にしていただければと思います。
2009/10/24 (土) 15:10:55 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
シャアとドレンの件
オフィのP.684右上図枠<ファルメル>内に「(前略)ドレン中尉(一説では少尉)が艦長を務め、(後略)」と記載が見つかりました…。
(オフィの記載の仕方が不味い…。)

ということで、 シャア少佐は、"特務小隊か何らかの"「司令」で、ドレンはファルメル「艦長」 迄は、準公式的には確定事項(劇中に肯定出来るセリフが有ったかは未確認)という事になります。

パトロール隊任務のキャメル艦隊(司令)時のドレンの階級問題の解決策
確かにラル大尉の例も有りますし、陰鏡さん説の「ドレンの大尉が特務大尉なら中佐扱いなんで、隊司令でも不自然じゃなくなり」を取り入れ、うちのブログにコメントを頂いたAlmera WRCさんの「ドレンが短期間のうちに3隻を指揮する艦隊司令に収まっていることを考えると、階級は別にしてシャアはファルメル+MS部隊で編成された戦隊司令でドレンがファルメル艦長で事実上のシャアの副官というのがすっきりする」をフォローして、

シャアは、"特務小隊か何等かの"「司令」として、ドズルから下賜された「ファルメル」に座乗・指揮。
ドレンは、下賜に際して、"特務小隊か何等かの"「司令」補佐(副官)的に(前任はシャア艦長艦で副長だったのかもから)「ファルメル艦長」に任命。

とする事で、通説の「副官」とされる件をクリアーし、ドレンの階級は「ファルメル艦長時=特務少尉(大尉扱い)からキャメル艦隊司令時=特務大尉(中佐扱い)へ昇進」とかいう解釈はどうでしょう…。(ファルメル艦長時を特務中尉(少佐扱い)とすると当時のシャアの階級とぶつかるので、特務少尉が妥当かと…)「シャア解任後の人事異動で、昇格と艦隊司令の座を得た事の説明」もクリアー出来ます。階級は多少アクロバチック気味でしょうか?

> ルロイさん
了解いたしました。今後ともよしなに。
2009/10/25 (日) 09:21:38 | URL | nemo #N4usM8ms[ 編集 ]
nemoさんと陰鏡さんのやりとりは静観していましたが、
オフィシャルズに記載というからには何か元記述があるのかもしれませんね。

階級なんですけど、ジオンの階級は一般に言われる階級よりも1ランク低く設定されているだけって考えはだめなんですかね?
ジオンの佐官=将官クラス
ジオンの尉官=佐官クラス
ってことで。
なんでそうなったかというと、将官が事実上の名誉職で実務はほとんど佐官以下がやってたとか。
2009/10/25 (日) 12:15:15 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>オフィシャルズに記載というからには何か元記述があるのかもしれませんね

ここ大問題なんですよね。
皆川さんに以前メール出したときにも散々指摘した点なんですけどね。
出典を列挙されてもなーんも役に立たないんですよ!って(笑)

ジオン公国軍の階級が低く設定されているというよりは、TV版だけが妙に階級が低すぎるだけな気がします。
2009/11/24 (火) 02:33:50 | URL | 陰鏡 #-[ 編集 ]
まぁ出典は出すと版権の問題が生じてしまう可能性があったりするんでしょうね。
商業誌と論文は違いますからね…。
2009/11/26 (木) 22:36:34 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/19 (火) 08:42:29 | | #[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
考察「艦長より階級の高いMSパイロットが存在する理由」補完キット(笑)
2009/10/08(木) 21:42:44 | 「Zの書 / BOOK OF THE ZETA」
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.