がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
リックディアスの形式番号は何故偽装されたのか
 リックディアスの形式番号であるRMS-099というコードは、連邦軍のMSであると見せかけるための偽装であり、本来はMSAナンバーであったという設定になっています。
 しかし、このように形式番号を偽装したと思われる機体はエゥーゴには他にありません(これ以前の機体としてプロトタイプリックディアスは挙げられますが)。一体何のために、形式番号を偽装する必要があったのでしょうか。

 リックディアスの形式番号の特徴は、存在しないコードを使用している点です。当時、連邦軍のMSの形式番号上2桁には拠点番号が振り分けられてありましたが、09というコードの拠点はありませんでした。
 これでは、目視による確認はごまかせても(いちいち拠点番号を覚えている兵士もそう多くはないでしょうから)、登録コードを検索されたら一発でアウトです。そもそもマスターか何かで拠点番号の一覧は存在するはずで、それと照らし合わせて存在しない番号であった時点で偽装はばれてしまいます。

 この事実から、それでも偽装が成立するには「連邦軍の拠点番号に”09”というコードは存在した」とするしかありません。だとすればそれは何なのか、ということです。
 解釈の一つとして、例外コードは全て09で処理されるようになっていた、というものがあります。そう考えるしかなさそうではありますが、実際のところリックディアス系以外に09で登録されている形式番号が現時点では存在しないために、説得力があまりありません。

 しかし、エゥーゴが連邦軍の一部であるということに着目すれば、抜け道はあります。どういうことかというと、「形式番号の登録作業を行える人間」がエゥーゴの一員であれば良いのです。一回承認されてしまえば、そのコードはずっと連邦軍のデータベースに登録されるわけですから、誰も疑いません。例え存在しない拠点コードであったとしても、データベース上に登録されている以上、詳しい事情を知らない現場の人間は例外か何かで承認されていると判断してしまうでしょう。
 つまり、一度登録してしまえば勝ちなわけです。だとすれば、その登録に関わる人間が上手くやれば済むわけで、そこにエゥーゴはつけ込んだということになるのでしょう。

 ではその登録はどのように行われたのか、ということになりますが、基本的にはデータを改ざんしてしまえばいいわけです。ただ、連邦軍のコンピューターですから承認者の権限でもなければデータの変更はできないと考えられますので、その承認者の立場の人間がエゥーゴだったということになるのではないでしょうか。グラナダは丸々エゥーゴだったわけですから、グラナダ基地の責任者レベルの人間が関わったのかもしれませんね。

 このようにしてリックディアスの形式番号が連邦軍のものとして登録されたために、仮にリックディアスが連邦軍に捕捉されてしまっても、味方機として扱われるわけで、怪しまれずに済みます。実機を見られて何だあれはと言われても、実験中の新型機ですと逃れられるわけで。
 思えば、リックディアス3機が簡単にグリーンオアシスに潜入できたのもそのおかげなのかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
この次期に拠点番号制を採択していたティターンズに偽装するという目的もあったんでしょうね。

連邦軍の中では独自の指揮系統の中に位置づけられているティターンズなら、一切の臨検なんかも受けないでしょうし。

MK-2の強奪までは基本的に戦力不足から隠密行動をするには皮肉にもティターンズの強すぎる権限は皮肉なほどにありがたかったのでしょう。
2009/09/19 (土) 03:07:48 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
当初は連邦発注という形で開発予算を捻出し、それをそっくりエゥーゴが着服しているのが「ヘルメス夢幻」説だったハズ。
アーガマの木星船団予算流用と同様のケースですが、ソレのために偽装ナンバーが必要だったとも解釈できます。
どちらにしても、財務・開発関係のかなり深いところまでエウーゴのシンパは潜伏しているってことですね。
2009/09/19 (土) 09:52:51 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>ドクトルKさん
正規軍相手にはティターンズのMSだと思わせる事ができて有効だったんでしょうね。
ちょうどハイザックはじめジオン系の怪しい機体も配備されていた頃で、見た目的にも怪しまれにくかったと。

>とっぱさん
なるほど。RMSナンバーは連邦軍の予算内で開発するための意味でもあったと。
MSのノウハウは宇宙軍が一番持っているでしょうし、その宇宙軍が中心となっているエゥーゴだから可能だったということでしょうか。
2009/09/20 (日) 15:47:55 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.