がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
コミック版A・O・Z 2巻
 やっと出ました第二巻。しかし一巻に比べると、レベルが下がった印象。劣化ガトーみたいな人とか、二度も同じパターンで颯爽と駆けつけるオードリーとか、ちょっと芸がなさ過ぎるかなぁと。種デスほどじゃないけど主人公の個性もぱっとしないしなぁ。手元にある電撃ホビーマガジンと比べて見るとほとんど内容が変わらないので、いまいちなのはどうも漫画家のせいじゃなくて原作者のせいのようだ。一巻はまだ模型企画が本格始動していない頃の話なのでそこそこ面白いってことらしい。「戦記」もそうだったが、ガンダムのコミックは下手にシナリオを別の人にやらせず、漫画家の自由にさせた方が面白いんじゃなかろうか?
 いや、単純に「燃え」の観点から見ると、二巻も相当面白いんですけどね。実験部隊っていう背景とハイザックに乗るカールの葛藤とか、絶体絶命にピンチに駆けつけるヘイズル2号機とか。バスク派の人たちの黒さが強調されてればもっと良かったんですけどね。
 毎度ここぞという時にヘイズルに乗って活躍するオードリーは似たようなキャラのルナマリアより数倍有能でカッコいいけど、それまで全然戦闘要員として描かれてなかったのに突然パイロットになったり、いつも最新鋭機で美味しいところを持っていくだけなので真の実力がよくわからなかったりと、なんだかいまいちマンセーになれない。ガンダム乗りの女の子という意味ではルー、エルやクリス以来なわけだけど、そのへん(つまり燃えと萌えの両立)だけを強調しようとしている作り手の意図が見えちゃうんだよなぁ。
 でも、今後キハールやダンディライアンといったキワ物メカがガンガン登場するんで、そういう機体が漫画で見られること自体珍しい気がするという意味で楽しみです。まさか打ち切りにはならんよな?
 この漫画、ガンダムエースで連載したらかなり人気出ると思うんだけどなぁ。勿体ない。未読の方はオススメですよん。

 最後に…シュトゥッツァーもいいけど「空間戦闘用の09F」が思いっきり登場しているところをもっとクローズアップしてください。電ホビのほうにもちゃっかり出てたなんてコミック読んで初めて気付いたよ(汗)
スポンサーサイト
コメント
コメント
フュンフ
初コメ。

>空間戦闘用の09F
この機体、現場レベルでは【09R】呼称されているのが、興味深いところですね。デラーズ・フュンフも小説では【09R/リック・ドム】呼称でしたし。

面白いのが、最初トローペンに準じた足首だったのが、ツヴァイのものに換装されているところとか、当初はマリーネのバックパックを流用してるところとかですな。
2005/04/04 (月) 18:19:32 | URL | 一文字突破 #B8xSsyyA[ 編集 ]
どもども。
初コメありがとうございます。

確かに、09Rなんですよね。
アルファベットを仕様と判断するならば、それもありだと思うんですが、そうなるとF型とは何仕様なのかわからなくなるんですよねぇ。
純粋宇宙用にチューンされた機体は外見に関わらず全てR型で、宇宙用装備と地上用装備を両方装備している仕様がF型と考えると、ドムトローペンが09F/Tropとなっているのが疑問になりますし…

まぁやっぱり、色んな機体のパーツを流用した結果F型とは言い難くなって、便宜上R型ってことにしたというのが一番無難な解釈なんでしょうけど。
2005/04/04 (月) 21:15:31 | URL | ルロイ@管理人 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.