がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
GMを初期・後期・標準・ローカルの4要素で分類する
 タイトルの通りです。現在の設定では、当初から登場している素GMと、カトキ版GMであるGM改は、初期生産型と後期生産型という設定になっているようです。つまりは、スペックよりもコストや生産性を重視した省力型の素GMと、それらのデータを反映させてより完成度の高い設計となっているGM改という関係です。

 一方で、GMのバリエーション機はそれだけではありません。代表的なのは、同じ後期生産型とされるGMコマンド系でしょう。この系統はオーガスタで開発されたシリーズであるとも言われており、同じ後期生産型でも開発地域が異なるようです。
 また、GMコマンド系はあまり生産数が多くなく、限定された部隊でしか運用されていなかった節が見られるのに対し、GM改は最初期の機体がルナツーで運用されていたものの、終戦前後に主力艦隊に配備されており、連邦軍の制式主力機として運用されていたようです。

 このことから、GMには初期型・後期型という開発時期の区別と、標準型・ローカルバリエーションという開発地域の区別があるのではないか、と考えました。
 これは表にすると以下のようになります。

       初期型   後期型
標準    素GM    GM改
ローカル         GMコマンド

 こう見ると、初期型のローカルという機種が空いていることがわかります。ここに入る機種として真っ先に思いつくのは、陸戦型GMでしょう。極めて初期に配備された機体であり、またおそらくは陸軍により開発されたマイナーチェンジ型の機体です。
 このことから、GMコマンド系の機体も単にオーガスタ製というだけの機種なのではなく、例えば純正宇宙軍専用機(標準型のGMは全軍で運用される)という可能性もありますが、D型のように地上で運用されている機体もあり、必ずしもそうとは言い切れない部分があります。

 もう一つ、初期型のローカルにあたる機種があります。陸戦用GM、デザートGMなどのF型系列です。これは、F型のデータをフィードバックして開発されたFP型ことGMストライカーが後期型ベースであることから、その前段階のF型は初期型であるべきだという考え方によるものです。
 ただ、GMコマンド系列の初期型であるD型とF型の一つである装甲強化型GMは同時期に開発されたということになっています。これを踏まえると、初期・後期の間にもう一つ中期と言うべき機種があるとも言えるのかもしれません。つまり、こういうことです。

       初期型    中期型   後期型
標準    素GM             C型
ローカル  (G)型    D型/F型  G型/GS型

 今度は中期の標準型が空きました。ここに当たる機体は考えられませんが、あえて言うならば素GMの一次生産型・二次生産型を分けて入れるべきでしょうか。

       初期型     中期型   後期型
標準   素GM初期型 素GM後期型  C型
ローカル  (G)型     D型/F型  G型/GS型

 配備時期を考えるとちょうどこのくらいで間違いないのかなと思います。これに、それぞれのバージョンのカスタム機を加えるとGM系列は全て整理できるのかなと。
 ローカルの方はD型→G/GS型の発展であることは間違いありませんが、そう考えるとやはり(G)型→F型なんでしょうかね。どちらも陸戦用ですし。

 これに形式番号の末尾のアルファベットを含めて考えると、素GM初期型=A型、素GM初期型=B型とすると、A、B、C、D、F、Gが綺麗に並ぶのですが、E型がないんですよねぇ。E型には非公式設定にはいくつかの機種がありますが、この表だけで判断するなら中期ローカルタイプであることは間違いなさそうです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ジムはカタカナの「ジム」とアルファベットの「GM」という2種類の表記法がありますね
ガンダムも「GDM」表記が流行るのでしょうか?(笑)

それはおいといて、ルナチタニウム合金は月で作っていたわけですから月面に工場を大量に作れば安く短期間で大量にガンダリウム合金ができてジムにも使えたと思うのですが、なぜジムは普通のチタン合金セラミック複合材(超硬スチール合金?)になってしまったのでしょうか?

月面でなくても月面と同程度の低重力(逆に無重力ではまずいのでしょうから)なら回転速度が遅くて遠心力による擬似重力が弱い専用コロニーを作るとかすれば良かったと思います。
2009/09/05 (土) 13:19:09 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集 ]
ジムの場合は正式名称がGMで、それだと表記しにくいから日本語ではジムと呼ばれているだけと思っています。
ザクがZAKUなのとは意味合いがちょっと違うのかなと。

ルナチタニウムはルナツーでも作れたみたいです。
量産できなかったのは精錬技術が追いついていなかったからみたいですよ。
Zの時代になって(アクシズによって)やっと量産可能な方法が発見されたということではないかと。
2009/09/06 (日) 18:30:01 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.