がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
月初のガンダム以外の話「政権交代」
 政治の話はあまりしない方がいいと思うのですが、政治がメインの話じゃないので。ご存知の通り選挙の結果民主党が大勝して政権が交代したわけですが、問題はその結果。
 民主党の議席の数が、選挙前に複数のマスコミが予測したものとほとんど変わらないんですね。300議席を超えるという報道がほぼ全てのメディアで報道されて、実際にその通りになった。

 これって、凄く恐ろしいことなんじゃないかと思うんです。事前にマスコミの調査で選挙の結果が分かってしまうなら、実際に投票なんてする必要がないんじゃないかと思うくらいです。ていうか投票する前にマスコミにどこに投票するかしゃべっちゃっていいものなのかということさえ疑問に思うんですけどね。

 もちろん、今回がたまたま当たっただけなのかも知れませんが、問題は複数のメディアがみんな同じように予想していたということで、議席数に限らずほとんどのマスコミが政権交代が前提の論調で記事を書いていました。
 また、小泉時代の自民党の大勝も、参議院選挙の民主党の大勝も、はっきりいってマスコミの力が大きかったと思います。前者は結果的にマスコミが後押ししただけだったようなのですが、民主党の勝利については今回の衆議院も含めてかなり意図的なものを強く感じました。

 真実かどうかは別として、これでは「マスコミを制するものが選挙を制する」と思われても仕方のない結果なのではないでしょうか。
 だとすれば、今回の結果によりマスコミは政治の鍵を握る非常に重要な存在であると認知されたのではないか、と思うのです(いや、前回の衆議院の時点で認識され始めたんでしょうけど)。実質マスコミが政治を凌駕し始めていると言っても過言ではないのかもしれません。

 マスコミは、これまで権力の監視者として、どちらかというと政治に批判的な目を向けることが多い存在でした。それこそがジャーナリズムである、と考えられている側面もあります。これが、政権が変わっても維持されるのであれば、まだいいのだと思います。しかし、正直あまりそうは思えない部分があります。
 というのも、マスコミはクリントンやブッシュは叩いたけどオバマは全く叩かないんですね。批判の矛先を選んでいるんです。要するにマスコミは権力の敵ではなく保守の敵であり、リベラルの味方なんじゃないかと。
 だとすれば、マスコミは民主党政権にはかなり甘いのではないか…と危惧してしまいます。政治とマスコミの向く方向が同じになってしまったら、それは戦前の日本に近い状態です。
 かつての戦争の反省から、マスコミはリベラルな風潮を強めたようですが、主張する内容が変わってもやってることは全く変わってないんですよね。一方的な報道で国民を扇動しているだけの組織でしかなくなっているのではないかと。あるいはマスコミとはどこの国もそういうものなのでしょうか。

 無論マスコミの中でも論調に差はありますが、それでも右向け右の風潮はかなり強いように思います。業界で生き抜くためには手も組みますし、流行ったものにはみんな飛びつきますし、そういうのを見ると、差というのも見せかけのものでしかないのではないかとさえ思うのです。

 インターネットがマスコミの牙城を崩すきっかけになるという考え方もありますが、インターネットもかなり政治に毒されている部分があります。工作員なんて言葉が妄想の産物ではないと思えるくらい極端に偏った(いずれのサイドにも、です)書き込みが本当に多いですし、決してニュートラルな一般人の声を反映する場ではないんですよね。

 正直なところ、今回の選挙は本当に一市民としてマスコミとの接し方というのを考えなければならない時代になったのだなと強く感じました。
 あれだけの報道をして、選挙の結果を国民の選択と言い、自分達で言いふらした論説を国民の世論だと言ってしまえる神経を持った組織が情報を牛耳っているというのは、正直我慢なりません。
スポンサーサイト
コメント
コメント
事前の世論調査から統計学の手法で算出した数値かと・・・まともに考えるならね。
2009/09/01 (火) 23:45:20 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
売国奴な議員さんが多いと民主党 聞きますが
2009/09/02 (水) 08:37:02 | URL | ロウ #-[ 編集 ]
はじめまして。
いつもブログを見ていますが機体考察や時代考察など、とても勉強になっています。

さて、政治のお話ということで少しコメントさせていただこうと思うのですが、欧米では通称スピンドクターと呼ばれる政治家や政党のメディア対策を仕切る軍師のような役割をもった人間がいます。
彼らスピンドクターは大衆のイメージ操作を仕事にしているのです。
つまり、欧米の政治家や政党は様々なメディアを自分たちの印象操作のための手段として積極的にに利用しているわけです。
一方の日本いわざるをえません。
むしろメディアに政治家や政党が振り回されているというのが実状でしょう。
その最たる例が今回の自民党だったわけですが。

また日本では主要なマスコミの中枢で、圧力団体やマルクス主義者が跳梁跋扈しているという現実があります。
さらに、メディアや教育機関に露出する知識人は皆左翼なんですよね。
さしづめ赤デミズムといったところでしょうか。
こうして知識人とマスコミが協調して作り上げた報道管制は、現代日本の陳腐な政治力で排除できるものではないのでしょう。

長文になりましたが、日本は政治哲学や政治力においては後進国な上に、世界的に見て特殊なマスコミによる特殊な報道が行われているということです。
2009/09/02 (水) 12:49:16 | URL | 法政ガン研会長 #hIkdYVAM[ 編集 ]
国民自身のメディア・リテラシー能力も問われることになっているということでしょうけどね。

ただ、新聞はわりと売れるために記事かいてますからね・・・今のところ民主を叩く方で売ろうとしていないだけかもしれないですが・・・
2009/09/02 (水) 14:01:42 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
マスコミについてですが、

「マスコミはその時代の勝ち馬候補にすり寄る生き物である。ただしその勝ち馬候補が本当に勝ち馬になったとしても、その馬がスキャンダルを起こせば、マスコミは勝ち馬だった駄馬を見限り、次の勝ち馬候補を探す」

というのが僕のマスコミ持論であります。

しかし、あれだけ大勝した小泉政権も、支持を失っていったのだから、今度発足される鳩山政権も、小泉政権と同じ末路をたどるなと思っています。
その時マスコミは、自民の方をプッシュするんでしょうね。
正直、今の政治はマスコミが主導する「政治ゲーム」になっている気がします。

ちなみに、オバマ大統領についてですが、あれだけマスコミがプッシュしているのにもかかわらず、オバマ大統領の支持率はどんどんと低下していっているみたいですよ。

理由として、「オバマ大統領の打ちたてた景気対策が良い成果を上げられていない」とか「泥沼化しているイスラエル・パレスチナ問題に関して、オバマ大統領はまったく関心を示していない」とのことです。
実際、アラブでは「オバマに失望した」と、落胆している人もいるみたいですし、とある専門家は「オバマは来年あたり、大統領を辞任するんじゃないか」と予想を立てていますからね。
個人的に言えば「W・ブッシュが自国とアラブと世界を悪い方向へchangeした口下手の大統領ならば、オバマは自国とアラブと世界を良い方向へchangeすることができなかった口達者だけの大統領」と評価しています。
2009/09/02 (水) 23:02:35 | URL | チョット・トーリマス #-[ 編集 ]
小沢一郎はシャアと被る所があると思うんですが。エゥーゴも民主党も寄り合い所帯ですし。
小沢もシャアがエゥーゴを見限ったように、民主を割って出て、自民(アクシズ?)残党を吸収した上で
新党(第二次ネオジオン?)旗揚げするんじゃないでしょうか。
2009/09/03 (木) 02:57:36 | URL | DAI #-[ 編集 ]
>叡天さん
報道されている限りでは、世論調査と同じ方法みたいですね。
しかし世論調査はある程度ばらつきがでたんですよね~。
電話調査って平日昼間に固定電話に出られる家庭じゃないと回答できない気がするんですが、
その調査とある程度答えが一致すると言うことは、投票に行くのも同じような層ってことなんですかね。

>ロウさん
自民党を潰した方が都合がいい人が集まってますから、
まぁ色々な人がいるのだと思いますが、
ずっと同じ場所には集まっていられないのかなと思います。

>法政ガン研会長さん
これは書き込みありがとうございます。
日本のマスコミについては仰るとおりだと思いますが、
どうも日本で左翼系と言われる人々の多くは、
本当の意味で政治思想を持っているわけではなく、
思考が単なるアンチでしかないと感じることが非常に多いですね。
旧来の野党なんかもそうなんですが、日本の政治は所詮アンチと信者の罵り合いのようなものであったと思うことがあります。

>ドクトルKさん
確かに民主を叩いた方が売れると判断したら、叩く可能性はありますね。
ただ今のところは、民主に都合の悪いニュースは報道しない方向ですね…。

>チョット・トーリマスさん
小泉時代は政治スタンスにかかわらずこぞって小泉首相を沢山取り上げていましたから、
ウケを取れるものはなんでも取り上げることは間違いないのかなと思います。
ただ実際の能力や評判とマスコミが取り上げるかどうかはまた別の話なんですよね…。
小泉政権が支持を失ったというよりは、阿部政権に変わったらそれまでの鬱憤を晴らすように叩き潰したというイメージがありますし、
政治の面ではマスコミは必ずしも節操無しというわけではないようにも思います。

>DAIさん
民主党がエゥーゴに似ているというのは激しく同意です。
ただ小沢氏がシャアというのはちょっと微妙かも知れません。元は体制側の人間ですし。
いずれ民主からネオジオン的な存在が派生する気はしますね。
2009/09/03 (木) 21:21:33 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
政党をガンダムの陣営に例えるのなら、民主がエウーゴというのはかなり近いのではないでしょうか。
そうなると自民がティターンズとするとそのままグリプス戦役の逆転劇みたいですね。ネオジオン系はさしずめ、共産・社民かなあ・・・
あ、公明党はザンスカールだ(笑)
2009/09/03 (木) 21:34:44 | URL | 普段はROM専 #Wp0mgNAE[ 編集 ]
自民はティターンズほどに先鋭化された部分がないので、そこが微妙なんですよね。
あえて言うなら小泉首相がジャミトフっぽかったのかもしれませんが。
公明党は木星船団じゃないですかね(笑)
2009/09/04 (金) 22:57:21 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
自民は連邦(笑)
ティターンズ不在のグリプス戦役はエゥーゴの三日天下に終わって最後は連邦が再び天下を治める……という寸法ですかねw
2009/09/08 (火) 04:28:22 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
連邦の主流派とエゥーゴの連邦側が合流して元の鞘に、
残されたエゥーゴの反連邦側はエグムやネオジオンに…
という流れは想像できますねぇ。
2009/09/09 (水) 23:27:49 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.