がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
カードゲームにおける設定追加について
 先日の記事がシャア専用ブログ@アクシズ様に取り上げていただけたので少し反応してみる。
 バトラインで14A表記だということが100%確定、ということではないと思います。少なくとも公式設定であると認定されるべき媒体ではないですね。これについては、言葉の表現を誤ったかなと思います。

 ただ、じゃあこれはカードゲームを担当したスタッフの勇み足なのか?後に別の媒体で14Bなどと表記され上塗りされてしまう可能性があるのか?というとそこは疑問なんですよね。

 自分はバトラインをプレイしたことはないので、ゲームの仕様まではよくわかりませんが、当初のカードイラストがカードビルダーそのままであったり、枠のデザインについてもカードビルダーを継承するものになっていたりと、スタッフ関係についてはカードビルダーとかなり被る部分があるのではないかというのが個人的な認識です。
 で、カードビルダーはというと、外伝のMSが多く登場していたり、ハーモニー・オブ・ガンダムと連動していたりと、設定面についてはかなり公式サイドとすりあわせをしている印象があります。ちゃんとガンキャノン重装型が実弾だったりしますし。デザートジムも当初からF型表記がされていましたが(後に追加された装甲強化型も同様)、これはガンダムA誌上でも同様に変更されていた経緯があります。というかデザートジムがF型になったのがいつからか分からないので、どっちが先か確認できないのですが。

 とりあえず、個人的にこれ系のカードゲームが別の媒体で上書きされるような公式度の低い作品ではないのではないかなと思うのです。それはバトラインの設定は公式設定!という意味ではなくて、公式サイドに確認を取っているか、という意味で。
 同じカードゲームでもガンダムウォーは一歩低くなると思いますけどね。あれはオールガンダム大集合がコンセプトみたいなゲームですし、非公式だろうがなんだろうがカード化すればOKという懐の広さがあります。ボンボンオリジナルやSDVのリアル版まで出しちゃうくらいだし。だから今のところはジムコマンド・ライトアーマーという機体はまだグレーの位置にある機体なんだろうなと(笑)

 コミックや書籍の媒体は、公式サイドからの縛りが緩い印象はありますね。模型誌はなんか厳しいみたいですけど、通常の書籍だと著者と出版社がOKすればそれだけで世に出せてしまう印象があります。実際、そうやってF90Eを出しちゃって後から気づいた権利者側に抹消されるという事例もありましたし。そういう意味では、出版業界っていうのは独立性が高い部分があるんだろうなと思います。

 話を戻すと、じゃあなんで今更バトラインで?というのは確かにあります。データ上の都合というのはちょっと考えにくいものがありますし(形式が微妙な機体は無表記だったり、末尾の記号が無しになっていたりもしますから)、ゲームの都合で未設定の型番を作ってしまうようなことは今はないだろうなとも思いますが、それならば何故、ということについて。
 ただこの手のやつって、それこそデザートジムのF型設定なんかもそうなんですが、「ゲームのために設定された」というよりは、「設定ができた頃にたまたまゲームで登場することになったのえその設定を反映させた」というパターンのような気がするんですよね。カスペンゲルググなんかも当初は設定がなかったものが、最近作られただけなんじゃないかと。

 とはいえこの辺は今後の媒体でどう発表されるかによるんだろうなと思います。手近なところでGジェネウォーズには出そうですし、あれの型番がどうなってるかでしょうか。でもあれスピリッツのデータ流用っぽいからそのままかなぁ。
 このあたりは受け手がどう解釈するか、ではなくて作り手が「公式サイドに確認を取って作ったのか、ゲームのスタッフの独断なのか」という問題ですので、もし事情を知っている方が情報を開示できるようであれば、教えていただければ幸いです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
2つ言えるのはサンライズチェックは昔(といっても20年くらい前あたりだから本当に昔)よりも厳しくなっている、その反面 あ え て 緩めている部分がある。
というところです。ソースは私です、ごめんなさい。この程度なら言ってもいいのかなと思いますし、反面それ以上の裏事情は実際問題知りませんしね。

個人的に思うのは昔(08小隊あたり)と比べれば最近の方が緻密に設定のすり合わせをしているという部分がある反面、ガチガチにし過ぎるメリットもないのかなと思います。
アニメ以外の媒体からの世界観の広がりを制限してしまいますし、今はむしろメディアリミックス上等ですからね。サンライズの上にバンダイがくっついたというのが最大の理由だと思いますが。

IGLOOスタッフやデザイナーがどう考えていたかは別として、現時点で公の場で発表されていない以上は何らかの媒体で発表されている設定を優先させるのは必然ではないでしょうか。
よって他の媒体でMS-14Bだ、もしくはまた別の末尾記号だ、という発表がなされるまではMS-14Aとして受け止めるのが吉じゃないですかね。どうしても納得いかねー○○のはずだ、という考え方の方がむしろ俺説的ですよねこの場合。
2009/07/20 (月) 17:42:39 | URL | ゼノタ #-[ 編集 ]
というか、カードビルダーって
ジムスナイパーⅡの狙撃ライフルを
「ビーム兵器」としてますよね。
これは公式サイドとのすりあわせを行った結果…といえるのでしょうか?今後はあのボルトアクションの狙撃銃は「ビームライフルですよ」という事なのでしょうか…。
「実は同じ外観のライフルが2種類あって、片方は実体弾を、片方はビームを」というのはさすがに納得いかないw

あと、Gジェネでは「ゲームシステム」の関係でゼク系が「HPS」機となってますが、無論これはゲームシステム上の関係であって
Gジェネでこうなっているからといって元のゼク系の設定が「HPSはグリプス戦役に既に存在していた」というワケでも無いですからね。
(まぁ、ゼク系の武装換装システムが後にHPSに昇華されたというのもありますが、それはまた別の話ですし)

結局のところ、こういう、準公式(かなり黒に近いグレー)なトコロで一旦書かれてしまうと、難しいところではありますね。

まぁ、ソフトバンクのガンダム本やグレートメカニックで書かれてる事は「勝手にほざいてろよバーカ」で済むんですが…w
2009/07/20 (月) 21:24:18 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>コンラッド様

>というか、カードビルダーって
ジムスナイパーⅡの狙撃ライフルを
>「ビーム兵器」としてますよね。
>これは公式サイドとのすりあわせを行った結果…といえるのでしょうか?

誤解を恐れずに述べるならば、サンライズチェックを通過した可能性は高い、という言い回しになります。
これはシャアブログ様で槍玉に挙がっているコミックも同様です。
個々の些細な設定に対して、逐一サンライズ側の設定担当者、映像媒体の監督、バンダイ側の各事業部の設定担当者、デザイナー等が会議を開くという想定こそ非現実的です。

UCガンダムの膨大過ぎる設定を管理する以上は見落としや勘違いも出てくるように思います。だから間違っても良いという意味ではありませんので悪しからず。
2009/07/20 (月) 22:15:58 | URL | ゼノタ #-[ 編集 ]
まぁ、世の中には
「YMS-14と誤認されるMS-14A(B型系バックパック装備説も有る)」
とか、
「B型改良系バックパックを装備したMS-14Dに分類される後期生産型」
とか、
「B型系バックパックを装備したMS-14JG系の機体」
も存在するんで、
「MS-14Aで登録された詳細不明のバックパックを装備した機体」
があってもそれほど驚かないですわ。

>模型誌はなんか厳しい
オトナノジジョウ・・・orz 
2009/07/21 (火) 09:53:51 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ただ、ジョニゲルの正式型番が「YMS-14B」である以上、B型とC型に関しては正規オプションを装備した場合には、専用の末尾記号がつく法則なのかもしれません。
逆にカスペン機とかは正規オプションでなかったと考えると、実はキャノン系の生産数を緩和できるというメリットがあるんですよね。
量産されて大半が未装備だったキャノンパックは、実は正規オプションでなく、装備してもC型扱いにならないとか(勿論妄想)。
2009/07/21 (火) 10:21:42 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>ゼノタさん
なるほど、チェック自体は受けなければならないが、
チェックの内容自体はそこまで厳しくない…という感じでしょうか。
とりあえず変な捏造だけは避けたいということなんでしょうね。

>コンラッドさん
たぶん、狙撃ライフルのビーム化はゲーム的な都合だと思います。
ゲームの仕様上、実弾兵器はどんなに出力が低いMSにも装備させられるため、
射程が長く威力の高い実弾兵器を作ってしまうと、
低コストの弱小機をお手軽に後方支援機にできてしまう恐れがあったのかなと。
そうであっても、本来実弾であろう武器をビームにしてしまうというのはやりすぎだと思いますけどね。
まぁ、映像に出てないからいくらでも解釈できるということなのかもしれませんが。

>とっぱさん
例えばB型はビーム用のエネルギーも推力に回すようチューンされている仕様とか、そんな考え方もしようと思えばできるんですよね。
とりあえずバックパックの違いだけで型番が変わるわけではない、と思わせてくれるだけでも十分意味があると思っています。

模型誌は…やっぱ過去に色々やっちゃったからなんでしょうね(苦笑)
2009/07/21 (火) 22:10:47 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>模型誌
最近は、模型誌発のオフィシャル企画も多いんで、その影響かと邪推。
混同しちゃう人も多いのかもしれませんね。
2009/07/22 (水) 09:39:16 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
あぁ、なるほど。オフィシャル企画とオリジナル企画の区別が必要ってことですね。
AOZのメイン設定と建機ラフなんかはわざとやってるのかと思いましたが(笑)
2009/07/28 (火) 22:03:10 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.