がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ゲルググA型・B型の違い
 「MS IGLOO」に登場したゲルググは、バックパックを装備していることが一部で物議を醸しました。デザイン上は高機動型バックパックの簡易版のようなデザインですが、形式番号は未設定。それが、「ガンダムクロニクルバトライン」にてA型と確定したようです。

 これにより、IGLOO版ゲルググのバックパックはMSVにおける高機動型のデザイン違いではなく、明確に別物と区別されたのではないかと思います。
 また、これは同時に「A型に高機動型バックパックを装備したのがB型」という一般的な認識を改める機会にもなりそうです。無論、MSV版デザインのバックパックを装備したものこそがB型である、という解釈も可能ですが、そもそもバックパックの違いだけで型番まで変わる例はほとんどなく、ザクマインレイヤーのようにそのままの型番であることの方が多いです。ストライカーパックを交換するだけでは型番は変わらない、ということですね。
 そう考えると、やはりB型ゲルググは、バックパック以外にもA型との違いがあったのではないか、と勘ぐりたくなります。

 しかし、ほとんどの資料では、B型ゲルググは単にバックパックを装備しただけの扱いとなっています。その中で唯一、MSVコレクションファイルにおいては、「特別選抜隊の編成計画を実現するために開発された」という具体的な記述がありました。B型という仕様自体が、エースパイロットによる連携運用を想定した機体だったということでしょうか。そうだったとしても、それだけで型番が区別されるかというと疑問符が付きます。
 とはいえ、「エースパイロット仕様の特注型」が別仕様として区別されている例があります。ザクIIS型です。このMSは、(少なくともアニメの設定画上では)F型と外見上の違いがないものの、実際は推力が30%増しであるなど、かなりの設計上の強化が加えられているという設定になっています。ゲルググについても、同様の可能性が考えられるのではないでしょうか。

 つまり、ゲルググB型は、「A型にバックパックを装備したもの」なのではなく、「A型よりも更にチューンナップした素体にバックパックを装備したもの」だったのではないか、ということです。ザクに限らずズゴックのS型なんかも、外見は同じであるにも関わらず強化版扱いとなっていますし、ゲルググだってそうであってもいいはずです。
 そう考えると、B型の素体は便宜上S型と呼ばれた、なんて解釈することができます。そして、YMS-14は全てS型仕様のゲルググだったと解釈すれば、シャア機だけがS型と呼ばれた理由も説明できますし、逆にYMS-14ではないのにS型と呼ばれた機体があることも説明できます。つまり、先行量産機ではないS型は、単にA型のハイエンド版だったということです。このように考えると、「S型=YMS-14」という図式と、「25機のYMS-14の枠に入らないS型」が存在するという事実を両方肯定できるのです。
 無論、それこそS型とB型の違いはバックパックの有無だけなので、この場合のS型はまさに単なる便宜上のものであると解釈する必要があります。本来バックパックがデフォ装備であるはずのB型からバックパックをオミットしている特別な仕様、というところでしょうか。

 さて、設定画上は同一外見であるザクIIのS型とF型ですが、最近のプラモではS型の外見にはアレンジが加えられることが多くなりました。これに倣って、ゲルググB型だってA型とは違うデザインにすることもできるのではないでしょうか。MGの2.0ではまだB型が出ていませんし、バンダイの皆様には是非検討していただきたい次第ですね(笑)
 その場合、やっぱりA型とF型の中間みたいな印象になるのかなと思います。F型はB型の派生機という設定ですし。頭のとさかが大型化していたり、スカート内のノズルが5発になってたり、腕部のオプションが速射砲だったり。って、MGの2.0はすでにノズル5発になっていたのでした。A型でも、ですが…(汗)

 文字設定上はどうなるか、ということについては、まぁベタに推進器がより高性能なものなので推力が増しているとか、装甲材が違うとか、通信機能が強化されてるとか、そんなところでしょうかね。一応「高機動型」なので、推進系とレスポンスが強化されているとするとそれっぽいかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>A型とF型の中間

うむう、ソレなんて「MG量産型ゲルググ1.0」。

そういえば、レガシーのジオン共和国配備のB型は、全て後期型のリアノズル有りな仕様でしたな。
2009/07/16 (木) 11:49:08 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
そうか、あのMGのプロポーション自体がB型素体だったと考えればいいわけですね!(笑)
実際あのリアノズルがあったほうが高機動型っぽいですよねぇ。
2009/07/20 (月) 13:22:33 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
MSV2には「ブースターをはずしたBタイプは、Aタイプと同様の運用ができた。また、Aタイプはちょっとした改造をうけることで、Bタイプとなった。」とあります。

これは「バックパックを外したB型はA型とほとんど同じだけど、全く同じ機体ではない」ということであると言えると思うのですがどでしょかね?
2009/07/21 (火) 11:56:02 | URL | だっちん #TojGNFVY[ 編集 ]
自分も同じように感じていました。
C型は頭部が変更されていたり、腕の装備も変わっていたりしますが、
B型だって同じように変わっていてもいいと思うんですよね。
とりあえずB型の腕部がジェットエンジンだったとはあまり考えたくないところです。
2009/07/21 (火) 22:12:29 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>B型の腕部がジェットエンジンだった

むしろ仕様ではそのままだったので、ジョニさんなんかは、現地判断でバックラーシールド両腕装備していたんでは?時期差ですけど。
2009/07/22 (水) 09:46:19 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
当初はロールアウト直後の配備だったんでジェットエンジンのままだったんでしょうね。
その後の運用過程で色々オプションが開発されたのかもしれません。
2009/07/28 (火) 22:04:41 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.