がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
RX-81についての話
 なんだか今もっともホットなMSなようなので、少し触れておくことにします。

 以前、RX-81はGPシリーズと競合した機体で、開発スタッフはMk-IIやヘイズルと被っていたのではないか、と考察したことがあります。今は多少その考え方が変化しています。

 まず、RX-81は量産を前提とした試作機であると思われますが、GPシリーズはMSとしてのその時点での究極を目的に開発された純粋な実験機です。この点ですでに競合していません。

 ただ、開発スタッフがその後Mk-IIやヘイズルに流れている可能性は今も否定しません。ガンダムの後継機を目指したのであれば、当然RX-78のスタッフが参加しているでしょうし、そうであるならMk-IIの開発にも開発している可能性があります。ヘイズルに関してはパーツの増設により強化するというコンセプトが類似しています。

 当初のRX-81は、アムロ搭乗時のガンダムの性能を基準に量産化する、というものがコンセプトだったようですが、そのプランが戦後に変更されて装備換装型の機体になったというのが、M-MSVの設定です。
 今回のガンダム戦記でリファインされたバージョンでは、「スタンダード」と「ライトアーマー」という2機種が存在していた設定を、「スタンダードアーマー」と「ライトアーマー」であると解釈し、ベーシックな素体を追加しています。つまり、RX-81は「装甲を換装することで用途を変える」というコンセプトであると言うことができます。フルアーマーガンダムのアーマー部分をストライカーパック的に交換するというイメージですね。
 これは、まさにFSWSの考え方を発展させたものであると言えます。フルアーマーガンダムは、ガンダムに増加装備を装着することでより戦闘力を高めるというコンセプトですが、この増加装備の装着をデフォルト設定にすることで、増加装備の選択でさらに幅を広げるという発想になっています。

 これを昇華させると、フレームは共通でも外装により別種のMSになる…というコンセプトにつながり、第2世代のムーバブルフレームが生まれる、という考え方もできます。実際にフレームが共通で外装が異なる機体ってあんまりないんですけどね…。ガルスJとR・ジャジャなんかがそうだったんでしょうか。あとはギラ・ドーガとヤクト・ドーガとかジェガンとジェガン重装型がそんな感じかな?

 ただし、これに「マラサイがRX-81の延長線上にある」という記述を踏まえると、かなり劇的にイメージが変わることになります。マラサイが「外装全とっかえ可能」であるという可能性が浮上するからです。
 マラサイの母体と思しきRX-107はハイザック系とパーツ交換が可能であるという設定があり、実際にマラサイとハイザックの折衷機とも言うべき外観のRMS-107という機種もあります。この107系は、基礎フレームをベースに、パーツを大まかに言ってマラサイ型とハイザック型に使い分けることができた機体だったのかもしれません。その中でのマラサイ型のRX-107を固定で量産化したのが、108系だったとか。要するに、ロゼット・ハイザックアーマーとロゼット・マラサイアーマーがあって、後者を量産化したのがマラサイと。
 こう考えると、ハイザックとマラサイは用途自体が別のコンセプトであったという可能性があるのですが、コンセプト自体は両方ともザク系ですし、あまり相違点があるようには思えません。
 ただ、あえて両機の違いを考えるのであれば、それは外観でしょうか。ハイザックはザクのシルエットを踏襲しながらも、平面が増え連邦的な記号が増加しています。一方のマラサイは、曲面主体のジオン的なデザインです。
 この点から察するに、ハイザックの方がマラサイよりも連邦系の規格を多く使っているのではないでしょうか。逆にマラサイはほとんどジオン系技術の延長にあると考えれば、当初はエゥーゴへの納入が予定されていたこととも繋がります。
 要するに、こういうことです。

106系:ザクの連邦系パーツ使用発展機
107系:ザクの連邦・ジオン両用発展機
108系:ザクのジオン系パーツ使用発展機

 RX-81の装甲換装は用途変更が目的だとして、RX-107系の装甲換装は生産ラインやパーツ供給の都合が目的だったとすれば、機体コンセプトは継承しても外見が全然似ていない理由にもなるのかなと。
 今回RX-81の設定が再構築されたことで、このような解釈が可能になったのではないか、とは思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
GP系統が「次世代のガンダム」の製作の為の実験機であるならばRX-81は「次世代主力MS」の実験機だったと。

ある意味では連邦版の統合整備計画のつもりだったのかもしれませんね。フレームを共通化することで相対的なコストダウンをもくろみつつ、機体のバージョンアップを容易にしようという発想でしょうか・・
2009/07/07 (火) 14:37:59 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
そういう意味合いもあったのかもしれませんね。
他にもスナイパー仕様とかストライカー仕様とかあったのかも…。

GPシリーズと絡めるなら、そっちに予算を持っていかれて開発中止になってしまったってのも考えられますが、その辺どうもっていくのか期待したいですね。
2009/07/10 (金) 22:41:12 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.