がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
マラサイ、シュツルムディアス、バウ
 この3機はどうも「アナハイムからエゥーゴ以外の組織に横流しされたっぽい」MSです。その中でもひときわ謎なのがバウで、見た目がどう見てもZ系という以外に有力なヒントがない機体です。このバウというMSの正体を、マラサイとシュツルム・ディアスという2つの機種を通して探ってみたいと思います。

 まず、マラサイについては、当初エゥーゴの機体として開発されたが、政治的取引でティターンズに譲渡されたとされています。また、シュツルム・ディアスについても、当初はエゥーゴ用だったものが、ジオン共和国に潜伏する公国軍残党を通してネオジオンに渡った機体だったとされています。

 マラサイについては、「リック・ディアスをエゥーゴに供与しているのではないかというティターンズの追及をかわすため」にティターンズに譲渡されたとも言われています。
 要するに、「お前エゥーゴのためにMS作ってんだろ!」というティターンズに対し「いやいや試供品をちょっと使ってもらっただけですよ。別にエゥーゴに限った話ではありません。あなた方にも差し上げましょう」と言って切り抜けたというような感じなのかなと。

 一方のシュツルム・ディアスについては、譲渡の理由が不明確です。ジオン共和国の公国軍残党という相手を考えると、あえて公国軍残党を活性化させるために流したというようにも思えます。何故そんなことをしたのでしょうか。
 一つ考えられるのは、アクシズ=ネオジオンが勝利した際の布石でしょうか。エゥーゴと明確に敵対しているネオジオンに直接譲渡するのではなく、共和国内の残党軍というのがポイントで、実はアナハイムはエゥーゴを支援する一方、水面下で公国軍残党も支援していたんですよというポーズを取ることが出来ます。
 理由はどうあれ、マラサイとの明確な違いは「一つ型遅れの機体を譲渡している」ということです。マラサイの場合、当時最新鋭の第2世代MSでしたし、この機体と同時にガンダリウムγの精製技術がティターンズ側にも渡ったとさえ言われています。一方、シュツルム・ディアスについては、最初の第2世代MS(とも言い切れない部分さえある)の装備違いであり、それでも最新鋭機に匹敵するレベルの機体であったことは間違いないものの、エゥーゴの当時の主力機がすでにGM系に移行していた事実から考えると、「在庫処理」的な意味合いが否めません。

 そこで思いました。マラサイも実際は「在庫処理」だったんじゃないかと。いやいやお前今さっきマラサイは最新鋭機って言ったじゃないかと突っ込まれそうですが、別に新しいものが在庫不良になることだってあり得ます。例えば、「せっかく作ったのにお蔵入りになっちゃった場合」。最近の例だと横浜F・マリノスの俊輔グッズ…とか(笑)。
 つまり、アナハイムはリック・ディアスを見切り発車で作っていたように、マラサイも見切り発車で作っていたのではないか、ということです。実際に、マラサイとほとんど同じ仕様のRX-107という機体がそれ以前に開発されていたわけですし、その時点でもうマラサイは生産体制に入っていたのかもしれません。
 しかし、エゥーゴはマラサイをキャンセルしてしまいました。理由はいろいろ考えられますが、単純にそれまでの主力がGMIIなのにハイザック系が採用できるかって話のような気もします。結果的に「すでに生産してしまった」マラサイの初期型は宙に浮いてしまい、ティターンズとの取引に使われることになった…と。逆に言えば仮に採用されなくても流す先はいくらでもある、というのが見切り発車生産の魂胆なのかもしれませんね。

 で、ここでバウが出てくるわけです。バウがネオジオンに流れた?理由は分かりません。ただ、ギャン改と同時期に開発されていたようなので、かなり早い時期からアクシズに渡っていたように思います。タイミングを考えると、エゥーゴと同盟を組んだ時に提供されていたと考えるべきでしょうか。
 とにかく、バウも同様に「在庫処理」としての意味合いが強かった、と考えることは出来ます。つまり、エゥーゴ用に開発されたが、採用されなかった、ということです。
 何故エゥーゴに採用されなかったのか。それは機体性能から判断するしかないでしょう。バウは分離機能が特徴の機体です。分離と言えばZZ。2機分離なのでむしろプロトタイプZZに近いでしょうか。
 さて、バウは一説には「ZZに対抗するために」開発された機体であるとも言われます。しかし、ZZガンダムのアンチとなるような特筆すべき性能はありませんし、かといってZZほどに高火力な機体でもありません。となると、単純に競作機だったんじゃないのか…?と思えます。
 つまり、バウはプロトタイプZZの競作機だったのではないでしょうか。そうであるならば、MSZ-009がMSZ-010にスライドした時点でバウも必然的に不要となり、まさに不良在庫になった…とも考えられます。辻褄は合うんですよね。
 とはいえZZガンダムの開発計画は通常サイズのMSの大出力高火力化がコンセプトの一つですから、バウもやっぱりある程度の火力があるべきのように思えます。となると、オリジナル・バウを捏造するならZプラスA2型の頭部あたりに挿げ替えるのがそれっぽいのかもしれませんね。

 バウはネオジオンで普通に量産されていますが、これはネオジオン仕様になった時点で当初の高火力というコンセプトを捨ててコストダウンを図ったからなのかもしれません。
 また、生産ラインという意味では、本来量産されるはずだったMSZ-007などのZ系MSのラインを利用している可能性も考えられます。実際、Zガンダム系ってZプラスが少数生産された程度なので、まともにラインが稼動してなかったと思うんですよね。そこがバウの生産に使われたのかも。

 このように考えると、バウというMSが「何故Z系のシルエットなのか」「何故分離型なのか」「何故ネオジオンで使用されているのか」というところの答えを一気に導き出せるのかなと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>バウはプロトタイプZZの競作機

ソレは同意。
少なくとも当初の試作機にはナッター側にコクピットが残っていましたし。

ZZが当初のG計画の延長上の分離合体機であるのに対し、バウはZ計画系スピンオフ分離合体機なのかもしれません。
2009/06/26 (金) 08:34:55 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
はじめまして
MSA-014 κガンダムとかいう機体がありましたよね?
A・Bパーツに分離するらしいですがそれっぽくありません?
2009/06/27 (土) 23:52:49 | URL | ばに #f3OiWH42[ 編集 ]
リック・ディアスの性能が良すぎたのかもしれませんね。劇中では少なくとも名無し相手ではほとんど引けを取らないほどですし。

マラサイの全機種であるハイザックがティターンズに主に回っていたことから見てエゥーゴ将兵は扱ったことがない機体だったのかも知れませんし、ブレックスたちは反地球連邦でありながらジオンではないということにかなり腐心した所もありますので、まんまジオン系のスタイルも好ましくなかったんでしょう。


エゥーゴとしてはリック・ディアスをもっとくれと言ったのかもしれないですね。で創っていたのがシュツルム・ディアスだけど、出来たらエゥーゴはほぼ壊滅、損失補填も含めてネオジオンか、ジオンの支援者にでも売りつけたんでしょう。

アナハイムはそれなりにネオジオンに好意的ですし、生産力が決して高くないアクシズがアナハイムにMSの発注をしたのもおかしくはないでしょう。

バウはZの量産プランの一つだったのかもしれないですけど、後のV系統に見られるように出力を落とさずに出来るだけ数を揃えやすくしたって感じですし。
2009/06/28 (日) 11:27:36 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
非常に面白い説です。
これを採用すれば「Z計画」の歴史にまた厚みが出る。

えっと・・・描けばイイんですよね?
バウ原案。
2009/06/28 (日) 15:33:27 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
>とっぱさん
ZZに対するSガンダムみたいなものだったのかもしれませんね。
だとしたら、別に大出力機だったと考えなくてもよさそうです。

>ばにさん
初めまして、書き込みありがとうございます。
κガンダムは別名シグマガンダムといって、
別に設定がすでに存在しています。
あれはどちらかというとプロトZZの原型機もしくは派生機なのかなという気がしますね。

>ドクトルKさん
リックディアスは性能に関しては問題ないですが、
頭部にコクピットがあったりと既存のMSに比べて操縦面でも整備面でも色々不都合があったんじゃないかなと思います。
ディアスの性能とネモの生産性を両立させたのがネモII、ネモIIIなんじゃないかとも思っているんですが、確証は無いですね。

>叡天さん
描いてくださるのならば…ぜひ!
2機合体のプロトSガンダム的な感じで何とか…?
2009/06/30 (火) 20:47:27 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
κなのに∑ガンダムなこの機体ですが確か、プロトZZっぽい設定はモデラーのあげたゆきお氏のオリジナルのいわゆるオレガン的なものだったと記憶しています。

あの作例がなければその他の文字設定的にはぴったりだなと妄想していたのでした(笑)
2009/06/30 (火) 21:42:42 | URL | ばに #f3OiWH42[ 編集 ]
そもそもΣガンダム自体があげたゆきお氏の作ったMSで、
センチネルはそれを後追いで設定に取り込んだだけなんですよね。

そういった出自を無視してあくまでセンチネルの文字設定にのみ存在している機体であるとすれば、
多少関連付けることはできるかもしれません。
2009/07/03 (金) 22:19:38 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.