がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
MSを「戦闘機」と「攻撃機」に分類する
 航空機を戦争に使うようになった最初の例は、爆撃機(攻撃機)でした。その後、対航空機として戦闘機と呼ばれる兵器が登場したのが兵器の歴史です。
 これはMSにおいても同様で、最初はMSをジオンしか保有していなかったので、基本的には攻撃型として分類されるべきものになります。それに対し、対MSを前提として開発された戦闘型と呼ぶべきMSもあります。この2種を、明確に分類してみようと思います。

 実はこのような分類の仕方は初めてではなくて、すでにEBシリーズの頃に行われていました。ただ汎用・局地戦用・攻撃型・迎撃型・量産型などが混在していてあまり良い分類とは言えないので、基本的にはそちらを無視して分類してみたいと思います。
 ただ一つ前提にしたいのは、基本的にMSは汎用でなんぼという兵器なので、どちらかに特化した機体というのはあまり考えにくいということです。ただ、どちらを主目的に開発されているかというのはある程度見当が付きますので、そういう意味での分類だと思ってください。

 まず、一年戦争当時のジオン系MSはほとんどが攻撃型と言えます。何故ならば、敵MSとの具体的交戦を想定していないからです。初めから対MS用として開発されているのは、ギャンとケンプファー(これが何故こちらに分類するかは後日別トピックで考察します)くらいなもので、グフにしても対MS用というよりもザクを陸上近距離戦に特化したという意味合いの方が強く、ゲルググも対MSは想定しているにしても基本コンセプトは「ザクにビーム兵器運用能力を与えた機体」です。

 逆に、連邦軍のMSの場合は、ガンダム・GM系が戦闘型、ガンキャノン・GMキャノン系が攻撃型と考えることが出来ます。キャノン系はガンダム・GM系の支援用ですが、攻撃機を支援する戦闘機はあっても戦闘機を支援する戦闘機というのはまずありませんし、用途が違うと考えるべきかと思います。
 ただ、普通は戦闘機が攻撃機を支援するものであって、攻撃機が戦闘機を支援するということもあまり考えられません。ア・バオア・クーでの運用を見ても、ボールが支援してGMが要塞に上陸していたということを考えると、キャノン系は攻撃機というよりも移動砲台、艦砲射撃の届かない位置への艦砲射撃役とでも言ったほうが良いのかも知れません。
 とはいえ、以前考察したとおり単なる支援用であればガンキャノンの重装甲は不要なわけですから、要するに戦闘機を支援する移動砲台と、要塞攻撃機としての役割の両方を担っているのではないかと思います。

 総じて、ジオン系MSは攻撃機、連邦系MSは戦闘機というのが基本コンセプトなのではないかと思います。もちろんこれは主目的が、という意味です。
 そう考えると、一年戦争後の両技術のミックスにある意味というのも分かりやすくなってきます。

 一年戦争後の連邦軍が採用した機体としてはまずガルバルディβがあります。これはギャンの延長線上にある戦闘型のMSであると思われ、基本的にはGM系の代替補充機に近いものだったのではないかと思います。だから、GM系の後継機に駆逐されてしまったと。
 逆にハイザックは、ザク系のコンセプト継承機であるなら基本的には攻撃機です。つまり、ハイザックは連邦軍初の純粋な攻撃機だったのではないでしょうか。対MSではなく対拠点用だった、とか。ザク系のコンセプトを受け継ぐマラサイやゼクも同コンセプト機のはずです。
 更に言えば、バーザムも同様の攻撃型だったのではないかと思います。格闘戦を重視している外見にはとても見えないからです。カトキバーザムは逆に戦闘型っぽいですが。

 可変MSについては、基本的には攻撃型←→戦闘型を変形により使い分けていたのではないかと思います。ハンブラビはMA形態で高速一撃離脱、MS形態では海ヘビを使った変則攻撃ができますし、ガブスレイはMA形態がビグロ的な装備、MS形態はガンダムMk-IIを圧倒する戦闘力となっていますし。
 アッシマーとギャプランはちょっと趣が違いますね。まぁ、この2機はMAですから。そう考えると、可変MA=MSに変形できるMA、可変MS=攻撃型MSに変形できる戦闘型MS、という住み分けなのかも知れません。

 シロッコ製MSでは、パラス・アテネが体型的にはガンダムやギャンのように人型に近く、ジ・Oはドム的なので前者が戦闘型、後者が攻撃型と言いたくなりますが、パラス・アテネは対艦ミサイルを装備するなど火力重視であり、ジ・Oは余分な固定武装を持たず運動性を重視していることから、実は前者が攻撃型で後者が戦闘型なのではないかと思います。このあたりに、連邦・ジオンの両系統の系譜に囚われないシロッコの発想が伺えますね。

 エゥーゴ側ではディアス系が攻撃型、百式が戦闘型、ゼータはその両用型といったところでしょうか。百式はよく攻撃型試作MSなんて言い方されますけど、基本的には対MS用の機体だと思います。装甲的に。
 Zガンダムは大気圏突入前提であることから、基本的には降下しての対拠点攻撃用の機体(ドダイに変形できるグフ)に近いとも考えられます。またメタスはZガンダムの支援用と言われることから、基本的にゼータとメタスは攻撃機と(支援)戦闘機の関係にあると思われます。となると、メタスの構造を引き継ぐゼッツーも戦闘機に近いのかもしれませんが、ゼッツーが支援するMSは何なんだという話になりますので、やはり同じゼータ系の攻撃機なのでしょう。とはいえ、これはWR形態の話であり、MSに変形した場合、ゼータ系は百式同様の戦闘型として運用が可能な機体だと考えられます。総じて、WR形態は攻撃型、MS形態は戦闘型と言えるわけです。
 量産型Zガンダムは、百式改と競合していることからも基本的には戦闘型なのではないかと思います。対MS特化なら変形は不要であるという判断でしょうか。
 ネモはGM系の同コンセプト機ですから、基本は戦闘型のはずです。となると、攻撃型のマラサイとは競合しないはずなんですよね。マラサイが採用されずネモが採用されたのは、機体性能の比較によるものではないことは間違いないのではないかと思います。

 ネオジオンのMSについては、ガザDが戦闘型、ガ・ゾウムが攻撃型であるという設定がすでに存在しています。このため、ガザDの変形機構は攻撃機としての意味合いとは別のところにあると考えられます。どちらかというと砲台に近い機能を持っていることから、感覚としてはボールに変形できるGMのようなものだと思えばいいのかもしれません。ガザDはガザCの代替機なので、ガザCも同じコンセプトでしょう。
 既存のジオン系MSのコンセプトを受け継ぐガルスJやドライセン、ザクIIIなどは、基本的に攻撃機のはずです。ギャンの延長線上にあるR・ジャジャは戦闘型で間違いないでしょう。ガザ系の指揮官機としての意味合いがあったのかもしれません。
 ズサは突撃艇や爆撃機としての運用を想定しているという意味では攻撃機的ですが、一方でガルスJの支援用とも言われます。支援戦闘機としても運用可能だったのかもしれません。ブースターを切り離すと戦闘型だったのかもしれませんね。そう考えれば、ズサカスタムやズサ・ダインが格闘戦を重視した設計になっていることとも符合します。
 キュベレイなどのサイコミュ機は、どちらかというと戦闘型に近いのではないかと思います。というのも、ファンネルは一発の火力が低く、対艦よりも対MS戦を重視しているように思えるからです。ハンマ・ハンマも同様ですね。同コンセプト機と思われるローゼン・ズールは対ユニコーン用でしたし。
 難しいのはドーベン・ウルフで、インコムは対MS装備だと思うんですが、対艦ミサイルも装備していますし、メガランチャーという高火力兵器も使用可能です。このあたりから察するに、ドーベン・ウルフは戦闘攻撃機だったのではないでしょうか。

 そこで、あえて抜かしていたサイコガンダムはどういう兵器だったのかを考える必要が生じます。ドーベン・ウルフもサイコガンダムの小型版ですしね。
 サイコガンダムの特徴は強大な火力ですが、ビグ・ザムのように一発の図太いメガ粒子砲を持っていません。主武装は拡散メガ粒子砲です。これは、対複数を想定した武装なのではないかと思います。迫り来るMS部隊を一度に撃墜したり、あるいは護衛のMSとその母艦を同時に沈めてしまうようなイメージです。
 ギャプランTR-5フライルーは、エリアドミナンス:領域支配型という新しいカテゴリの機体だとされています。単機で制空権を掌握できるような兵器だと認識しているのですが、それは要するに複数の相手を一気に撃墜できる能力があることを意味しているのかなと思うのです。
 サイコガンダムやクィン・マンサなどは、対複数を相手にした領域支配型の機体だったのではないでしょうか。単機で制空権を確保できるくらいの性能がないと、コストパフォーマンスにも見合わなそうですしね。
 もっとも、フライルーにしろサイコガンダムにしろ、MAに属する機体です。領域支配型のMSはなかったのかというと、それが第四世代MSだったのではないでしょうか。ZZガンダム、ドーベン・ウルフ、ゲーマルクなどは、どれもサイコガンダム系との関連が匂わされている機体です。
 また第四世代のMSは、単に領域支配型MAをMS化したというだけでなく、そのような大型MAの対抗機としてあった可能性も考えられます。ZZガンダムよりもより戦闘型に近い特性をもつSガンダムなどは、特にその性格が強かったのではないでしょうか。

 つまりMSは、ザクにはじまる攻撃型が最初にあって、それに対抗するためのGMのよな戦闘型が生まれ、両方を使い分けられる第三世代MSの可変型と、それすらも蹴散らす領域支配型MAがあり、それに対抗する第四世代の領域支配型MSがあった…ということです。
 そして、この第四世代MSは稼動効率が低く、それを補うために純粋な攻撃型や戦闘型が復権した…となると、逆襲のシャアの時代に繋がります。
 この時代は、攻撃型のジオン・戦闘型の連邦という図式に戻るわけですが、そのなかでもヤクト・ドーガという機体はファンネルを装備している分、ギラ・ドーガ部隊に迫り来る敵MSを撃破する役目があったのかなと思います。逆に、ジェガン中心に構成されているロンド・ベルにあって、唯一リ・ガズィが攻撃機としての役目を果たしえたのかなと。
 サザビーはファンネルを装備していますが、拡散メガ粒子砲も装備しているのでどちらかというとドーベンウルフ的な領域支配型の性格を持っていたのかもしれません。一方のνガンダムは、戦闘型のガンダムにファンネルを装備した完全なるMSキラーですね。相性の問題で、νガンダムに軍配が上がったとも言えるのかもしれません。

 このような流れでMSという兵器の開発史を考えてみました。粗はあるかと思いますが、一つの筋は通っているかなと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
 個人的にイマイチ凄さがわからなかったゴトラタンも
攻撃と戦闘どちらにも参加できる可変MSのようなものだと考えられますかね。

 ジュピトリスの3機はやはり、攻撃のアテネ(メッサーラ)、戦闘のジオ、そして
サポートのボリノーク・サマーンという様に役割分担を考えているのかもしれませんね。

 ドムは攻撃型でしょうが、「ジャイアントバズは一撃でGMタイプを撃破できる」
という点を強調するような小説が多少あるのが少し気になります。

 そしてズサとズサカスタム以降との共通性が見出せているのがなんか気持ちいいです。
2009/06/17 (水) 23:34:55 | URL | ネイ #0y8lJxPI[ 編集 ]
ゴドラタンは長距離武器と近距離武器という極端な兵装なんで、
普段は遠くから撃って近づかれたら接近戦で迎撃するというイメージなのかなと思います。
どちらかというと拠点防衛用なのかなと。

ジュピトリスの三機は、後のデナン系にコンセプト的には繋がると思ってたりします。
そこに意味があるのかはわかりませんが。

ジャイアントバズって多分核が使えなくなった代わりに開発されたものだと思うんですが、
ある意味ではビームライフルの代替武装でもあったのかなと思います。
リックドムIIのバズーカなんかは特にコンパクトになってますし。
2009/06/19 (金) 19:24:02 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ジオンMSが対艦攻撃機発祥なのは間違いないとして、連邦MSは戦車発祥のため、「対機甲戦」が根底にあるのかなと考えています。

つまり同じMSでありながら用兵思想の根底が違うんじゃないかと。

足の生えた攻撃機と空飛ぶ戦車が戦後融合して第二世代MSになったとした場合、同じ拠点攻撃機でも攻撃機型(マラサイ)と突撃砲型(ネモ)ならば競合が起きてしかるべきかと。
2009/06/22 (月) 17:26:15 | URL | 人型生命Q #-[ 編集 ]
なるほど、ジオン系が対艦攻撃機、連邦系が戦車から発展というのは面白い見方ですね。

地上での運用に関しては車高の高い戦車か、走行できる攻撃機かという考え方の違いがあったのかもしれませんね。
2009/06/22 (月) 20:22:37 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
第4世代…
>ZZガンダム
この世代としては最初期なせいか無駄に第3世代を引きずってるような。(ゲッターロボみたいな戦い方ができるわけではないし)四肢に収納されるスラスターはフレームに悪影響のデットスペース、デットウェイトだしバーニアとスラスターの配置も縦の動きは下半身(←バックパックもこちら)、横の動きは上半身(肩側面のバーニア)というのはかなり無茶。

>ゲーマルク
コレ自体が既にMAの領域ですね。サイコやクイン・マンサよりサイズ的には小型ですが機動性とか格闘能力とか殆ど無視。

>ドーベン・ウルフ
ある程度、量産されたし兵器としては一番、真っ当?単機で戦闘攻撃型として運用できるし、二、三機集まれば上の二機種やサイコ&クイン・マンサにも充分、対抗できそうです。

そもそもサイコミュ兵器も一人で30基動かすより二人で5基ずつぐらい動かす方が効率が良い気がします。ジュドーはZZのダブルビームライフルで数基纏めて落としてますがファンネルをオールレンジで展開してたら火線が広がったぐらいで、そんな事は不自然なんですよね。
逆シャア時代のファンネルの数が減らされたのは、この辺りの反省があるかもしれません。アムロもクエス一人相手ならライフル一丁で互角以上でしたがギュネイとの挟撃に合うと焦ってましたし…。
2009/09/19 (土) 22:28:42 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
ZZガンダムの可変機構は分離しても運用できればいいというレベルのものですからね。
ただでさえあの出力の機体を通常のMSサイズに収めるので無理があるのに、
そこに分離機能まで与える必要があったのであんな事になってしまったのではないかと。

ゲーマルクとドーベンウルフは同等技術を強化人間用に特化させるか一般兵用に特化させるかの違いですね。

ファンネルの数は一度に同時展開するというよりは、
発射→戻して充電→再発射のタイムラグを減らすために交代で使用することが前提なのかなと思います。
ファンネルの運用だけに特化しているか、通常のMS戦もこなすことを想定しているかで、
ファンネルの搭載数も変わるのかなと。
2009/09/20 (日) 15:54:59 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
「ZZ」の最強はザクⅢ?
>サザビーは領域支配型
>νガンダムは、戦闘型
やっぱりサザビーはシャアが自分用に作った分、まだMSとしての纏まりは良いですがスペック的に第4世代っぽいですね。結局、最後はパワーダウンした所を耐久性&信頼性重視の第2世代なνガンダムがタコ殴りでしたし。

第4世代は過剰武装や大出力で本体への負担が大きいので雑魚敵一掃には強いですが、機体のポテンシャルを引き出すエース同士には向かないかも。ラカンはザクⅢからドーベンウルフに乗り換えたらジュドーに負けたし、ジュドーもファンネルの数にものをいわせたプル&プルツーには互角以上に戦えたのに、少数を牽制に用いてMS本体の機動力で勝負してきたハマーンの戦法(90年代のNT機につうじる)に対応しきれませんでした。
「ZZ」でグリプス戦役三強を脅かしうるのはジュドーのZZじゃなくてマシュマーのザクⅢ改だったのかも。終盤は主人公に絡まなかったので見落とされがちな上、死を悼んでくれたのが前半、不仲だったキャラだけというのが不憫極まりないですが…。
2009/10/03 (土) 21:13:02 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
第4世代はどちらかというと防衛とか単機殲滅戦とかに向いていて、
同等スペックとのガチ対決は苦手なのかなと思いますね。
対MSという意味では、確かにザクIII改は最強だったのかも…。
シャアもスザクに乗ってればもう少しアムロに勝ち目があったのかもしれませんね(笑)
2009/10/06 (火) 20:41:22 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ぬかったなシャア!
しかしシャアはヤクトドーガの性能に満足できずにサザビーを開発したわけで、性能アップの方向性を間違えた?アムロと同じ事をしても勝てないという無意識の劣等感が合ったのかも…。ヤクトにあってサザビーに無いもの…牽制用の実弾兵器。

ヤクトは両肩シールドの内側とライフル自体にミサイルが装備されていて主兵装への攻撃につなげ易い。要するにストレートを生かすジャブ、背負い投げに繋げる小内狩り(カミーユは銃剣のライフルを投げておいて腕部グレネード発射の予備動作に繋げるという逆パターンまでやりました)。

シャアも腹部メガ粒子砲発射後にトマホークを投げつけνガンダムのライフルを破壊(フィンファンネルを撃ちつくして残った武装が右側に集中しているのでシャアから見て左に避けるのは当然。後はNTの勘?)していますが、虎の子のメガ粒子砲で牽制というのは牛刀で鶏をさばくようなもの。結局、この無駄撃ちが後のパワーダウンに繋がりますし…。

その意味でギュネイのヤクトは結構、頑張ってます。緒戦はリ・ガズィがMSになったらボロ負けしてますが、これはネオ・ジオン初の大規模な実戦。ギュネイは若い分、少ない経験で大きく伸びる。ルナツーではアムロもシャアもいないせいか変な気負いもなく「クエスは俺が守らないと」というモチベーションもあって縦横無尽の大活躍。
最後はアムロもクエスよりまだギュネイの方が手強そうに感じてました。功を焦って人質作戦とかしなければ、もっと上にいけたかも。こういう所はさすがポストジェリドです。
2009/10/25 (日) 18:35:14 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
サザビーは対アムロ用に開発されたかというと微妙なところで、
むしろνガンダムの方がサザビーを意識して開発されている可能性があるということを考えると、
相性としてサザビーが不利になってしまったのは仕方ないのかなと思います。
それこそアムロが乗ってくる機体をSガンダムのようなMSと想定していたのかも知れませんし。

対νガンダムを考えて実はクェスのヤクト・ドーガがシャア用に魔改造されていたが、
日の目を見る前にシャアが行方不明になってしまった…のかも。
2009/10/26 (月) 23:39:00 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ΖΖガンダム
ΖΖの上半身は縦軸方向の推進器を持っていますよ。胸部のスラスターは真正面を向いてますし、肩部(白い装甲部分)のものは面に対して斜めに噴射口が開いてます。下半身ではコア・ブロックのものが真横を向いていて、フロントスカートと脛横の黄色いノズルは斜め下方向を向いてます。実際に作中では真横に噴射炎を噴いて攻撃を回避しているシーンもあるので、横軸の推力があることになります。ベクタースラストや可動式ノズル等も十分に可能でしょうから、特におかしな機体構造ということではないと思いますよ。使用しないノズルを機体内に格納する設計はハンブラビやユニコーン等の前後の時代の機体にも見られるので、相応のメリットのある設計なのではないでしょうか。(MGインストでもこれについて多少触れられてます。)

>νガンダムとサザビー
この二機のコンセプトの対比は、逆にしたものがΖΖガンダムとキュベレイに当てはまると思いますね。(ΖΖはファンネル無しですが。)第四世代MSはそもそも各陣営が少数精鋭体制を採らざるを得ない時期に誕生したものなので、「単機で多数の標的を殲滅する」という運用をする場合に最も真価を発揮できることになりますね。ΖΖやドーベンウルフ、サザビーは代表的な機体ですが、これらはロケットモーターやバインダー等の機動装備も標準的な機体より寧ろ充実しています。ビーム兵器の無駄撃ちさえしなければ、パワープラントが強力である分、機体の駆動力も大きい筈で、火力以外の機体能力も劣っている訳ではないと思いますよ。こうした機体の性能を引き出せるか否かは、やはりパイロットの技量次第だと思いますね。ゲーマルクは射撃戦に特化した仕様ですが、こうした機体は第四世代機ではどちらかというと少数派な気がします。
2009/11/01 (日) 23:01:52 | URL | #sidwDMXE[ 編集 ]
>ZZ
推力系はだいだい解りましたが、スラスターは収納された時に完全に内骨格に位置するので、装甲と骨格の隙間に収納されるハンブラビに比べてデメリットが大きいのではないでしょうか。リゲルグに押された時がありましたが、駆動力がフレームに伝わりきらずパワーが不安定になっていたのではないかと。
ハマーンのキュベレイがZZの背後を取れたのはバインダーの可動域の差と、牽制に適した兵装の有無でしょうか。(この時期、ファンネルをそういった事に活用できたのが、エライ)エース単機同士の戦闘では牽制の攻撃を含めた戦闘の組み立てが重要になるのでサザビーにしろZZにしろ「ビームの無駄撃ちをしない」というのは机上の空論になってしまうのではないかと…。
2009/11/02 (月) 08:28:51 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
>ΖΖガンダム
この機体はインスト等によるとドッキング部は繊細なものの、ムーバブルフレーム自体は堅牢で四肢としても高い性能を持つと解説されているんですよね。駆動用の機器を関節部周辺に纏め上げる技術はGPシリーズの時点で既に成立してますし、ΖΖの場合Ζでは変形の成立のために用いられたフレーム技術が機体構造自体の強化にも援用されたとする文献も存在するので、強度的な問題は十分にクリアすることが可能だと思うんです。メインスラスターの破損は空間戦闘用のMSにとって致命傷と成り得るもので、大口径のものを収納して分散式のスラスターを稼動させる設計は、リスクの低減という点でそれなりのメリットと言えると思います。

キュベレイが背後を取ることができたのは、サーベルの鍔迫り合いから相手の頭上を飛び越えてという状況なので、機体挙動の特性によるものではないでしょうか。アクロバティックな機動はキュベレイの最も得意とするものらしいですし、人間相手ならば幻惑的な効果もあると思います。リゲルグとの戦闘では無重量空間での衝突ですので、物を言うのは四肢の駆動よりもその時機体の持っていた運動エネルギーになると思います。加速状態で突撃してきたリゲルグを静止状態だったΖΖが受け止めた格好になりますから、前者が有利になります。

第四世代MSは制圧用の高出力火器が注目されますが、通常戦闘用の武装も備えていますよ。ΖΖのライフルはジェネレータ内蔵で本体への負荷は比較的小さいですし、ドーベンウルフではインコムやハンドビーム、サザビーもビームライフルを装備しています。FA-ΖΖの腹部ハイメガ砲の使用やゲーマルクのビーム乱射といった場面がありましたが、これらの機体は出力低下を起こすでもなく普通に戦闘を継続しているんですよね。機体への負荷という点では、スペックから想像する程ではないのかも知れません。サザビーのメガ粒子砲の場合では完熟飛行から間もない状態であったことを考えると、調整不足から来る初期不良ということも考えられるかも知れませんね。
2009/11/02 (月) 21:34:17 | URL | #xqXT1FQM[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.