がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンダー、ガンダム、G-3
 MSV関連の資料を読んでいたら、とんでもない記述があることに気づきました。いくつかの資料に、「一般に"ガンダム"とよばれたのは、RX-78-2の二号機である」と記されているのです。つまり、アムロが乗ったガンダムだけが、唯一「ガンダム」という名称の機体だったということです。

 これだけだと、単にアムロのガンダムが一番有名だからガンダム=アムロ機を指す(ザクといえば06Fであるというのと同じ)というだけにも読めますが、上記の記述の全文は「今次大戦で、一般に"ガンダム"とよばれたのは、このRX-78-2の二号機である。また、三号機は"G-3"とよばれていた。」という文章であり、あたかもG-3はガンダムという名称ではなかったかのように書かれています。

 G-3は、「G-3ガンダム」とも呼ばれますが、このGがガンダムの頭文字だった場合、G-3ガンダムはガンダム3ガンダムという意味不明な名称になってしまいます。G-3のGはガンダムではないのではないでしょうか。例えば、「ガンダー」とか。
 G-3がRX-78-2の3号機であったことは間違いないわけですから、ガンダー3号機という意味なのであれば、1号機はガンダー1号機であるということになります。しかし、2号機はG-2ではなくガンダムです。ここで、「ガンダムはガンダーMの略である」と以前唱えたネタを組みあわせて見ると、RX-78は、1号機がガンダー、2号機がガンダーM、3号機がガンダー3であると言うことができます。

 これを前提にして、考察を進めてみます。

 何故2号機はガンダー2ではなくガンダーMなのか、という疑問が生じますが、これは「ガンダムとは本来ガンダー2号機のみの愛称である」とした場合、テム・レイが「(ガンダーではなく)ガンダムが量産されれば」と言ったことから、ガンダー・マスプロダクトモデルの略であり、2号機が事実上の量産試作機だったと解釈することが出来ます。無論推測でしかありませんが。

 あくまでガンダムという名称がRX-78-2の二号機のみに与えられたものだったとした場合、その後登場する複数のガンダムは、このアムロ機にあやかっただけということになります。例えばRX-78-4ガンダム4号機以降の後期ロットなんかは、GMのデータ取得機だった頃は特に名称が無く、実戦投入が決まった時点で改めてガンダム○号機という名称と名づけられたと考えることが出来ます。つまり、後付けの名称であるということですね。

 この説を前提とした場合、G-3という機体はRX-78-2の三号機の愛称であるということになるのですが、MSVポケット百科連邦編での、プロトタイプガンダムのボックスアートの解説によると、バックに描かれている白と銀のガンダムは、RX-78-2の初号機である(推測)ということになっています。しかし、これは以前の考察でRX-78の三号機であると結論付けています。何故かというと、RX-78の一号機は黒+銀であり、白+銀の塗装はニ、三号機であるということが、プロトタイプガンダムのキットインストから読み取れるからです。
 つまり、こういうことになってしまいます。

(黒+銀)RX-78-1初号機 → RX-78-2三号機"G-3"
(白+銀)RX-78-1二号機 → RX-78-2二号機"ガンダム"
(白+銀)RX-78-1三号機 → RX-78-2初号機"ガンダー"?

 これでは、一般に「プロトタイプガンダム」と呼ばれているRX-78-1は、実は一般に「G-3ガンダム」と呼ばれている機体と同一機になってしまいます。しかし、これを否定する証明する資料もまた無いはずなので、そうだとしても問題はない…はずです。そう、G-3ガンダムは実はガンダム1号機だったのです
 むしろ、このように考えると、プロトタイプガンダムのインストで「遅れてサイド7に運ばれた3号機からは簡略化(と言うより無駄の整理)がさらに計られ、ビームライフルの外部形式も3号機仕様に改められたのて1,2号機は間もなく3号機仕様へ若干の改造を受けている」と記述されていることとも整合性が取れるんですよね。3号機が最初に78-2に改修されて、その後1,2号機が同様に78-2に改修されたと読めますから。
 そうは言ってもG-3ガンダムはガンダム3号機であると言われているわけですが、これはガンダム4号機以降が改めて振りなおされた機番であるとすれば、本来ガンダム1号機だったG-3がガンダム3号機として登録しなおされたいうことでクリアーできます。となると、アムロの機体はガンダム1号機だったんじゃないか、という気もしますが…スピリッツジオンに出てくるプロトタイプガンダム、あれがガンダム1号機として登録されていたことになるんでしょうかね。

 ところで、これにより「ガンダム4号機」は複数存在してもよいことになります。単純に、RX-78-1の四号機、RX-78-2の四号機、「ガンダム」という名称がRX-78全体を呼称するようになってからの、数え番号としての四号機というパターンが考えられるのです。
 G04と呼ばれたガンダム4号機は、数え番号の四号機であると思われますが、アレックスは、開発が始まった0079年8月時点ではまだ「ガンダム」という名称の機体が78-2の二号機のみであったと考えられるため、単にRX-78の4号機であった可能性が高いのではないでしょうか。

 つまり、表にするならこんな感じです。

RX-78-1初号機→RX-78-2三号機"G-3"   →ガンダム3号機"G-3ガンダム"
RX-78-1二号機→RX-78-2二号機"ガンダム"→ガンダム2号機"ガンダム"
RX-78-1三号機→RX-78-2初号機        →ガンダム1号機"プロトタイプ・ガンダム"
RX-78-1四号機→RX-78-2?号機       →ガンダムNT-1"アレックス"
RX-78-1?号機→RX-78-2?号機       →ガンダム4号機

 このように考えると、プロトタイプガンダムのインストで3号機の外部形式が改められた後に1,2号機がそれに準じた形に改修されたと記されていたこととも辻褄が合います。まず3号機が78-2に改修され、その後1,2号機も同様に改修されたということです。
 また、後期ロットの最初の機体である4号機は、オーガスタに送られて装甲積層実験機となり、残った5号機以降の機体は改めて機番が振りなおされてガンダム○号機と呼ばれるようになったと考えられます。
 ついでに言うと、NT-1プロトと呼ばれる機体は「3」のマーキングが施されてるわけですが、これは実はRX-78-1の三号機(78-2初号機)がサイド7で破壊された後に回収・修復され、NT-1仕様に改装された機体だったのかも…しれません。

RX-78-1初号機→RX-78-2三号機"G-3"   →ガンダム3号機"G-3ガンダム"
RX-78-1二号機→RX-78-2二号機"ガンダム"→ガンダム2号機"ガンダム"
RX-78-1三号機→RX-78-2初号機        →ガンダムNT-1プロト
RX-78-1四号機→RX-78-2?号機       →ガンダムNT-1"アレックス"
RX-78-1?号機→RX-78-2?号機       →ガンダム4号機

 ただ、この考え方だとスピリッツジオンのプロトタイプガンダムは何なんだということになってしまいます。1号機がNT-1プロトになって、アレックスを含めてガンダムが8機だったとすると、あのジャブローにいるプロトタイプガンダムは9号機だったとでもしないと説明がつかないんですね。

 そこで、G-4計画という単語について考えてみます。これはG-3が「78-2の3号機」という意味であったのであれば、そのまま「78-2の4号機」を意味していたことになってしまいますが、G-4計画機はどう考えても78-2仕様ではありません。
 逆に、アレックスが「RX-78の4号機」であったとするならば、G-4計画機はまさにRX-78の4号機以降…すなわち後期ロットの候補機だったのではないかと推測できます。つまり、こういうことです。

RX-78 一~三号機 →(アレックス一号機~)
             →(GT-FOUR一号機~)
             →(ピクシー一号機~三号機)

 こう考えると、GT-FOURが複数機存在しているにも関わらずG-4計画機とされていることも説明できます。要するに、G-4計画は「後期ロットのガンダムを各軍で開発する計画」だったということです。
 ただ、実際一~三号機と全く同じ外見のガンダムが4機以上存在するイラストがあったり、8機のガンダム全てが78-1から78-2へ改修されたという記述があったことを考えると、G-4計画機以外に、オリジナルのガンダムも4号機以降があったということになります。となると、以下のように考えられます。

RX-78 一~三号機 →(ガンダム四号機~):V作戦本部製
             →(アレックス一号機~):宇宙軍製
             →(GT-FOUR一号機~):空軍製
             →(ピクシー一号機~三号機):陸軍製

 オリジナル仕様の4号機以降というのは、GMの母体となるべく運用されていたということですから、その時点ではRX-78にカウントされていなかったのかもしれません。後に改めて、アレックスの仕様を参考にした上でガンダム4号機以降の機体が制式に登録されたために、G-4計画とは別ラインで4号機以降のガンダムが登場してしまった、ということなのではないでしょうか。
 つまりこんな感じです。

RX-78 一~三号機 →(実質RX-78四号機~)プロトGM →(ガンダム四号機~)
             →(アレックス一号機~):宇宙軍製 →↑フィードバック
             →(GT-FOUR一号機~):空軍製
             →(ピクシー一号機~三号機):陸軍製

 何のためにわざわざガンダムの後期ロットを各軍に作らせたかと言えば、それ以降の各軍製MSの母体とするためというところなのでしょうが、アレックスの仕様がガンダム4号機以降に反映されているということを考えると、オリジナルガンダムへのフィードバックを目的としていた可能性も否定は出来ませんね。陸軍製重火力機がマドロックに反映されたとか。まぁ、マドロックは本来汎用機ですし、アレックスからのフィードバックが最も強い機体なので必ずしもそうだとは言い切れないのですが。
 GT-FOURは後にアッシマーやギャプランの開発に繋がっていきますし、アレックスはネティクスを通してサイコガンダムへ発展していったと考えると、G-4計画はニュータイプ研究所に引継がれたのかもしれませんね。となるとGマリナーからバウンド・ドックに発展したんだろうか(笑)

 とりあえず、G-3がガンダー3なのかどうかは別として、G-3ガンダムが実はガンダム1号機であり、ガンダムという名称はアムロ機が活躍したからこそRX-78の名称として採用されたもので、以降のRX-78タイプにも後付け的に与えられた名称だったということ、G-4計画が後期ロットの開発を各軍に行わせたものだということが、今回の考察で導き出された説でした。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>Gマリナーからバウンド・ドック

原型機が”宇宙用ドック”なので、それはちょっと(w
2009/06/08 (月) 07:49:50 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
記憶が曖昧ですが
ガンダムって言うのは、アムロたちの愛称だったという設定があったと思います。
2009/06/08 (月) 18:59:47 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #-[ 編集 ]
>とっぱさん
GT-FOURも直接的なアッシマーの原型機ではないでしょうし、
コンセプトが引き継がれたってことで。
ジオン系をベースにした方が早かったんでしょうね。

>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
SEEDでのガンダムがキラのつけた略称みたいなものだったのと同じような感じでしょうか?
冒頭でテムがガンダムって言っちゃってるから微妙なところですねぇ。
テムの独自の呼称がアムロを通じて定着したってことでしょうか。
2009/06/09 (火) 19:35:18 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
X-78ガンダー
今手元に台本記録全集がないので、正確な部分を転記できないのですが、
テム・レイが「~~~~~」と何かをブライトに語りかけると
ブライトが「「X-78ガンダーですか?」と聞き返し、
テム・レイが「ブライト候補生は生真面目だな。ガンダムという愛称は嫌いかね。」と言い、ブライトが「そのようなことは・・・」と言う。そんな場面が「アフレコ直前に削除された」と解説されていたような気がするのです。すみません、うろ覚えで・・・。どなたか、詳細に記載できる方、支援願います。
2009/06/10 (水) 12:40:22 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #-[ 編集 ]
だから、何だ?という情報でしかも、不正確・・・。すみませんでした。
2009/06/10 (水) 12:41:47 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #-[ 編集 ]
>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
自分もどこかで見た記憶があります。
それを知ってるからこそガンダムじゃなくてガンダーだったんじゃないかなんて言えるわけなんですが、
ソースは自分も思い出せないですね。
確認できたらしてみたいと思います。

>ピロキさん
初めまして、書き込みありがとうございます。
アイデアを提示していただけるのは有難いのですが、
過度の連続投稿はマナーを逸脱した行為だと認識します。
正直に言うと荒らしとさほど変わりません。
文章の内容自体がマナー違反なわけではないので、削除はしませんが、
もう少し短くまとめていただくか、ご自分でブログなどを作ってそこを参照するようにしていただけると幸いです。
2009/06/11 (木) 20:11:51 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.