がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
統合整備計画のお話
 最近Yahooオークションにハマってます。ガンダム関連の商品って結構絶版とか生産中止の品って多いので、こういうのあると本当に楽に資料を手に入れることができてありがたいですね。
 最近はゲルググJ改造パーツ(MG)を手に入れました。HGUCのゲルググJに魅せられたことと、MGのゲルググが腕カバーを外したまま(プロトMk-IIに使っちゃったので)放置されていて処遇に困っていたからというのが大きな理由。
 元々ゲルググはガトー専用機として作ったんだけど、キットで出てしまったので(笑)存在価値がなくなってしまったんですな。俺は基本的にキット化されていない仕様にプラモを改造するのが趣味なので、商品化されてしまった時点でどうでもいいのです(だからキットのガトー機も買ってないです。なんか再生産されていないらしいので買っておけばよかったと後悔しているけれど…)

 さて、前置きが長くなりましたがゲルググJって他のゲルググとだいぶ外見が違います。それは統合整備計画によって設計変更された機体だからです。統合整備計画というと操縦系の統一がピックアップされがちですが、それだけならF2ザクやグフカスタムも入ってしまうわけで、実際はそれ以外にも共通規格になった部分がいろいろあるわけです。
 とはいえ、ザク改、リックドムII、ゲルググJに外見上の共通項はありません。デザイナーが同じだからデザインラインは似てるとしても、同じ形をしている部分はなく、少なくとも外装は共通ではないようです。
 となれば、内装が共通ということになります。多分、ジオニック社やツィマッド社といった区別なく同じ規格の部品を使うようになったのでしょう。従来ならばドムが壊れても会社の違うザクの部品では補修できなかったりして大変だったとか。この辺は車とかバイクに詳しい人なら色々わかるのかな?(俺は全然詳しくない)
 つまりはセンサー系とか推進器とか動力系統が共通化されたのかなぁ、何て思ったりします。実は頭とかバックパックとかは互換性があったのではないでしょうか?

 となれば、腕がゲルググJのザク改とか、下半身がリックドムIIのゲルググJとか、ザク改頭のリックドムIIとかがあってもおかしくないわけですよ。モデラーの皆さん、どうですかね(笑)
 ただまぁ、これらの機体は大戦の末期中の末期に開発された機体だからそんな急場しのぎの改修をするような機会はなかったのかも知れないんですけどネ。戦後の残党組織の機体ならあり得るかな?
 まぁそういう発想も面白いなぁと思ったりするわけです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.