がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
今月の模型誌09.05
 今月の電ホビは立ち読みできず。代わりにホビージャパンがとんでもない数の作例で勝負してきました。期待通りにプロトタイプグフの作例をやってくれたこともあって、今回は購入しました。

 今度付録でザンライザーなるオーライザー用改造パーツが付くようです。XNライザーってのがちょっとギリアム的な感じでアレなんですが、GNに対するXNという単語は劇場版への伏線の一つかなとも思いました。
 シルエット自体はカッコいいですし、実はオーライザーを買ってあるので(GNアーチャーみたいにおもしろ合体できるかなと思ったんですが、あんまりできなかった…)、買ってみましょうかね。というかそれならOOガンダムも買わないとねぇ、とバンダイHJ商法の餌食になりそうな自分。

 グフVer.2.0の作例は良作揃い。上原みゆき氏の作例は古き良き時代のマーキングもさることながら、口を台形に加工するというのが分かりやすくてよいなと思いました。アニメらしい造形ながらどこか違うような気がしていたグフ2.0でしたが、違和感の原因の一つはそこだったか。
 ジオラマの作例は、ビームサーベルの刃がぶわっとしなっていたらもっと良かったんじゃないかと思ったりしました。本当はグフの腕を斬り飛ばすシーンをやろうと思ったが、吹っ飛んだ腕の表現などが困難だったというのは確かに同意。やるなら斬り飛ばす直前ですかね、せいぜい。
 アニメイメージ重視の作例は、単に造形がアニメ風なだけでなく、ヒートホーク装備、マシンガン装備、ジャイアントバズ装備、両手マシンガン仕様(C-1型?)とマイナーチェンジ版を次々と繰り出してきたあたりが素晴らしい。そこまでやるなら両腕ヒートロッド仕様も作って欲しかったけどね!とはいえ大河原カラー版もおまけにつけてくれるのは素晴らしい。これ、トーマス・クルツ専用機の元ネタだよね?
 この作例のおかげで、両手マシンガン仕様がドダイに乗っていたことを思い出しました。C-1型は単に手が違うだけじゃなくて、ドダイでの運用を前提とした仕様だったのかもしれませんね。ドダイに乗ってる間はヒートロッドなんてまず使わないし。

 ユニコーン特集では、シナンジュ、ネェル・アーガマ、ハイザックカスタム&アイザックに加えてマイナーメカの1/100フルスクラッチ作例。リゼルとアンクシャを立体化したことには敬意を表します。が、リゼルのWR形態の分厚さはなかなか厳しい。キット化するならどういうアレンジをしてくるか楽しみです。いやキット化しますよね?アニメ化するんだし。HGでいいので是非お願いしたいですな。アンクシャはZII改造パーツとしても使えそうだし。アンクシャは色がギャプランに近いんだなと思いました。連邦空軍カラー?

 もう一つ、ジムライトアーマーの作例が早速掲載されたのもさすがHJというところ。腰フロントアーマーもちゃんと短くなってるあたりはさすがですが、短すぎて何のための装甲か分からなくなってますね(笑)太腿関節丸見えだし。バルカンが無いのではなく塞がれているという解釈は新しいと思います。
 ふくらはぎの下に追加バーニアを装備させたのは悪いアイデアとは思いませんが、ジムIIIの装備に繋がることを考えるとちょっと時期尚早な気もしますね。
 結構アレンジ入ってるのですが、ライトアーマーは普通に再現すると単にジムの色違い程度にしか見えなかったりするので、これくらいメカっぽくなってるほうがMSVの雰囲気が出ているようにも思います。ただ、ビームガンを陸ガンのマシンガンから流用したのはいいとしても、マガジンを残しちゃってるのはいただけなかったなぁ。

 新商品情報はホビーショーもあったのでてんこ盛り。HGUCのHi-νガンダムは、MGに比べてだいぶカッコよく見えます。旧画稿に近づいているわけではないんですが、多分MGはプロポーションがSEEDのMGっぽかったのが良くなかったんじゃないかなと。こちらは、これはこれでいいかなと思えるプロポーションになっていると思います。
 リアルタイプGアーマーってMSV-R扱いなんですね。今更GアーマーをMSV化するってどうよ…しかもこれで1万越えとか本当に売れると思ってるのかな~。
 HGUCではなくHG扱いで30周年記念原寸大ガンダムの1/144キットが出るみたいですね。個人的には、脚部が細めで、頭部がカトキ顔じゃないところが好印象。PGやMGも含めた歴代のガンダムのキットでは一番好きかも知れません。肩と腰アーマーがPG仕様になってるのは微妙なので、ここはHGUCのと交換するとよさそうです。いっそのことOガンダムの肩アーマーに付け替えてみようか。
 待望のHGUCジェガンが登場したのも喜ばしいですが、ついに出たMGガンタンクがRX-75-4という形式番号になってるのがびっくり。これってガンダムメカニクスでしか掲載されてないんじゃなかったっけ。バンダイ公式になっちゃうのか…。それならMSM-04FとかMS-09Bも拾って欲しいんだけどなぁ。
 SDは三国志の次は戦国武将らしいです。わかりやすい流れですなぁ。次はOROCHIかね(笑)。三国志といえば、なんで諸葛亮孔明がリ・ガズィなんて微妙な役柄なんだろうと思ってたら、やっぱりνガンダムにランクアップしましたね。
 OOではガッデスがようやく出るみたいです。ヒリングガラッゾ、リヴァイヴガデッサとパステルカラー3人衆を揃えてみたくなります。

 それで思い出しましたが、今回のOOVはガガンダム(笑)でした。プルトーネとガ系の中間機という分かりやすい設定が素晴らしいです。これがキット化してプルトーネもキット化するという展開は果たしてあるのでしょうか。
 OOVと言えば、ザンライザーなんて出てきちゃうとセブンソードの立場がまるでありませんねぇ。アヴァランチみたいにキット化することはあるのかな。

 OOの作例だとセイラマスオ氏のジンクスガンダムも嫌いじゃないですね。これお手軽ってなってますけど地味に手は加わってますよねぇ。

 OOの1/100デザイナーズカラーとか需要あるのかな~と思ったんですが(第2期の1/100はかなり評判悪いらしく…)、ここのところの素晴らしい新作キットの流れはOOで儲けた金があってこそなんだなとも思いました。
 新作で儲けて、宇宙世紀に金かけるとまでは言えないでしょうけど、基本的に新作ガンダムはバンダイ的には銭稼ぎなんでしょうね。

 ところでGFFNのエールストライクはほんとにカトキデザインなんでしょうか。画稿を見るまで信じられない…(笑)

<追記>
 プロトタイプグフのモノアイが全周式であることに今回初めて気づきました。量産型では排除されたってことは、あまり意味が無い機能だったんでしょうかね。
 Ver.2.0のグフは、脇の下あたりにプロトタイプグフにあるインテークのモールドが入ってるのが憎いですね。アニメ体型でも、そういうところはちゃんと拾ってるところに感心します。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>両手マシンガン仕様

08小隊頃のHJ解説では、B2型だったんだが(苦笑)。
サ社監修的にアレはC(C-1)型ということになったということか?
ジャブロー戦GバズーカグフもA型扱いか・・・
個人的にはカードダスやMIAデータシートのC型説(消去法だとC-2型か?)も捨てがたいですが。
2009/05/26 (火) 20:24:55 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ジンクスガンダムの面構えがなかなか好みでした
機会があったらやってみたいなぁと
GNHWシリーズは発売するならやっぱりザムカラーになるんだろうか?
HGUCのHiνはプロペラントタンクが色分けされてないのが個人的にちょっと情けない感じ
塗るなりすれば良いだけの話ですから大した問題じゃないですけど
2009/05/26 (火) 23:24:42 | URL | わんこ #5cLXpv9I[ 編集 ]
セカンドシーズンの1/100は腰回りませんからねー。胴に電池仕込むのと腰回るのなら皆後者を選ぶと思うんですけども、どうなんですかね。
まぁ、それにも増してHGの出来が良過ぎるのも理由かもしれません。次の新作ガンダムのキット化はえらいハードル上がっちゃいましたね。
2009/05/29 (金) 15:55:58 | URL | Re #-[ 編集 ]
はじめまして
はじめまして。

グフ好きなので、今月のホビー三誌は大変興味深かったです。

やはり作例の量と質でHJ誌が一歩リードしていたと思います。

>プロトグフの脇の下のモールド・・・気付きませんでした。画稿をよくみて納得。貴重な情報ありがとうございました。
2009/05/29 (金) 23:44:58 | URL | くま #-[ 編集 ]
>とっぱさん
本来のMSVの設定を考えると、
B型で対応できない局面に対応するために固定武装のバリエーションを増やしたのがC型シリーズということなので、
基本的にB型は固定武装については変わりが無いはずですし、逆にC型はB型とは固定武装が異ならなければいけなくなるんですよね。
もしB2型が両腕マシンガンだったとするなら、それはヒートロッド側にグフカスタムの3連ガトリングを装着しただけだったんじゃないかとさえ思ったりします。

マシンガン装備やバズ装備のC型というのは、
単にC型からB型やA型に仕様が差し戻されたけど登録はそのままC型扱い、というだけの機体なのかも。

>わんこさん
GNHWシリーズがトランザムだと、塗装しないとノーマル機に装着できないというジレンマが発生してしまうんですよね~。
すでにトランザムライザーがそうなっちゃってるんですが、おもちゃ的にはあんまり好ましくない気がしますね。

>Reさん
腰が回らないんですか、それは結構辛いですね…。
種デスの時みたいにプロポーション追求の方向でやればいいのに、
モールドも減らしちゃってただのでかいHGになっちゃってるのがどうなのかなと思います。
2009/05/29 (金) 23:51:38 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>くまさん
初めまして、書き込みありがとうございます。

電ホビも見ることができましたが、
妄想設定解説?みたいなのはなかなか面白かったですね。
ドムよりもグフをベースに陸戦MSを発展させた方が効率が良かったはずだ、とか。
2009/05/30 (土) 00:12:43 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
両手マシンガン仕様(C-1?)がドダイYSとの運用前提だったのかも、という意見に目から鱗が落ちました。

これって、つまり兵器コンセプトとしては07Hの完全版ということになりませんか?(Il-2みたいな機甲兵力への突撃降下強襲機です)
両手マシンガンは共通として、07Hの脚部ロケットをドダイYSの大型ミサイルで代用し、
もちろん飛行ユニットはドダイのものを使用。

そうすると、07C-3とは明確に差別化できてきますし、「MSV 2巻」の開発系図(C-1→C-2→C-3ではなく、それぞれが07Bから分岐している)も生きてくると思うのです。

ドダイと運用前提ならば、機体の軽量化というのも行われているでしょうね。


C-2についてはMSV-Rに期待します。今の段階で何を言っても夢想だと思うので。
2009/05/31 (日) 17:16:31 | URL | paamaso #-[ 編集 ]
なるほど、07Hとの関連性までは考えませんでした。まさに仰る通りかも知れません。
いっそのこと、空力特性向上のために07H-4の肩アーマーを装備したタイプなんてあってもよさそうなものですねぇ。
2009/06/03 (水) 23:48:10 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.