がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
HGUC νガンダムHWS
HWS.jpg
 3割引で1980円という値段が異常にお得に感じて買ってしまいました。よくよく考えるとHGUCで2000円ってかなり高い方だったはずなんですが、最近はそうでもなくなってしまいましたね。むしろ、νガンダム単品と比較するとそれこそ異常なお得感のこのキットです。

 このキットの凄いところが、ダブルフィンファンネルに出来るようにバックパックのフィンファンネル接続パーツが2つついてるところなんですよね。こういう嬉しいおまけはいつでも大歓迎です。造形も物凄く気合入ってるし、このクォリティをずっと維持してほしいのですが、現状はこれがMAXパワーなんでしょうかね。
 というわけで、せっかくなのでダブルフィンファンネル仕様にしてみました。左腕にでかいシールドつけて左側にフィンファンネルじゃバランス悪すぎですからねぇ。こうするとサーベルがなくなるんですが、腕に予備があるし、HWS形態だとあんまり格闘戦想定してなさそうなんで問題ないでしょう。
 ちなみにアムロマークは貼ってません。アムロ機ではない、という想定なので。

 元々デザインはあんまり好きじゃなかったHWSなんですが、プロポーションが凄くいいので、スミ入れをちゃんとやればだいぶ化けますね。歴代最高のνガン立体物といわれたGFFを超えたかなという印象です。

 さて、このキットはこれまで設定がなかったことをいいことに、大量の新設定を追加してきやがった罪なキットでもあります。とりあえず羅列してみましょうか。

・シールドはハイ・メガ・シールドという名称のビーム兵器。
・脚部増加スラスターはZガンダム系のユニットを参考にしたもの。
・胸部装甲上部のミサイルランチャーはフルアーマーZZのものと同等のもの。
・ミサイルの代わりにサイコ・グレネード(後のファンネルミサイルの原型)を搭載する案もあった。
・胸部にIフィールド発生器を装備する案もあった。
・素体のνガンダムをフルサイコフレーム仕様にする案もあった。

 シールドが実は武器だったってのは無茶したなぁという印象です。シールドブースターの類かと思っていたんですが、これだと両腕に大型ビーム兵器を持ってるということになります。ちなみにキットだと通常のシールドの上から装着する仕様になってますね。イメージとしては、シールドブースターが「使い切った後はシールドとして使用できるシュツルムブースター」だったことを考えると、これは数発分のエネルギーが充填されているだけの使い捨てビーム兵器で、使いきった後はシールドとして使える…というものなのかもしれません。
 一方で、ハイパー・メガ・ライフルという武器は、ハイパー・メガ・ランチャーとはランチャーかライフルかの違いというネーミングであることを考えると、推進器やジェネレーターを搭載しているかしていないかが違うだけで、基本的には同等のものなのかなと思います。技術の進歩で、小型化省力化が可能になったというところでしょうか。

 脚部スラスターは、確かにZガンダムの脚部に似ていますので、そういう解釈もありかなと思いました。高機動型ザクは片脚だけでザク1機分の推力なんていわれますが、νガンダムHWSは増加パーツだけでZガンダムの両脚分の推力が追加されてるってところでしょうか。

 胸部Iフィールド案は、Ex-Sガンダムの胸部装甲を装着して再現できるかな?と思いましたが全然サイズ合いませんでした。残念。

 フルサイコフレーム化というのは、νガンダムそのものに改修を加えるというか、実質2号機以降の別機体じゃないと再現不可能ですよね。やっとサイコフレームがもたらされたばかりの当時の状況でそんなアイデアが出てくるかってところが非常に疑問なんですが、仮にフルサイコフレーム仕様のνガンダムがあるとしたらそれはどんなものになるだろうか、ということを考えてみました。
 最初に思いついたのは、微妙に頭部形状と肩アーマーが異なるダブルフィンファンネル仕様のνガンダムの設定画で描かれている機体だったんですが、フルサイコフレームであることを生かすにはもっとフレームが露出していた方がいいんだろうなと思ったのです。
 フレームが露出しているνガンダムといえば…イボルブ版しかあるまい!ということで、イボルブ版のνガンダムはフルサイコフレームであるという図式が成り立ったのでした。

 ところで、このキットの頭部、物理的に首の穴にジョイントがはまりそうにないんですけどどうなってるんでしょうか。とりあえず削って乗せてるだけなんですけど。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>実質2号機以降の別機体

そこで、「ダムマガジン名作集」のマサダ中尉機ですよ(w
もしかすると、フルサイコフレームであったが為に、凡人でも死に際にフィンファンネルが感応したとか?
ちょっとネタバレになりますが、「ガンダムUC」でもサイコフレームの総量による感応具合の上昇が描写されています。
この機体、地味に左腕がスプレーガンオプションなのが素敵です。
2009/05/16 (土) 21:44:25 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
そういえば元祖SDのνHWSにはオリジナル武装で頭部ハイメガキャノンがありましたね
これにIフィールドに左右6枚を加えた更に重武装なHWSとか見てみたいもんです(ぁ
シールドの設定は一番驚いたところです
特に設定を考えずに描かれたらしいですから、逆に何とでも設定できるんでしょうね
でも拡散ビームとかならともかく、ハイメガキャノンはやり過ぎな気も…
2009/05/16 (土) 22:15:16 | URL | わんこ #lCXwBYCI[ 編集 ]
>シールドが実は武器だったってのは無茶したなぁという印象です。
逆に、HWSとほぼ同型のシールドを持つGコマンダーのシールドの筒が「ビームキャノン」という設定だったので
ずっとHWSの筒もビームキャノンだと思ってたんですが…。

Gコマンダーも後に強化人間やニュータイプ用としてチューンナップする予定だったので、改修される機体はフルサイコフレーム仕様になってたのかも知れないですね。そして当初の予定通りジェガン軽装型(無論、サイコミュ操作の無人機)を搭載したコンテナを運用してたりして…。
2009/05/16 (土) 22:43:14 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
そういや、Bクラブ32号の近藤和久氏と出渕裕氏の対談で
近藤氏が「このシールド裏の二連の筒って何なの?」って聞いてて、出渕氏が「メガ粒子砲のつもり。ジェネレーターは腕のラッチから本体のをひっぱって来て…、まぁ、ロケットランチャーでもかまわないけど」と答えてますね。

2009/05/17 (日) 17:52:17 | URL | コンラッド #8l8tEjwk[ 編集 ]
>シールド
HWSの初出はB-CLUBの27号かと思いますが、その時点で「対艦ロケットランチャー2門装備のウィングシールド」となってましたですよ(^^;)b。

しかしHGUCは思い切ったことしますねぇ(--;)。
2009/05/17 (日) 18:25:24 | URL | だっちん #TojGNFVY[ 編集 ]
>とっぱさん
マサダ中尉機はデザインがアムロ機のままでしたからねぇ…(笑)
イボルブ版のCGをいじってフレームが緑色に光っているように編集してみたいものです。

>わんこさん
そういえば元祖SDのは頭部ハイメガキャノンありましたね。
ZプラスA2みたいにバリエーションとしても面白そうです。

>コンラッドさん
Gコマンダーのあれはビームキャノンだったんですね。
量産化されたνガンダムに装着する予定という設定だったので、
RX-94バージョンのGコマンダーなんかは妄想したりします。

Bクラブ32号は持ってなかったんで知らなかったんですが、
一応メガ粒子砲のつもりで描かれていたんですね。
GFF化されたときに何かで特に決められていないと書いてあったのを見たんで、
本当に何も設定されていないものだと思ってました。

>だっちんさん
Bクラブ27号には設定がちゃんとあったんですね。
設定がないという記述を鵜呑みにしてました。

いずれにしても、HGUCで思いっきり否定されちゃったわけですね(汗)
2009/05/19 (火) 21:23:14 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
このHWSの首パーツ、どうやら不良ロットがあるようです。
バンダイに連絡したら交換して貰えましたよ。

すんなりハマって拍子抜けしました。


ただ自分で削ったあとだと原型が不良かどうか確認できないでしょうし、交換じゃなくて購入になるかもしれません。
2009/06/10 (水) 00:20:57 | URL | 空白の時間 #EBUSheBA[ 編集 ]
書き込みありがとうございます。
単純に不良品だったんですね(汗)
削らず問い合わせるべきでした。

まぁ、ガシガシ動かして遊ぶわけでもないんで、
とりあえずそのままにしておこうと思います。
情報ありがとうございました。
2009/06/11 (木) 20:23:41 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.