がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ギャンが開発された本当の理由
 MS-15ギャンは、ゲルググと主力機の座を争った機体であり、飛び道具をシールド内臓のミサイルくらいしかもたない、完全な白兵戦用MSであると一般に認識されているMSです。
 しかし、普通に考えて、まともな火器をもたないMSが主力機の候補になるはずがありません。そもそもギャンはビームライフルこそドライブできないかもしれませんが、基本的にMSは手のサイズが合えばどんな武器だって使える兵器です。マシンガンやバズーカなど、普通の火器は扱えるはずです。
 設定上、武器を持たないと言われるのは、単にマ・クベ機がそのように運用されたからに過ぎません。ギャンに乗った時のマ・クベの戦術は、罠を仕掛けてガンダムをコロニー内に追い込み、白兵戦しか出来ない状況に追い込んで、ギャンが最も得意とする白兵戦で勝負を挑む、というものでした。射撃戦で勝ち目がないことが分かっているので、確実に格闘戦に持ち込もうとしたからこそ、それ以外の武器を持っていなかったのです。

 では、本来のギャンは、どのように運用されるはずだったのでしょうか。

 ギャンが通常火器であれば使用可能とはいっても、そのコンセプトが白兵戦用であることには変わりないでしょう。つまり、ギャンはガンダム同様に、対MS用MSとして開発されたと考えることが出来ます。連邦軍のMSを駆逐するための兵器であり、グフの延長線上、空間戦も想定したMSとしては初の純粋な対MS用の機体と言えるでしょう。
 しかし、敵MSを撃破するだけでは戦いに勝利したとは言えず、白兵戦用MS単体では有効な戦力にはなり得ません。ガンダムやジムがそのようなコンセプトで主力兵器となったのは、ガンキャノンやボールといった支援機とセットだからです。他機の支援を前提としているからこそ、近距離格闘戦に専念することが出来るのです。

 ということは、ギャンも本来は支援用MSとセットで運用されることを想定していた可能性が高いと言えます。とはいえジオン軍に支援用らしい支援用MSはありません。ザクキャノンは陸戦用ですしゲルググキャノンはあくまでゲルググ部隊の中での支援用という扱いでしょう。
 何も、白兵戦用MSの支援はキャノン砲を装備した砲撃型でなければいけないというわけではありません。白兵戦用MSが対MS戦を想定しているのであれば、対艦戦を想定しているMSと組ませればいい、というだけの話です。
 ジオン軍のMSは、元々対艦戦を重視している設計で、それゆえにザク→高機動型ザク→リックドムと発展してきています。逆に言えば、これらの従来の主力機の隙間を埋める意味で、白兵戦用MSというものが必要だったのだということにもなります。ジオン軍は、あくまでザクを中核戦力に据え、ザクで対応しきれない任務・戦法・運用領域に対応するためにそれ以外の機種を開発しているという方向で戦力を整えていますからね。
 つまりギャンというMSは、本命であるザクやリックドムの露払いをするための駆逐用MSであったのではないか、と考えることが出来るのです。しかし、それでは主力機候補となったことを説明できません。

 これは推測ですが、当初はギャンというMSは、主力機として開発されていたわけではなかったのではないか、と思います。というのも、最初に次期主力機として挙げられたのは、MS-06R-2、MS-09R、MS-11の3機種であったとされているからです(ポケット百科MSV1)。ただ、同時期にMS-15のプランもあったとされており(ポケット百科MSV2)、どちらかというと、前者の3機種の補助機という考え方でMS-15という機体の開発計画が進められていたのでしょう。
 しかし、その中のMS-11はMS-14にプランを変更され、計画は先送りとなりました。この時点で、MS-15はMS-14とタイミング的に競合することになってしまったのではないでしょうか。
 むしろ、本命主力機たるMS-14の箔をつけるために、競合相手を探していたらちょうどいいところにMS-15があった、とさえ言えるのかもしれません。

 本来であれば、同じツィマッド社製のリックドムあたりと連携して対ジム用MSとして活躍できた可能性もあるのですが、開発が遅れたゲルググの競合相手にされてしまったがために不採用に追い込まれてしまったと考えると、不憫でもありますしジオニック社の陰謀(笑)とも考えたくなりますね。
 そもそも、ゲルググはビームナギナタを装備し白兵戦にも対応できるようにはなっていますが、基本的には高機動型ザク→リックドムの延長線上にある対艦戦用MSの系譜の機体です。そう考えると、本来ゲルググとギャンは対立関係にあるべきではなく、共存関係にあったのではないか…?とさえ思います。
 そこで、開発されたのが「ゲルググの生産ラインを流用でき」「ギャンの後継機である」ガルバルディなのかもしれません。ガルバルディはゲルググとギャンの融合機というよりも、ゲルググと同ラインでゲルググのサポートに回るべき機体として開発されたと考えると、ガルバルディに合わせて最適化したのがゲルググJであると考えることもできますし。

 このように考えると、ギャンというMSの合理的な形が見えるのかなと思います。逆に、ギレンの野望オリジナルの量産型ギャンシリーズが実にIFでしかあり得ない機体であるということもできます。ただ、ゲルググとギャンが競合することになった時点で、ビーム兵器のゲルググ、実弾兵器のギャン、フルスペックのジオングという3パターンの主力機計画が立てられたという考え方も捨てたくないので、本来白兵戦用として開発されたギャンを主力化するために、コンペ仕様として改装した実弾兵器満載型のギャンがあったと妄想しても面白いかなと思いました。その仕様を別機種で再現したのがケンプファーとか。
 ただA型ギャンを無視してB型とC型のギャンで考えると、この2機の関係ってまさにガンダムとガンキャノンなんですよね。ギャンが主力化するのであれば、この2機種が採用されるのは当然だろうな、とも思いました。ゲルググのB型とC型も、本来は同じように運用すべきなんでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ガンダムウォーで
ギャンキャノンていう 笑える名前の機体がいたんですが あれは出典てなんなんですかね?
2009/05/16 (土) 01:18:29 | URL | ロウ #-[ 編集 ]
ドムあたりまでは対MS戦闘というものをどう行うかという点がジオンにはまだ掴み取れていなかったということですね。

オデッサ以降の特にジャブロー戦で多数のMSが初の対MS戦闘を体験したわけですが、結論を言えば、MSの排除が作戦行動における必須事項となっただけにMSを駆逐するMSが必要になってきたと。

ガンダムとの遭遇からその可能性は指摘されてギャンが作られてきたけど、むしろ主力機並みの性能がギャンに求められてしまったのかもしれない。このあたりでゲルググとの構造の共用化が行われていたのかもしれないですね。
2009/05/16 (土) 18:21:53 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
>ロウさん
出典はギレンの野望ですね。ゲルググではなくギャンを主力機に選んだ場合、
ゲルググバリエーションそのままのギャンバリエーションが出てくるのです。
ちなみにギャンキャノンのカード、探してるんですが全く見当たりませぬ…。

>ドクトルKさん
ゲルググがスペックでガンダムを上回ることを目標としたのであれば、
ギャンは直接戦闘でガンダムに勝つことを前提に設計されたのかもしれませんね。
実際、マ・クベの操縦でNT覚醒後のアムロとやりあってるあたり、その辺はばっちりだったのかもしれませんが、
MSVの解説だと空間戦能力はザクと大差なかったなんて言われてるんで、
そのあたりを改善したのがガルバルディだったってことですかね。
2009/05/16 (土) 19:39:01 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ルロイさん ギャンキャノンなら 確か腐るほどあるんで 落ち着いてお会いできたら差し上げますよ
2009/05/17 (日) 00:21:58 | URL | ロウ #-[ 編集 ]
マ・クベのギャンは、ゲルググとのトライアルに出された機体の外装カスタムって想定で、元々のデザインラインを逆算した絵を描いてみました。

画像板のほうにupしとくの
2009/05/17 (日) 02:40:19 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
>ロウさん
欲しいものがいくつかあるので、
今度メールします。

>叡天さん
拝見しました。そちらに返信しておきます。
2009/05/19 (火) 21:25:41 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ギャンは銃砲類はニードルミサイルやハイドロボンブなど実弾ばかりですが
刀剣類はビームサーベルでビーム兵装ですね。
実剣よりビームサーベルが切断力が高いのですか?
サーベルでビーム兵装できるならビームライフルなども撃てそうですね。

ゲルググはビームナギナタですから
「古武道(剣道)のゲルググ」と「フェンシングのギャン」とも見れますね、日本だから剣道のゲルググが主力になったと見ることもできます。

次は柔道のように地上戦用で投技や寝技で敵MSを倒すMSが出てきたら面白いと思っています(笑)。
キックやパンチなどで格闘するのですから投技も十分な威力になると思いますが。
2009/09/12 (土) 17:14:29 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 編集 ]
うーん、現実に戦争で兵士が敵技に投げ技や寝技を使うかという話ですね、それは。
武器を双方もっていない、という前提なら有効かも知れませんが、
基本飛び道具の世界ですから、ね。
2009/09/13 (日) 23:21:28 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ギャンはなぜ「ビームサーベル」なのですか?
ゲルググのビームライフルの開発が遅れていたのに、コンペに出てビームサーベルができているなんておかしいですよ。
対抗馬のゲルググのライフルはまだでもサーベルは完成していたのですか?
サーベルのほうが磁界でIフィールドを形成して、その中にビームを流し込んで刀剣にするわけですから
ライフルより高度な技術が必要だと思いますよ。
ビームの出力はどの程度かは知りませんが。
実剣でもザクのヒートホークやドムやリックドムのヒートサーベル、グフのヒート剣やヒートロッドのように熱で攻撃する刀剣が多いですから、熱の出力も必要でしょうし。

ズゴッグやザクレロなどのMA類のビーム砲を小型化してライフル(携行火器)にするのに手間取っている技術力で、サーベルなんて作れるのですか?
ライフルが無理ならビームバズーカにすれば、ズゴッグの腕ぐらいの太さでもゲルググもギャンも扱えたでしょうし。
出力的にはバズーカでも十分でしょう。

目くらましにしかならない拡散ビーム砲のドム・リックドムでさえジャイアントバズを取り回しが効いています、核エンジンの出力と腕の力や振り回す速度が十分ということです。(モーターで手足を動かすわけですから電力が無ければそんなに高速で力強くは動かせませんからね)
ザクはバズーカは重かったようですが。
2009/12/02 (水) 23:39:17 | URL | #-[ 編集 ]
>ビーム砲を小型化してライフル(携行火器)にするのに手間取っている技術力
>ライフルが無理ならビームバズーカにすれば
MAの類のビーム砲とビームライフルの技術は完全に同じではないからではないかと
ビームライフルの小型化の肝はエネルギーCAPです
これはビームつまりメガ粒子となる直前の粒子を貯蔵しておく技術
1から通常のミノフスキー粒子をメガ粒子にする為の装置が必要なく小型化できるという訳ですね
それでバズーカサイズにすれば良いという話ですが
十分取りまわせるといっても重い事に変わりなく、小型になればそれだけ動きに余裕がでます
その上、相手は小型で取り回しの良い物をもってるなら、動きが鈍い方が不利ではないかと
それにMAの技術そのままのビームバズーカは実弾のバズーカより重そうです
実弾バズーカは大雑把にいえば弾と筒と発射装置
それに対してビーム発生機に粒子加速器、冷却装置も仕込む必要があるでしょうから
更にMA級の出力を得るのに補助のジェネレーターが付けばさらに重くなりそうで
それを携帯し、更に自分より軽装の相手と同等に動くには、より高性能な機体かパイロットの腕前が必要になると
それを大量に配備するのは別な方面で難しいのではないでしょうか?

>コンペに出てビームサーベルができているなんておかしいですよ
もしかしたら連邦軍のMSから手に入れた物にちょっと手を加えただけって可能性もあるかと
それは冗談として、陸戦型ジムとか出てきたおかげで、それらを撃破してサーベルを奪えた可能性はあります
それに対してライフルはアムロが戦場に落とした物くらいです
入手が早くいくらか数もあったので解析が早く進んだとかだったのかもしれません
他には「ゲルググとのコンペは公式設定じゃない」ってオチもありますが
2009/12/04 (金) 23:08:54 | URL | わんこ #KnHW2vQ.[ 編集 ]
正直に言ってビームサーベルがライフルに比べてどれだけ技術のハードルが高いのかははっきりしていません。
ただし、少なくともビームライフルの何が難しかったかというと、エネルギーCAPの開発に手間取っていたということになっています。
エネルギーCAPというのは一時的にメガ粒子を貯めておく技術の事で、
これが実用化したことで機体のジェネレーターに負荷をかけることなくビームの連射を可能としています。

一方でビームサーベルは、おそらくこのエネルギーCAPは使っていません。
というのも、一度ビームを出してフィールドの中に閉じ込めておけば、
あとはビームを撃ち出す必要はないため、機体のジェネレーターに負荷をかけないからです。
そのため、ライフルよりも技術的ハードルが低かったとも言えるのかもしれません。
2009/12/04 (金) 23:10:49 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
失礼、わんこさんとほぼ同じタイミングでしたね。

調べてみたらビームサーベルにもエネルギーCAPは使われているみたいです。失礼しました。
ただライフルとサーベルでは貯めておくメガ粒子の量に差があるのかな?と思います。推測ですが。
2009/12/04 (金) 23:14:47 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
わんこさん、ルロイさん
ありがとうございます

ジムは量産されていて、特にジャブローは敵地ですからシャアのズゴッグが撃破した敵部品を手に入れるのは困難でしょうね
敵地で敵兵器の部品を鹵獲(ろかく)するのは自殺行為でしょうから。
スプレーガンでもビーム銃ですから手に入れば結構な参考にはなるでしょうし。

となるとジャブロー以後でジムなどを倒してビームスプレーガンやビームサーベルの部品を鹵獲したのでしょうね。
と言ってもソロモンまではろくな戦闘がありませんからソロモン戦で部品を手に入れたんでしょうかね。
と言ってもソロモンはすぐに連邦に占領されてコンペイトウにされてしまいましたが。
2009/12/05 (土) 00:08:44 | URL | #-[ 編集 ]
戦場での敵兵器の入手という意味では、
多分地上の方が早くMS戦を展開していたのでそっちの方が機会が多かったんじゃないでしょうかね。
地上ではあまりビーム兵器は運用していないと思うので、
それこそライフルはアムロが捨てたのくらいしか機会はなかったんでしょうけど。
2009/12/06 (日) 15:10:41 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.