がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
スーパーガンダムとリ・ガズィカスタム
 「GディフェンサーとフルアーマーMk-IIが競合する理由」、「メガライダーとリ・ガズィの関係」と、ガンダムMk-IIの支援ユニットとZガンダム系列の類似性について触れてきましたが、今回もそのシリーズです。

 リ・ガズィカスタムというMSは、「BWSを背負うことで自由に変形を可能とした機体」と説明されることが多いですが、それって要するにスーパーガンダムと変わらないんだよな、ということに気づきました。もちろん、リ・ガズィカスタムのBWSは、Gディフェンサーのように分離して独立稼動できない分、コンパクト化されているという違いはありますが、SFSに匹敵するユニットと一体化しているという意味では、近いコンセプトであると言えます。形状もなんとなく似てますし。

 リ・ガズィとメガライダーが対になっているならば、リ・ガズィカスタムとGディフェンサーも対になっていると考えることが出来ます。
 メガライダーは、メガバズーカランチャーに機動力をもたせたものであり、火力が重視の兵器です。一方で、Gディフェンサーはロングライフルという高火力兵器を搭載していますが、どちらかというと機動力の向上が主目的であると言えます。これは、リ・ガズィとリ・ガズィカスタムの関係においても同様なのではないでしょうか。
 というのも、リ・ガズィはMS形態ではBWSをもたないのに対し、リ・ガズィカスタムでは背負ったままなわけですから、MS形態での直線機動力において大きな性能差があります。ガンダムMk-IIとスーパーガンダムくらい違います。また、WR形態をとる理由も、リ・ガズィは高火力一撃離脱機ですが、リ・ガズィカスタムはいつでも変形が可能という意味で機動力向上としての意味合いが強いとも言えます。

 つまり、ガンダムMk-IIの支援メカのうち、メガライダーはリ・ガズィと、Gディフェンサーはリ・ガズィカスタムと対応していると考えられるのです。
 こうなると、フライングアーマーも非可変Zと関連していると考えたくなりますが、ちょうどいいところに1/2ゼータという機体がありまして(笑)、これと繋がっていると考えると綺麗に図式が埋まることになります。
 とはいえ、フライングアーマーは元祖ゼータのために開発されたものですし、リゼルも装備可能だということで、必ずしも非可変Z系と関連付ける必要もないかもしれません。

 ただし、例えばスラスター配置が似ているGディフェンサーとメタスが同列の機種であると考えると、話は変わります。つまり、ガンダムMk-IIの支援ユニット、可変Z、非可変Zがそれぞれ並列に対応しているとすることもできるのではないか、ということです。

 表にするとこうなります。

フライングアーマー  Gディフェンサー  メガライダー
 Zガンダム      ZII(メタス、リゼル) ZプラスC1
 1/2ゼータ      リ・ガズィカスタム  リ・ガズィ

 メガライダーの列にZプラスC1型を入れているのは、他のZ系と違い、大型ビーム兵器が事実上の固定装備となっている点からです。
 こう考えると、ガンダムMk-II、可変Z系、非可変Z系に、それぞれ3系統のコンセプトがあったと言うことができます。これらは、大気圏突入能力を持った宇宙から地上へのピンポイント攻撃、宇宙空間における高い機動力・運動性・火力を兼ね備えた対MS(可変MS)迎撃、宇宙空間における高火力一撃離脱攻撃と分類することが出来るのではないでしょうか。

 これらを踏まえるに、アナハイムは可変Z系と非可変Z系でそれぞれのコンセプトを試しており、その基礎データ収集にはガンダムMk-IIが用いられた、と推論することができるのではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.