がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
クワトロ大尉とカミーユの宇宙世紀兵器開発史講座12「ガンダムの影響」
クワトロ今回はガンダム開発後のMSについて語ろう。

カミーユということは派生型とかジムとかですね?

クワトロいや…それよりもまずだな

カツ改ちょっと待ってください!

カミーユか…カツ!?


カツ改ガンダムが出てきてからは僕が一番詳しいですよ!なんてったってホワイトベースで実物のガンダムと一緒にいたんですからね!

カミーユあ、あのなぁ…これは体験談じゃないんだぞ

クワトロカミーユの言う通りだが…まぁ体験者がいるというのもいいだろう。カツ、同席は許可するが発言は適度にな

カツ改はい!

カミーユはぁ…


クワトロさて、ザクの登場は軍事体系に大きな影響を与えたが、ガンダムの登場もまた、それに匹敵する影響を与えるものだった

カミーユ何故でしょう?

カツ改それは、性能が圧倒的過ぎるからですよ!ザクマシンガンを受け付けず、技量で当時のアムロをはるかに上回るはずのシャアでさえ、ザクではガンダムを倒せなかったんです

カミーユカツ…戦場は1機のMSで一変したりはしないんだぞ。そうですよね大尉

クワトロいや…カツの言う事もあながち間違いではない

カミーユえっ

カツ改ほらみろ!ガンダムの性能は次元が違うんだ。その強力な戦闘力がジオン軍の士気を落とし、連邦を勝利に導いたんですよ

クワトロいや…そういうわけではない

カツ改あれ

カミーユふん…まぐれ当たりで調子に乗るのは悪い癖だぞ、カツ

クワトロただ、ガンダムの存在がジオン軍に大きな影響を与えたのは確かだ。何故ならば、それがジオン軍が初めてキャッチした、純粋な連邦軍製のMSだったからだ

カミーユそうか…

カツ改え?

クワトロふっ…カミーユはわかったようだな。言ってみろ

カミーユジオン軍はほとんど連邦のMSのデータがない中で、初めてガンダムを知った。そしてその性能は驚異的なものだった。だから、ジオンは今後連邦が繰り出してくるであろう量産型MSも、ガンダムと同等の性能と見積もらなければいけなくなったんだ

クワトロご名答だ。さすがこれまでの講座を聞いていただけのことはあるな

カツ改うぐ…っ

クワトロジオン軍は、連邦軍がMSを開発したとしても、それはザクに毛が生えた程度の性能だと思っていた。同等レベルであれば、技術に勝るジオンに分があることは間違いないと考えていた。しかし、ついにキャッチされた連邦のMSは、ザクを遥かに凌駕する化け物のような機体だったのだ

カツ改バカなジオン軍ですよね。戦争が始まって9ヶ月も経っていたのに、未だにザクの強化型くらいしか実戦配備してなかったんですから

クワトロだが、実際は当時の連邦軍でもガンダムと同等の量産機を作るのは困難だった

カミーユジオン軍は連邦軍の量産型MSの性能を見誤ったんですね

クワトロ結果的に、だがな。ガンダムしか情報がない以上、ガンダムを基準に連邦のMSの性能を推計するしかなかった。連邦軍は量産機であるGMの性能は徹底的に秘匿したから、なおのことガンダムだけを意識しなければならなくなった

カツ改そういえば…連邦軍がGMをまともに実戦投入したのはジャブローを攻められたときだったな。あの時ジオン軍の特殊部隊が、GMの工場を爆破しようと潜入したのを阻止したのは僕らなんですよ

クワトロ(なんだと…ッ!?)

カミーユどうせ道に迷ってたら偶然見つけただけだろ

カツ改ず…図星なだけに言い返せない

クワトロと…とにかく、ジオン軍はガンダムを基準とせざるを得なかったことで、それまでのMS開発計画に大幅な変更を要した。ガンダムを上回るスペックの機体を開発しなければならなくなったからだ

カミーユゲルググの開発ですね

クワトロそうだ。しかし、ジオンがゲルググの開発・量産を強行している頃、連邦軍はガンダムから数段劣るGMの生産をすでに始めていた

カツ改連邦軍はなんであんなよわっちぃMSを量産したんですか?もう少し強力な機体も量産できたはずなのに

クワトロ何故だと思う?

カツ改資金が足りなかった…とか。連邦軍も戦争で経済力は相当落ちていたはずですからね

カミーユ質よりも量が必要だったから…じゃないでしょうか

クワトロカミーユが正解だ

カミーユふっ

カツ改ぐっ…

クワトロ連邦軍は戦争が10ヶ月もすぎてようやくMSを量産できるようになったのだ。すでに各戦線に配備されているジオンのMSは相当数に上っていた。それに対抗するには、とにかく数が必要だったのさ。だから、性能を犠牲にしてでも、とにかく短い工程で手早く生産・配備ができる簡素な機体が必要とされていた。

カミーユ確かに、いくら物量に勝る連邦といっても、ゼロからの生産では簡単にはいかないですよね

クワトロそうだ。だから、ガンダムが開発された初期の段階ですでに最初の仕様のGMは開発されていたのさ。それと同時に、ガンダムのデータを反映した性能向上型のGMの開発も並行して行われていった。

カミーユことあるごとに同列の機体を競作させていたジオンとはだいぶ違いますね

カツ改ジオンは内輪もめが大好きだからな

クワトロそれだけ連邦も切羽詰っていたということだな。ちなみに、ガンキャノンではなくボールが採用されたのも、数を揃えられるからだ。ガンキャノンの量産型であるジムキャノンは、結局数十機しか完成していない

カミーユなるほど。GMがかなり早い段階で開発されていたとなると、完成したガンダムの存在は、あまり意味が無かったんでしょうか?

カツ改そうでもないよ。マチルダさんの補給部隊が来るたびに、ガンダムのデータをいつも回収していたし、実験用の装備もよく配備されてきてた

クワトロうむ、ガンダムは実戦データの収集機として極めて優秀な戦績を残したといえる。様々な戦場で様々なMSを相手にしているからな。そのため、GMの各戦線への配備にもすぐに適応できたというぞ

カミーユつまり、ガンダムはジオン軍のMS開発の計画を乱し、連邦軍のMSの配備を促進した…ということですね

クワトロそうだな。では、次回はジオン軍がどのような形で連邦軍のMSに対抗しようとしたか、という話をしよう

カツ改これからは、僕も参加しますよ

カミーユ(うぜー…)
スポンサーサイト
コメント
コメント
ある意味では情報戦の勝利、でもあるんですけどね。

ジオンのMSは大量配備を前提とした期待を作っていいパイロットには特別仕様に改造するということをやるから、独立したエース用機種がない。

連邦の最大のアドバンテージは何よりも兵員数の多さ。

それを生かすためにザクと変わらない程度でも倍以上の数で押し切ろうという発想だから間違いではないんですがね。

ただ、一年戦争でジムを作りすぎたから主力にはジム系を使い続けなきゃいけなくなるという悪影響もあったんですが、
2009/05/08 (金) 11:47:21 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
例えどれほど優れた兵器といえど
同時に二箇所に存在するわけにはいきませんからね。
戦線が結構ながくなっていますからとりあえず数を揃えとかないと作る意義がないです。
「4つの基地が襲われました!」
「ガンダムを配備した基地は無事ですが、他は全滅です!」
なんてことになったらただの馬鹿。
逆にいうと「襲ってきそうな場所」
ってのにもある程度配備しなけりゃならんので、ジオンとしては地上にある程度MSをのこしておけば連邦側にそれに倍するMSの配備をせざる終えない状況に追い込めます。
一機のゲリラザクに対抗するのに最低二機のジムがいるので。
二機編成でないと不意打ちされて負傷したので追いかけられませんという事になってしまうのです。
だからって無視して破壊活動されるのもいやだし。


あとどれだけ優れた兵器といえど、長時間単機で運用するわけにはいきません。
「隊長!ガンダムがオーバーホール中に丸ごとさらわれました!」
てなったら(以下略

>ガンキャノンタイプは少数しか生産

まああのタイプは弾がないと所詮ちょっと肩が重いジムにしかなりませんからね。
「ボール用の弾丸を配備するのが精一杯なのにそんなモン用意してられるか!」
てことでしょう。
2009/05/08 (金) 23:00:29 | URL | DN #mQop/nM.[ 編集 ]
>ドクトルKさん
確かに情報戦の勝利ですね。
そういう意味では、残ったガンダムを各所に配備したりするのも、
それだけで大きな効果があったのかもしれません。
陸戦型ガンダムという機体が作られたのも、そういう理由があるのかもしれませんね。
実際に、すでにガンダムの量産は始まっているぞ、という。

ジム系は平時の維持コストを踏まえると、
体制側の防衛用兵器としても優秀だったんじゃないかなと思ってます。

>DNさん
そういう意味じゃ、当初の設定のようにジムの生産数が42+288機しかないというのは、
ちょっと少ないのかもしれませんね。
やはりこれはバリエーション機を含まない数字と考えるべきなのかなと思います。

ガンキャノンタイプは、MSに固定武器っていう発想の時点で、
すでに高級機の方向に向かっていた機種なのかなと。
白兵戦用MSの支援という点では、ボールで十分だったんでしょうね。
2009/05/09 (土) 00:09:42 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
ジムとガンダムの関係と、ジオン軍の反応について非常に合理的な解釈ですね。
自説の「ガンダムシステム構想」にも取り入れさせてもらいます。
2009/05/09 (土) 15:46:21 | URL | 叡天 #-[ 編集 ]
ありがとうございます。
描写と設定を踏まえると、そう考えることに反証はないと思いました。
2009/05/12 (火) 22:09:15 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
内容とは全然関係ない話ですが、
カツのウザさと軽率さが出てて、カツ・ファンにはたまらない展開でした。

それともう1点感じたことが、カミーユの隣にいるファってずっと黙って話聞いてるのかしらという。

…すいません、すいません。(笑
2009/05/13 (水) 21:57:45 | URL | R.N #-[ 編集 ]
ファは最後のオチに使う予定だったんだから言っちゃダメー!(笑)
というのは冗談で、とりあえず居眠りしてるんでしょう…。
2009/05/14 (木) 21:56:36 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.