がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊 4巻
 なかなか舞台背景がおもしろくなってきました。戦争終結のタイミングを巡る連邦宇宙軍と陸軍の対立、という発想が素晴らしい。
 しかし一方で、「ジムストライカーがジオンのゲテモノMS相手に大立ち回りを演じる漫画」かと思ったら、いつの間にか「スーパージム大戦」になっていたという現実(笑)それはそれで面白いんですが、多少の突っ込み所はありました。

 一つが陸軍側の命を受けて動いているのがジムスナイパーカスタムだったという点。あれって宇宙軍のカスタム機じゃなかったのか。まぁ確かに地上配備例もあるにはあるので、素ジムバリエーションは全軍共通だったってことなのかなぁ。
 ついでに言うと、明らかにスナイパーカスタムのバイザーが「照準用バイザー」として描かれてますね。表紙でカメラの色が明らかに違うので。これを考えると、ちゃんとした照準用バイザーを装備したスナイパーカスタムはいわゆるプロト仕様で全軍配備、それを元にソロモンで宇宙軍が独自に改修した格闘用バイザー装備型がフランシス仕様のスナイパーカスタムだったってことかな。
 そういえば、スナイパーカスタムにライトアーマー、ガンキャノンIIにガンタンクIIとなると、灼熱の追撃を思い出すラインナップですね(ガンキャノンIIは実際は重装型だったけど)。意識して…るわけはないか。

 もう一つがガンダムピクシーをGファイターの中に入れちゃった点。コアブロックシステム排除した機体でも使えるのか…という。じゃあアレックスでも中に入れるのかな。あれは手足が出っ張ってるから無理か。
 航空機に旋回砲塔!?とか面白いアイデアではあるんですが、ピクシー使うならGアーマーとしてではなく、Gアーマー使いたいなら中身は別のガンダムでよかったんじゃないかと思いました。まぁ、Ez8でも下半身にコアブースター装着できるから(笑)これもいいかってノリなのか。
 次回予告見るとビームダガー使ってましたが、ビームダガーを装備してるのは2号機だけってわけじゃなかったのね。というかそもそも残りのピクシーはアフリカとベルファストにあるんじゃなかったのか。どっちかというとベルファスト配備機なのかな。こうなったらイフリートも出してしまえ。
 というわけで、ピクシーという着眼点はイイですね。あれは他の外伝で拾わないと永遠に出てこない機体でしょうし。ただディテールが微妙にインテグラルVer.っぽかったのが気になりました。

 というか設定うんぬんより、すでに戦闘シーンが単なる絆漫画になっちゃってるのがなんとも。そしてガンタンクIIをMSとしてカウントしてしまってる時点で完全に眉唾漫画認定です、個人的には。CDAも設定誤解してる部分があるから異端扱いです。

 連邦軍の内部事情の方は文句なしです。キャリフォルニアベースを交渉で投降させるためにガンダム6号機をキャリフォルニア攻略に回したというアイデアも良いですし、陸軍としては戦争を継続させてその間に各地の都市や産業を制圧したかったというのも面白い。途中から、一年戦争の地上戦の目標はジオン掃討だけではなく、連邦にあまり従わない人々を戦争という名目で軍の制圧下におくことが追加されていたのかもしれないと考えると、FLNの活動活発化にもつながるのかな、なんて思いました。
 オーガスタは完全に「地上における、連邦宇宙軍の最大拠点」という扱いになってましたね。これを踏まえると、地上でジムコマンドを使用していた部隊は基本的に宇宙軍所属のデータ収集用特殊部隊っていう解釈をするしかなくなるのかな。そう考えればスナイパーカスタムの地上配備もやっぱり宇宙軍所属と考えたくなりますが。

 そこで思い出した。宇宙軍と陸軍という対立で描いてますが、MSV設定を踏まえるとこれは「航空宇宙軍」と「地上軍」の対立になるんですね。となると、宇宙軍所属機の地上配備というのは空軍所属のMSという扱いになるのでしょう。つまりモルモット小隊は空軍所属であると。そういえばオデッサ作戦はレビル指揮で航空戦力中心でしたね。あれはレビルが航空宇宙軍の統合司令になったってことなのかな。だとすれば、オデッサにおける陸軍の総司令というのもいそうなものですが。
 コルベットブースターやライトライナーは空軍のもので、陸軍機が空を飛ぶにはGパーツしかなかったってとこですかね。Gファイターに乗ってくるだけでも良かったんですが、まぁ演出ですねあれは。

 というわけで、やっぱりMS戦とそれ以外を切り離してみるととても面白いです、この漫画は。最初はジオン・ダイクンの対思想とかやりだして大丈夫かと思ったんですけど、MS戦部分と別物の作品としてみればかなりイイ感じですね。どっちがいい悪いとかではなく、両者の落差がひどいという点に目をつぶればの話なんですが。
スポンサーサイト
コメント
コメント
> 航空機に旋回砲塔!?
デファイアントですねw

>オデッサ作戦はレビル指揮で航空戦力中心

妄想ですがオデッサが空軍主導の空陸共同作戦で、エルランが陸軍代表だとエルランの立ち位置も「戦後をにらんだ派閥利権のためレビル主導の作戦を失敗させる目的」で情報漏洩とかなら面白そうですね。

実際はレビルと同格扱いなのはゴップ位ですのでこのあたりが臭いかなと。
地上での戦況把握はかなり的確ですし、地上にいたWBに配属先を通達していますのでレビルの宙空統括に対し陸海統合全権クラスであることは確かかなと思いますが如何でしょうか?
2009/05/09 (土) 18:33:55 | URL | 人型生命Q #-[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/10 (日) 17:03:10 | | #[ 編集 ]
カゲ
スミマセン 長くなります

Webゲームブック?がどういうものか知りませんが自分はMSTをやってた時期ありましたね

管理人様がこれを作ったらどうなるかワクテカが止まらなかったりします。

2009/05/10 (日) 17:06:37 | URL | #-[ 編集 ]
>人型生命Qさん
なるほど、エルランが陸軍将軍だったと考えると面白いですね。
まぁレビルも将軍と呼ばれているあたり陸軍とも繋がりがあって、
全軍を統帥していた可能性も否定できないんですが、
夢のある解釈だと思います。どっかで陸軍将校とか書いてないかな。

>カゲさん
ピクシーは設定上3機あるので、ボルク機以外があってもおかしくはないです。

MSTは自分はやったことがないのですが、あのシステムだと一年戦争よりグリプス戦役の方が面白いのかなという気もしました。
2009/05/12 (火) 22:18:29 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
エルラン中将
この人とかゴップとかは階級で呼ばれてますよねー。

階級で呼ぶということは、代替する呼称がないということになるので、おそらく、統合作戦本部査閲部長とかそういう役職だったのではないでしょうか?

そう考えると、エルランが陸軍というよりも統合作戦本部の反主流派(レビル派やティアンム派ではないという意味)の代表格で、ゴップあたりは中立派だったりとか。

エルランが陸軍よりだとしても、レビルが陸軍閥出身であることが問題になる訳でもないですしね♪<陸軍閥内での権力闘争ということもあるでしょうし

ゴップはジャブロー基地総司令官であるとかいう話もありましたから、陸軍閥ということも考えられますけど(笑)
2009/05/14 (木) 13:59:37 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
まぁ、エルランは前線指揮の人ではなさそうな感じではありますね。

今回の作品内での描写だと、レビルを陸軍閥と考えるのはちょっと難しいのかなと言う気もしました。
レビルは宇宙軍側で、陸軍とは対立しているという設定なので。
せいぜい、宇宙軍の中で陸軍出身と海軍出身の派閥があるというレベルなのかなと感じました。
2009/05/14 (木) 22:02:47 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>せいぜい、宇宙軍の中で陸軍出身と海軍出身の派閥があるというレベルなのかなと感じました。

宇宙軍陸軍出身系主流派:レビル
宇宙軍海軍出身系主流派:ティアンム

というのはもはや誰も疑わない事実だとは思います。

レビルの場合、陸軍との対立というよりも、地球至上主義派閥と対立していそうなイメージがあります。
ジャミトフ・ハイマンとかジーン・コリニーとか。

ジーン・コリニーが海軍閥反主流派、ジャミトフ・ハイマンが陸軍閥反主流派で、レビルが宇宙軍陸軍閥主流派、ティアンムが宇宙軍会軍閥主流派と考えると、対立関係が分かりやすい気がします。

ま、推論でしかありませんけど。

ゴップがRX計画に携わっていることを考えると技術将校であった可能性も否定できませんね。
2009/05/26 (火) 00:14:56 | URL | 陰鏡 #nL6A2.tM[ 編集 ]
レビルは「ジャブローのモグラ」表現してましたから、
基本的にゴップとかの官僚系のことはよく思っていなかったように感じます。
ジャミトフやコリニーとの関係はなんとも言えないですね。
そもそも彼らは宇宙軍の将官だったのか、というのもはっきりしませんし。
2009/05/26 (火) 21:20:21 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.