がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
ガンダムレガシー 3巻
 完結編。リド・ウォルフ編とラストエピソードだけで構成されています。あとがき見ると、結局ゲーム会社とのコラボ企画だったみたいですね。

 リド・ウォルフ編は、結局ライトライナー使いたかっただけなんじゃないかという内容。まぁ、元戦闘機乗りがMS戦で才覚を発揮するという設定を表現するためにはそうするしかなかったのかもしれませんが、ガンキャノンにライトライナーという組み合わせはものすごい違和感でした(笑)。
 内容はかなり薄くて、エースパイロット列伝ってすごい漫画だったんだなと逆に思ってしまいました。つーかジムスナイパーIIで戦うア・バオア・クー戦の話にすればよかったのに。
 設定的には陸戦用ジムがアフリカに配備されてたのがちょっと微妙です。あれはヨーロッパ戦線仕様じゃなかったのか。

 ラストエピソードは、外伝キャラ総登場の最後にふさわしい内容。個人的に、別々の戦線で戦っていたエースが一つの場所に集まるってこと自体がかなりあり得ないと思うんです。だから、MSVのパイロットがさも当然のように知り合いになってしまったアストレイのやり方は、はっきり言って好きではありませんでした。ただ、シナリオのまとめ方としては、意外と綺麗だったなという感想です。
 設定としても、ティターンズ・ジオン共和国・公国軍残党にうまい具合にキャラを配置していて(マットだけ微妙ですが)、そつなくまとめたなという印象があります。「閃光」のフォルドとリリアの話で決着をつけているところも好印象です。「戦記」の方も作中で果たされなかったケンとメイの再会で締めていたりと、夏元ガンダム完結編と見ればなかなかの出来でした。
 ただ、一つだけ…ジオニックフロントのキャラの使い方には、納得のいかないものがありました。フェンリル隊を敵味方に分けてしまったというのもそうですし、キャラも全部出てきているわけではないし、そもそも夏元千葉コンビだとジオフロは管轄外じゃないですか。何勝手にキャラめちゃくちゃにしてるんだよと思ってしまいました。
 ロンメル隊とのエピソードではそんな節が見られなかったし、なんでいきなりそんなことになっちゃったのよとも思います。その派生ならば、むしろエイガーとフェンリル隊を絡ませてもよかったはずなのに。いきなりガトーかぶれになっちゃったジェイクとかも気にはなったんですが、まぁ作者が同じだからまだいいかなと思います。でもジオフロはダメだろと。あれはゲームのファンを冒涜してるんじゃないかと思わざるを得ません。ゲストキャラにとどめておいてほしかったですね。キャラを全部出してるわけでもないのに、あの扱いでは…。

 この作品は千葉枠と中村枠が綺麗に分かれているなという印象だったんですが(実際はどうなのかわかりませんが)、最後のエピソードだけは両氏の合作として上手く融合できていたなと感じました。
 まぁ、最後のとってつけたようなレガシーシステムはご愛敬といったところでしょうか。

 設定面ではボールG型というのを初めて見ました。初出はガンダムクライシスかな?でも「ジオンの残光」冒頭にこんなのが出てたような。
 あ、ジムクゥエルが素手でザクマシンガンを受け止める描写はなくなってましたね。さすがに修正されたのか…(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
戦記といえばPS3のも今年出ますね。7号機が出る81年のやつ。
公式のスタッフ表を見る限りシナリオは千葉じゃないっぽいけど
これも夏元&千葉コンビで漫画化するんだろうか
2009/05/08 (金) 00:11:13 | URL | ax #OARS9n6I[ 編集 ]
30周年企画ですし、漫画化は間違いないでしょうね。
なんとなくキャラ設定とかキャラ絵をみると、
夏元千葉コンビっぽい雰囲気がすごくするんですが(笑)、
個人的には別のスタッフでやってもらいたいという気持ちもあります。
2009/05/08 (金) 23:54:23 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
わたしもフェンリル隊の面々が出てくるのはゲストで留めて置いて欲しかったです。
あのキャラの変わり様は終始「?」でしたし、冗長に思えました。
2009/05/11 (月) 22:17:23 | URL | カセクシス #6x2ZnSGE[ 編集 ]
かつての味方が敵同士に!というシチュエーションを安易に狙ったのかもしれませんが、
やっていい場合とダメな場合がありますよねぇ。
2009/05/12 (火) 22:25:59 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.