がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
フル・ムーバブルフレームの系譜
 ガンダムMk-II以降の特徴であるとされてきたムーバブルフレーム構造ですが、実際のところそれ以前の機体であってもちょくちょく採用されている節が見られています。で、結局のところ「部分的なムーバブルフレーム構造は以前からあったが、全身に渡ってフルシステムのムーバブルフレーム構造を採用したのがガンダムMk-IIの特徴である」というのが現在の主流の解釈のようです。

 また、百式とネモもフルムーバブルフレームであることがMGインストで述べられているのですが、これらの機体はガンダムMk-IIの技術をフィードバックしている時間がとてもなかったものであるため、部分的な参考による事後の改修はあったかもしれませんが、開発当初はガンダムMk-IIのフレーム構造とはまた異なるものであったと考えられます。
 そこで出てくるのが、百式のベースとなったと言われている(おそらくは永野ラフを意識した)「格闘戦闘用MS」であり、当ブログでは便宜上プロトデルタと呼んでいるMSです。この機体から、ネモと百式に分派したものと思われ、おそらくアナハイム製MSで初のフルシステムのムーバブルフレームを採用した機体なのではないかと思います。
 余談ですが、このプロトデルタ(仮)はβガンダムであるとした方がデザインの順番的にも都合が良いのではないかと思ったのですが、MGインストでばっちり「リックディアスの開発計画以降」とされてました。残念。

 ともあれ、要するにフルムーバブルフレームの系譜は、プロトデルタ(仮)に端を発するものと、ガンダムMk-IIに端を発するものに分かれるのではないか、と思います。この2機を出発点とすると、後のMSはどの位置にあたるのか、ということを考察していきます。

 まずMk-II系とプロトデルタ(仮)系の違いについてですが、これはガンダムMk-IIが「地球の技術のみ」で開発されたものであるということから、純連邦製か連邦・ジオン系技術のミックスかの違いであると言えます。もっと突き詰めれば、フィールドモーターのみで駆動しているか、フィールドモーターと流体パルスのハイブリッドかであると思われます。
 おそらく、コストの面では流体パルスとのハイブリッドの方が優れていたのだと思われますが、デルタガンダムとZガンダムの差を考えると、剛性や重量、伝達効率などの点ではフィールドモーターのみである方が優れていたのではないかなと思います。
 ただ確認したいのは、あくまでフルムーバブルフレームという発想自体はMk-IIが祖であり、プロトデルタ(仮)のそれも、Mk-IIの情報漏えいにより生まれたアイデアから来ていると考えた方が、色々と設定上の辻褄を合わせやすいのだろう、ということです。

 さて、それぞれの系列のフレームの発展を個別に見ていきますと、アナハイム系フレームについては、プロトデルタ(仮)に始まり、百式・デルタ系とネモ系に受け継がれていったものと思われます。しかし、それ以後の発展が不明瞭です。
 百式系は百式改で系譜が途絶えてしまいますし、ネモもネモIIIまでです。ただ、百式の設計を継承したと言われるジェガン改という機種がありますが、これは要するに百式系アナハイムフレームを採用したジェガンだったということなのかもしれません。そう考えると、逆説的にノーマルのジェガンは連邦系フレームなのではないかと推測できますが、これについては後回しにしましょう。

 また、フルシステムかどうかははっきりしないマラサイですが、ネモと対になる機体という意味ではフルムーバブルフレームであった可能性が高いと言えます。仮にそうだとしたら、どう見ても流体パルスを使用していますし、間違いなくアナハイム系でしょう。ただ、マラサイに関しては本当にフルシステムかどうかを断定する資料に乏しく、現時点では保留とせざるを得ません。ただ、いずれにせよマラサイのフレームはギラ・ドーガに継承されている可能性が高く、このフレームはヤクト・ドーガなどのドーガ系バリエーション全てに流用されており、また拡大設計されてサザビーにも継承されていると思われ、そこまでの発展性を考えるとフルシステムなのかなという気もします。ギラ・ドーガはすねのフレームが露出しているあたりが百式っぽいんですよね。
 ただ、第3のジオン系というカテゴリであると考えることも出来ます。少なくとも、純ジオン製のムーバブルフレームとしては、ガルスJがありますので(ただ、これがフルシステムかどうかは不明です)、ガルスJとマラサイにも互換性があるという疑惑を考えると、両機は同じ系列のジオン系ムーバブルフレーム採用機だったと推測することが出来ます。そうなると、ギラ・ドーガも同様であると予想できるのですが、ガルスJとギラ・ドーガには関連性があまり見出せませんので、マラサイから分派した別機体と考えるべきでしょうか。
 ジオン系で言うと、ザクIIIもフルシステムかはっきりしない機体です。ゲルググの延長線上であると考えるのであれば、フルシステムである可能性は低いんじゃないかとも思います。むしろ、ガルスJと同じ工廠で開発されたAMX-100番台の機体の方がフルシステム採用機がある可能性が高いんですが、ズサはミサイルを大量に内蔵していることからムーバブルフレームとは考えにくいですし、R・ジャジャも元はギャン改ですから採用していなそうですし、バウはZ系列っぽいですが分離型であることを考えるとフルシステムかどうかは怪しいところです。カプールは問題外。せいぜいハンマ・ハンマですかね~。ローゼン・ズールとの関連性も踏まえると、ギラ・ドーガ→ギラ・ズールと発展したジオン系フレームと親和性があるのかも。
 
 次に、Mk-II系の純連邦製ムーバブルフレームですが、このフレーム構造を直接継承しているのは、Zガンダムです。ただ、ベースになったプロトZガンダムはブロックビルドアップ方式で、ムーバブルフレーム構造ではなかったようですので、Mk-IIのフレーム+デルタの変形機構+プロトZのパーツ=Zガンダムであったと思われます。ZIIはデルタの変形機構の部分をメタスの変形機構に置き換えたものでしょう。また、量産型Zガンダムは非可変機ですので、かなりMk-IIの直系に近いムーバブルフレームだった可能性が考えられます。直系の発展型という意味ではMk-IIIがありますが、そういう意味ではMSZ-007こそガンダムMk-IVの名を与えられるべき存在だったのかもしれません。
 他のZ計画機についてはどうかと言いますと、そもそもZZやSの系列はコアブロックシステムを採用している以上、フルシステムのムーバブルフレームではないと言えます。特にZZなんて手足もムーバブルフレームとは言えないような構造になっていますし。逆にSガンダムは手足に関してはムーバブルフレーム構造であるように見えますので、その量産型であるネロなんかは、フルムーバブルフレームだったんじゃないかと思います。アナハイム系フレームのネモと、連邦系フレームのネロという住み分けだったのかも知れませんね。
 以降のガンダムでは、νガンダム(の前身のμガンダムも)についてはフルムーバブルフレームであろうと思われます。フルシステムの系譜という意味では、Mk-II→Z→νと繋がりますね。個人的には、νはZ系ではなくMk-III系の発展型と思いたいんですが、確かZ系のフレームとの繋がりが示唆された記述がどこかにあったと記憶しています。
 また、Mk-III系の発展型ムーバブルフレームは、Mk-IV、Mk-Vを通じてドーベンウルフとしてネオジオンに流れていると考えることが出来ます。ただ、その後の発展型が今のところ無いので、そこで途絶えてしまったのかもしれません。

 さて、問題なのはジェガンです。ネモ系の継承と考えるとプロトデルタ系列、Mk-II→ジェダと発展したと考えるとMk-II系列だと考えることが出来ます。ここは、前述のようにジェガン改の設定を踏まえると、本来のジェガンはMk-II系列のフレームだったようにも考えられますが、RGM-88XがRGM-90として採用されたというBクラブの記述も踏まえて考えると、RGM-88X→RGM-90はMk-II系フレームであり、RGM-89はネモ系フレームであった可能性もあります。プロトデルタ系列は百式系とネモ系に分派したわけですから、そのネモ系の末裔がジェガンであり、百式系と同系統のフレームであるが故に互換性が効いてジェガン改が生まれたとすれば辻褄は合いますしね。
 コストパフォーマンスを考えても、ジェガンはネモ系フレームとした方が良いのかなという気がします。ジェガンはGMとネモの統合機とも言われますが、これは(GMはフルムーバブルフレーム構造ではありませんので)ネモ系フレームにGM系のアビオニクスという意味だと考えると綺麗にまとまるんですよね。

 また、ティターンズ系の機体では、メッサーラ、ギャプラン、ガブスレイ、バーザム、ジ・Oあたりがムーバブルフレーム採用機であると考えられます。メッサーラとギャプランについては可変機構が酷似しているあたりも含めて、共通のフレームだと考えたくなりますが、どう考えてもフィードバックしている時間はないため、同等の発想をそれぞれが実現させたと考えるべきなのでしょう。つまりジュピトリス系列のフレームとMk-II系列のフレームでの同等機であると。ギャプランはRX-272との関係も考えるとMk-II系と考える方が都合がいいですしね。ただシグマガンダムとの整合性まで考えると、むしろMk-II系とは別のシグマ系というフレームである可能性もあるのですが、そこまで突っ込むのは今回はなしにしましょう。というか、そもそもギャプランはフルシステムでないと考えた方が無難かなと思います。フルシステムだったとしたら、Zガンダムと同等機になってしまいますので…。
 ガブスレイについては、シロッコの設計であることを考えるとジュピトリス系フレームの採用機であると考えることが出来ます。おそらくはハンブラビも同様で、実は両機は構造が明らかに異なる脚部以外は比較的同様の構造なのかもしれません。
 そう考えると、バーザムも腰がない構造からしてメッサーラ系のフレームを使っていたと考えたくなります。そうであるならバーザム改はガンダムMk-II系フレーム採用の同等機だったと考えることが出来ますね。
 謎なのが、ゼクシリーズですね。シルエットからするとマラサイ系っぽいのですが、流体パルスっぽさが見られず実はMk-II系だったりするのかもしれませんし、ジ・Oっぽいラインも見られることからジュピトリス系も捨てきれず、正直よくわかりません。
 いずれにせよ、ジュピトリス系というもう一つのフレーム系統があることは間違いないのかなと思います。それが他のムーバブルフレームとどう違うのかということまでは、ちょっと判断できませんが。

 つまり、フレームの系譜をまとめると以下のようになります。

○プロトデルタ系
プロトデルタ(仮)→デルタガンダム→百式→百式改
 ↓                    ↓
ネモ       →ジェガン    →ジェガン改

○Mk-II系
ガンダムMk-II→ガンダムMk-III→ガンダムMk-IV→ガンダムMk-V→ドーベンウルフ
 ↓   ↓
 ↓  ジェダ → ジェガン重装型
 ↓
Zガンダム→Zプラス→(Sガンダム/ラムダガンダム)→ネロ
 ↓ ↓
 ↓ 量産型Zガンダム→リ・ガズィ→νガンダム
 ↓
ZII → リゼル

○ジオン系
マラサイ→ギラ・ドーガ、ヤクト・ドーガ→ギラ・ズール
↓  ↓         ↓
↓ ガルスJ     サザビー→シナンジュ

ゼク?

○ジュピトリス系
メッサーラ→ガブスレイ、ハンブラビ
 ↓  ↓
 ↓ バーザム→バージム
 ↓
パラス・アテネ、ボリノーク・サマーン、ジ・O

 この系譜図はフルシステムか否かは厳密に考えずに作っていますが、フレームの互換性ということを考えると、こんなところなのかなと思います。
 まとめると、プロトデルタ系は可変フレームのデルタ系と非可変フレームのネモ系に分かれ、ネモ系はジェガン系へ発展し、デルタ系に先祖がえりしたのがジェガン改。
 Mk-II系は可変フレームのZ系に発展したものが、更に非可変系の量産Z系と可変系のZII系に分派。別ラインで非可変フレームの発展としてMk-III系が最終的にドーベンウルフまで進化。もう一つ低コスト非可変フレームのジェダがジェガンとの互換性を確保した上でジェガン重装型へと発展といったところでしょうか。あとバーザムとの互換性を確保したバーザム改への発展という可能性も。
 ジオン系は出所が不明ですがマラサイからドーガ系、ズール系のアナハイム系譜と、ガルスJのネオジオン系譜に分派と考えられますが、まだ研究の余地がある系列です。
 ジュピトリス系はメッサーラを支点に、可変系のガブスレイ・ハンブラビ系と、(Mk-II系フレームの構造を参考にした)非可変のバーザム系へと発展。また、メッサーラ以外のPMXナンバーも一定レベルで共通設計であると思われます。

 単にフレームだけで考えずに、アビオニクス等との互換性も考慮した上で系譜を分けると、純粋なプロトデルタ系が百式系、ジム系との互換性を確保したタイプがネモ系、ついでにザク系と互換性を確保するとマラサイ系になるのかもしれません。いずれにせよ、ネモはMGでフルシステムと確定しましたが、マラサイは未だ微妙なところなので、とりあえずMGマラサイを待ってからにした方がいいかもしれませんね(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメント
MGでムーバブルフレームと確定したというより、作中でゲルググに化けた訳で、そこからネモはムーバブルフレームと考えるのが妥当と思います。また、ゲルググになってから、しばらくそのネモはゲルググのままだったことから、ゲルググはモノコックで、むりやりネモに着せた(多分、溶接)のだろうと思います。
2009/04/27 (月) 20:43:20 | URL | ポルノビッチ・エロポンスキー #4FJT5Uw2[ 編集 ]
>ガルスJとギラ・ドーガには関連性があまり見出せませんので

どこぞの系統図に”ガルス→ドーガ”の系統があったハズ。昔の大全集辺りだったか?

ガルス自体、帰化技術者が当時の地球圏のMSのムーバブルフレームで改設計した機体なんで、ハイザックあたりが
2009/04/28 (火) 08:10:07 | URL | とっぱ #f/e9WUoU[ 編集 ]
途中で送信失礼。続き

ガルスはハイザック辺りの部分的ムーバブルフレームが一番可能性は高いですね。もしかすると”草技術者”がアナハイム在籍だった場合には、マラサイの可能もあるかもしれませんが。

>R・ジャジャも元はギャン改
ちなみに、Rジャジャはガルスと同フレーム機です。ケイブンシャ百科系記述。
ガルスとジャジャの共通点としては、非ムーバブルフレーム機を同規格のムーバブルフレーム機に改設計した点にあります。

>ゼク
EB系ではマラサイから系統線が出てましたが、ちょっと眉唾。参考にはした可能性はあるが、大元はやはりペズン計画機系機体か?
ギレン・アクシズの脅威Vでもアクトザクから改造できるみたいだし(w
2009/04/28 (火) 08:25:44 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
>ポルノビッチ・エロポンスキーさん
確かに、劇中の描写でネモは全身ムーバブルフレームと判断することは出来ますね。
ただ、それを設定として明文化したものは、MGを待たなければなりませんでした。

>とっぱさん
確かにどこかでガルス→ドーガは見たことあるような気がしますが、ちょっと思い出せません。
大全集はガルス→ズサ→ザクIII→ドーガでした。

ガルスのフレームは開発時期にもよるところですねぇ。
マラサイ開発後であれば、より優れたマラサイが参考にされるはずなんですが。
Rジャジャがガルス系フレームというのは初めて知りました。大百科探しときます。

ゼクはペズンで開発されたくせに全然ペズン系と系統が同じに見えないのが辛いところです。
単純に、ジオンの技術を研究しつくした上で連邦の技術とミックスさせて開発された真の連邦製ザク、というのが実情なんでしょうけどね。
2009/04/30 (木) 21:57:09 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
HGUCゼクのインストによると、「MS-xプロジェクトをベースとした実験機開発の最初の機体」で、「その開発においては連邦軍MS教導団による実働データのフィードバックが企図され」「ムーバブルフレームも通常の機体よりも太く設計され」「機体そのものには革新的な機能や性能はな」いらしいです。

ペズン計画にムーバブルフレーム概念が無いと考えれば、この通常より太いとされる基本のモノは教導団によりもたらされたと考えるのが妥当かなと思いますので、
進駐時の教導団配備MS(バーザム改?)の可能性が高いと思われます。

逆にペズン計画においてムーバブルフレームが確立していたならば、技術として良い具合に枯れ、教導団によりデータ的裏付の取れたそれらのみで構成された可能性が非常に高くなるかと思います。

何にせよここで述べられている「通常の機体」が何なのかが重要ですが・・・。
2009/05/01 (金) 11:10:56 | URL | 人型生命Q #-[ 編集 ]
マスターピース ダブルゼータでも同様にムーバブルフレームの系譜が語られてますね。
既知でしたら、失礼!
2009/05/01 (金) 13:28:21 | URL | エス #-[ 編集 ]
>人型生命Qさん
ペズン計画でムーバブルフレームですか…
ムーバブルフレームって流体パルスシステムだけでは実現できなそうなので、
可能性があるとすればフィールドモーターを使用しているアクトザクだけになるのではないでしょうか。
そうであるなら、ハイザックとアクトザクの共通点はフレームだと言うことができますし、
色々面白いことにはなるのですが…さすがに断定はできないですね。

>エスさん
マスターピースはZガンダム以降買ってないです。
あれ高いんですよねぇ…。
2009/05/02 (土) 22:10:28 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.