がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
メガライダーとリ・ガズィの関係
 Gディフェンサーの延長線上として、リ・ガズィのBWSがあるのではないか、ということを何度か言ったことがあります。しかし、単純にリ・ガズィのBWSと比較するのであれば、Gディフェンサーよりもむしろメガライダーの方が、大型メガ粒子砲を機体中央に備えているという意味で、近いのではないかということに思い当たりました。
 以前、「GディフェンサーとフルアーマーMk-IIが競合する理由」で、GディフェンサーはZガンダム系の発展型の追加装備のテスト機だったのではないか、という説を唱えましたが、それが非可変Z系なのか、可変Z系なのか、というところまでの結論は下せませんでした。
 もしメガライダーの延長線上にリ・ガズィがあるのであれば、Gディフェンサーにしろメガライダーにしろ、「可変MSでも非可変MSでも対応可能なオプション」として開発されていたのかな、という気がします。メガライダーは、ガンダムMk-II専用というわけではありませんでしたからね。

 それはそれとして、今回はメガライダーとリ・ガズィの関係性についてが主題です。

 メガライダーは、メガバズーカランチャーとSFSを組み合わせた支援兵器として開発されました。大型のメガバズーカランチャーにバーニアを内蔵する必要があるなら、いっそのこと単体で行動できるようにしてしまえという発想なのかなと思います。
 メガライダーとメガバズーカランチャーの最大の違いは、この「機動力を持っている」ということです。これにより、メガバズーカランチャーでは、基本的に遠方からの砲撃しか出来なかったのに対し、メガライダーではMSを搭乗させて一撃離脱戦まで行うことが出来ます。

 一方でリ・ガズィのBWSというのは、基本的にはZガンダムの可変機構の代替措置であり、Zガンダムでいうハイパーメガランチャーとフライングアーマーの部分を別ユニット化したものというのが基本コンセプトなのかなと思います。「変形」ではなく「簡易変形+追加装備」で同等の機能をもたせることで、機体構造の単純化を狙ったものと言えます。
 これには、MS形態時に、ウェイブライダー形態用の装備がデッドウェイトにならないというメリットがあります。一方で、一度分離するとその戦闘中での再合体がほぼ不可能であるというデメリットをもっています。

 ということで、メガライダーとリ・ガズィは、構造上は似ていても、元々の発想は異なるものであり、あまり同一ラインで考えない方が良さそうです。
 しかし、運用法というところまで考えると、共通点を見出すことが出来ます。要するに、「大口径メガ粒子砲+高い推進力」という組み合わせであることには変わりがないということです。このような特徴を持つ機体は、どのような運用法を想定しているのでしょうか。

 簡単に考えれば、高火力の一撃離脱機である、と言うことができます。通常のMSよりも高速で移動でき、かつ一発の威力が高い武器を備えているのですから、そう考えるのが筋でしょう。また、対MS用としては過剰な武装ですから、基本的に対艦戦用であると思われます。
 このようなコンセプトは、すでに一年戦争の時点でビグロが実現しているものです。基本的には、その延長線上の運用法が想定されていたのではないかと思われます。

 実は、この大口径メガ粒子砲+高推力という組み合わせの機体は結構多く、Z系のZガンダム(ハイメガランチャー装備)、ZII、ZプラスC1型なんかはそうですし、SガンダムBstやメタス改もそうです。シュツルム・ディアスやスーパーガンダムもそれに近いコンセプトと言えます。アクシズでも、ガ・ゾウムやジャムル・フィンあたりがそのようなコンセプトであるように思います。
 このようなコンセプトは、当時の一つのトレンドだったのではないでしょうか。通常の量産機を凌駕する機動性で一気に敵陣を突破し、敵旗艦を一発で沈め得る高速対艦攻撃機、という発想です。少数精鋭で艦隊を相手にする、一つの手段であるとも言えます。
 エゥーゴの用兵で考えると、ジム系や百式系が白兵戦用の対MS迎撃機、ディアス系やゼータ系が対艦戦用の攻撃機であったのかなと思います。それに比べると、ティターンズの可変MSであるガブスレイやハンブラビは、どちらかというと対MSに比重を置いた高速迎撃機としての意味合いの方が強いのかなという気もします。格闘戦能力が高いですし、エゥーゴのMSほど大火力の武装はもっていませんからね。もちろん、それでも十分な火力を持っているので、対艦攻撃にも対応できたのでしょうが、それよりも単純にエゥーゴの対艦攻撃機を迎撃するための機体、としての意味合いの方が強かったんじゃないでしょうか。

 となると、メガライダーは、ジム・百式系のMSにディアス・ゼータ系の運用を行わせることを目的に開発されたものであり、リ・ガズィはディアス・ゼータ系に(BWSを切り離すことで)ジム・百式系の運用を行わせることを目的に開発されたのではないか、と考えることが出来ます。
 両者は共に非可変MS+支援ユニットの構成ですが、どちらが主かという点が異なっていたと言えるのではないかと思います。

 このようなコンセプトが定着しなかったのは、一つはコストパフォーマンスの問題があるのだと思いますが、もう一つ理由があるんじゃないかと思います。それは、大火力のメガ粒子砲でもってしても、一発で艦船を落とせなくなったから、ということです。逆シャア時代の艦船って、ダメージコントロール能力が強化されてるのが特徴だと思うんです。それは、一撃で潰されるリスクを回避するためだったんじゃないかと。
 一撃で落とせないのなら、高火力一撃離脱機の存在意義は大きく低下します。素直に護衛機を排除して、艦船を確実に攻撃するしかないわけですから、必然的に従来型の汎用MSにスポットがあたるということです。
 こう考えると、グリプス戦役~シャアの反乱までのMS戦術の変化が一つに繋がるんじゃないかな、と思います。更なる大火力型の第四世代MSが省略されていますが、これはまた別の機会に。
スポンサーサイト
コメント
コメント
一年戦争の検証の結果としてMSの汎用性についてはジムとザクでほとんど終了したといってもいいでしょう。

連邦が次に着目したのが、MAではなかっただろうか。ガンダムの登場と相前後してジオンはMAというカテゴリーのマシンを投入し始める。出てきた当初のMAはなんだか変なマシンという感触だったけど、ソロモンで登場したビグ・ザムが攻略軍の半数近くを道連れにしていったということが最も影響を与えたのかもしれない。

つまり、特定の状況下で絶大な力を発揮するというマシンの研究を始めたわけです。連邦の出した結果がGP-03で、ジオンはノイエを出展しました。

この勝負は結論から言えば03の負けです。03は簡単に言えば、戦艦と同じような役割を機動兵器に当て込んでしまったと。ただし、ノイエ自体がスタンダードだということではなく、ジオン系列がMAというカテゴリーを単体で完結した戦力と言う点でジオンは完成度を上げていたのだと。

それに基づいて大火力と高機動性をいかにして汎用性を損なわずに実現するかが焦点になってゆく。その実現はZ、ZZ、Sなんかで達成したけど、そこで一番根本的で、なおかつ初歩的な問題がのしかかってきたのだと。

そんな超高性能、必要なの?

という心無いツッコミが。結局のところシャアの反乱がそのターニングポイントになってその後はMSの汎用性を重視する風潮が強くなり、MAは徐々にお荷物になってしまったと・・・


ちなみに、高機動・大火力が一種の強いMSの喜寿うんとしてその後の特に主人公用MSに盛り込まれてゆくのも、一つの流れ・・・なのかもしれないですね。
2009/04/10 (金) 01:28:32 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
ザクは対艦については無敵でしたが、
敵MSが配備されてしまった時点で、
MSの艦船に対する優位性も半減してしまったと思うんですよね。
そこで出てきたのがMAなんですが、
MAは対費用効果が悪く、だったらMSと兼用にしてしまえと可変MSが開発された、という流れなのかなと。

一方で、軍需産業がMSの性能インフレを促進した側面もあるでしょう。
発注数の増加を見込めない戦後の情勢で儲けを出すには、
単機あたりの性能とコストを上げていくしかなかったでしょうし。

性能インフレが終わった一つの背景として、
実はハマーン死亡後のネオジオン掃討戦で、
大量に用意された量産機が虎の子のドーベンウルフ軍団を完膚なきまでに叩きのめした結果があった、
なんてのもちょっと妄想しました。戦艦が戦闘機に駆逐されたようなノリで。
2009/04/10 (金) 19:25:45 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
> こう考えると、グリプス戦役~シャアの反乱までのMS戦術の変化が一つに繋がるんじゃないかな、と思います。更なる大火力型の第四世代MSが省略されていますが、これはまた別の機会に。

いいですねー。第4世代をも絡めた考察にも、期待してます!
2009/04/15 (水) 12:15:49 | URL | ネイ #jbuusEkA[ 編集 ]
第4世代の意味のヒントは、やっぱり「MSにMAの機能を持たせる」ということなんだろうなと思います。
第3世代・第4世代は、実際には「MSのMA化」という言葉でひとくくりにできる、同世代の機体なんじゃないかという気がしています。
2009/04/17 (金) 20:05:57 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
火力はZ以上と言われたリ・ガズィ
>逆シャア時代の艦船って、ダメージコントロール能力が強化されてるのが特徴
で、ケーラが対艦攻撃を仕掛ける場面を観直したのですが、気になる点が2、3。
1.火線はハイパーメガランチャーより上と思われるが艦との距離が遠い。
2.ジェガン数機を周囲に伴っている。
3.撃沈できずに反撃をくらい、側面のアポジモーターを使って回避。

リ・ガズィはBWSを装着しても推進力がZより低いのは周知ですが、これはMA形態でも加速性より旋回性を重視=ジェガン部隊との連携を前提にしてるんじゃないかと。通常は味方の火力支援、逆に対艦攻撃は僚機の援護を受けながらというもちつもたれつ。Zガンダムで対艦攻撃なら単機で敵陣に切り込んで一撃離脱、急激な方向転換が必要ならMSに変形(ブランはアッシマーの中間形態を上手く活用してましたね)、一パイロットのリスクやストレスがかなり大きい。

要するに同じ対艦攻撃でもドゴス・ギア撃沈のTV版と劇場版の違いみたいなものでないかと。

また、この観点で見るとZは変形で加速性重視と運動性重視と機動性が明確に別れるものの攻撃は
ビームライフル(中・遠距離)、ハイパーメガランチャー(遠距離)を両形態で使用、近・中距離はMSでグレネードランチャー、MAでビームガンと各レンジに両形態で対応しているのに対して
リ・ガズィは両形態で機動性の性質差が曖昧なのに対し火力はMAで遠距離、MSはライフルは取り回しや連射性が重視され腕部グレネードに加えて腰部にもミサイルと中間距離が充実とZに比べ一般のパイロットに扱い易くなってますね。
反面、エースが引き出せる戦闘パターンの多様性が低下するわけで…。特に近距離の格闘戦はZはライフルの銃剣化、サーベルは腰にマウントと武装の数だけでなく取り出すまでのタイムラグが非常に少ない。後、以前に述べた脚部構造もリ・ガズィは簡略化(フレーム強度計算、スラスターのセッティング、操作の難易度等等…)されてますし、やはり運動性もやや落ちるか。
2009/10/24 (土) 22:04:43 | URL | 巨炎 #mQop/nM.[ 編集 ]
リ・ガズィはMAというより巨砲を背負ったMSなんでしょうね。
そういう意味ではSFSに乗ったジェガンと機動性は大差ないのでしょうし、
他機との連携行動が前提ということで間違いない気がします。
ただMS形態はZガンダムを踏襲しているのでジェガンよりはちょっと強いですよ、というレベルでしょうか。
2009/10/25 (日) 12:10:11 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.