がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
もしもアムロが軟禁されてなかったら
 以前の「アムロは何故「危険分子」とみなされたのか」の派生IFネタ。アムロが危険視されなかった場合、どのような人生を歩んでいたか、という話です。

 まず、軍を辞めている可能性ですが、これはあまり考えられません。というのも、当時のアムロには他に食っていく方法がなさそうだからです。また、今更学生になるにも、アムロは有名になりすぎてしまっています。

 というわけで、軍人としての道を歩むのでしょうが、かといって普通の軍人として一般の部隊に配属されることは難しいということも、以前述べています。ニュータイプ研究所で被検体となるのも現実的ではありません。基本的に、こういう被検体は人道を守っていてはなかなか務まらないもので、それこそロザミアのように、戦災孤児のような間違って死んでしまっても惜しくない人物が選ばれます。アムロは地位としては高いので被検体扱いされる身分ではありません。身体能力が高い超有名スポーツ選手が人体実験に使われるかどうか、というレベルと同じではないかと。

 ここで、アムロが成した功績を考えます。一般的には戦果ばかりがクローズアップされますが、アムロのやった最大の成果は、実際には戦果よりももっと大きなものがあったと考えられます。それが、MSの運用データの提供です。
 量産されたGMのデータがアムロのガンダムの戦果だけで成り立っているとまでは言えませんが、その大部分を占めていたことは間違いありません。アムロのガンダムは当時最も対モビルスーツ戦のデータを蓄積した機体であり、また純粋な戦闘に限らず、大気圏突入や空中戦、砂漠戦、水中戦など様々な状況での運用経験があります。対エースパイロットの経験も多く、そのデータは後のMS開発に大きな影響を与えたことでしょう。
 つまり、アムロはテストパイロットとして最も優れた連邦軍人であったということもできるのです。

 そうであるならば、アムロの職は決まったようなものでしょう。新型機のテストパイロット、あるいは教導部隊といったところが彼の処遇としては妥当なものなのではないかと思います。
 それも一般的なスペックの機体の運用ではなく、ピーキーに調整されたフルスペックの実験機や、過去にない機能やコンセプトを内包した意欲的な新型機など、普通のパイロットには乗りこなせないレベルの機体の運用こそ、彼の能力を生かす手段であったのではないでしょうか。
 アムロは元々メカオタクですから、そのような新型実験機については興味もあるでしょうし、自分で乗りこなしながらああだこうだと開発者に注文をつけたりもしそうです。やっている本人も、それなりに楽しいのではないでしょうか。

 そう考えると、カラバ参加~シャアの反乱までのアムロが、ZプラスやZガンダム3号機、リ・ガズィにνガンダムと乗り継いできたのも、このテストパイロット的な使われ方をしてきたからなのではないか、とさえ思えてきます。軟禁されても進む道は変わらなかったと(笑)。連邦正規軍所属だったか、アナハイム寄りだったかの違いくらいでしょうか。
 アムロはイメージに反してZ系のテスト運用ばかりやっていた感じですが、あんまり色物にばかり乗せられていて「可変MSはダメだ、MSはシンプルに原点回帰すべき」と主張するも受け入れてもらえず、だったら自分で作ってやると設計したのがνガンダム…だったのかもしれません。
 まぁ、小説版逆襲のシャアだとアムロはまともなMSに乗せてもらえなくて、仕方ないのでZ系フレームと巡洋艦用メガ粒子砲を流用してハンドメイドでリ・ガズィを作り、その後ブライトが用意してくれたアナハイムの正規の施設とスタッフでνガンダムを作る…という流れなので、またそれとは違うんですけどね。これは、まともなアニメを作らせてもらえなくて、ツギハギ映像でできるだけいい物を作ろうとしていた富野監督が、ちゃんと予算をつけてもらえたのでガンダムのアニメを作る…という事象の投影のようにも思えますね。

 話が逸れましたが、基本的にアムロは、前線から退いてMS開発の場に回るべき人材だったんじゃないかなと思います。エリオット・レムのもっとパイロット寄りな感じで。それがニュータイプであることを過大視されて軟禁されてしまうのも不幸でしたが、独立部隊に回されるのも不幸であったのかもしれません。別に花形の部隊にまわして軍の広報に使われていたわけでもないようですし(そうであるなら、アムロの乗っていたリ・ガズィは形だけでもガンダムヘッドに白い塗装じゃないと…ね)。
 別にアムロは常に前線で戦わなければならない、という固定観念はもたなくてもいいと思うんです。例えば逆シャアのストーリーであっても、一線を退いて家庭を持っていたアムロが、シャアの蜂起を知ってそれを止めるために復活するというドラマであっても面白くていいんじゃないかなと。そんなこと今だから言えるんでしょうけどね。
 やっぱりファンならアムロがMSに乗って活躍するシーンを見たいですし、それが無双な活躍であるほどアムロらしい活躍だったりするんですが、あくまでキャラクターの人間性というものを考えれば、それはあるべき姿ではなかったのかも知れません。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ぶっちゃけると、「連邦の白い奴」も「管理局の白い悪魔」の様な道筋を歩んだのだろうと(笑)

問題はアムロに左官クラスの階級を出せるかどうかですが・・まあ、一年ぐらいアムロが士官学校に入っていれば問題ないですか。

別な場合としてもアナハイムに出向はありえるでしょうね。

そうなるとアムロがニューディサイズやエゥーゴに引っ張られてしまうが・・・。
2009/04/04 (土) 16:42:30 | URL | ドクトルK #-[ 編集 ]
アムロが開発部にまわっていたら連邦軍のMS事情はどう変わっていたでしょうかね?
主力量産機はあまり変化はなさそうかな?
2009/04/04 (土) 23:35:18 | URL | わんこ #KnHW2vQ.[ 編集 ]
ルロイさんのIFネタ面白いです。
上の方と被るんですが、大尉止まりもったいないな~なんて思うんですよね。
士官学校に入学してればホントそれなりの階級に昇進できたのに。
ひょっとすると将官にも・・・(さすがにそれはないか)。
士官学校通過という名目で、アムロはどの程度昇進可能だったか、ルロイさん視点でいつかやっていただきたいです(笑)
2009/04/04 (土) 23:48:30 | URL | ラナロウ #-[ 編集 ]
少しヘマをした地球連邦
確かにアムロの場合は軟禁状態に置くよりもテストパイロット兼教導隊所属にさせた方がよかったかもしれません。搭乗機はアレックスで(笑)そうしたらGPシリーズのテストパイロットして参加していればデラーズ紛争時にコウよりも使えたかも……って、言うか物凄いバトルになりそうな……”ソロモンの悪夢vs連邦の白い悪魔”。

どっちにしろティターンズが彼を抑えられなかった事も痛かったですね。


少し話が脱線しますが、昇進に関しての話が出たので……マクロス世界ではオペレーター職として軍人生活をスタートしたある女性兵士は50年後には中将まで上り詰めてます(実はマックスやミリア、エキセドルよりも出世しているのだ)。まあ、ベテラン人材不足が深刻なので結婚退職しないと引きとめられての昇進と言う事……。


アムロの処遇に関してはどう見ても大尉や少佐でしょね……まあ、U.C.ガンダム世界にPMCがあれば話がまた面白いですがね。
2009/04/05 (日) 20:27:50 | URL | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo[ 編集 ]
>ドクトルKさん
エゥーゴはともかくニューディサイズに参加するアムロはちょっと見てみたいですね(笑)
SガンダムのALICEに追随する動きを見せる白いガンダムMk-V!みたいな。

>わんこさん
そもそもアムロが正当な待遇を受けるということ自体、相当歴史が変わっていますからね~。
レビル生存だったらGPシリーズのテストパイロットをやってその量産型の開発に貢献してたりしそうです。
基本的に史実通りであれば、アッシマーとかあのへんのニタ研開発機のデータ収集とかやってそうです。
そうなると、もう少し連邦寄りの仕様やデザインになってたりするかもしれません。

>ラナロウさん
アムロが士官学校に入っていたら…ですか。
なんか孤立して不登校になりそうなイメージがありますが(笑)、
カイやハヤトと一緒ならなんとかなるかもしれませんね。
面白そうな内容に膨らんだらやってみます。

>YF-19kさん
アムロがGPシリーズのパイロットやってたら、
そもそもガトーがGP02を盗めなかった気がしますね(笑)

軟禁状態だったのは、アムロにMSを与えた場合、
そのまま反乱を起こされたら誰も止められないから、というのがあったんでしょうね。
2009/04/05 (日) 21:42:31 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>ニタ研開発機のデータ収集

そのあたリ(ニタ研出向)が落としどころかと私も思います。

一応UC史には、”大尉が試作したサイコミュ”というブツもあることですし(RGZ-91AOのサイコボンバー)。
2009/04/05 (日) 23:29:33 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
自分でもいろいろと妄想したりするのですが、
この、軟禁時代のアムロってのは、
考えどころなんですよね。

ティターンズが、裏で絡んでた、
とかはないのかな?

あと、デラーズ紛争を、
アムロがどのようにして見ていたのかも、気になります。
2009/04/08 (水) 20:23:02 | URL | ゆきよ #-[ 編集 ]
 ガンダムVSZガンダムの宇宙世紀モードだと一応この辺のIFネタにも
手を出していましたね。

 アムロって独自の「MSはこうあるべき!」論や
「こんなマシンが僕にあっている」と言うような描写って
ZやCCAの小説版あたりにあるんでしょうかね?
ブライトさんなんかは「閃光」で非パイロットなりに、Ξを見た感想を漏らしてましたが。

>一線を退いて家庭を持っていたアムロが、シャアの蜂起を知ってそれを止めるために復活するというドラマ

近頃の洋画あたりだともはや王道ですよねwそれ。
2009/04/09 (木) 04:56:27 | URL | ネイ #Hb8WYnzA[ 編集 ]
>とっぱさん
パイロット能力が高くてニュータイプでもあるんですから、
普通に考えればそこが適職でしょうね。
ブランの代わりにアムロがアウドムラを追撃する展開、というのを一瞬妄想しました。

>ゆきよさん
デラーズ紛争は情報統制でほとんどの市民に伝わっていないはずなので、
アムロも当然知らないはず…と言いたいところなんですが、
コロニーが北米に落ちてるんで知らないはずはないんですよね…。
アムロなら、それが単なる事故でないことくらいなんとなく察知しているでしょうし。
それで真実を知ろうとして余計に軟禁状態になってしまった、という可能性もあるかも知れません。

>ネイさん
ガンダムVSZガンダムのIF展開だと当初からエゥーゴに参加していましたね。
アムロがアナハイム出向や宇宙軍配属だったらエゥーゴに流れただろうな、とは思います。

小説版逆シャアだと、できるだけ高性能なMSに乗りたい、という感じでしかなかったような気がします。
Zに乗りたい、百式もいい機体だ、とは言っていました。
2009/04/09 (木) 19:40:04 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>Zに乗りたい、百式もいい機体だ

同様のことをRGZ-91AO開発秘話でも叫んでましたが、とにかくリ・ガズィでは満足出来なかった様子。

「これのどこがZだっていうんだよ」アムロ談

カタログスペック的にはイイ線いっているハズのリ・ガズィですが、所詮は量産試作機で操縦系が常人に扱いやすいタイプになっているんではないかと。
要はZとか百式みたいな乗り手次第で性能があがるピーキーな機体が好みなんでしょうね。
2009/04/09 (木) 22:02:56 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
ああ、そんな感じなのかもしれませんね。
アムロは乗れば乗るほど動かしやすくなるガンダムで一年戦争を戦い抜いたので、
型通りの動きしか出来ない機体よりも、
パイロットへの操縦依存度が高い機体を好むのかもしれません。
2009/04/10 (金) 19:12:45 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
あまり関係ないですけど
はじめまして、kkといいます。

HGUCνガンダムHWSのシールド(あれハイ・メガ・シールドて名前なんですね)解説で

大容量のコンデンサーシステムを
ベースにエネルギーCAPシステムの大幅な軽量化を達成、本ユニットのみでハイ・メガ・キャノン並みの
威力を発揮する。

て書かれているですけど。これてっ新設定ですよね?。
これにはあとプラン段階だと、
肩部ミサイルランチャーにサイコミュ・グレネード(小型化ができなかった。ファンネル・ミサイルの原型)
胸部装甲にIフィールドとか内装をフルサイコフレームとかになる予定だったとか。誰がこんなプラン立てて、
それで誰がこれに乗るでしょかね。
2009/04/25 (土) 00:29:29 | URL | kk #dLluAr36[ 編集 ]
初めまして、書き込みありがとうございます。
その設定は明らかに新設定ですね。そもそもHWSには元々設定がありませんでしたし。
それ故にHGUCでどのような解説になるのかとは思っていましたが、
こんな厨設定全開の内容になるとは…(汗)

HWSのコンセプト自体は要塞攻略戦とかそのあたりかなと思うんです。
ネオジオンの本拠地を攻めることを想定していたのかな、なんて思います。
2009/04/25 (土) 19:18:55 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
軍を抜けて、お母さんとボランティアをやりながら、ハロ職人として平和に生きて欲しかったな…

で0087年にカツに誘われてカラバへ、以後同じ道を歩むと…

それともお母さんのいるところはアムロにとって「帰れる場所」じゃなかったのかな?
2010/01/24 (日) 21:36:03 | URL | #SFo5/nok[ 編集 ]
アムロが母と再会して実感したのは、
母ではなく女としての人生を選んだ=自分はもう子としての保護を得られない、ということだと思うんですよね。
だから、やっぱりアムロにとって母は帰るべき場所ではなかったのだろうと思います。
2010/01/25 (月) 23:01:07 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
>アムロが士官学校に入っていたら…ですか。

自衛隊もですが普通軍隊なら士官学校が全てじゃないんですけどね。
内部選抜で早い段階で下士官から選抜して幹部候補生として育成したり外部から幹部候補をいれたりと。
そもそも士官学校っていいのはあくまで下級幹部を育成する機関なので、佐官や将官になるには候補生に選ばれて再び指揮官教育をうけないといけないのが普通。アメリカだと大佐→将官になるには候補生になり指揮幕僚大学で2年間勉強しないといけない。


アムロぐらいの年齢だと普通なら士官学校でてなくても年齢制限にかからなくてまだまだ上にいけるんですけどね

戦時徴用であっても終戦後も軍に残ってるってことは臨時ではなくなるため、尉官になるための幹部教育はうけてるはずだし
2016/09/07 (水) 19:40:40 | URL | 犬 #EBUSheBA[ 編集 ]
なるほど、確かにアムロの年齢ならそこから幹部候補への育成も間に合いますね。
ただそれこそ本当にエリート幹部になったら困るからこその軟禁だったとも言えそうですね。
佐官になっている以上、軟禁状態であっても少なくとも形式上の教育は受けてるんでしょうけど。
2016/09/11 (日) 01:38:15 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.