がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
別冊アニメディア 機動戦士ガンダムZZ PART.1、2
 ようやくZZの別冊をゲットしたのでご紹介。PART1はいつも異常な高値が付いてるんだけど何がそんなにプレミアなのだろうか?

 このシリーズはとにかく企画書とか初期稿とかが豊富なんですが、今回はそれほどでもなかった印象がありました。

 パート1は23話までなので内容はちょっと不十分で、そのためファーストとZの設定集も兼ねています。

・百式は「機体のポテンシャルにコントロールシステムが追いつかない」と解説。そのためパイロットの技量が要求されるとか。
・ディジェはカラバのMS製造技術が低いせいで性能が良くない。
・バウンド・ドックはロザミア機が1号機で、ゲーツ機はプロト機と呼称。
・ギャプランはオークランド製で、「飛行時に急激な加速がかかる」ために強化人間用。
・ハンブラビはジュピトリスで試作され、連邦軍に渡された機体。
・ジ・Oは四重五重の関節をもつと解説。…どこに?
・マリンハイザックは「ハイザックを水中戦用にしたもの」。
・ガンキャノン重装型がRX-77-4ガンキャノンIIとされている。
・ザクレロは宇宙用MAの基礎となった機体とされている。

 初期稿コーナーはZZガンダムのデザイン過程をいくつか紹介。その中で、MS大全集には掲載されていない画稿がありました。
初期ZZ
 胴体は今のZZに近いのに、頭部はファーストに近いという味わい深い?デザイン。ガンダムがZZの装甲だけ被ってるようにも見えます。もっとも、これくらいの方がMSらしいという気もしますが。


 Part.2はセイラとリィナが宇宙に上がるまでのオリジナル小説(著者は脚本担当の一人)が掲載されてるのが一つの売り。リィナの兄への気持ちに感化され、セイラがシャアと向き合う決意をするというような話なのですが、結局セイラがシャアと再会することはありませんでしたねぇ。
 ここでラド・カディハというキャラがリィナを助けたとしているんですが、どうもこれは小説版の人物のようですね。アブ・ダビアみたいな未登場キャラだったんでしょうか。

 Part2のもう一つの売りは製作裏事情ネタ。以下列記します。
・タイガーバウム編は番組延長が決まったために挿入された「遊びの話」。アッグガイなどが出てくるのもそのためだが、設定画がないためプラモの設計図やプラモそのものを使って作画した。
・ゲーマルクはクィン・マンサ級のサイズになる予定だったが、プラモ化の都合から通常サイズに変更された。それが結局プラモにならなかったのは、ドワッジなどの金型流用シリーズがねじ込まれたため。
・エルピー・プルという名前の由来は妖精エルの一族(ピープル)という意味で富野監督が名づけたことによる。(ダンバインにもエル・フィノというフェラリオがいましたねぇ)
・グレミーはギレンとニュータイプの女性の間に生まれた試験管ベビー。プルも同様だが、母親が違う。

 そして今回も掲載されている企画書。ただZほど見るべき点はないので、簡単に要約します。番組としてのコンセプトは、基本的に対象年齢を下げ、より幅広い層を狙うということだったようです。
 ストーリーとしては、エマが生き残っているのが一番の違いで、ジュドーが調子に乗って新型ガンダムで出撃して返り討ちにあってクルーの信頼を失っている間に、孤軍奮闘して死亡するという役割が与えられています。どっちにしても死ぬのね。
 連邦政府がハマーンにサイド3を与えた理由の一つに、「暴走してもシャアが抑えてくれる」という目論見があったとしています。結局シャアは現れず、ハマーンは地球への進軍を開始するのですが、シャアはその間に連邦政府の高官を暗殺する部隊を指揮していたとしています。
 連邦政府が宇宙移民を可決した後、シャアはハマーンの軍に参加してジュドーを敵対しながら鍛えていく役割が与えられます。しかし最終的にシャアはハマーンを討ち、アーガマはミネバを救出するようです。
 最後は、ジュドーが放出された意志に人々が感化され、宇宙に出る決意をするとしています。カミーユは療養中に脱走してホンコンをさまよっていたのですが、ジュドーの声を聞いてフォウを求め続けていた自分から我に返ります。
 ジュドーは、このまま大人になったらニュータイプでなくなるかも知れないという危機感から、火星開拓に参加して自分を鍛えることにし、ミネバは地球に下りるという結末を迎えます。

 ここで面白いのは、ジュドーは地球から離れるのに、それより若いミネバは地球に下りるということですね。人類は宇宙で育つよりも、地球で育ってから宇宙に出た方がいい、と当時の富野監督は考えていたのかな?
 富野監督はインタビューでも、ジュドーが木星に行った理由を、人類はまだ地球の重力に引かれて飛べないハマーンを見て、それではいけないと外へ出た、ということにしています。これは本当に人類が宇宙に出るかという話ではなくて、地球=俗世という意味なのかな、と思います。ハマーンは地球圏に戻ってきて権力闘争に身を投じていたようなものですが、そういうしがらみを否定していたのがジュドーだということを考えると、そんな感じなのかなと。ジュドーは大人になっても俗世のしがらみに囚われない人間になるために、木星へ修行に行ったという感じになるんじゃないでしょうか。
 なんというか、自分の国の論理に囚われすぎないために外国で見識を広めに行った、というのと同じようなものですね。ハマーンは海外で育ったことを忘れて国に染まった帰国子女ってとこでしょうか。

 富野監督はインタビューの後に、10年後に「本当はこういうガンダムを作りたかったんだろ」というフィルムを作ってくれる人が現れてほしいと言っています。すでに自分以外の人間がガンダムを作る未来を予測していたわけですね。
 まぁ、でも未だにここで富野監督が望んだような人、あるいは作品というのは現れていないのかなという気がします。富野ガンダムのオマージュやメタフィクションではなく、本当の意味で富野ガンダムに向き合った作品というのは確かに、見てみたいですけどね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>ジ・Oは四重五重の関節

足じゃね?

>ラド・カディハ/小説版の人物

TV版でリイナの説教に感動していた警備兵が該当すると思われます(小説ZZ描写より)。
この人「ネオ・ジオンに参加してよかった」とかいう台詞があるんで、ひょっとするとコロニー志願兵(幻陽参照)の可能性もあるんじゃないかなぁと最近思いマスタ。

2009/03/27 (金) 00:05:16 | URL | とっぱ #B8xSsyyA[ 編集 ]
 なかなか興味深い内容ですね。当初はZの設定をちゃんと引き継いでシャアを含めた全てのキャラクターや宇宙世紀の戦いの一応の決着がつく予定だったんですね。
本編でシャアやアムロが出なかったのは映画(逆シャア)のためかな?。いずれにせよ、商業的な理由があるような気がしますね。


>本当の意味で富野ガンダムに向き合った作品というのは確かに、見てみたいですけどね。

きっとガンダムU.C.とかはそんなつもりで書いているとは思うんですけど、やはり富野監督自身の想いを直に聞いて理解ができるような人ではないと難しいでしょうね。
個人的には監督自身が、そういった気持ちで誰かと共同制作するような形が現実的なのかな、とも思います。
現状ではSEEDやダブルオーみたいな原作をネタにして、先には一歩も進まずみたいな作品しか出来ないでしょうね(ダブルオーは制作者の方は原作を超えるつもりだったんでしょうが←あくまでつもり)。

 せっかくガンダム30周年なのですから、みんなで初代ガンダムが残してくれた遺産について再度理解を深め合うような機会があればいいですね。
2009/03/27 (金) 08:56:15 | URL | rinrin #mQop/nM.[ 編集 ]
>ディジェはカラバのMS製造技術が低いせいで性能が良くない。

この記述、他でも見たことがあるかも。

>ジ・Oは四重五重の関節をもつと解説。…どこに?

自信はないけど、たぶん脚。


プル関係は未だに知らないことがかなり多い・・・。

 富野さンの意思関与なしに富野の望むガンダムを作れる人とかおるんかいな?って感じですね~。
 先日の講演でもなんか気になること仰ってましたねw。(本気にしない、現実味がないって人ばっかりかな?)
2009/03/28 (土) 01:05:48 | URL | ネイ #OKOmgFuk[ 編集 ]
>とっぱさん
なるほど…ラド・カディハは意外と奥が深そうな人物ですね。
シャアのネオジオンにも参加してたりして。

>rinrinさん
逆シャアの製作が決まったから、シャアじゃなくてグレミーが叛乱したって話もありますしね。

ガンダムUCはどっちかというとやっぱり福井氏のオレガンって域を出てないかなと。
「自分にとってのガンダムはこうだった」って作品はいくらかありますが、
富野ガンダムの観念的な世界を翻訳する、という意味での作品はないかなと思っています。
富野監督に一番必要だったのが、その素晴らしいアイディアを「万人に理解できる形で」翻訳できる人物だったでしょうから。

>ネイさん
ディジェの性能が低いっていう記述はいくつかありますね。
アムロが乗ってる割に無双な活躍をしていないからそう書きたくなるんでしょうか。

富野監督は考えていることを上手く他人に伝えることが出来ない方ですから、
それを分かってくれる人を求めているんでしょうね。
そういう考えだから、ニュータイプなんて発想にもたどり着いたんでしょう。

>ジ・Oの関節
なるほど、脚ですか…。
このあたりはMG化して再現してもらいたいところですね。
2009/03/28 (土) 23:27:39 | URL | ルロイ #-[ 編集 ]
買い損ねました。
俺もほしかったけど買い損ねました。ぜったいてにいれるぞ!
2010/08/21 (土) 00:23:53 | URL | エルピー・プル #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.