がんだまぁBlog
ガンダムネタだけを語るブログです。
MS大図鑑5 バビロニア建国戦争編
・MS開発史

 ガンタンクIIの型番がRVM-1、R-44の型番がRVR-44。RX-77とF90Sの間にガンキャノン・ディテクター。F90Eの存在は抹消。MCA構造はムーバブルフレームとモノコックの融合。
 ガンタンクR-44はミドルMSなどを実戦に耐え得るように改良したもの。Gブルと可変MSの発想をまとめたもの。ギラ・ドーガのスラスターを流用。
 ショットランサーは融合炉を破壊せずにMSを撃破する手段。リニアガンと同じ原理で射出。

・ガンダムオフィシャルレポート

 バイオコンピューターのサイコミュとの違いは、操縦だけでなくセンサー系ともリンクする点。一番の機能はパイロットが最大稼働に耐え得るかの判定。

・設定資料大鑑

 劇中のガンタンクR-44はロイが個人的に復元したもの。ヘビーガンはジェガンにガンダムのコンセプトを取り入れたもの。ベルガ・ギロスのベルガ・ダラスとの違いはセンサー系とスラスター系が強化されている点。



 刊行された時期もあってか、今までのMS大図鑑と違って「F91のガイドブック」としての側面が強く、キャラ紹介にも多くページが割かれている。シルエットフォーミュラが反映されていないこともあって設定の錯綜がなく、純粋にF91の設定本として活用できる(それ以上の魅力はない)ものといえる。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 がんだまぁBlog all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.